FC2ブログ
topimage

2020-02

「ブラック・ダリア」 - 2006.10.23 Mon

ミア・カーシュナー
(C) 2005 Millennium Films. All Rights Reserved.

あんまり面白くなかったので、3人の女優の画像を載せて終わろうと思う。

「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1981年)のジェシカ・ラングのように、テーブルの上でジョシュ・ハートネットとエッチをするスカーレット・ヨハンソンの画像もあったのだが、青少年の目に触れるとマズイので、やめておこう。(笑)
ちなみに、このシーン、食事が並んでいるテーブルから食べ物を払い落とす。もったいないし、床は汚れるだろうし、皿は割れるかもしれないし。マジでそんなことするかね、と思うよ。あまりに現実離れした性欲アニマル!(苦笑)

画像(ミア・カーシュナー、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク、の順です)だけで終わるのも何だから、もう少し書きましょう、と思い直して…。

考えてみると、ジョン・ヒューストン監督の「マルタの鷹」(1941年)、ロマン・ポランスキー監督の「チャイナタウン」(1974年)などの探偵ものの名作といわれる映画は、私は面白く観ることがなかったんだよねえ。


スカーレット・ヨハンソン
(C) 2005 Millennium Films. All Rights Reserved.

あっちは探偵、こっちは警察という違いはあるが、雰囲気的には似ているような。定義的に合っているのか知らないが、ハードボイルドというのか。
そういう映画とは合わないのだろうか。

ブライアン・デ・パルマ監督だから、という理由だけで観た。
「ミッション・トゥ・マーズ」(2000年)を観たときには、トンデモ映画を作る監督になっちゃったか、とも思った人。
「キャリー」(1976年)、「愛のメモリー」(1976年)、「フューリー」(1978年)、「殺しのドレス」(1980年)あたりの、独自の面白さをもった作品群は忘れられない。ヒッチコックの再来なんて言われていたこともある。(ヒッチコックとは違うと思うけど。)
「ファム・ファタール」(2002年)は、主演のレベッカ・ローミン=ステイモスが素敵だったからいいのだが、この「ブラック・ダリア」は、それほどの魅力を発揮した女優もいなかったねえ。

ヒラリー・スワンク
(C) 2005 Millennium Films. All Rights Reserved.

ジョシュ・ハートネットの相棒アーロン・エッカートが熱くなってる理由もよく分からなかったし、最後の謎解きで、よく分からん男がいるのも、それこそ謎だった。私が話をよく理解してないというか、映画を観ていても、理解できにくいんじゃないか?

スカーレット・ヨハンソンの役柄が、どうにも中途半端な気がする。悪女ではない。
結局、2人の男を愛して、その間で揺れ動く女ということなんだろうが、そこにいて、あまり輝いていないように思える。
ヒラリー・スワンクのほうが存在感があった。
ブラック・ダリア役のミア・カーシュナーは、私は初めて見るが、「24 TWENTYFOUR」ではテロリストのマンディを演じているとのこと。

猟奇的未解決事件として有名なブラック・ダリア事件について知ることができたのが収穫か。

最近の映画には珍しくエンドクレジットが短かったのも、映画そのものに、あっけない印象を感じさせてしまった。

ひとつ、映像的に、おおっと思ったのは、遺体発見現場(女性が、わめいている)からカメラが、ぐっと大きく引いていき、近所で主役2人の刑事が張り込みをしている場所まで含めて俯瞰(高いところから見下ろし眺める)になるところ。
このシーンは見事。撮影監督は、ヴィルモス・ジグモンド(有名です)なんだよね。

(10月21日)

この記事の分類「映画感想(私にとっての難あり映画)」についての説明は、こちら

THE BLACK DAHLIA
2006年 アメリカ作品
監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク、ミア・カーシュナー

トラックバック:
PICO*THEATRE様シカゴ発 映画の精神医学様ブラック・ダリア@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
Rocking Chair Blog様

評価☆☆(2点。満点は5点)

● COMMENT ●

いまいちでしたかね

ま、自分も観て、最初の感想が「あんまし面白くなかった」が
正直な所です。デ・パルマ領域(勝手につけました)だったので余計に残念です。

そっか、イマイチかぁ

原作はなかなか面白かったですよ。映画がどの程度忠実なのかわからんですが・・・。
ところで、ヒラリー・スワンクって静止画像だけ見ると、ものすんごく違和感アリアリなんですが、映画だとそうでもないのかしら。彼女のいかにも「オンナ」してる役どころってちょっと苦手なもので。(^^;

そういや、来月WOWOWで「殺しのドレス」が放送されるみたいで、ちょっと楽しみな小夏さんなのでした♪

その日は食欲がなくなって・・・

数年前、図書館で借りた「ハリウッド・バビロンⅡ」という本を見ていたら、この事件の被害者の遺体写真が載っていて、ショックを受けました。次のページにそんな写真があるなんて知ってたら、めくらなかったのに~!(でもやっぱり見たかも)というくらい、キモチの悪い写真でほんとにその日は食欲がなくなりました。
だからこの映画も、見たくないかもです。

むかし、

友達が原作本を貸してくれたんだけど、なぜか途中で挫折した私です。この映画は結構楽しみにしてたんだけど、ど~~も評判がよくないので見る気が一気に失せております。私も小夏さんと同じくっ男前ヒラリー・スワンクがセクシー系を演じるのに抵抗あり。スカーレットもいくら色っぽいとは言え、こういう役には合ってない気がするし。
ミア・カーシュナーというと、「エキゾチカ」というカナダの映画で女子高生の制服姿で踊るストリッパーの役を演じていたのが印象に残ってます。
それにしても、ホンモノのブラックダリアの死体って、すーーっごいオゾマシイものだったらしいですね。ご飯食べられなくなりそうです。

>renさん、小夏さん、ユリディスさん、紅玉さん

renさん、いや、ほんとに正直な感想、面白くなかったですね。求める面白さが違ったのかもしれませんが…。「デ・パルマ領域」、なんとなく分かりますよ。

小夏さん、原作をお読みですかっ! ううむ、読書家だなあ…。
えっ? スワンク嬢、違和感ないですよ。いいと思います。被害者ブラック・ダリアと、そっくりという物語設定には、どうかと思いますが。
あ、「殺しのドレス」! 久しぶりに観ようかな!

ユリディスさん、私も映画を観たあと、ネット上で写真を見ました。私は、そういうの、わりと平気です。白黒なので、まだ救われますね。
映画では、ロングショットで映像があったくらいでしょうか。忘れました…。(忘れるの、早いよ!)

紅玉さん、巷の評判など、気にする必要はありません。ましてや、私の評価をや。(国語の用法、合ってますか?)
スカーレットのクラシックな装いって、写真で見ると、どうも…。
ヒラリーちゃんは問題ないですよ。(と私が思うだけですが。)
ミア・カーシュナー嬢を知ってるなんて、すごい!
とにかく、映画は気持ち悪くないですから、心配なきよう、行ってらっしゃーい!

ううん、評判悪いですねぇ・・・

評判悪い映画になってしまいましたねぇ・・・
期待度が大きかったからか、宣伝が凄すぎたからか?
ヨハンソン、『マッチ・ポイント』での現代女性の方がイキイキとしているように見えました。
クラシックな装いだとなんだか固くて、妙に頭がデカく感じて^^;
同姓の私が言うのもなんですが、色気半減です。。。
ヒラリーに関しては、コメント自粛します(ゴメン)。
しかしホンマに面白なかったなぁ・・・

>uniko@ニャンくんさん

ええ、なんとも言いようがありません…。
スカーレットちゃんも似合ってなかったですよね! そう思います。
ヒラリー…自粛ですとお! いや、私はOKですけどー?
ミア・カーシュナーはいいけど、フィルムの中だけの演技でしたからねえ。

もうちょっと何とかしてほしかったですね。演技者か雰囲気か、どちらかだけでも。

自分もちょいと・・・

この作品に関しては、だめでした・・・
でも、ボーさんの上げられた、スカちゃんの画像、まるでマリリンのようで、ちょっとグっときちゃったボーさんなのでは♪
スカちゃんは私、『ゴーストワールド』より好きな女優さんなんですが、ボーさんはいかがですか♪

>とらねこさん

コメント&TBありがとうございます。
この写真または、この映画のスカちゃんは、私は、マリリンを感じなかったのですよ~。
あんまり魅力的じゃなかったかな…。

「ゴーストワールド」「バーバー」あたりは好きですが、その後は、彼女の映画そのものをあまり観ていないので、なんとも言えないというのが、実際のところですねえ。

ミア・カーシュナー

YANさんとこから来て見ました^^
あらら、ここでも評判悪い・・・
ブラック・ダリア事件は、子供の頃マンガで読んでから興味がありました。
今まで映画の題材として使われなかったというのが逆に驚きですね。
そしてミア・カーシュナーの「エキゾチカ」私も観た事あります^^;
ベビーフェイスでお尻フリフリ、それはそれで魅惑的でした☆
でも久しぶりに観た今作のミアは、なんか哀しいわ~

>わさぴょんさん

はい、コメントを読み返してみても、よかった、という書き込みがないですね。(苦笑)
えっ、マンガで、この事件の話、あったんですか?
私は事件の名前は聞いたことがありましたが、この映画で、ちょっとだけ詳しく知りました。
「エキゾチカ」、まったく知らなかった…。観てみたい気もしますね~。

やっぱイマイチ・・・

あら、わさぴょんさんのほうが早いっ!

私もストーリーに関して、物足りませんでした。
ブラック・ダリア事件に的を絞って、
もっとおどろおどろしいサスペンスにしてほしかったですよ。

テーブル上でのエロティックなシーンですが、
あれは絶対に現実ではないですよね~
私は倒れたグラスの破片がスカーレットの背中に
刺さりはしないか心配でした。
後片付けは誰がやるのだ。考えただけで、ありえません。

それにしても、3枚とも良い画像ですね~!
みんな魅力的に見えます。

>YANさん

そうですね、事件そのものを描く映画ではありませんでした。

やっぱり、テーブルエッチ場面は、有り得ないですよねっ! ちゃんと片付けてからやれって。それができないのは、理性なしです。野獣。あれは嘘ですよ。

我が家の画像は女優中心ですから、ジョシュもアーロンも出てきません!(爆)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/669-7abdf1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブラック・ダリア』

封切後、すぐに観に行きました。今頃、感想アップですわ。 ううん、ちょっと、ちょっとでした・・・^^; 肝心のブラック・ダリアの殺人事件が主役で無かったような。 宣伝の仕方がまずかったかな? ↑エリザベス役の彼女(『24』のテロリスト役マンディー)良かったです

「ブラック・ダリア」宣伝ほどのスキャンダラスな印象は薄い

「ブラック・ダリア」★★★☆ジョシュ・ハートネット 、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 主演ブライアン・デ・パルマ 監督、2006年アメリカ1947年の未解決事件をヒントに大胆な脚色と解釈をした作品。ハリウッドの裏通り、通称ブラック...

ブライアン・デ・パルマ健在「ブラックダリア」

センセーショナルな猟奇殺人事件をめぐる物語 「ブラックダリア」舞台は1940年代のロサンゼルス。ダウンタウンの空き地で、身体を真っ二つに切断された女の惨殺死体がみつかった。大都会の暗闇に葬られたその女を、人々は、ブラック・ダリアと呼んだ。やがて捜査線上に浮か

『ブラック・ダリア』

1947年、ロサンゼルス市内の空き地で、腰から切断された若い女の死体が発見された。被害者は女優志望の女。世界一有名な死体になった彼女を、人はこう呼んだ  ■監督 ブライアン・デ・パルマ■原作 ジェイムズ・エルロイ(「ブラック・ダリア」文春文庫刊)

ザ・ブラック・ダリア The Black Dahlia  久しぶりのデ・パルマ作品だが・・・

 久しぶりのブライアン・デ・パルマ監督作品である。 ロサンゼルスで迷宮入りした猟奇的殺人、ブラック・ダリア事件を題材に「L.A.コンフィデンシャル」のジェームズ・エルロイが書いた「ブラック・ダリア」の映画化である。 主人公の刑事役がジョシュ・ハー...

107.ブラック・ダリア

自分にとっての期待は、大きすぎるものだった。5年前に、『ブラック・ダリア』が映画化決定した、というその時期から、ずっと期待に胸を高まらせていた。・・・ジェイムズ・エルロイが現代最高の作家の一人だと思う私は、LA暗黒4部作、と言われたら、期待せずにいられよう

映画「ブラック・ダリア」

原題:The Black Dahlia1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内臓はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 元ボクサーの二人の刑事、チャリティーで催すボクシングの試合のシーンもそこそこに、ミステリ

『ブラック・ダリア』

'06.11.12 KT『ブラックダリア』@品川プリンスシネマ プレミアムシートエルロイの小説は未読だけど本屋で目にするたび気になってた。何度か手に取ったのに何故か未読。ブラックダリア事件は売れない女優エリザベス・ショートが惨殺されたという、実際に起きた未解決事...

ブラック・ダリア

監督:ブライアン・デ・パルマ 製作:2006年 アメリカ原作:ジェイムズ・デルロイ出演:*ジョシュ・ハートネット *アーロン・エッカート    *スカーレット・...

ブラック・ダリア

 『世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。』  コチラの「ブラック・ダリア」は、ハリウッドの伝説的迷宮入り事件に着想を得て書かれた「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラー小説を映画化したR-15指定のクライム・ミステリーです...

戸田奈津子さんと「荒馬と女」 «  | BLOG TOP |  » 「涙(なだ)そうそう」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード