topimage

2017-07

パネルライトなマリリン - 2017.07.22 Sat

目黒の喫茶店カフェ・ノーマ・ジーンさまにて。

ライト2

としまえんのマリリン - 2017.07.21 Fri

今年のとしまえんは、マリリンで熱い!

「マリリン・モンロー 最後の年」 セバスティアン・コション - 2017.07.05 Wed

マリリンの「取り巻き」12人それぞれを、章ごとに「主役」に取り上げて語るのがユニーク。

「紳士は金髪がお好き」(22回目) - 2017.06.02 Fri

マリリンの誕生日に彼女の映画を見る。

マリリン91歳おめでとう! - 2017.06.01 Thu

ハッピーバースデー!

キリンラガーのマリリン - 2017.05.20 Sat

「キリンラガービール アンディ・ウォーホルデザインパッケージ」が販売中。

「ラスト・スキャンダル~あるハリウッドスターの禁じられた情事~」 - 2017.05.12 Fri

俺A「エロール・フリンの実話だって」

「マイ・ファニー・レディ」 - 2017.05.03 Wed

複数の人物が、ひとところにまとまって、浮気したしないでドタバタするコメディ。

「ドノバン珊瑚礁」 - 2017.04.03 Mon

深刻な理由もなく、けんかして、おもしろいのか?

読書記録(2017年3月) - 2017.04.02 Sun

3月の読書記録。

「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」 - 2017.03.25 Sat

いくつかリメイクもある有名なSF作品。

「ラ・ラ・ランド」(1回目) - 2017.03.03 Fri

うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」 - 2017.02.22 Wed

次元大介はマリリン・ファンである。

「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」 - 2016.09.22 Thu

ビートルズの前期、ライブをやっていたころの日々を映画に。

「イヴの総て」 - 2016.08.09 Tue

彼女がいかにしてスターにのし上がったか、イヴのすべてをお見せしましょう。

「生粋 マリリン・モンロー、あるいは~」 桐ヶ谷まり - 2016.06.10 Fri

記事タイトルでは長いので略したが、「生粋 マリリン・モンロー、あるいは虐待された少女の夢」が、本の名前。

マリリン誕生日会2016 - 2016.06.05 Sun

今年もファン仲間で集まりました!

「ノックは無用」(5回目) - 2016.06.04 Sat

マリリン90回目の誕生日に観賞。

マリリン90歳おめでとう! - 2016.06.01 Wed

マリリン・モンローさん、90歳の誕生日!

マリリン in 「ツイン・ピークス」(の台詞) - 2016.04.24 Sun

「ツイン・ピークス」がWOWOWで再び放送中で、私は初めて見ているのだが、「第1章」で、マリリン・モンローさんにかかわる台詞(セリフ)が!

「ターザン紐育へ行く」 - 2016.04.22 Fri

なんと、“I'm Through With Love”が歌われるんです!

マリリン in キネマ旬報4月下旬号 - 2016.04.17 Sun

今ごろチェックしました、キネ旬の記事にマリリン。

「オクラホマ!」 - 2016.04.04 Mon

主役のシャーリー・ジョーンズさん、マリリン・モンローさんに似ている場合あり!?

アナザーストーリーズスペシャル「マリリン・モンロー たった一人の反逆」 - 2016.03.25 Fri

3月26日(土)午後9時30分から、アナザーストーリーズスペシャル「マリリン・モンロー たった一人の反逆」がNHK BSプレミアムで放送される。

三和HD、マリリンカレンダープレゼント! - 2015.12.02 Wed

三和ホールディングスでは、恒例となったマリリンのカレンダーの来年度版を製作、プレゼント企画を行なっている。

マリリン in クレア・トラベラー2015秋号 - 2015.11.18 Wed

「クレア・トラベラー」にマリリン。

「マリリン&モナ 踊って、泣いて、輝いて」 - 2015.11.03 Tue

マリリンという題につられて見た! ちなみに原題は、まったく違います。

おひさしマリリン - 2015.10.23 Fri

新聞チェック
あ、ボーさんとこにアタシ載ってる

8月以降マリリン記事がないので、理由はないけど、ひさしぶりに、ご招待しました!
「バック・トゥ・ザ・フューチャーの日」(「パート2」でタイムトラベルした、2015年10月21日)とかハロウィンで、マリリン画像を作れたらいいんですけど、技量がなくてねえ。


ブログパーツ

「バス停留所」(13回目) - 2015.08.14 Fri

去年につづいて、マリリンの命日の5日に観賞。

NHKで7月に放送したので録画しておいて、では命日に見ましょう、ということで、去年につづいて本作になったのは偶然。
去年の記事「バス停留所」(12回目)から、過去記事にもたどっていけますので、映画について詳しくは、たどって探ってみても。


目標
シェリー(マリリン)の目標は、生まれ故郷から一直線にハリウッドへ!

うれしい
静かにして彼女の歌を聴けと客たちに言ってくれたボー(ドン・マレー)に感謝!

起こされる
襲っているのではありません! 起こしに来たボー。シェリーは朝方に寝たばっかりなのに。

パレード
パレードに行って肩車。こういうわけなの、と友達に説明。

バスで
ボーに拉致されたバスの中で。

そんな女
あたしは、あなたが思っているような女じゃないと話すシェリー。

しあわせ
上着を着せかけてくれたボーの優しさに幸せいっぱい!

(8月5日)

BUS STOP
1956年 アメリカ作品
監督 ジョシュア・ローガン
出演 マリリン・モンロー、ドン・マレー、アーサー・オコンネル、ベティ・フィールド、アイリーン・ヘッカート

好き度☆☆☆☆☆(5点。満点は5点)


(c) 1956 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

ブログパーツ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード