topimage

2017-09

「キングコング:髑髏島の巨神」(1回目) - 2017.03.30 Thu

B級色が否めないが、とっても楽しい!

ネタばれあり。

がおー

島に着いてからは、ヘリコプターの戦隊で楽しめるし、「地獄の黙示録」みたいなシーンも。
コングが、さっそく登場するのは出し惜しみがなくて、よいぞ。
そして、ヘリとのバトル。おもしろい! コング、でかいし、強い。

部下をやられた隊長のサミュエル・Lは、コングに復讐心をたぎらせる。
コングとサミュ、交互に画面に映ると、同じような顔だから、どっちがどっちだか、やがて分からなくなる!
コングと対決できる人間は、サミュエル・Lしかいない、と確認できる、すぐれたショットだ(笑)。

どえー

コングをはじめ未知の生物に対して、人間、あっけなく、やられる。
ぶっ飛ばされ、踏みつぶされ、刺され、喰われ。
大物俳優といえども、どこで退場になるか分からないよ。
決死の覚悟で向かっていって、無駄死にになったりもして、あっけなさが、かえって、すっきり。

一方で、心の通い合いもあり。
コングは島の守り神なのだ。優しく接すればOK。
ヒロインのブリー・ラーソンさんを、ちゃんと守って手のひらに乗っけるのは、過去作品の継承か。
こうでなくちゃね。

そうそう、そのブリーさん、薄着で胸どーん!なのは、うれしい。
ジャングルで蚊やなんかに刺され放題の危険に陥ろうとも、なんのその、観客サービスでしょうか? ありがとうございます。

しゃー

研究者の役で、中華系の女性が出ていたけど、中華系プロダクションの名前があったから、さもありなん、と思いました。

怪物や人間のバトルに、ほぼ注力するせいか、B級っぽいイメージになるが、これはこれで、カンペキに近い、楽しさ。
今回の「キングコング」、ムダなものが、ほとんどなくて、スキッとしてる。
好感度は大だ。楽しめる。映画館なら、もう一度観てもいい。

しかし、だいたい、「髑髏島」なんて難しい漢字をタイトルにつけるか!?
見本の字を見ながらでないと、書けないじゃないか。髑髏なんて字を覚えても、うれしくないし。

エンドロールのあとに、マーベル映画よろしく、おまけがある。
続編がらみのはずで、日本人としては、すごく楽しみになる!
おまけシーンって、エンドロールの前に入れるわけにはいかないの? エンドロールを見てほしいからか?

うおー

(3月26日 丸の内ピカデリー1)

関連記事:「キングコング:髑髏島の巨神」(2回目)

KONG: SKULL ISLAND
2017年 アメリカ作品
監督 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演 ブリー・ラーソン、トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリー

参考:キングコング:髑髏島の巨神|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


ばじょー

(c) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

ジャングルでそんなに肌露出してていいのか?と思いますよね 笑
それも含めて楽しめました。
コングvsサミュエル...似たような顔なのでアップになると笑ってしまいました。

>yukarinさん

こんばんは!
きっと髑髏島は生態系も変わっていて、刺す虫がいなかったりして? あのトカゲが、みんな食ってしまったとか(笑)。
サミュエルもコングも、類人猿みたいなものなんだなと思いました。笑えて楽しいですよねー。

最高!

ボーさん☆
B級感たっぷりなのに、しっかり面白くてメッセージ性もあって楽しめました。
ブリーさん、ジャングルの中で蚊どころか何か判らないものにもやられそうなのに、タンクトップ1枚で本当に頑張りましたね!

>ノルウェーまだ~むさん

ほとんど前もって情報を仕入れていないので、え、いきなりキングコング映画公開? と、びっくりしました。でも面白くてよかった!
きっと、暑くて、虫どころじゃなかったのですね! それとも、刺されて快感な虫だったとか(笑)。

こんばんは。

観に行ってきましたよ。
ほぼ全編クライマックスのようなアクションでとても面白かったです。(^^)
今までのコングとはかなり違いましたが、女性に…というところは同じですね。

決死の覚悟の無駄死に…そういう人には見えなかったのに、呆気にとられてしまいました。

続きが気になりますねー。
ゴジラだけではなく、他の怪獣たちも出てきそうですね。

トラックバックさせて頂きました。

>白くじらさん

おはようございます。
期待はしていなかったのですが、とてもおもしろくできていました。
敢えて食われてやろうと企んだのに、あてがはずれて、というのは、脚本よく考えたなーと拍手喝采。(人間側からは残酷、非情ですが。)
最後は、まさか、あの怪獣も!? と楽しみになりますね!

面白かったです☆彡

ピーター・ジャクソンのキングコングも大好きですが、怪獣映画色の強い、今回の映画も面白かったです。ジャングルの怪獣たちとの格闘も凄かったです。昨年の「シン・ゴジラ」では、ゴジラの姿を大きくいじっていましたけけど、この映画のキングコングの姿のように正当な姿で描いて勝負して欲しかったな(日比谷シャンテの前にあるゴジラ像)、とふと思ってしまいました(笑)。次回作Godzilla 2(2019)、Godzilla v.s. Kong(2020)をわが家では楽しみにしています☆

>さえさん

素直に面白かったですよね。
2回目を観たときは、何回もキングコングがいきなり現れるので、その前に気づかないんかい、でかいのに神出鬼没やな、とは思いました!
今回のコングは巨大になったらしいのですが、以前の作品と、そんなに違うのかな?と。
あ、ゴジラのパート2は2年後ですか。コングと対決?がパート2ではないんですね~。

ブリー・ラーソンさんが薄着なのより、佐々木希ちゃんがブラだけって方が個人的には嬉しいのだけどなあ。

>ふじき78さん

それは、ぜひ、キングコングVSゴジラのときに実現してもらいましょう!
希さんがゴジラ側のヒロイン、ブリーさんがキングコング側で。

この映画中国でもけっこうヒットしたらしいですね。向こうにも北京原人や雪男とかいるからサル系の怪物には愛着が深いのかな? 中華人民

>SGA屋伍一さん

広い中国、キングコングが住んでいるかもしれませんし。パンダだって大きくなればキングコングみたいなものですから。(そうなのか?)

こんにちは

中国資本がかなりはいって、
部隊に中国人姉さんもいるし
現地民は中国人っぽいし…
ピージャクのキング・コングが好きだっただけに
今回のコングは残念でした
巨大化のおひろめ映画と考えればそれはそれでまあ面白いのかもしれないのだけど。

>makiさん

おはようございます。
ハリウッドのエンタメ映画、最近の中国資本の提携ぶりは目立ちますねえ。
今回、怪獣と戦うための前フリとしてもできていたようなので、でかくて強いので、いいんじゃないかなということですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3212-7f20860d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神@ユナイテッドシネマ豊洲

キングコング:髑髏島の巨神

公式サイト。原題:Kong:Skull Island。ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督。トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー。オリジナルの193 ...

タイトルデザイン_49 Prologue Film/Kyle Cooper『キングコング:髑髏島の巨神』ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、他

『キングコング:髑髏島の巨神』Kong: Skull Island 監督 : ジョーダン・ヴォート=ロバーツ出演 : トム・ヒドルストンサミュエル・L・ジャクソンジョン・グッドマンブリー・ラーソンジン

『キングコング 髑髏島の巨神』 2017年3月25日 丸ノ内ピカデリー

『キングコング 髑髏島の巨神』 を鑑賞しました。 これは驚きだ 【ストーリー】  コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出...

劇場鑑賞「キングコング:髑髏島の巨神」

島の王者… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201703250000/ キングコング 髑髏島の巨神 メイキングブック

「キングコング 髑髏島の巨神」@一ツ橋ホール

 一般試写会。お子さんから年配の方まで幅広い客層で客入りは9割位だ。

キングコング:髑髏島の巨神 (日本語吹替版)

【KONG: SKULL ISLAND】 2017/03/25公開 アメリカ PG12 118分監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ出演:トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ブリー・ラーソン、ジン・ティエン、トビー・ケベル、ジョン・オーティス、ジョン・C・ライリー、MIYAVI STORY:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探す...

キングコング 髑髏島の巨神

未知の生物を求め、学者やカメラマン、軍人からなる調査遠征隊が、太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏島)”に潜入する。 島の至るところに骸骨が散らばり、岩壁には血塗られた巨大な手跡が残っていた。 大音響を轟かせ、島を破壊せんばかりの勢いで調査を始めた調査隊の前に、巨大なる王コングが姿を現わす。 島にはさらに、凶暴でデカい怪獣たちが潜んでいた…。冒険アクション。 ≪この島、怪獣だらけ!≫

キングコング:髑髏島の巨神

格闘中。 コング格闘中。  

キングコング:髑髏島の巨神★★★★

1933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」を筆頭に、これまでにも数々の映画で描かれてきたモンスターの王者キングコングの起源を、コングの故郷である髑髏(どくろ)島を舞台に描いたアドベンチャーアクション大作。 あらすじ:神話の中だけの存在とされてき...

キングコング:髑髏島の巨神

評価:★★★☆【3.5点】(10) 食指がまったく動かず、ハードル下げまくったのが功を奏した。

キングコング:髑髏島の巨神  監督/ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

【出演】  トム・ヒドルストン  ブリー・ラーソン  サミュエル・L・ジャクソン 【ストーリー】 コンラッド率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。...

「キングコング髑髏島の巨神」☆子供にエンタメ大人に反戦映画

ポスターからして子供向け怪獣映画と思うでしょう? ところがどっこい。 男の子の好きな怪獣や恐竜もいっぱい、アーミー好きにも大満足、バトル映画としてもパニック恐怖映画としても完璧でありながら、大人だから判るメタファーを用意した実は真面目に反戦映画でもある。 この予想をいい意味で裏切った面白さと見応えが凄い!!!

キングコング:髑髏島の巨神

日本刀のトムヒ ♪ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong ベトナム戦争終結直後、南太平洋上に発見された未知の孤島へ、米国政府特務機関“モナーク”によっ

キングコング: 髑髏島の巨神・・・・・評価額1750円

怪獣vs狂人! いや~、呆れるほど面白かった。 ギャレス・エドワーズ版「GODZILLA ゴジラ」と世界観を共有する、レジェンダリー・ピクチャーズの怪獣シリーズの最新作。 1933年のオリジナルから数えて、正規作としては東宝版を含めて8作目の「キングコング」である。 南太平洋に浮かぶ謎の島、髑髏島(Skull Island)を舞台に、侵入者である調査隊と島の守護神キングコングとの...

映画「キングコング: 髑髏島の巨神(IMAX・3D)」感想

これは良い怪獣映画!!コングさんに惚れた!! 美女を救って、哀愁漂う背中を見せて去って行くコングさん、イケメン過ぎる。 怪しい調査隊とかいきなりの土人さん達とか、過去の怪獣映画へのオマージュ満載。今の日本で作るのは絶対無理。ゴジラは微妙だったけど、これは文句なしの傑作。 末期の特撮映画のどんどんどんと走って来てがっぷり組み合うだけのシラケる戦闘シーンなど足元にも及ば...

「キングコング:髑髏島の巨神」

2017年・アメリカ/レジェンダリー・ピクチャーズ=テンセント・ピクチャーズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Kong: Skull Island 監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

[映画『キングコング 髑髏島の巨神』を観た]

☆・・・面白かった! 怪獣好きにはたまらない至福のひとときでした。 多分、即座にもう一度見に行くと思うので、詳しくは語らないゾ! だが、これはまさに、『ウルトラマン』第8話「怪獣無法地帯」やぁ!!^^(デカい水牛みたいのが、まあ、ピグモンの立ち位置ね)...

キングコング 髑髏島の巨神

 アメリカの元祖怪獣映画といっていいキングコングの何度目かのリメイク。舞台をベトナム戦争直後にもっていったおかげで、怪獣映画としては十分楽しめます。エンディングロール後に重要な映像があるのでお見逃しなく  作品情報 2017年アメリカ映画 監督:ジョーダン…

キングコング 髑髏島の巨神

この島では人間は最弱である! 2017(KONG SKULL ISLAND)製作国:アメリカ監督:ジョーダン・ヴォート・ロバーツ原案:ジョン・ゲイティンズ、ダン・ギルロイ製作:トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、アレックス・ガルシア製作総指揮:エリック・…

キングコング:髑髏島の巨神

観てて楽しくて面白かったなぁ。

キングコング:髑髏島の巨神

アメリカ版ゴジラを作った会社が、伝統の怪獣キングコングを大規模でリアルな映像で映画化した作品だ。物語は単純なのだけど、出て来る怪獣たちの迫力で全く飽きることがない。ベトナム戦争が終わった直後という設定もなかなか考えられているのだ。南太平洋のどこかの島とい

『グレート・ウォール』をトーホーシネマズ新宿6で『キングコング 髑髏島の巨神』を新宿ピカデリー2で観て、どっちもメインカルチャーから嫌われるから嫌いになれないふじき★ ...

メインカルチャーへの仇花2本をまとめてレビュー。 ◆『グレート・ウォール』 ▲武侠キャバクラ的なコス。 五つ星評価で【★★★あの秘密を知らないで見てゲラゲラ】 ツイ ...

『キングコング/髑髏島の巨神』(2017)

レジェンダリー・ピクチャーズというと、金かけたB級映画を量産している会社、というイメージがある。そのフィルモグラフィーは「バットマン・ビギンズ」、「ダークナイト」、「ダークナイト・ライジング」の<ダークナイト・トリロジー>、リブートに失敗した「スーパーマン・リターンズ」、新たなリブート「マン・オブ・スティール」から始まり、「バットマンVSスーパーマン」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダー...

ゴ・リ・ランド ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 『キングコング 髑髏島の巨神』

なんとか一か月以上は遅れないように必死で記事を書いてるこのごろ。これは好評だった

キングコング:髑髏島の巨神

KONG: SKULL ISLAND 2017年 アメリカ 118分 アドベンチャー/アクション/ファンタジー PG12 劇場公開(2017/03/25) 監督: ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 出演: トム・ヒドルストン:ジェームズ・コンラッド サミュエル・L・ジャクソン:プレストン・パッ...

お知らせ «  | BLOG TOP |  » 「さざなみ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード