FC2ブログ
topimage

2020-09

「トゥモロー・ワールド」 - 2006.12.10 Sun

なんといっても衝撃的だったのは、主演のクライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーアたちが襲われる場面。(ネタばれになるので詳しくは書かないが。)
多くの観客の意表を突くであろうストーリー進行で、唖然としてしまった。
これまでに、そういう類の映画がなかったわけではないが、私は夢にも思わなかった…。ありがちな映画ではない、非常にリアルな展開とは言える。

ポスター
(c) 2006 Universal Studios.
All rights reserved.

クライヴ・オーウェンとジュリアン・ムーア主演のSFということ以外は何も知らずに観た。
好意的な映画評を目にしたことが、劇場に足を運ばせた理由だ。

原作は、P・D・ジェイムス(フィリス・ドロシー・ジェイムス、女性作家です)の「人類の子供たち」で、映画の原題は、その通り。邦題も、そのままでよかったのに。

時は2027年。すでに18年間も子供が生まれていない世界。女性の不妊の理由は不明。
そして今、世界でいちばん若い子供が殺されたというニュースが流れている。これは、いったい、どんな世界なのかと考える間もなく、いきなり、店が爆発。テロか。セオドール・ファロン(クライヴ・オーウェン)は、爆発した店のすぐそばにいたが危うく難を逃れる。観客は、すさまじい爆音に驚き、このありさまを目のあたりにして、荒涼たる気分になる。
ここで映画のタイトル、CHILDREN OF MEN が画面に入ってきて、瞬間の沈黙。
巧い。
ここで早くも、これから何を見せてくれるのかと期待が持てた。

セオ(クライヴ・オーウェン)とジュリアン(ジュリアン・ムーア)
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved.

ジュリアン(ジュリアン・ムーア)とセオ(セオドールの略称ですね)は、かつては夫婦だった。現在のジュリアンは、反政府組織のリーダー。
セオは彼女から協力を頼まれる。セオの兄のコネを使って、ある人物のための通行証を手に入れてほしい、というのだ。
セオは否応なく、事態に深入りしていく…。

以前のセオは平和活動の闘士だったが、いまでは、その情熱もない。そんな彼が、ジュリアンたちの計画に関わってからの変わりようといったら!
巻きこまれた形とはいえ、いろんな出来事が重なっていき、必死にがんばることになるセオ。直接的には彼女のためであり、最終的にはそのベースには、昔の闘士だった時代の精神があり、それがよみがえったともいえるのだろう。

子供が生まれなくなり、人間の精神は病んでいったのか、世界は崩壊しつつあり、イギリスだけが持ちこたえている状態。海外からの入国者は厳しく制限され、収容所行き、果ては殺される者までいるようだ。人権無視の虐待がある。
この終末的な世界観がリアル。暴動が起きる危険は絶えない。

ジャスパー(マイケル・ケイン)
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved.

そんな世界の中で、セオが立ち寄る、心休まる隠れ家の主、ジャスパーを演じるのがマイケル・ケイン。
70年代ファッション的な長髪で、ある時期のジョン・レノンのよう。
私は、彼がセオと別れの挨拶を交わすところまで、マイケル・ケインだとは分からなかった。ううむ、やられた…。
この、まるでヒッピーなジャスパーの登場シーンで、ローリング・ストーンズの「ルビー・チューズデイ」が流れるのが嬉しい。キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」もあるというが、私は詳しくなくて、どの曲だったのか特定できない。

戦争のような市街戦からエンディングまでは、息をつくヒマもない。
あとでいろいろレビューを読んでみると、ある場面において、撮影をカットせずに長く撮り続けていく、という長回し撮影だったようで、言われてみれば、そうか、と。(笑)
主人公を、途切れることなくカメラで追い、まるで自分が戦場にいるかのような緊迫感とド迫力。このシーンを観るだけでも、かなりの価値があると思う。

(追記:記事を書いたあと、本作のワンカット長回しはワンカットではない、ということをひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション様の記事で発見しました! それはそれで、すごい!)

ヴェネチア映画祭で、技術貢献の功績に贈られるオゼッラ賞を、撮影監督のエマニュエル・ルベツキが受賞している。

そして、あのシーンには泣けた。そう、あのシーンですよ。
命の大切さを訴える荘厳な瞬間だった!
だが…分かっていても、人類というものは、争いを止められないのだろうか。そのことも、すぐその後に考えさせられる。

映画は、そこで終わらない。まだ、「とどめ」がある。また泣けた。
誰かのために、自分が信じたことのために、精一杯生きることができる、ということが、いかに幸福なのか。そこに人類の未来があるのかもしれない。

(12月2日)

CHILDREN OF MEN
2006年 イギリス・アメリカ作品
監督 アルフォンソ・キュアロン
出演 クライヴ・オーウェン、クレア=ホープ・アシティ、パム・フェリス、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、ダニー・ヒューストン

このブログ内の関連記事:
スティーヴン・キングの2007年映画ベスト10

トラックバック:
レザボアCATs様トゥモロー・ワールド@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様映画レビュー トラックバックセンター様エキサイト:シネマ様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
Rocking Chair Blog様

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんばんは

この作品は、ダメな人にはどうやらとことんダメな作品のようですが、ボーさんも気に入っていただいたようで、とっても嬉しいです・・・。なんだか不思議とボーさんと意見が合うと、とっても嬉しいのですよ。
『クリムゾン・キングの宮殿』は、確か、車でキーとジュリアン達を乗せて、出発してすぐかかってたはずです。車のフロントバンパーと、なにより光が印象的なカメラの箇所でした。荘厳な曲で、ほとんど映画でかかったことがないんじゃないかと思います。

>とらねこさん

ありがとうございます。そう言われると私も嬉しいです。
この映画、あまり期待しなかったせいもあって、チェックしてみて良かったなあと思える1本でした。
重いテーマの作品を上手に見せてくれたキュアロン監督の手腕は確かなものだと思います。
ルーブルにあるはずのアレス像が、セオの兄のオフィス(?)にあったりするようなイメージも面白かったです。

ストーンズは分かるのですが、キング・クリムゾンは、まるっきりなんです。

かなり観たくなってきました。

今、仕事優先で映画鑑賞は自粛しているんですが、ボーさんのレビューを読んですご~く観たくなっちゃいました。
タイトルは確かに「トゥモローワールド」だと夢や希望いっぱいの未来をイメージしちゃうから、原題のほうがよさそうですね。

初めまして。小夏さんのところからリンクして来ました。
ものすごく詳しい解説というか感想ですね。そこまで詳しく映画を見ているんですね。v-265

>kiyotayokiさん、溝の口のかねちょんさん

kiyotayokiさん、こんな、つたない感想文なのに、観たくなっていただきまして、ありがとうございます!
私はヒマ人なので…いまのところ映画自粛という事態はなさそうです。

溝の口のかねちょんさん 、いらっしゃいませ!
一応、感じたことで書き留めておきたいことは書いておきたいな、というところで一所懸命にやっております。
今後とも、ごひいきに、遊びにきてくださいね!

うーーむ。

この作品、私の周囲のブロガーさんでもかなり評判良くて意外に思ってました。
個人的には完璧スルーしてたので。
キャスティングがイマイチ私好みじゃなかったことと(ごめんよ、クライヴ・オーウェン)、あと、なんとな~くの偏見で、『トゥモロー・ワールド』のタイトルにそそられなかったのが要因。(^^;
確かに、『人類の子供たち』が邦題だったらめっちゃ惹かれたと思うので、タイトルの力は偉大だわねw

>小夏さん

私もクライヴ・オーウェンには引かれませんでした。(男優はどうでもいいし。)
ジュリアン・ムーアでもスルーしそうなところでしたが…。

こういう見逃しそうな作品をキャッチできたのは嬉しいですね。「トゥモロー・ワールド」なんて、ありがちなタイトルで興味をひかないですもんね。
気が向いたら観てあげてくださいねえ。

コメントありがとうございました

長回し撮影だと思って観ていましたが、ワンカットではなかったと後で知って二度驚きました。しかし、ワンカットで撮ったかのように見せたからこそ、あれだけの臨場感が出せたのだと思います。心に残るいい映画ですね。

>タイプ・あ~るさん

長回しみたいで、そうではない、というのは、ぜったい驚きますよね。
ははあ、そういうことで技術貢献賞をとったのか、と思いました。
映画の雰囲気を支えた、とても意味のある技術だったと感じます。

TB失礼します

TB失礼します。

このリアリティにはのけぞるほどの衝撃を受けました。しかもそれが表面上の痛々しさじゃないんですよね。唸ります。

それとアノ親友のヒト、マ、マイケル・ケインだったんですかっ!?あの…どの辺が…^^;
全然わからなかったです。(苦笑)

>もももさん

コメント&TBありがとうございます!
私も、予想したよりインパクトを受けた映画でした。いろんな意味で。
ハリー・ポッターのシリーズでも、この監督の「アズカバン」がいちばん好きでしたが、さすがというべきですね。
私も下手すると気づかなかったマイケル・ケイン。きっと、こういう役を演じてると楽しいでしょうね!

こんにちわ

ボーさんは映画館でご覧になったんですね^^
たった1週間前に見た映画でも内容を忘れてしまうワタシですが、
ボーさんは記憶力がよくて尊敬します!!

ジュリアンの途中退場は驚きでしたが、ボーさんもおっしゃってるよう
現実味があると思います。
主要人物は軒並みフェイドアウトでしたが、最後の最後は希望残るラストでヨカッタです。
じゃないと犬死(>_<)

音楽が素晴らしかったですね♪

>mia☆miaさん

こんばんは。
な、なにをもって記憶力がよいなどと、ご冗談を! データなんかはチェックしなおしたりしているだけと思われ…。

主要人物フェイドアウト…クライブ・オーウェンはどうだったっけ…ほら、覚えていない。
でも、とにかく面白かったことは忘れません!

こんにちは。

長回しの市街戦のカメラワークは、臨場感あふれる凄いシーンでしたよね。そりゃ、当たっちゃうよ銃弾…と思えるもの。
以前見たときはたいして面白くないなって感じたんですが、
今観ると、割と面白く、ただやはりヒューマン・プロジェクトとトゥモロー号の存在が曖昧過ぎて、そこを救世的に考えるのはどうなのかなとは思うけれど…意外と近未来の世界だったのねと思ったりも。

>makiさん

おはようございます。
ああ、あいまいな部分はあったかもしれません…。(うろおぼえ)
映画館で観て、かなりインパクトを受けたのは確か(な気がします)。(笑)
キュアロン監督、やっぱり注目しておくべきだろうなあと思いますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/723-c08b9ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

127.トゥモロー・ワールド

2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感じがする。

トゥモロー・ワールド

いや~、久しぶりに凄い映画を観た。『トゥモロー・ワールド』は、そのありきたりなタイトルとは裏腹に、とてつもないインパクトを観客に与える衝撃作である。特に、“ワンカット長回し”を多用したドキュメント的映像表現が、映画全体に信じ難い程の臨場感を醸し出している

トゥモロー・ワールド

「トゥモロー・ワールド」です。 【ちょっとネタバレ】 子供が誕生しなくなってしまった近未来を舞台に、人類存亡の“鍵”を

トゥモロー・ワールド 07078

トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン&nbsp; ジュリアン・ムーア&nbsp; マイケル・ケイン&nbsp; キウェテル・イジョフォー&nbsp; クレア=ホープ・アシティ&nbsp; チャーリー・ハナムう~ん、、、...

「トゥモロー・ワールド」見てきました

 SF映画かと思っていた「トゥモロー・ワールド」を見てきました。

トゥモロー・ワールド

2006年:イギリス原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」監督:アルフォンソ・キュアロン出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに18年...

トゥモローワールド

未読ですが原作は、イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。DVDで鑑賞。西暦2027年。人間に子供が生まれなくなって18年がたっている。世界の都市はテロ、様々な疫病や内戦等により次々

トゥモロー・ワールド

 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバンの

トゥモロー・ワールド

唯一の希望を失えば、人類に明日はない

映画評「トゥモロー・ワールド」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年アメリカ=イギリス合作映画 監督アルフォンソ・キュアロン ネタバレあり

トゥモロー・ワールド

【CHILDREN OF MEN】 制作国: イギリス 制作年:2006年 西暦2027年、人類にはすでに18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は人類の 未来はおろか自分の将来でさえ興味のない、絶望を生きる男。 ある日彼は、ジュリアン(ジュリアン・ムーア)率いる地下組織 FISHに...

トゥモロー・ワールド

【概略】 西暦2027年。人類にはすでに18年間、子供が誕生していなかった。この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう。エネルギー省官僚のセオは、人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味のない、絶望を生きる男。ある日、彼はジュリアン率いる地下組織FISHに拉致される。目的は‘通行証’。彼らは極秘裏に、未来を変えるひとりの‘ある少女’を、ヒューマン・プロジェクトに引き渡すプランを企てていた…...

銀座の映画館ポイントカード企画の中途半端さ «  | BLOG TOP |  » ノーマ(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード