FC2ブログ
topimage

2020-08

2020年春のマイ覇権アニメ - 2020.07.06 Mon

恒例のマイベスト5、ベスト1(マイ覇権アニメ)、その他。行ってみましょー!

ツイートしたものは、ツイート時の日付をつけて転記します。
まず、マイベスト5(50音順)。

「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」
すごく面白かった。令嬢カタリナは、まっすぐ(で単純)で友達思いで、嫌われるどころか正反対。内田真礼さん6役(といっても全部カタリナ)!CMにも登場した。第2期決定済。嬉しいが、第2期をあんまり楽しめない私、大丈夫か!(6月23日)
メイドさんのアン・シェリーが、和氣あず未さんの声。彼女の、こういうタイプの役柄をはじめて見る(聞く)せいか、気づかないわー、これ。少なくとも私には。


「かくしごと」
笑えて、かわいくて、各回最後の現在の不穏なシーンで心がざわつき、大瀧詠一の「君は天然色」で懐かしさに泣かせる。女声陣(造語)の(私にとってはの)豪華さからも見逃せなかった。(6月26日)
ちなみに女声陣は、高橋李依さん、安野希世乃さん、佐倉綾音さん、内田真礼さん、小澤亜李さん、本渡楓さん、和氣あず未さん、沼倉愛美さんなど。


「グレイプニル」
1話はなんだこれと思ったが、2話のワイルドさは好きだ。女は強い。 (4月14日)
次に何が起きるか、かなり楽しみだった。なんじゃこりゃと思い、第2話でワイルドさにおおっと喜び、最後の2話で謎解きの半端まで行き、セカンドシーズンへ? 好きだなあ。(6月29日)
連載中だから途中なんだろうけど、2ndシーズンやらなきゃ、おさまらないでしょ。現在、すぐに再放送をスタートしているが、もしや10月から2nd開始なんてこと…ないかな…?


「球詠(たまよみ)」
女子高野球で、しかも我が埼玉県の学校だもん、好きだ!(5月29日)
最終回だし、ああなって終わるかなと予想してたから驚いた。でもそれは嬉しいこと。一方で作画がどうのこうの言われたが(多少はそう思うが)そんなに気にしない。中身は大好きだった。(6月19日)
「グレイプニル」から続けて聞くと、音量が大きいかもしれないので注意。


「LISTENERS リスナーズ」
OPの「Into the blue’s」は今期もっとも乗れる曲だったかも。ニャンコが何かをつかまえようとして前足をばたばたさせるとこが好き! ED曲も数曲あり、アニメーションを変えてるし、音楽に力を入れてるのがわかる。高橋李依さん何曲も歌う。ノリのアニメだね!(6月25日)


そのほかは…

「アルテ」
貴族の娘が、男社会の画家を志す。後半は家庭教師もしたり、一途な頑張りが好感度あり。王道といえば王道で、それ以上の「惹き」がなく、すっと終わった気も。(6月24日)

「ULTRAMAN」
最終回、北斗のやられっぷりが残酷すぎ。進次郎覚醒の理由づけとしても、復活できるとしても、気分悪いわ。最後に地球を守ったベムラーにしても、攻防が意味不明。佐山レナちゃんは可愛かったな。(7月6日)
2019年に、Netflix で放送済らしいが。変身するというより、パーツが体にかぶさる? 等身大だし。ゆっくりめの動きのときは、スムーズな操り人形みたい。

「神之塔 -Tower of God-」
大どんでん返し? この先を見たいところでの終わりは、原作が終わってないから? 対戦ゲーム中心で、たいして面白くはないが。OP、ED曲のほうが中身よりいいくらい。津田健次郎、大塚芳忠の個性的な常連声が、またかよと思うので嫌。(6月26日)

「社長、バトルの時間です!」
んー、とくに書くことがないくらい、たいしたことなかったのか。文句を書くこともない。(6月29日)
こちらにも、ごひいきの和氣あず未さん、出てるんだけどね。

「八男って、それはないでしょう!」
デーモン閣下&宝野アリカさんのOP曲のみ注目! 異世界で超絶魔法使いになって。おもしろくもない話。終盤、悪党すぎる兄貴が出てきたのも唐突感。(6月18日)

「プランダラ」
プランダラの、イケてなさったら、もう16話まで見ておきながら、早く終わらんかと。(4月30日)
道安、自分がゴキブリみたいな目のくせに、いちいち「ゴキブリゴキブリ」って、うるさいんだよ。(6月18日)
2クール構成。1クールで見切りをつけとけばよかったような。殺さない軍隊の理想はいいが。エロやギャグもお子ちゃま。全体につまらない。メガネキャラは、なんでカチャッとメガネをずり上げる仕草がパターン化されるのか(苦笑)。(6月26日)
文句だらけ。このゴキブリがあー! とか、ほんと「ゴキブリ」連呼、バカの一つ覚えで、かわいそうなヤツもいるもんだよなあとか、いろいろ切り捨てたくなる。

「プリンセスコネクト!Re:Dive」
最終回は泣いた。いいじゃん、すぐ感激するんだからっ。こういう王道の可愛い子の絵が好き。(6月30日)
コッコロ役は伊藤美来さん。私には「バンドリ!」の弦巻こころの声がおなじみなので、こういう声も出すんだ!と感心してた。コッコロ、こころん…。

「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
第3期につづく大前提のせいか、最終話が終わりなのか何だかわからないまま。神殿でいろいろ苦労するパートだったが、第1期より面白さは減った気がする(たんに私が飽きやすいせいかもしらん)。

次は、再放送のもの。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
再放送で、はじめて見ているが、すごくいいよね、毎回泣いてるかも。(5月7日)
とくに、母が娘に残す何通もの手紙の回、死にゆく兵士の手紙の回と続いたときは涙が枯れ果てた感が。思い出すだけでも泣ける。感動を呼びやすい「手紙」、戦争で機械のごとく人を殺してきた娘が、手紙を書き、伝え、生きていくことで再生していく、そうした設定が抜群で、アニメーションのつくりも丁寧だから、泣かざるをえないでしょ。9月、映画版公開。

「BanG Dream!」
1st シーズン再放送のエンディングが「ティアドロップス」になってて嬉しいけど、ほんとは「キラキラだとか夢だとか~」では? オリジナルバージョンでも放送してほしい。(4月12日)
日曜0時~BS日テレの1st シーズンだけど、地震のテロップが入ってしまった。保存版にするつもりのときは、ガッカリだよ。テロップだけ消せる方法はないものか。(4月12日)
(「ティアドロップス」は)エンディングだし、毎回、耳に残るカッコよさ!(4月26日)

「BanG Dream! 2nd Season」
2nd Season 録画を見ていたら、最後の最後に、またしても地震速報が入っていた! 1st に続いて、またしても! 保存版にさせない気か、地震ってか、地殻ってか、地球!(6月14日)

「ひぐらしのなく頃に 新放送記念 セレクション」
同じ登場人物で、いくつかの違う物語を。日本らしい、たたり的恐怖。第1期セレクション。ときどき態度が豹変するのは、ちょっと怖い。「新放送記念」とあったが、延期らしい。

「ラブライブ!サンシャイン !!」
バンドリと似たようなものかと、あまり興味をもっていなかったが、見てみたらハマった。スクールアイドルなんですね。OP、EDの曲も大好きで、こういうの好きなんだなと我ながら再確認する。ED曲が、各話の内容によっても歌い手が替わったりするところもいい。2016年の作品らしいが、今回スルーしなくてよかった。つづいて第2期も放送してくれている。
歌が途中で終わってしまうけど、動画を載せとこう。急に終わると、びっくりするよ。きっちり1分で切らなくてもいいのに。




いまだに終わっていないものは…

「フルーツバスケット 2nd season」
1st シーズンは大好きだったが、2ndは草摩慊人(そうま あきと)とかいう胸くそ悪い奴のおかげもあって、気分悪いわ。今のところね。(6月2日)
いつ終わるのかわからないけど、とりあえず記録はしておく。(7月からOP曲、ED曲が変わったので、あと3か月やるんだなと推測。)

「メジャーセカンド 第2シリーズ」
「メジャー2」、1話からの再放送になってた…コロナめ…(5月2日)
再放送でやりくりしているので、いつ終わるのやら、さっぱりです。二度見ても面白いし好きなのだけどね。

さて、今期のマイ覇権アニメは…

「球詠」
にします。「はめふら」(「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」)も、すごく好きで、少し迷ったのだけど、「球詠」は作画が雑っぽいところも含めて、かえって愛らしい(ほんとか)。足が太いのも良し! 野球選手なんだし、このくらいしっかりした体格でいいのだ!
舞台が、わが埼玉県なのも応援しちゃうでしょ、これは。ちなみにヒロインたちの学校は「新越谷高校」。越谷市はあるけど、この学校名の高校はないんですね。
試合展開も意外としっかりしている。考えていたハードルが低すぎたのかもしれないが。
監督でなくて、マネージャーの川口芳乃ちゃんが戦略を練ってサインを出してるのも面白い。そういうものなの?
作者がマウンテンプクイチという変な名前。もしかして、本名「山福一」なんて!?
女子高の硬式野球というものは、まだ歴史が浅いらしく、チームも少ないようだ。「八月のシンデレラナイン」(7月から放送中)や本作を好きになるのは、男子が多いだろうから、実際の野球女子の増加にはつながらないのかもしれない。

「ラブライブ!サンシャイン!!」から続けて聞くと音量が大きいかもしれないので注意。



ブログパーツ

2020年冬のマイ覇権アニメ - 2020.04.24 Fri

2020年1月から2020年3月(一部2020年4月)に放送されたアニメを、好みで振り返る。

恒例のマイベスト5。
ツイッターで書いてあったものは、基本的には、そこから引っ張ってきました。
動画を再生して見てくれるとうれしいが、基本、自分が見て楽しむ用。
今回は、どうぶつ可愛い子ちゃん系が3本も入ってる。歌系も3つ。好みがわかるねえ。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
いいね! ファイルーズあいさん、本渡楓さんもキャスティングだし!(1月13日)
OP、ED、中身、毎回キュン涙。好きだ!って一途な気持ちが、ぐいぐい来て泣けるんだよ。絵も好きだし、バンドリなければ今期マイベストだな。キョンキョン推しのころを思う。時代も行動も違うけど。(2月15日)
えりぴよの声は舞菜に届く! えりぴよのいる最上稲荷と、舞菜のいる吉備津宮は、だいぶ離れているらしいが、問題ない!(3月8日)
はあ~!? もー完璧最終話! まじ天使~! 舞菜~! まだ見てない人のために言わないけど、なにこれいろいろサイコーなんですけど!(3月27日)
がんばれChamJam ! がんば、れおちゃん。
あまりに気に入ったので、推し武道!なる記事も書いた。下の動画は、エンディングのスペシャル。
言いたいことがあるんだよ やっぱり舞菜と武道館に行こう


「SHOW BY ROCK!!ましゅまいれっしゅ!!」
ほわん(遠野ひかる)の声がめちゃかわゆい。ほわん、ルフユの尻尾が好き。犬系のヤツね。曲も好き。男どものバンドのDOKONJOFINGER、まったく要らない。放送時間の無駄。動画はエンディング。オープニングもいいけど、こっちのほうが好み。


「ネコぱら」
猫がかわいい女の子化しとる、夢のような話で、たあいないが、やはり、かわいい。「キャッツ」ではないな。動画、ましゅまいれっしゅのあとでは、少し音が大きいかもしれないのでご注意。


「BanG Dream! 3rd Season」
バンドリ3期1話は、ロックがRASにスカウトされる。今後も現実の後追いの形にはなりそう。どうやってロックが見出されるのか興味があったが、SNSの動画で、なのが時代だよね。(第1話)
チュチュが追いかけ、六花がヒィーと逃げる第2話。たえ「ポピパ脇役だー」 香澄「おー」自分の学校でない敷地に無断で入らなかったり、くずカゴから外れた空き缶を追いかけたり、実は真面目なチュチュ。以前は、蹴り倒したくずカゴをゴミごと直してたし、いい子だよね。(第2話)
おたえファンとしては、のぼせやすいにもかかわらず(というか考えてない)、六花を心配して銭湯に付き合うのが熱い!(お湯も)自分がRASのギター経験者だから、なおさら力になりたいんだろうね。(第3話)
ポピパの新曲やるなんて夢にも思わなかった。5人横に並んで六花を応援する歌。まったくポピパらしい。さーや作詞作曲なのが珍しい気が。(第3話)
肉まんを3つに分けたいとき、「3ぶんこ」といった、そんな、おたえが大好きだー。(第3話)
ポピパ大好きなロックだが、RASでやっていくのか。自分のやる音楽は名前どおり、でらすっごいロック系なのか。(第3話)
ほとんど、六花RAS加入ストーリー。ポピパもっと出さないままなら今期マイベストは「推し武道」だ!(第4話)
ポピパのMV。好きなもの全部入れて、ほかのバンドとこんなに仲良しなのはポピパならでは。ただ、最後のほうで六花が入りすぎ。ポピヴイなのだから最後はメンバー5人で映るべきではないかな?(第5話)
事件は控え室で起きてるんだ! 相変わらずの燐子ちゃん、寝てるのか倒れてるのか、よくわからん。(第6話)
潰えぬ夢へ燃え上がれ。Roselia回だった! いいけどポピパが見たいの。(第7話)
沙綾「ポピパって今30位だったっけ?」 りみ「えっと、22位」 たえ「にゃんにゃん」。安定のおたえ、好きだー。(第7話)
チュチュに音楽は楽しいものだって、どうやってわかってもらうか、だねえ。ポピパ最後はRASと同点2位で武道館、と見た!(第9話)
RASの絆ができたのは泣ける! 順位は予想が当たったようです(自慢)。(第11話)
武道館新曲は「イニシャル」じゃないのか、と思ったら、そう来たか。(第12話)
最後みんなで歌うって、もう泣いちゃうでしょーが!(第13話)
動画はファーストシーズン(ほぼPoppin'Party〔ポピパ〕のストーリーで一番好き)とセカンドの映像まとめみたいなもの。


「群れなせ!シートン学園」
動物たちのメスが可愛いのでOK! OPの序盤はボーカルが聞こえにくく音量調整まちがったのかと思った。EDはヘタウマで笑う。そのうち味わいになるのか。予告の喋りが動物の鳴き声のみで笑う。(日本語訳字幕つき)
動画は、ツイッターでも書いた問題の(?)オープニング。



そのほかは…
「アズールレーン」
再開までが長く、やっと終わった。ベルファストのメイドぶりがよい。名前からして高貴なメイドっぽい。茅野愛衣さんの声が私のお馴染みのものでなくて、ずっと驚いていた。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」
まあ、ゲームの世界でした。どんだけ強くなるのかっていう興味。メイプルよりサリー好みでした。アニメで「行っけー」とか「行っくよー」って言うのは、ありふれてて大嫌い。『防振り』でも出た。

「虚構推理」
序盤からずーっと鋼人七瀬の話って、どうよ。鬼頭明里さん、セリフ量多いなー、大変だなーと思いながら見た。セリフだらけのアニメだったね。最終回のバナナねたには感動(←ちがう)

「恋する小惑星」
きらら枠らしい、ほんわか萌えで良いです。ED曲がいいんだけど、あおちゃんの髪が尋常でなく風にたなびきすぎているのだった。

「7SEEDS」
人物多すぎて、誰がどこ行ってどうなったのか、ややこしい。終盤は安居や涼が憎たらしいのが一番の思いで終わっちまった。2期もテレビでもやってくれるでしょうね?

「ソマリと森の神様」
ゴーレムにも感情が芽生えたのか。旅のつづきがどうなるのかは想像にお任せ? 柴田理恵さんが声優で出ていて、上手です。わらべうたまで披露。

「なつなぐ!」
橋本愛さんが声やるってんで、そりゃ注目でした。熊本県の地震復興プロモーション制作の1話5分もの。最終の2話は泣けたので良し!

「22/7」
秋元康プロデュースなのか。あとでHPを見ると、2016年12月の結成とか書いてあって、まったく知らんかった。ごみーん。てへ。(1月11日)
悪くはないが特別に惹かれるところもないかな…。「ナナブンノニジュウニ」って読む。意味不明。

「バビロン」
終わり方まで最悪。人を殺すのは何が悪いって、死のうとしていない者の意思を無視する根本から間違いだと示さないアホぶり。こういうの、問題作だろ?と偉そうにしてるんじゃないの?
残酷な殺人シーンを見たあとは衝撃で、少し寝られなかった。その意味では稀有だが、嫌いで嫌で唾棄すべき印象を残しただけだ。

「へやキャン△」
エンドロール見たら「犬 豊崎愛生」とあったので、えっ!と録画を見直したら、もー、まさに犬じゃん! 犬山あおい役のみならず、犬まで…すごいよ豊崎さん!(1月27日)
5分番組のせいか物足りない。なくてもいいような感じ。ソロキャンパーのリンちゃんの出番がほとんどないのもつまらん。

「八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ」
「1さつめ」?は面白かったけど、今回は、まるっきり。最終回に(「ポピパ」の)愛美さんが兵庫(神戸)代表で出演したのに、おおっ!と思ったぐらい。

「Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版」
レムが思いの丈を告げた直後に、エミリアが好きだとレムを振るスバル、ありえなさすぎる。全体的に死んで死んでハードすぎる話。ゼロから始める異世界なんとか。(3月12日)
死に戻りを繰り返すのを見ていて、それなら何でもありだなと思ったり。全体的に、リキ入ってるのは感じる。ペテルギウス・ロマネコンティとか、異常に作り込みすぎて気持ち悪すぎキャラ。

「プランダラ」は、4月以降も続いているので、今回は様子見。

ちなみに途中で視聴をやめたのは
「異種族レビュアーズ」(アニメで風俗をやるのに、怒りに近いすごい反感を覚えた。風俗が嫌いなのではないが。地上波でも放送中止局が多数。)
「映像研には手を出すな!」(あまりにマニアックなので脱落した。)
「宝石商リチャード氏の謎鑑定」「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」あたりも。

そして、マイ覇権アニメは!
「推しが武道館いってくれたら死ぬ」
に決定! 

動画はChamJamの曲メドレー。音量注意。えりぴよ出てこないけど、ごめん。
今期は当然「バンドリ」が一番だと予想していたが、「推し武道」のほうが、毎回笑って泣いてキュンキュンして、幸せだった!
ChamJamメンバーも好きになったし、とくに、文と優佳はいいよね。空音がれおを尊敬していたり、眞妃とゆめ莉の百合関係も、いやらしくなく。
人を好きになって応援したい、ただそれだけの気持ち。その一途さ、あたたかさに、いつでも泣けてしまうのです。


ブログパーツ

推し武道! - 2020.03.30 Mon

「干しブドウ」ではないですよ! 正確には「推しが武道館いってくれたら死ぬ」。
いま一番、個人的に推しなアニメ(「BanG Dream!」と争い中ですが)、オープニング(OP)、エンディング(ED)を、自分がいつでも聴けるように(YouTubeに聴きに行ってもいいわけですが、自分のうちに保管しておきたいというコレクター的心理でしょうか、いや、コレクターでは、まったくないのですが)。放送は3月で終わってしまいますが!

まず、番組OP。アニメを見つづけるうちに、積み重なった内容の印象があいまっているのか、もう、前奏だけで、たいてい泣けてくる、いい曲です! 誰かを一途に思う(この場合アイドルですが)気持ちに、きゅんきゅんきゅんきゅんきゅんきゅんきゅんきゅんしますね! キョンキョン(きゅんきゅん、ではなく)10代あたりのアイドルまっさかりにコンサートなどを多少追いかけた自分も、やはり、こうした、きゅんきゅんの素地があるのかと。


次は、フルでも聴きたいでしょう? 歌詞も見たいよね? グループ名は「ChamJam」といって、リーダーのれおちゃん役の声優は、本渡楓さん。私がもともと好きで、声よし、歌よし、です。主役のえりぴよさんの推しは、メンカラー(メンバーのイメージカラー)がサーモンピンクな舞菜(声:立花日菜)ちゃん。
(削除されたので、別の動画を。これは、いつまでもつか。)


ED。主役のえりぴよ役の、ファイルーズあいさんが歌います! 去年、女子高生役で「お願いマッスル」を歌った人とは思えません! 声優アワード新人賞! きゅんきゅん、ダメ押し!


オリジナルをついでに! 覚えていなかったけど、ずいぶん印象は違っていたんですね。






ブログパーツ

2019年秋のマイ覇権アニメ - 2020.01.24 Fri

2019年10月から2019年12月(一部2020年1月)に放送されたアニメを、好みで振り返る。

恒例のマイベスト5。
ツイッターで書いてあったものは、基本的には、そこから引っ張ってきました。
動画を再生して見てくれるとうれしいが、基本、自分が見て楽しむ用。

「戦×恋(ヴァルラヴ)」
9人姉妹というのがすごい! なんだかを奪われたまま終わってるから、シーズン2は当然あるのね。9人の女の子を12回でじゅうぶん活躍させるのは無理だもんなー。
(多少エロいときもある)恋をするほど強くなる、ヴァルキリー9人のうちのひとりが本渡楓さんだ! 声が好きなんだい!


「この音とまれ!(第2クール)」
第1クールに続いてベスト5入り。鳳月さとわさんと母との関係、神奈川県予選などに加えて、堂島晶さんの物語の比重も大きかった。最後に報われるストーリーはいいもんだよね。
動画は、クライマックスの演奏、「天泣」(演奏:時瀬高等学校箏曲部)。少し長いけど聴いてみてね。見るたびに(思い出しつつ)感動して泣ける。琴の音っていいなあと思える。


「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」
リスタルテの百面相、豊崎愛生さんの百面「声」に、さんざん笑わされた。一転、ラスト2回で泣かされる。豊崎さん「女子無駄」の無感情キャラと正反対、さすが声優さん。一目置いた!


「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」
本好きの娘が、本がめったに見られない世界に生まれ変わった。死の危険のある病だったりするのが、けっこう重いストーリーだけども、ひとまず着地。つづきは必ずあるはず。マインや姉のトゥーリ、かわゆす。


「私、能力は平均値でって言ったよね!」
女の子4人のパーティだもん、好きだよ! かわいい系のアニメが好きだということが、はっきりした(はじめから分かってたよ、というのは誰ですか?)
和氣あず未さんの声も、やっぱり好きだな、好きだよ!



そのほかは…
「神田川 JET GIRLS」
ふたりのデレデレぶり(片方は恥ずかしがるツンデレなのが、また、いい)堪能しました。最後は勝つのが、やっぱ感動しちゃうね。ふたり乗りの水上ジェットレース。

「Z/X Code reunion(ゼクス コード リユニオン)」
なんとなーく見ちゃったね。なにげに富田美憂さんがレギュラーで、なんて売れっ子なんだろうと。

「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」
見ようと思ったら放送してないので、先週が最終回だったと分かった(笑)。余裕! 住民たちが尻尾ふるのが可愛かったな(そこかよ!)

「Dr.Stone」
連続2期でひとまず終了。子供たちが科学に身近になったとかでNHKで取り上げていたっけ。科学知識を持ったまま、一から文明をやり直すアイデア。途中でもあるせいか面白いかと言われたら、あまり盛り上がらないなー。

「Fairy gone フェアリーゴーン(第2クール)」
ドラマが終わるあたりでエンドテーマのイントロが入ってくるのが良かった。話の流れで感動したことも。第1期はよくわからない話だったが今期はOK。主題曲はかっこいいね。

「放課後さいころ倶楽部」
いろんなボードゲームがあるんだなと。元いじめられっ子だったり、やっと友達ができて、ずっとそのままでいたいのにと落ち込む美姫ちゃんがドラマ的には心を揺さぶる主役だったね。髪は青いけど(関係ないか)。

「ぼくたちは勉強ができない!(第2期)」
2期目も安定の追い込まれ型ドタバタ。歌は3人から5人組にスケールアップ(笑)。最後は妥当というか私も彼女を応援してたし!

「ライフル・イズ・ビューティフル」
ビームライフル競技というものがあるんだ、と知らしめる意義はあった! ゆるっとしたお話の持ち味は嫌いじゃない。

「ゆるキャン△」は、ほわん、まったり、なごんで見ていられた。自分はキャンプしないけど。前年の作品の再放送だったと、終わってから知ったよ。1月からショートアニメと実写ドラマが始まってる。

「バビロン」「アズールレーン」は、1月以降も続いているので、今回は様子見。

ちなみに途中で視聴をやめたのは
「俺を好きなのはお前だけかよ」「厨病激発ボーイ」「ノー・ガンズ・ライフ」あたり。

そして、マイ覇権アニメは!
「慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~」
に決定! 

動画はエンディング。リスタルテ人形が踊る。
とにかく、リスタルテを演じる豊崎愛生さんがすごい! 喜怒哀楽、フル発動、大車輪、八面六臂(意味ちがう)! キャラクター設定に負けない、声優の実力を見せつけられた。リスタの声芸、顔芸に毎回「笑」。
アクション込みのコメディで快調に飛ばして楽しませて終わるかと思いきや、最後に、なんてドラマティックな!

ただ、「慎重勇者」でも、途中で「これまでの振り返り回」を1話はさんだり、そのせいで予定が押したのか、最終回が変則放映だったりした。制作が大変だったのでは? 「アズールレーン」も途中で中断して、続きが3月まで先延ばしになったし。
アニメ業界、低賃金で人手が足りないらしいのに、こんなに本数つくって、無理してないか。それでも、つくらないと、やっていけないとか? ちょっと心配。


ブログパーツ

2019年夏のマイ覇権アニメ - 2019.10.30 Wed

2019年7月から9月に放送されたアニメを、好みで振り返る。

恒例のマイベスト5。
ツイッターで書いてあったものは、基本的には、そこから引っ張ってきました。
再生して見てくれるとうれしいが、興味ない方は見やしないよね。いいです、自分が見て楽しむので。
こうしてみると、そのアニメを好きになるのに、主題歌はかなり重要だなと思う。

「女子高生の無駄づかい」
女子高生みんなキャラ立ち、かわいかった! 主題歌ぶっとび、ずっと楽しかった!
最高のノリのOP曲の放映バージョンは、こちらの記事で。


「荒ぶる季節の乙女どもよ。」
性にとまどう、みんなが愛しかったよ。もう、お兄さん(?)から見ると、かわいいもんさ。


「鬼滅の刃」
2クール放送。OP曲のかっこよさには毎回音量を上げてたね! 絵もきれいだったな。鬼との戦いに出てからは面白かった! 戦いの最中でもユーモアを入れたりするのもよし。あの籠の大きさで人間は収納できないだろ、とか思うが妥協。次は映画化?


「フルーツバスケット」
1st season。2クール続いた。毎回のように泣けた。干支に変身する点がファンタジーすぎ、ヒロインがいい子すぎるが、名言の宝庫とも言え、最も大事なのは人を想う気持ちだと思わせてくれる。1クール目のOP曲も泣ける。


「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」
月坂紗由ちゃんの八重歯推し(笑)。鬼頭明里さんはすでに大注目声優さんだよね! OP、ED曲とも買おうかと思うほど大好きだった。OP曲「Don't think, スマイル!!」、ED曲「憧れFuture Sign」ともに、すごくキャッチーなメロディ部分があって、すごいなと思う。作曲の伊藤翼氏、ただものじゃない。
ほとんど「憧れFuture Sign」だけでベスト5に入れたようなもの。
絵は時々、人形みたいになったりで、ちょっと上手くない(ほほえましい)。


KiRaRe(キラリ)が歌う3rdシングル「憧れFuture Sign」をフルで。


そのほかは…
「彼方のアストラ」
最終回、見事に収束。感動泣き。最終回60分、実質2話分を一気に見られたのも、かえってよかった。注目の声は、水瀬いのりさんだよねー。

「ダンベル何キロ持てる?」
中盤から、イマイチな気が。筋トレがらみでは、さすがにそれほど面白くならないか。と言いつつ録画はとってある。歌とキャラは大好き。主役初?の声優ファイルーズあいさん、歌もすばらしいよ! OP曲は、こちらの記事で!

「可愛ければ変態でも好きになってくれますか?」
変態フェチ女子を並べるアイデア。可愛いからいいの。私なら、朱鷺原紗雪先輩を選んで飼ってみたい。竹達彩奈さん、本渡楓さんほか、声優陣もキュートだ!

「ありふれた職業で世界最強」
やっぱり、第2期に続くのね。バディが女子ばっかりでうらやましい主役(そこかい)

「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」
ひたすら、ラティナの可愛さを見せて終わってしまったよ~。

「コップクラフト」
OP曲の歌詞「街は作って壊して忙しいや」の、忙しい「や」が嫌いで、いつも歌を早送りした。可もなく不可もなく。津田健次郎って、別番組の魔王様の声でもあり特徴ありすぎ。大塚芳忠も特徴ありすぎ声で、(どのアニメや映画でも)「出たっ」と思うね。

「手品先輩」
最終回っぼくなく終わった。パンツ見せがデフォルトな先輩、好きです。本渡楓さん(声)、やっぱり、いいなー。

「ソウナン​ですか?」
女子高生4人、無人島。サバイバル能力に長けた子がいてよかったね。ラストのあれで最終回扱い?

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ」
ファミリーを構築中。必ず先に死んでしまう人間が、神さまを愛してもいいのか。ヘスティアはいいって言ってるじゃん!

「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」
真々子さん=CV茅野愛衣さんパワーが圧倒。続編可能ですね。

「BEM」
OP曲に椎名林檎作曲(歌は坂本真綾)を持ってきたりしたけど、内容はイマイチだったか。ベラが若返ったのはよかったが。

「魔王様、リトライ!」
この調子じゃ終わらんだろ(露天で混浴してたり)と思った通り。続きあるのね。

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」
難しすぎ。なんのこっちゃ理解できないことが多かったねー。梶浦由記さんの曲はクラシックで貫録だが。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」。
途中でガラリと異世界ものになったりしたが、大したことなかった。2クールの長さで、YU-NOだって最後のほうしか出ないし。

「Dr.STONE」は、10月以降も続いているので、今回は様子見。

ちなみに途中で視聴をやめたのは「ナカノヒトゲノム【実況中】」「かつて神だった獣たちへ」「グランベルム」「異世界チート魔術師」くらいか。

そして、マイ覇権アニメは!
「女子高生の無駄づかい」
に決定! 

だって、おもしろいし、かわいいし。赤﨑千夏さん、戸松遥さん、豊崎愛生さん、長縄まりあさん、富田美憂さん、高橋李依さん、佐藤聡美さん、M・A・Oさん、興津和幸先生…って、みんな書いちゃいたい(書いたじゃん)ほど、声優さんもよい。おもしろいから、そう思うわけだろうけど、みなさん、ぴったんこすぎるんだもの。


ブログパーツ

ダンベル無駄づかい - 2019.08.07 Wed

いま見ているアニメで最高ノリノリのオープニング2つを。
記事にした理由は、自分が自分のサイトですぐに見聞きしたいのが半分、知らない人に見聞きしてもらって気に入ってもらいたいのが半分。



次は音量が大きいかもなので注意。



moon dass cry って、「無駄づかい」だよね!

ブログパーツ

2019年春のマイ覇権アニメ - 2019.08.04 Sun

2019年4月から6月に放送されたアニメを、好みで振り返る。
動画を載せても、興味を持ってコメントをくれる読者がいないので、やる気がなくなるが。

2019年冬のマイ覇権アニメ - 2019.04.06 Sat

2018年の秋アニメで好きなものを5本挙げたので、2019年冬アニメもそれにならってみようか。

2018年秋のマイ覇権アニメ - 2019.01.20 Sun

テレビアニメのことを書くのは初めてなので、え、びっくり! という方々の顔が目に浮かぶ(顔を知っている方限定)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード