FC2ブログ
topimage

2019-12

「落下の王国」 - 2008.11.01 Sat

落ちる。絶望と悲しみの中で。銃撃を受けて転落する。爆発して粉々に散って落ちる。何もかも剥ぎ取られて恥辱の淵に落ちる。矢を受け地に伏せ落ちる。友を助け自らは落ちる。
そして彼も、また…。



看護婦さんと女の子
(c) 2006 Googly Films, LLC. ALL Rights Reserved

原題は“The Fall”で、落ちることを意味する。オープニングから、そのイメージはあって、鉄橋から落ちたらしい人がいる。主人公の女の子も果樹園で働いていて、ハシゴから落ちた。

人生そのものをfall(転落)するかどうかのピンチを救うものは何なのか。私はそれが、この映画のポイントだと思った。
それは、やはり、やっぱり「愛」なんだよねえ。好きだ、という気持ち。好かれている、という幸福、自己肯定。
それは何も恋愛に限ったことではない。
「好き」という想い。
人間の世界、愛や思いやりで満ちればいいのに。

絶望と悲しみの中で悲劇を作り出していく語り手、それを必死に救おうとする聞き手。その息苦しいような葛藤の場面には、グッときた。

監督がターセムと聞けば、「ザ・セル」を思い出す。好きな雰囲気の映画だったので、今度の新作も観たいなと思っていた。
だが、人生に絶望した男がどうなるか、という話の部分はよかったけれど、その他は、どうも…。
この映画、世界をロケして、美しい景色を見せたということだが、私には、それほど響かなかった。美しい景色を感じる心がないのかも! 映画を観にきたのであって、景色を見に来たわけではない、と言い訳しておこう。
また、男が物語るストーリーは単なるヒネリのない復讐劇だし、ほとんど男ばかりなのが美しくない。(…そこかい!)

主役の女の子の自然さは、とってもいい!
映画のなかで演じようという、へたな物心がつく前に、撮影しちゃったようですね。

へんなところでユーモアがあったりして、あのときの言葉はウソだったのだ、じつは、手でウソの印を作っていたのだ、といって、前は見せていなかった男の手元を再び映像で見せると、たしかに印を作っている! というのは笑えた。

改めて見るとキレイすぎ!
(c) 2006 Googly Films, LLC. ALL Rights Reserved

風景に感動しなかったら、監督の意図は、かなりの挫折ということになるのかな? ごめんね~。(笑)

衣装が石岡瑛子さんというのは書き留めておくべきだろう。「ザ・セル」も、そうだったよね。

(10月26日)

THE FALL
2006年 インド・イギリス・アメリカ作品
監督 ターセム
出演 リー・ペイス、カティンカ・ウンタルー、ジャスティン・ワデル

参考:落下の王国@映画生活

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

TBありがとうございました。
これ、面白く思えなかった人が多いようなのですが、映像がそれほど美しくない・・と言ってる人は珍しいですね。

>とらねこさん

映像を注目していなかった人は、けっこういたりして。
感想を書く人は、きれいと思う方の割合が多いだけという可能性もありますよね?

疑似トラックバック(?)ありがとうございます(*^o^*)。
あら、ジングルズさんと感想は真反対のようですね~。私は「落下~」の方が好きです。
ザ・セルは現代アートの寄せ集め、落下は世界遺産の寄せ集めっていう構造は同じですけど、物語が変化していく原動力が少女の想いっていうのに、ちょっと感動しちゃいました。
少女の「ロイをたくさん観た」っていうセリフも、なんか心に染みましたね。

>かもめんさん

どういたしまして!
私は男の語る物語の部分が、たいしておもしろくなかったと感じたのですよね。
主人公の女の子は抜群です!
彼女の自然さは、ものごころつかないゆえの貴重な部分でもあるような。
ロイをたくさん観た…えーと? もう忘れてます!(苦笑)

ボーさんの冒頭の文章、ステキですね♪
毎朝毎晩、野良猫にフーッと威嚇されながらもご飯をあげている身としては、少しでいいから愛を感じさせて欲しいと願っております(^^;。
この映画、やっと観ましたが、映画館で観たかったなぁと、つくづく。

TB致しました。

映像は世界遺産だけではなく、造形美の部分も少なからずあって、秀逸と思いますが、冒険を見せるならもっと明朗なお話しにしてほしかった、ということで少し減点。

しかしですよ、最後のスラップスティックのアクション・シーンは、全て本物だけに、CGの超絶アクションより絶対凄いですね。

>kiyotayokiさん

ありがとうございます。
「fall」に引っ掛けて、ちょっと狙ったかのような文章でしょ?

野良猫、なかなか警戒を解かないのでしょうねえ。それだけ厳しい人生、いえ、猫生なのかもしれません。

映画館でですかー。私は景色に陶酔しなかったので、テレビ画面だとしても、よかったかも。

>オカピーさん

ありがとうございます。
そうですか。どうも私は景色には鈍感だったりして。

無声映画時代のドタバタは、生身でやっているのが、すごいですよね。
映画との関連は、あんまり分かりませんでしたけど。

のちほど伺います!

少女が良かった

ボーさん、こんにちは!
タイトル通り、いろんな落下がありましたね。
物理的な落下、精神的な落下、地位の落下・・・

主人公の絶望による落下から、
少女の一生懸命で純粋な「好きだから生きていて欲しい」という
思いで救うところが良かったですね~

あの少女の自然さは、映画であまり見た事ないですよね!
演じようとせずに、あの長い映画を撮るってすごい事だわ~

>YANさん

こんにちは!
「落下」が原題ですからね。落下のオンパレード。「秋」じゃないですよね。

少女の思い、人の気持ち、がいいですね。
演じようという小手先の技術が入る前に、素朴な、そのままの姿で、銀幕に残す。それが、うまくいった例なのでしょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1364-b39e09b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

落下の王国

 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー・...

『落下の王国』

(原題:The Fall) ----原題が『The Fall』で 邦題が『落下の王国』。 この王国がミソだね? 「そうだね。 監督が『ザ・セル』の独自の映像美で注目を集めたターセム。 でもこの映画では得意のCGに頼らず 世界遺産13ヶ所、21ヶ国以上でロケしたらしい」 ----それは贅沢

映画「落下の王国」

原題:THE FALL CGを一切使わず世界24か国以上世界遺産13か所にロケを敢行、構想26年撮影4年という歳月をかけたという、~愛と復讐の叙事詩が紡ぎだす物語の力~ 構想26年の結実は特に映画のオープニングに、凝りに凝ったような、その幻想的な映像に、よく現

126●落下の王国

想像力の持つ、美しさばかりでなく、残酷性、破壊性。本来そこにある無限の可能性って、なんて怖いのだろう。足元の危うい暗さ。『パンズ・ラビリンス』が気に入った人には、是非これも見て欲しい作品。

「落下の王国」レビュー

映画「落下の王国」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、ダニエル・カルタジローン、エミール・ホスティナ、ロビン・スミス、ジートゥ・ヴァーマ、レオ・ビル、ジュリアン・ブリー...

落下の王国/The Fall

ジェニファー・ロペス主演の前作『ザ・セル』から4年。 と言ってもこの映画、アメリカでの公開は2006年。日本にとっては実質6年ぶりになるターセム監督の待望の新作! 来月公開を前に試写で観てきた。 『ザ・セル』ではCGによる独特な映像美が話題になって、当時劇場で...

【映画】落下の王国

▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会...

[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)]

☆9月に数館で公開された作品が、段々と公開館を増し、遂に、私の「行きつけの映画館^^;」である<MOVIX昭島>で土曜から公開された。  こりゃ、去年の『パンズ・ラビリンス』以上の傑作ですな。  『トト・ザ・ヒーロー』にも匹敵するスケールの大きさだ。 ...

[もう一つの、映画『落下の王国』評]

☆ネット上での友人、おってプライベートでも友人のMUTIさんが、私個人に『落下の王国』評を送ってくれたので、ここに転載する。  ちなみに、私は、[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)](クリック!)として書き残しているので、併せて読んで欲しい。    ...

「落下の王国/The Fall」

圧倒される映像美と構図でした。こういうところがこの地球上にあるということにも感動。

【映画】落下の王国-The Fall…なんか良い映画だったので何時になく真面目な記事に。

{/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/} さて、ゴールデン・ウィークも残りは明日1日{/ase/} 本当にどこにもレジャーに出かけなかった我が家。娘は不満そうです{/face_ase2/} 明日もどこにも行く予定は無いんだけどね{/face_nika/}…来週か再来週にはちょびっと遠出でもしましょう

『落下の王国』(2006 印・英・米)

原題:『THE FALL』(118分) 監督:ターセム 脚本:ダン・ギルロイ     エコ・ソウルタナキス     ターセム 衣装デザイン:石岡瑛子 音楽:クリシュナ・レヴィ 出演:リー・ペイス     カンティカ・ウンタルー        ジャスティン・ワデル

映画評「落下の王国」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年インド=イギリス=アメリカ映画 監督ターセム・シン ネタバレあり

落下の王国

この映像、一度観てみる価値あり★ 芸術作品のような美しさに、ため息が出るほど。 構図や色彩が掛け値なしに素晴らしい! CGじゃなくて、ほ...

「ブーリン家の姉妹」 «  | BLOG TOP |  » 「旧怪談(ふるいかいだん)」 京極夏彦

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード