FC2ブログ
topimage

2020-11

「ユリシーズ」 - 2020.11.21 Sat

50年代の史劇もの、カーク・ダグラス、ちょっと楽しみ!

「スターリンの葬送狂騒曲」 - 2020.11.11 Wed

予想したよりも、まじめ傾向な、ブラックコメディ。(なのだろうな?)

「天気の子」 - 2020.11.04 Wed

純愛譚。若いふたりを応援しちゃいますよ!

「ジェミニマン」 - 2020.11.01 Sun

どっかで見たと思ったら、

「クロール -凶暴領域-」 - 2020.10.31 Sat

わーにー。

「ちはやふる -結び-」(2回目) - 2020.10.29 Thu

「上の句」「下の句」を見て、「結び」を見ないなんてことがあっていいのか!

「屍人荘の殺人」 - 2020.10.28 Wed

なかなか面白い。

「ちはやふる -下の句-」(2回目) - 2020.10.24 Sat

上の句を見たら、下の句もね。

「ちはやふる -上の句-」(2回目) - 2020.10.23 Fri

見たのは17日で、すずちゃんコロナ復帰の日。

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 - 2020.10.17 Sat

あー、もう涙そうそうだよ!

「バニー・レークは行方不明」(2回目) - 2020.10.12 Mon

町山智浩氏の「トラウマ映画館」でも紹介された一作。

「ウィーアーリトルゾンビーズ」 - 2020.09.21 Mon

13歳で両親を失った子ども4名さま、ご登場~。

「沈黙 -サイレンス-」 - 2020.09.19 Sat

信仰しているのに神はこたえてくれない。このテーマは映画でも、たまにありますね。

「その女諜報員 アレックス」  - 2020.09.17 Thu

なかなかのアクション全開です!

「拳銃王」 - 2020.09.15 Tue

派手な撃ち合いはなくても、ドラマとして面白い。

「ボーン・コレクター」 - 2020.09.14 Mon

20年ぶりで見たら、まあまあ面白いんじゃない、と感じた。

「アナと世界の終わり」 - 2020.09.13 Sun

ゾンビ・アンド・ミュージカル。

「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」 - 2020.09.12 Sat

おフランスで「シティーハンター」実写化!

「花とアリス殺人事件」 - 2020.09.09 Wed

昔、実写映画があったなと。見てないけれど。

「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ─ オリオンの矢 ─」 - 2020.09.08 Tue

間違っていない。

「海底軍艦」 - 2020.09.07 Mon

こどものときなら多少よろこんだかもしれぬ。

「マスカレード・ホテル」 - 2020.09.06 Sun

ちょ、待てよ! とキムタクは言わなかった。当たり前か。

「プロメア」 - 2020.08.19 Wed

絵柄が派手派手、好みでないと、色も音も動きも、けっこう騒々しい。

「劇場版 幼女戦記」 - 2020.08.18 Tue

幼女、魔導師、戦争アクション。現実の戦争をなぞる興味も。

「史上最大の作戦」 - 2020.08.17 Mon

命がけだね…。

「蜜蜂と遠雷」 - 2020.08.10 Mon

松岡茉優さんの演奏シーンは、すごかった。

「劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~」 - 2020.08.09 Sun

半分以上、泣きながら見ていたんじゃないか。

「劇場版 響け!ユーフォニアム ~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」 - 2020.08.06 Thu

テレビ版のまとめっぽい印象が。

「小さな恋のうた」 - 2020.07.25 Sat

また記憶喪失ものかと、うんざりしかけたら…驚いた!

「ミネソタ大強盗団」 - 2020.07.22 Wed

こういう強盗団が好きな方々がいるのだろうね、アメリカなどには。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード