FC2ブログ
topimage

2019-12

「ルパン三世 THE FIRST」 - 2019.12.12 Thu

すずちゃん、ほとんど出ずっぱりだったのでは?

「ゾンビランド:ダブルタップ」 - 2019.12.10 Tue

約10年ぶりの再集結。

「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目) - 2019.12.09 Mon

えっ、まだ上映してるの!?

と知ったら、多少迷っても、けっきょく行くことを選ぶ。それが好きなんだな~という証明なのだ!
朝7時半に出かけるとしても…。仕事に行く平日より早く家を出るとしても…。
ごほうびに、今回もらった入場者プレゼントポストカードは、友希那さんでしたー。


みなと
きょうは来てくれて、ありがとう。わたしは湊 友希那。Roseliaのボーカルをしているわ。

コメント、TBがありましたら、下記「BanG Dream! FILM LIVE」の記事へお願いします。

(12月8日 イオンシネマ 板橋)

関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」
「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)


ブログパーツ

「ドクター・スリープ」 - 2019.12.08 Sun

おもしろかったー!

「アナと雪の女王2」(2回目) - 2019.12.04 Wed

字幕版を観たあと、同じ映画館ですぐに、吹替版を観賞。

「アナと雪の女王2」(1回目) - 2019.12.03 Tue

「むずかしげ」が「楽しげ」より重くなっている天秤をイメージ。

「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目) - 2019.11.20 Wed

もーう、最後。…映画館ではね。

映画でもショートバージョンで歌われた「Returns」を。ポピパの曲の多くと同じく、最初に聴いたときから印象的で、これはちょっと変わった感じを受けもするが、いつもながらの前向きな歌詞や、ひたむきな想いに感動する。
ほとんど、自分が聴く用の貼り付けですが、聴いてくれたらうれしい。


コメント、TBがありましたら、下記「BanG Dream! FILM LIVE」の記事へお願いします。

(11月20日 イオンシネマ 板橋)

関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」
「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目)


ブログパーツ

「ターミネーター:ニュー・フェイト」  - 2019.11.10 Sun

終わってみると、予定調和、みたいな?

「冴えない彼女の育てかた Fine」  - 2019.11.07 Thu

Fine はフィーネと読みますよ。ファインじゃないですよ。

「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目) - 2019.11.06 Wed

えっ!4回ですか!

という声が聞こえ…ません。
4回どころか、10回以上観ている映画だって、これまで、けっこう書いてきてますから、もはや驚かないでしょ?
1回見るごとに、記録なので、いちいち書いているせいで、こういうことになるわけですが。

5つのグループの合同ライブ。カメラワークも、なかなか工夫ありますよ。
Roselia の音が、かっこよすぎる! と思ったけど、最後に Poppin' Party の「キズナミュージック♪」で、ライブシーンでない感動映像をはさみこんでくる反則もあって、曲の良さはもちろんあるけど、泣けるんだよ。泣けないわけがないんだよ! まいった。

もうすぐ、ほとんど上映終了だから、“それ”が終われば、終わり。かな?

映画からではないけど、「キズナミュージック♪」のMusic Videoを。フルバージョンでないのが残念。テレビ放送第2期オープニング曲なんですね。ほんと、いい曲だなあ。


コメント、TBがありましたら、下記「BanG Dream! FILM LIVE」の記事へお願いします。

(11月4日 イオンシネマ 板橋)

関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」
「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目)

こうなったら、絵は動かないけど、フルバージョンも。5分以上ある。



ブログパーツ

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 - 2019.11.05 Tue

このピエロ、なんでもありだね。

「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目) - 2019.10.22 Tue

朝起きて、さっと行けば間に合う。

少しでも、ぐずぐずしていたら、間に合わない。そんな朝いちの上映(といっても8:20~)。
起きてから、ぱっと決意して行っちゃいましたよ!
下は、入場者プレゼントで、いただいたハガキ。

ばんど

映画ではないけど、実際のポピパのライブを下に。自分が聴きたいだけだが、気に入ってもらえるとうれしいものである。
「Dreamers Go!」は、映画でも1番のみ歌われました。(フルでやってほしかったなー。)



わたしも何か楽器ができてバンドやれたらいいなと思う。
コメント、TBがありましたら、下記「BanG Dream! FILM LIVE」の記事へお願いします。

(10月22日 イオンシネマ 板橋)

関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」
「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目)


ブログパーツ

「イエスタデイ」 - 2019.10.21 Mon

♪ きのう~、やなこと、みんな遠くに~

「マレフィセント2」 - 2019.10.20 Sun

今度は戦争だ!

「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目) - 2019.10.14 Mon

1回目は普通上映、今度はオリジナル劇場規格「ベスティア」にて!

池袋の「シネマサンシャイン」が、いつのまにか「グランドサンシャイン」になっていた。調べてみると、さる7月12日のことだった。

IMAXやら、4DXやら、あるらしい。
ここでのバンドリが、ベスティア上映となっていて、なんだそれとチェックしてみると…
「最新鋭レーザープロジェクションシステムと3D音響を駆使することで、まるで映画の中に入ったような感覚を楽しめるオリジナルの劇場規格」だそうです。
どうせなら、それで観ようと思って行きましたよ!…結果的には、よく違いがわかりません!…予想どおりのオチに。(いや、オチじゃないよ。)



でも、楽しいし、いい曲が多いよ。たとえば、上の「二重の虹(ダブル レインボウ)」。何回でも聴ける(見られる)し、泣けもする。自信がある。映画では1曲目。
コメント、TBがありましたら、1回目観賞記事までお願いします!

(10月14日 グランドシネマサンシャイン)

関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」
「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目)


(c) BanG Dream! Project (c) BanG Dream! FILM LIVE Project

ブログパーツ

「ジョーカー」 - 2019.10.07 Mon

まあ、すごいんじゃない。
ずっと、バンドリをトップ記事にしておきたいくらいだが、そうも行かないのか~。

「BanG Dream! FILM LIVE」 - 2019.10.06 Sun

楽しいライブだった~!

じつは、テレビアニメのほうは、ほぼ見ていない。
ちょっと見たけれど、すでに、セカンドシーズンだったし、もしも見るなら、ファーストシーズンから!と思ってしまう。

いま現在、TOKYO MXなどでアニメ番組を見ていると、このFILM LIVE映画のコマーシャルをしょっちゅう目にする。
5つのバンドの演奏シーンそれぞれのバージョンがあって、(だんだん)観てみたいと思うようになった。これぞ、CMの刷り込み効果か!
CMの最後に Poppin’Party の戸山香澄さんのする仕草が、かわいいのなんの。あれはどういう意味かな。もうちょっと、やるよ! かな?

公式サイトの説明を引用させてもらえば、登場する5つのバンドは、

花咲川女子学園で結成したガールズバンド「Poppin’Party」、
幼馴染5人が奏でる王道ガールズロックバンド「Afterglow」、
事務所の意向で生まれたアイドルバンド「Pastel*Palettes」、
重厚な世界観で魅せる本格派バンド「Roselia」、
世界を笑顔にするため幸せいっぱいのメロディを届ける「ハロー、ハッピーワールド!」



上映時間が72分らしいので、5つのバンドが出るとなると、ほぼライブ場面だけの映画なのかなと想像していた。
そして、そのとおりに進んでいったが、アンコールが始まる前に、おっ、これは、なかなかいいじゃん!楽しいじゃん!と思える工夫も。
演奏する動きをアニメにするのはすごいことだと思う。実際に演奏した映像をアニメに変えていくなら、音と動きは合うだろうが、どのようにつくっているのか。

「Poppin’Party」は、まさに、ポップで、どの曲もいいなと思える。ノリが、ぴったりくるのだよね。
「Afterglow」は、ストレートなガールズロックの印象(って、公式サイトの説明と同じじゃないの)。
「Pastel*Palettes」は、見た目からしてパステルっぽくてきれい。一言でいうと、かわいいっ!
「Roselia」は、少し大人っぽくハードなガールズロックで、かっこいい。ドラムス、体力いるわ!
「ハロー、ハッピーワールド!」は、世界が幸せで!って思いが、歌にもはっきりあって素晴らしい。

応援上映回もあるのだが、コールなどを知らないし、無言でペンライトを振るのは嫌いなので、通常上映回で観た。
リアルのライブに行くようなファンには、通常上映回は、つまらないかもしれないが、私のような入門者には、たいそう楽しかった。
いい曲だなーと感激して泣いてしまったのは、「Poppin’Party」「ハロー、ハッピーワールド!」のときだった。

これも、すごいなと思うのが、声優さんたちが、実際にもバンド活動をやっていて、それがハンパじゃないこと。「Poppin’Party」と「Roselia」。尊敬してしまいますね。

私がいちばん好みなのは、やはり、ポップな「Poppin’Party」だなあ。

(10月6日 イオンシネマ 板橋)



関連記事:
「BanG Dream! FILM LIVE」(2回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(3回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(4回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(5回目)
「BanG Dream! FILM LIVE」(6回目)

2019年作品
監督 梅津朋美
声の出演 愛美、佐倉綾音、伊藤美来、前島亜美、相羽あいな

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) BanG Dream! Project (c) BanG Dream! FILM LIVE Project

ブログパーツ

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」 - 2019.07.01 Mon

面白いし、いろいろピシッとうまいこと決まってる感じが。

「X-MEN:ダーク・フェニックス」 - 2019.06.27 Thu

最後って言われてもなー。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 - 2019.06.24 Mon

タイムトラベル系の話は、ややこしくて困る。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 - 2019.06.05 Wed

楽しみにしすぎたせいもあるのか、ものたりない残念感。

「名探偵ピカチュウ」 - 2019.05.07 Tue

「眠くなってきた」

「アベンジャーズ/エンドゲーム」 - 2019.05.06 Mon

つまらなくはなかったが、気に入らないところがあって。

「シャザム!」 - 2019.04.21 Sun

沙ざー無! あ、文字が変身してない!

「翔んで埼玉」 - 2019.04.18 Thu

「こんにちは、二階堂ふみさん」

「バンブルビー」 - 2019.03.22 Fri

近頃のめまぐるしいだけのトランスフォーマー映画とは違って、とてもよかったよ!

「キャプテン・マーベル」 - 2019.03.17 Sun

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の前に必見。

「スパイダーマン:スパイダーバース」 - 2019.03.15 Fri

コミックを見ているようで楽しかった!

「女王陛下のお気に入り」 - 2019.02.28 Thu

愛情、地位…3人の女性がからまって(?)、どんなことになるのかが見もの。

「アリータ:バトル・エンジェル」 - 2019.02.26 Tue

アリータ:テッペイ、(違った)、メガ、オオキイネ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード