FC2ブログ
topimage

2019-11

「ブラインドネス」 - 2008.11.27 Thu

ううむ…どうなんだろう。
ジョゼ・サラマーゴが書いた原作「白の闇」が、すごく良かったと感じていて、その延長線上で映画を観たせいか、これといった感慨が湧かないのであった。



ジュリアン・ムーアが、みんなの「目」になる
(c) 2008 Rhombus Media/O2 Filmes
/Bee Vine Pictures

つまり、本を読んだ私は、どんな物語か知っている。映画では、その記憶にある話をなぞっていく。こうなって、ああなって…と、ほぼイメージ通りに映像が進んでいく。
だから驚く場面もないし、あとから映画をどう思い返しても、読書時に感じた以上のインパクトがない

無難に映画化しているとは思う。
収容所での出来事を映画のメインにしたのは、まあ、妥当だろう。社会(世界)の醜い凝縮図のようなものだし。
そのあとの、外界でのサバイバルは、食料を得る話、教会での話を経て、スムーズに家に入っていっちゃってましたね。
原作は、もっと、いろいろなことがあって、住み処を占拠しているオバさんやら作家やらが出てきたりするのだが、映画でそれをやると時間が足りなくなるので、しかたがないところか。

また、映画では日本人夫婦が主役級で登場してくるが、私たちと同じ人種だけに、何だか話が変に身近に感じられもして、これが良かったのかどうか、よく分からない。
原作では、人種の説明はない。ぼんやりとして、どこの世界でも当てはまるようなスケール感があるのだ。

収容所の、汚物まみれの汚さも、映像では遠慮がちだったと思う。あまりにリアルにしたら映せないというのも分かるが、原作でイメージしていたところからすれば、ちょっと綺麗すぎるかなと…。
人間も、衣服など、もっと汚なかろうと思ったりするが。
他人の目がないので、平気で裸で過ごしているような人を、映画でも、たまに映してはいたが、表現的には、おとなしいなあと感じた。

原作を知らずに、映画で初めてストーリーに触れたら、どう思っただろうか。どのくらいのインパクトを受けただろうか。気にいっただろうか。考えても分からない。分かるわけないか。
もしかして、こういうのって不幸かもしれないぞ…。どうしても原作と比べてしまう。
でも、原作を読んだときに、じゅうぶん堪能したから、いいか。

女性3人がシャワーを浴びるシーンがあるが、木村佳乃さんだけが位置の関係もあるのか、おっぱいを見せていない。もしも、わざとだったら、これは、いただけないと思うけど。いかがなものでしょう?

夫とサングラスの女のエッチシーンは、シチュエーション的に変。あれじゃ見つかる可能性が大でしょ。心理的にも原作より軽い感じになってしまって惜しい。妻は夫に何も言わなかったけれど、許してはいないよね。

木村佳乃さん
(c) 2008 Rhombus Media/O2 Filmes
/Bee Vine Pictures

原作本「白の闇」の感想も当ブログにあるので、興味のある方はこちらへ。

(11月22日)

BLINDNESS
2008年 カナダ・ブラジル・日本作品
監督 フェルナンド・メイレレス
出演 ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、アリシー・ブラガ、ダニー・グローヴァー、伊勢谷友介、木村佳乃、ガエル・ガルシア・ベルナル

参考:ブラインドネス@映画生活

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

おはようございます~♪

既に原作を読んでいた映画を観るのってビミョーですよね。
だから、最近は映画化の決まっている小説は避けるようにしてるかも(;・∀・)
先に映画を観て、それから原作の方が2度オイシイかもしれませんね~。

私も似たような感想です(´д`)「本のまんまやわ~」と。

病院の床や中庭は、もっと足の踏み場も無いほどベチョベチョのぐちょぐちょだと思うけど
やっぱ映像化されると、かなりおとなしめでしたね☆
画面まっ茶色ってのはキワモノ映画になりそうで自粛って感じでしょうか^^;

最初が日本人・・・
これを観て「日本人のせいで・・・」みたいなとらえ方をされなきゃいいけど。なんて余計な事を考えてしまいました★

そうそう木村佳乃のオッパイは見えなくて
なんかズルイぞ~と思った思った~

私はもしかして前半と後半で二部構成になってるのかも?とか
チラリと思ってたので
全部を2時間でおさめたのには少し驚きました。
(驚いたのはソコぐらいか^^;)
後半で色々省略されてたのは、時間の関係で仕方ないのかも。

>miyuさん

おはようございます!
映画と原作、どちらを楽しみたいかで、どっちを先にするかを決めるといいかもしれません。
映画が原作を上回るのは、めったにないような気もしますけどね…。映画は別物として観ないといけないんでしょうけれど。

>わさぴょんさん

ですよねー。原作のまま、というような…。

日本人がメインキャストになったのは、すごいと思います。なんででしょうね。日本人のせいで…とは考えなかったですよう。

木村佳乃さん、そうでしょ! そう思ってる人がいてよかった。だったら、私が単なるスケベと思われませんね!(笑)

二部構成!(笑) うーむ。それは、しんどいです。
いろいろカットしても、2時間でまとめたほうがいいですよね。

ボーさん
こんにちは、

ボーさんは原作読んでらしたのですね!
やっぱり原作の方が上になっちゃうのか、、、
やっぱり原作でも理由なく目が見えなくなって
理由なく元に戻るんですか?

そうそう、木村佳乃だけシャワーシーンでうまいこと見せてなかったですよね。
「バベル」での菊地凛子くらいの心意気見せて
あそこは皆と同じくちゃんと出して欲しかったですね(笑)

夫と、あの娼婦とのシーン 妻いるのにあり得ない!
妻は目が見えるの知ってるのに。
って思ったりいろいろ言いたい事はあるけど
それら含めて面白かったですよ~★

>migさん

こんばんは!
原作がよかったので、どうしても、そこまで映画は行かないな~と感じてしまいました。
原作でも、失明と回復の理由は、ありません。

木村佳乃さんのシャワーシーン、ブログ記事で責められてるのを、わりと見ますね。そこだけ取り上げられるのも可哀想ですが。(笑)

夫とサングラスの女のシーン…あれは、ちょっと脚本がマズイんじゃないかなと。原作だと違和感なかったですから。

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。

ブラインドネス観てきました。原作は読んでいません。

管理人も全く不在の隔離病棟に押し込められるなんて酷い話ですねぇ。

みんながみんな見えなくなったら世の中はもっと汚くなるのでしょうね。困ったことに、落書きしたり不法投棄したり汚しまくる人たちがわんさか居るんですから。というか最初に症状が現れてから見えるようになるまでどの位の期間が経過したのでしょう?

五感で視覚を奪われるのが一番辛いでしょうかね。全員が見えなくなると社会の秩序は保てない、一人見える人が付き添うとその人に頼り過ぎてしまう。そうなるでしょう。

街で盲導犬を連れた方を見かけました。楽しそうに散策していました。もし自分がいきなり目の前真っ白な状態に陥ったらそんな強く生きられるか自信ないですよ。(何年か前に網膜はく離の初期症状でレーザー治療したんですけどね)

・・・
今日はレッドクリフも観てきました。

>よっちゃんさん

いらっしゃいませ! ありがとうございます。
見えないことは大変なことですよね。人間は視覚に頼る割合が高いですから。
隔離も、ひどい状態ですが、社会がめちゃめちゃになったら、ありえないことではないかなと思えます。

症状が現れてから見えるようになるまでは、案外短い期間だったのではないでしょうか。原作では書かれてなかった気がします。長かったら食料がなくなったりするでしょうし…。

いままで見えていたのが見えなくなったら…まず、ひとりでは、どうしようもなくて…生活を確立していくのはすごく苦労するでしょうね。

「レッドクリフ」は単純に楽しめる映画でしたね。

私は、原作を全く知らず予告編だけで観に行ったのですが、まさか、このような作品だとは思わなかったです(純粋なパニック映画かと)

映画の描写が、ちょっと綺麗すぎるというのも意外ですね。
原作は、どんなのだろう?と俄然、興味が沸きます。

でも、あの予告編だけで観に行った方は、ちょっと驚愕したのではないでしょうか?

シャワーを浴びるシーンですが、やはり木村佳乃さんだけが・・・
もっと女優魂を見せないと(笑)

>チェズさん

パニックものかと思う方もいるでしょうね、予告編だけだと。
いちおう立派な賞をとった作家さんの原作ですので、文学的でもあります。
本では描写があって、それを想像するしかないのですけど、やはり映像では、あのくらいでないとNGになりそう。

木村佳乃さんのシャワーシーン、こんなに責められると、ほんとに偶然映らなかったのかも、なんて私は擁護したくなりますが…やっぱり無理かな~?

初めまして!

原作『白い闇』の感想も読みました。正直、驚いています。
傑作だったのですか!
この映画を観た時には、原作への興味はまるで無かったのですが、
ここのレビューを読んで良かったです。考え直しました。読みたい!


私は日本人俳優2人がどのように演技してるのかが見たくて、
この映画を観ました。観るのが辛い映画でした...。
目が見えなくなると、あの隔離病棟はかなり汚くなっていくんだ...
と思ったのですが、あんなもんじゃないんですね。
深い意味を持つ長編小説を映画化するのは、難しいんですね...。

>あんさん

いらっしゃいませ! コメントありがとうございます。

原作、私は傑作と思いますが、読んだ人次第ですよね。
結末も映画と同じようですから、あれが不満だと原作でも不満ということになりそうです。

映画では時間の制約があるのでしょう、原作をカットした部分もありますし、やはり読書と映画は感じ方自体が違ってくるのだろうと思います。読んで損はしないとは思いますが…。

TB&コメントありがとうございます♪

原作、7月にはもう読んでいらっしゃったんですね。
確かに原作の印象度が強すぎると、映画は物足りなくなりがちですよね。
あと、登場人物像を自分で勝手にイメージして作り上げちゃってるので、映画でその役をやる俳優とのすり合わせがうまくいかなくて戸惑ってしまったり・・・。
そうそう、俳優といえば、企画段階ではマーク・ラファロの役をダニエル・クレイグがやる可能性もあったんですってね。
それが実現していたら、さてどんな映画になっていたでしょ???




>kiyotayokiさん

そうなんです、原作を先に読んでいて、あまり期待しない程度には楽しみにしていました。
ダニエル・クレイグが候補でしたか。
まあ、あの役は誰でも良さそうな気が…。
「インベージョン」に出ていた、あんなイメージが思い浮かびます。

分かりにくい作品でした

ボーさん、こんにちは!
小説の記事のほうも読ませてもらいました。
映画のあの隔離施設の汚さがあれでも遠慮がちだったとは!
本だといくらでも書けるし、読み手の想像力も膨らむからね~

小説の記事に書いてあった
「目が開いていても見えてないじゃないか」みたいな所から、
もっと物事の本質をちゃんと見るようにと
言いたい作品なのかな~と感じたんですけど・・・??

>YANさん

こんばんは!
そうなんです、本だとイメージがふくらみます。映画とは表現方法がまったく違うものだなと、しみじみ思います。

ん~、難しいですね。人間の本性が出て恐ろしいとか、極限状況では、人それぞれの生き方が出るとかは思いましたが…。
その気があれば、読んでみるのが、いちばんいいですよ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1387-fb778c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラインドネス

 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニッ...

ブラインドネス/Blindness

今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ来...

映画レビュー「ブラインドネス」

公式サイト◆プチレビュー◆謎の病の発生により人間の本性がむき出しになる心理パニック・サスペンス。メイレレスの手腕が見事。 【90点】  街角で若い男性が突然視力を失う。それから各地で失明者が続出し、白い闇の病“ブラインドネス”は驚異的なスピードで拡大し

ブラインドネス・・・・・評価額1500円

ある日突然、全人類が失明してしまったら・・・ 「ブラインドネス」は、人類から視覚が奪われた世界を描く、異色のSFサスペンス。 ノーベル...

「ブラインドネス」・・・81点

注:今回は映画のレビューというより、本との違いについての記事です。 本「白の闇」

『ブラインドネス』

(原題:Blindness) ----あっ、この映画なら フォーンも聞いたことあるニャあ。 確か『ナイロビの蜂』の監督作品で 日本からは伊勢谷友介と木村佳乃が参加してるんでしょ。 カンヌ国際映画祭で オープニングを飾った上にコンペティション作品にも 選ばれたとも聞いたけど...

ブラインドネス 2008-64

「ブラインドネス」を観てきました~♪ 交差点の真ん中で突然車が停まる。運転していた男(伊勢谷友介)は、突然目の前が真っ白になったと告げる。病院に行ったが、原因が全く判らなかった。この病気彼に接触した人々に次々に感染していく。政府は、この病気に感性した...

「ブラインドネス」伊勢谷くん、頑張ってます

「ブラインドネス」★★★ ジュリアン・ムーア、伊勢谷友介、木村木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 主演 フェルナンド・メイレレス 監督、2008年、121分 10月の東京国際映画祭で見た映画、 主役がズラリと並んだ舞台挨拶で 華やかに上映された。 ...

ブラインドネス

 どこまで深読みすればよいのか・・・悩まされる映画でした。(11月23日 清水M

『ブラインドネス』2008・11・23に観ました

『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかったが

「ブラインドネス(BLINDNESS)」映画感想

先週見ようと思ってたけど、見逃しちゃった作品。評価もあんまり芳しくないので悩んでいましたけど、ポイントが貯まったので只券

★「ブラインドネス」

今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。

ブラインドネス

どよ~ん。見えないって辛いのね。で、観てても辛かった(汗) よく、わからなかった、映画の内容...。あんまり面白いとも、興味深いとも...

映画「ブラインドネス」(2008年、加・ブラジル、日)

★★★★ ☆  視界が真白になって失明する感染症のパンデミック(大流行) に襲われた人類を描いたSF。 原題は「Blindness」。      ◇  車を運転していた日本人男性(伊勢谷友介)が 突然「白い闇」に襲われ失明した。 妻(木村佳乃)と眼科医(Mark Ruffalo)

『ブラインドネス』

年末の月末~月初っていうこともあってか、ここ最近仕事が忙しめでなかなか映画館にも足を運べずにイライラが募ってきたので、今日は仕事が終わったら新宿ピカデリーで『ブラインドネス』を観てきました。 GAGAさんでポイント交換でもらった前売り券も持ってたし、早めに...

ブラインドネス

参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制

ブラインドネス

ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  

ブラインドネス(2008年)

伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...

ブラインドネス を観ました。

今日も必殺プランBで、朝から映画を観ることにしました!

ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。

何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファ...

ブラインドネス 評価:★★

レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます

『 あらゆる名前』 ジョゼ サラマーゴ (著)

孤独な戸籍係による奇妙な探求?人間の尊厳を失った名も無き人の復活劇!ポルトガル語圏初のノーベル賞作家による異色作。

ブラインドネス

全世界、失明。

【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな

今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...

ブラインドネス

見えない方が怖いのか、見える方が怖いのか。 この最悪の現象は啓示なんだろうか。 監督:フェルナンド・メイレレス 製作:2008年 ...

ブラインドネス

ブログネタ:ご趣味は? 参加中 秋も深まって来ましたね。 芸術の秋ということで 映画を沢山観たいところです。 この映画は映画館で予告編を観ました。 面白そう。 私の好きなジュリアン・ムーアも出ているし。 ところが私の友人には評判がよろしくない。

「ブラインドネス」大解説~「私には見えなくなる」の意味~

医者の妻だけ目が見えるワケ。ラストシーンのナレーションと「私には見えなくなる」の意味。なぜ目が見える医者の妻は「力」を使おうとしないのか。医者の妻が収容所で泣いた理由。日本で「ブラインドネス」が不評をかう要因。黒い眼帯の老人とラジオ。亡くなった女を清め...

『ブラインドネス』'08加・伯・日

あらすじ始まりは、一人の日本人男性だった。突然目の前が真っ白になり、完全に失明する謎の伝染病は彼の発症を皮切りに、爆発的な勢いで拡がっていく・・・。感想『シティ・オブ・ゴッド』、『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレス監督がアカデミー会員に、初めて見...

ブラインドネス

BLINDNESS 2008年:カナダ・ブラジル・日本 原作:ジョゼ サラマーゴ 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、アリス・ブラガ、ダニー・グローヴァー、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、ガエル・ガルシア・ベルナル、サンドラ・オー、木村佳乃 始...

銀座ミキモトのクリスマスツリー(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「浪華悲歌」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード