FC2ブログ
topimage

2021-02

「ピンキー」 - 2010.08.29 Sun

「荒れ狂う河」に続いて、劇場未公開のエリア・カザン監督作品を観賞。

Pinky
ジーン・クレイン、エセル・ウォーターズ
(c) Twentieth Century Fox

肌の色が白く、見かけは白人だが、実際は黒人の娘が受ける人種差別。

黒人である身分を隠して北部で看護の勉強をしたピンキーは、南部の祖母のもとに戻ってくる。
彼女は祖母から、祖母の恩人の看護を頼まれる。余命少ない恩人はピンキーに財産を残す遺書を書くが、恩人の親戚はピンキーが薬を盛ったなどと噂を立てて、やがて相続は裁判で決着をつけることになる…。

たとえ、肌の色が白くても、黒人ならば差別する。見ていて腹立たしくなってくるが、そうした現実はあった、または、あるだろう。
ピンキーという名前は、かわいい感じで、小さいとか、小指を表したりするが、ピンク色ということでもある。
考えすぎかもしれないが、黒人にそうした名前をつけるのは、黒人でありたくない、という気持ちが無意識にでも入っているのではないだろうか。

黒人差別を正面から扱った問題作。
恩人役のエセル・バリモアは、ドリュー・バリモアの大伯母。

ジーン・クレインは、マリリンも出演した「人生模様」(1952年)で、「賢者の贈り物」のエピソードに主演している。
また、「紳士は金髪がお好き」(1953年)から派生したような映画「紳士はブルーネット娘と結婚する」(1955年)にも出ている。

(8月7日)

PINKY
1949年 アメリカ作品
監督 エリア・カザン
出演 ジーン・クレイン、エセル・バリモア、エセル・ウォーターズ、ウィリアム・ランディガン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

こういうタブー視されていたであろう題材に果敢に挑戦したエリア・カザンに、
そして23歳でこういう難しい役にトライした主演のジーン・クレインにも拍手を送りたいですね。
たとえ売名の意識があったとしても、相当な覚悟が必要ですものね(^^ゞ。

>kiyotayokiさん

エリア・カザンって、かなり社会派のように思えます。人間の感情がぶつかりあうような作品が多いみたいで。
ジーン・クレインさん、23歳でしたか!
見かけが白人でも、黒人だとわかれば、とたんに差別する…。人間って難しいものです。

弊記事までTB&コメント有難うございました。

こんばんは。

見かけは白人である黒人。
これは人間は何により差別するかという命題を与える手段でもあったのでしょうね。
つまり、人は見かけで差別するのは勿論のこと、そうでない部分・・・例えば血であったり家系であったり・・・からも差別するのだ。個性から人間は評価されないものだ、というのが主張でしょう。
当たり前と言えば当たり前のことですが、人間のある限り永遠の命題ですね。

カザンも後年赤狩りの時に大問題を起こしてしまいますが、映画作家としては僕は大変優れた人だったと思います。特に50年代の仕事は圧倒的でした。

>オカピーさん

おはようございます。
そうなんですね、何も知らなければ白人だと思って付き合うのでしょうに、黒人だと知ったら、それだけで対応が変わってしまう。
そういう傾向は減ってはいるのでしょうけれど。

カザンの作品は、ガシッと骨があって(?)、おもしろいですね。

お久しぶりです。

ご訪問頂き有難う御座いました。私事ながら多忙の上に、最近の猛暑は私の活動パワーを減らして居ります。(汗)

私は、ミス・エムが全財産譲渡の遺言を残すほどのピンキーだったか?。と疑問を抱きましたが、後刻、そんな些細な事より、もっと大事な事をエリア・カザンは訴えているのだと、感じ取りました。
例えアカの他人であっても、血の繋がった近親者よりも深い、ピンキーの愛をミス・エムは認めたのだと。
エリア・カザンの秀作「エデンの東」を想起する私でした。

>アスカパパさん

こんにちは。私も普段なかなか人様のブログに訪問できていません。暑さも気力を減じますよね。

たしかに、ピンキーの看護ぶりのどこが格別よかったのか、という面は描いていないですね。
観客が想像するしかない省略部分、でしょうか。昔、尽くしてくれた世話係の女性の孫だから、ということも、どの程度か分かりませんが、あるかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1931-e065d106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「ピンキー」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1949年アメリカ映画 監督エリア・カザン ネタバレあり

ピンキー

 この映画の2年前「紳士協定」でユダヤ人迫害に抗議したエリア・カザン監督。此処では黒人差別に断固反論する。 主人公はジーン・クレインが扮するピンキー。当然外観は白人。白人の恋人トーマス医師もそう思っていた。だが彼女は南部で祖母に育てられた黒人だった

「インセプション」(2回目) «  | BLOG TOP |  » マリリン、もっとも美しい金髪の持ち主に選出

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード