FC2ブログ
topimage

2019-11

「ヒューゴの不思議な発明」 - 2012.03.10 Sat

ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。

私のなかでは、今まででいちばん効果的と思えた3D映画だった。
顔を突き出せば、画面のこちら側に、はみ出す勢いだし。

ポスター

ふたりで映画館に忍び込んで、映画を楽しむ。
映画の創世記の功労者のような存在の人物に光を当てる。
駅のなかの人物模様にも、いろいろなドラマがある。

映画は楽しい~

本作に登場する人物が行なってきた映画製作は、戦争によって、その前途を断たれてしまう。
物資も、人材も、なによりも映画を楽しむ気分も、戦争は奪う。
ただ、だからこそ、どんなときも映画という楽しみは存在するべきではないだろうか。戦争の悲惨な空気に負けないためにも。
本作は、そこまではっきりとは語っていないだろうけれど、映画の歴史を振り返り、映画への愛が、あふれるほどにあふれまくっている。

(↓)おとうさんは、ジュード・ロウ。

おとうさんはジュード・ロウ

少年が暮らすのが、駅の時計部屋(?)。
時計仕掛け、機械人形、義足、手品、からくり、…映画。みんな親せきのようなもの?

おもちゃ屋の主人が少年のノートを取り上げて、「これを燃やすつもりだ」という理不尽さに、なんで? おかしいだろ、それ! と怒りながら観ていたが、なるほど、そういうことだったんだ、とわかってくる。

クロエちゃんのほうがお姉さんか

私は映画検定を受けたことがあるので、あー、あの人が出てくるんだ! と思ったし、映画好きの人なら知っていて損はない、映画の歴史の、ひとこま。

ロイドが時計にぶら下がれば、少年も時計のところに逃げる。
列車が画面の向こうから突っ込んでくれば、実際に駅で列車が…。
そんなイメージのダブリも楽しい。

浮浪児を捕まえるのが仕事!?

スコセッシ監督といえば、文芸ものを手がけたこともあるけれど、とくに最近では硬派な男の映画というイメージがある。
それが、こんなふうな映画を撮るとは、正直いって驚いた。

それにしても、…映画って楽しいね

謎のおじさん

(3月4日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

HUGO
2011年 アメリカ作品
監督 マーティン・スコセッシ
出演 エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ベン・キングズレー、ヘレン・マクローリー、サシャ・バロン・コーエン

駅中の花売り娘

参考:ヒューゴの不思議な発明@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。映画に対する愛で0.5プラス。満点は5点)


All the pictures (c) 2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

● COMMENT ●

3D・・・

これは長いし、目が弱いので2D字幕で観ました~。
3Dの場面って、更に暗いシーンが多いですよね~。(今までの経験からですが)
どこが3Dで効果的か、監督になったキモチでキューを入れてました(うそ)
でも、初めて3回も意識がなくなったんだよね・・・(~_~;

>kiraさん

行った映画館では、3Dは吹替、2Dは字幕でした。生声が聞きたい、という俳優はいなかったし吹替は観ていて楽で良かったです。
今回の3D、暗いのは感じなかったですよ。
意識がなくなった…気絶ですか(違う)…前半退屈という方もいるみたいですが、いや、私はまるっきり普通でございました。

おはよぅございます

そうですね、両方観たけどこれは3Dがあってました☆
今まで3Dではジムキャリーのクリスマスキャロルがいちばん良かったケドそれを超えたかも。
マジックシーンが特にいかされてましたもんね。
ボーさんのマリリンの感想、楽しみにしてます。もうすぐですね~
ミシェルウィリアムズ、13日にヒルズで来日試写ありますね。

>migさん

おはようございます!
あ、そうそう、「クリスマスキャロル」は3Dよかったですよね。雪とか。
金魚蜂をわざと前方に置いたりして、3D製作意欲満々。話の内容も3D向きかと思います。

来日してくれるのだけど、平日はもうダメ! 会社に来てくれないかなー。(無理です!)
24日、いまから長いようで、あっという間かも。

確かに映画への愛がとっても感じられる作品でしたね。
ベン・キングスレーはさすがの演技でしたが、もう随分な歳かなと思ったら
まだ68歳なんですね。

あ、そうそう、時計にぶら下がるのはハロルド・ロイドじゃなかったでしたっけ。

>kiyotayokiさん

こういうタイプの映画にベン・キングズレーが出るとは思ってなかったです。
彼が出演する映画は、重いイメージがあって。そういうことで、私はそれほど適役とは思わないんですよね。

ロイド! 直しておきます。ありがとうございます~。

ボーさん、こんにちは!

ほんとに3Dの飛びだし感がすごくて、
苦手なメガネかけて見たかいがあったと思いました。(普段裸眼で)
こちらでは3D字幕だったので、本人の声も聞けて良かったです。

ジョルジュが戦争のせいで映画への情熱を失わされたって事で、
映画を拒否するようになるのは理解に苦しみます。
実際に映画作りをしていた人もいたでしょうに。

時計や列車のシーンの、イメージのダブリは面白かったですね☆
映画って楽しいと私も感じました。

>YANさん

こんにちは!
3Dを観に行かれたのですね。
メリエスさん、夢も希望もなくなっちゃったのでしょうかねえ。
また、ドイツ占領後となれば、映画づくりも何かと見張られたのでしょうし。
でも、映画は楽しい。だから、今もずっとあるのですね。

こんちは、ボーさん。

ヒューゴがやった方がいいと思う忘年会季節の宴会芸。

人形を使った二人羽織。

>ふじき78さん

じつはマリリンも「紳士は金髪がお好き」で二人羽織やってます。
しかも、後ろは子どもなヘンリー・スポフォード3世です。

こんにちは

前半はちょっと必要のない描写もあってか冗長で、
思っていたよりかは「普通のいい作品」でありました
もっとファンタジックな作品かと思っていたので
ヒューマン系とは驚きでした
映画愛には溢れている作品ですが、
過去の作品に思いを馳せている感じがし、
過去作品をあまり知らない私などは「へ~」としかみれなかったのが残念でもあります
メリエス作品とか、出てきたモノクロ映画を知っている方がいればもっと楽しい作品になっていたことでしょうね
とはいえ、映画はみなの夢を作る、というのは監督自身の心でもあるのでしょうか、なかなか面白かったです

>makiさん

こんばんは!
いま思うと、まさに絵本が原作のファンタジーだなと感じます。
駅に住んでるとか、自動人形とか、おもしろい要素がありました。
あの、スコセッシ監督が作る3Dの映画愛ファンタジー、という、うたい文句だけでも充分に魅力的だった作品ではないかという気がします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2256-72fc7c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思えば遠くへ来たもんだ

「ヒューゴの不思議な発明」3D版を観た。 マーティン・スコセッシ監督による、映画愛に満ちた作品。 モンパルナス駅構内のオモチャ屋の店主をベン・キングズレーが演じている。その作中人物は主人公の少年の運命に大きく関わっている。その作中人物夫妻の養女に「モールス...

ヒューゴの不思議な発明/Hugo

巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...

ヒューゴの不思議な発明

ヒューゴの不思議な発明@TOHOシネマズ錦糸町

Hugo /ヒューゴの不思議な発明

ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て劇...

ヒューゴの不思議な発明 (3D・字幕版)/エイサ・バターフィールド

このファンタジー映画がマーティン・スコセッシ監督作品だと知ったときはちょっと意外でした。しかも3Dです。もうすぐ70歳になられるというのに素晴らしいチャレンジ精神ですよね。 ...

ヒューゴの不思議な発明

原題 HUGO 製作年度 2011年 上映時間 126分 原作 ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』(アスペクト刊) 脚本 ジョン・ローガン 監督 マーティン・スコセッシ 出演 ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ...

映画レビュー「ヒューゴの不思議な発明」

ヒューゴの不思議な発明 オリジナル・サウンドトラック (Howard Shore / Hugo - original soundtrack) [日本語帯付輸入盤]クチコミを見る◆プチレビュー◆巨匠スコセッシが描く大人のためのファン ...

ヒューゴの不思議な発明

素晴らしきかな世界。  

『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』

□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・コー...

「ヒューゴの不思議な発明」3Dの魔力再び

アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?

ヒューゴの不思議な発明

【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...

ヒューゴの不思議な発明

1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...

『ヒューゴの不思議な発明』

(英題:Hugo) ----これ、マーティン・スコセッシ監督の新作だよね。 しかも3D。 よく「映画への愛」を描いているって、言われているけど、 それってどういうこと? 「ぼくも、どういうことかなと、 もしかしたら、原作に“映画愛”の要素を加えたのではないかと、 監督...

ヒューゴの不思議な発明(2011)☆彡HUGO

 ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 評価(好き度)=70点 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化したファンタジー・アドベンチャーということらしいが、、、、。 どうも...

ヒューゴの不思議な発明

ヒューゴって発明してたっけ?

ヒューゴの不思議な発明

映画の持つ力、時代を映す鏡、それらが伝わる優しい映画だった。

ヒューゴの不思議な発明

★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画とい?...

★ヒューゴの不思議な発明★

HUGO ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 映時間 126分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2012/03/01 ジャンル アドベンチャー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッド...

映画という夢~『ヒューゴの不思議な発明』 【3D・字幕版】

 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...

ヒューゴの不思議な発明

Data 原題 HUGO 監督 マーティン・スコセッシ 出演 エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  ジュード・ロウ  サシャ・バロン・コーエン  ベン・キングズレー 公開 2012年 3月

ヒューゴの不思議な発明・・・・・評価額1800円

さあ、一緒に夢を観ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...

映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想

映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...

ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点       

「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ...

映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は...

某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は...

ヒューゴの不思議な発明

3Dの質がとても良かった! スコセッシ監督の映画に対する温かい愛情でいっぱい。 昔も今も、映画は人を楽しませるために作られている。 HUGO 監督:マーティン・スコセッシ 製作:2011年 ア...

ヒューゴの不思議な発明

 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...

シネトーク104『ヒューゴの不思議な発明』●あなたはスコセッシの映画愛をどう見る!?

面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「とある映画のCM、『好きだ、ばか!』に萎える・・・・」 シネトーク104 『ヒューゴの不思議な発明』

フィルムの音

14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす...

『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った

 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...

ヒューゴの不思議な発明

ブログネタ:疲れてる? 参加中 季節の変わり目のせいか、 帰宅すると、いつの間にか寝ていたりします。(>_<) で、夜中に目が覚めて、、、 というのが、ここ最近続いてます。 やらなければならないことを優先的にしなければ行けないのですが、 こんなときこそ

『ヒューゴの不思議な発明』を109シネマズ木場3で観て、マーティンそれは良くないぜふじき★★★

五つ星評価で【★★★理念も映像もいいけど長いよ】 おーい、マーチン。 名前に「チン」が入ってるからって偉そうにしちゃいけないぜ。 これから、この俺様が迷惑な事に上から ...

ヒューゴの不思議な発明

(原題:HUGO) 【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 第37回LA映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。 第69回ゴールデングローブ賞、監督賞(マーティン・スコセッシ)受賞。 第17回放送映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッ?...

■映画『ヒューゴの不思議な発明』

映画監督マーティン・スコセッシの“映画愛”にあふれた映画『ヒューゴの不思議な発明』。 ファンタジックな3D映像で子ども向けの作品なのかと思いきや、子どもたちの冒険を通して、一度夢を諦めた老人が再び夢を取り戻すまでを描く、素敵な物語です。 映画人にとっ...

ヒューゴの不思議な発明(3D)

ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...

映画:ヒューゴの不思議な発明

 今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶対見

ヒューゴの不思議な発明

HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) −監督− マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 −製作− *マーティン・スコセッシ *...

ヒューゴの不思議な発明

思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども〜^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、

先週観た映画 〜9/9

  遅まきながら&二週くらいまとめて(^^ゞ 「ステキな金縛り Once in a blue moon/11」   Once in a blue moon…なんてサブタイトルついてたんだ?と検索してみたら、   「極めて稀な事、

「ヒューゴの不思議な発明」(HUGO)

名作「タクシードライバー」や、「レイジング・ブル」「シャッターアイランド」などの作品で知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを執った詩情あふれるヒ...

映画評「ヒューゴの不思議な発明」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督マーティン・スコセッシ ネタバレあり

ヒューゴの不思議な発明

   懐かしいパラマウントのロゴ。続くカメラワークが快い。SLの走行音がチックタックに変わる。回る時計の歯車。それが凱旋門広場に変貌する。ナイス・シンクロナイズ!。  ...

【映画】ヒューゴの不思議な発明…ヤッツケ映画観賞記録(2)

本日は早速、ヤッツケ映画観賞記録(2) ヤッツケとか書きながら、意外とやっつけて行かないかもしれないなぁという懸念はさておき… 「ヒューゴの不思議な発明」 (監督:マーテ...

「ブルーバレンタイン」 «  | BLOG TOP |  » あれから1年

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード