topimage

2017-06

「インベージョン」 - 2007.10.27 Sat

ニコール出ずっぱり!
これは彼女のファンなら、うれしいこと間違いなしだと思うぞ。それは私か。
4度目のリメイクというから「おいおい!」とツッコミたくなるが、演じるのがニコールなら、それも許す!

原作はジャック・フィニイの「盗まれた街」。
ジャック・フィニイといえば、以前「マリオンの壁」という小説を読んだことがあり、そのときに、このSF映画の原作者でもあることをコメントで教えてもらったのだった。

ニコール・キッドマンとジャクソン・ボンド
(c) 2007 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
- US.,CANADA,BAHAMAS&BERMUDA.
(c) 2007 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
- ALL OTHER TERRITORIES.

映画化は「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(1956年、ドン・シーゲル監督)、「SF/ボディ・スナッチャー」(1978年、フィリップ・カウフマン監督、ドナルド・サザーランド主演、2007年版にも出ているヴェロニカ・カートライトが、これにも出演している!)、「ボディ・スナッチャーズ」(1993年、アベル・フェラーラ監督)、そして本作となる。
はじめの2作は原題が“INVASION OF THE BODY SNATCHERS”で、4回目のリメイクの今回は、OF THE BODY SNATCHERSの字が取られて、単純にTHE INVASION(侵略)のみになった。

宇宙から来た生命体に侵されていく人類。
外見は普通な、変形ゾンビのごとき感染者の魔手から、息子と自分を守るニコール。
街を歩くときは、感情を隠すこと。でなければ奴らに見つかってしまう。
スリリングですね、設定が。普通に見える人々が恐ろしい敵とは。誰が感染者なのか、一見は分からない。

彼女と協力する医師が、007ジェームズ・ボンド、いや違った、ダニエル・クレイグ。ここではボンドの役じゃないから、かっこよく危機を乗り越えられるかどうかは、はなはだ不安である。
そういえば、主演の子役の名前はジャクソン・ボンド。本名がボンドである子どもと、役名としてボンドの名も持つ男の、豪華共演だ。(?)

ニコールは、監督が「es[エス]」(2001年)、「ヒトラー~最期の12日間~」(2004年)のオリバー・ヒルシュビーゲルだから、本作への出演を決めたのではないかなあ、などとも推測するが、その監督自身は、どうやら製作会社のワーナーと、もめたらしい。
ヒルシュビーゲルがワーナーの追加撮影要求を拒否したため、その部分は、なんと、「マトリックス」シリーズなどのウォシャウスキー兄弟が手がけ、さらにストーリー変更があり、今度は「Vフォー・ヴェンデッタ」のジェームズ・マクティーグ監督が担当したのだという。(eiga.comの記事による。)

思うに、ラストのカーチェイスあたりが追加なのではないか。ハリウッドらしい派手な見せ場、ということで。
しかし、自分の都合でドイツから監督を呼んでおきながら、気にいらないと口を出すハリウッドって、やっぱりビジネスライク。作品の中身より、客が呼べるかどうかを重視しがちなわけだ。

そんな内幕は別として、私はこの映画、楽しめた
息子を守って戦いながら、追われるサスペンス。眠ったら発症するというサスペンス。
感染者たちの世界は、戦争がない平和な世界だという。
だったら、それもいいのではないか。
ニコールは息子の命を守るために戦ったが、そうでなければ、感染者の世界に加わることも考えたのではなかろうか。

人間であるということは、争いもある世界、ということ。この問題提起には考えさせられる。

医者に変装したジェームズ・ボンドではありません。
(c) 2007 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
- US.,CANADA,BAHAMAS&BERMUDA.
(c) 2007 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
- ALL OTHER TERRITORIES.

(10月21日)

THE INVASION
2007年 アメリカ作品
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演 ニコール・キッドマン、ジャクソン・ボンド、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ライト、ヴェロニカ・カートライト

トラックバック:
レザボアCATs様我想一個人映画美的女人blog様インベージョン@映画生活様シネマトゥデイ様映画専用トラックバックセンター様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
Lost in Australia様

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

監督がいっぱい

この作品は未見ですが、予告編でカーチェイスの場面を観て
「なんか、アクション映画っぽいな・・・?」と思いました。
で、ボーさんの記事を読んで納得。(←推測が正しければ、ですが)
私は1978年版のしか見たことありませんが(しかもほとんど覚えてない)
「es」の監督なら、このリメイクも観てみたいですね~♪

そうですねぇ。

確かに、「es[エス]」の監督であれば、派手なカーチェイスはちょっとやらんだろ、という気はします。「es[エス]」にしろ、「ヒトラー最期の12日間~」にしろ、静かに確実に人間が狂っていく、そんなイメージだもんなぁ、、、カーチェイスはなぁ、、、。

っていうか、これ「盗まれた街」が原作だったんですかっ?!
し、知らなかったッス、、、(今さら?^^;)。これ、ずいぶん昔に読みましたよ。
「知らないうちに異生体に侵されていく」って発想は、当時としてはものすごく斬新だったと思うし、人間が少しずつ変化していく過程がものすごく怖かったです。
たぶん今も本棚にしまい込んであると思うんだけど、、、探して読んでみよ~。

>わさぴょんさん、小夏さん

わさぴょんさん、監督がいっぱい、というので思い出したのは「風と共に去りぬ」。
ビクター・フレミングが監督になってますが、彼は最終的な監督で、その前はジョージ・キューカーが手がけていたとかなんとか。
本作は、アクション部分も、おもしろかったですよ。

小夏さん、私は「es」も「ヒトラー」も観ていませんけど、なんとなくイメージは分かります。カーチェイスなぞ、この映画には必要ないのじゃ! というわけでしょうか。初めはどういうストーリーだったのか、知りたいものです。
原作、読んでますか? さっすが! 映画にも興味わいてきたでしょ?

こんばんは☆

文中リンクありがとうございました。
ちょっと言い遅れましたが、このテンプレ、かわいいですね。
ハロウィンが終わったら、戻すんでしょうか?

この作品ですが、私は十分怖かったし、何よりニコールは出てるし、ダニエル・クレイグも出てるし、結構面白かったですよね!(ごーいん)
それに、古典的なSFをやろうってんだから、その心意気がいいじゃないですかあ~。B級SF大好き!

>とらねこさん

そうですよね、変形ゾンビ仕様、テンポよくまとめていて、よかったと思います。
待てよ、そうすると、この原作がゾンビパターンのご先祖さまなのか?なんて思ったりして。
昔、子どもたちが変になる「光る眼」というSF映画があったのも思い出しました。

ハロウィンのテンプレは、10月いっぱいです。けっこう苦労してカスタマイズしたので、来年も使おうかな、と。(1年後もブログが続いてれば!)

おはようございます☆
ボーさん

コメントTBいつもありがとうございます♪
わたしも基本的にこの映画は楽しめたクチです^^
ニコールの静かな美しさがやっぱりいいですね!

>migさん

おはようございます。
同時にネットしてたみたいですね。
ニコール、いいですよね~。ここ最近は、彼女の出た日本公開の映画は見逃さないようにしてます。
彼女を見てれば何の文句もない映画ですよ!

ボーさんへ

今さっきレビューを書いたのですが 批評家にはぼろくそに言われてたわりには面白かったと思うのですが・・・。
ホント 最後のアクションシーンをなくして アンハッピーで終わった方が かえって効果的だったのではないでしょうか?

>プリシラさん

コメントありがとうございます!
批評家のいうことなんて、あまり信じないほうがいいですよね~。
面白かったですよ。
私は、最後もあれでいいです。アンハッピーだと印象度は強くなりますけど…私の好みでハッピーで。

先ほど、そちらにコメントしてきましたが、不具合のようで、反映されてないかもしれません。

やっと観ました~^^

ニコール、キレイでした!!
詰めが甘いとか色々言えそうですが、
ニコール好きなのですごく楽しめました^^
でもあれだけ寝てたら、もう半分くらい変身してると思うんだけど・・・
感情の無い世界・・・やはり子供を守る為でなければ、もっと簡単にあきらめちゃったかもしれませんね。

>わさぴょんさん

ねー! おもしろいですよね!
ニコール見てるだけでもいいし! ニコール好き度=この映画好き度かも。
子どもは親のパワーの源なんですねえ。いいなあ。

確かに

ツッコミどころは結構あるのですが、
これはもう本当に二コールの美しさが
より堪能出来る作品でした。
彼女ってば、Blu-rayの綺麗な映像で
観るとさらに驚異的に美しかったです!

>miyuさん

そう、この映画はニコールですよね! 彼女を見る映画です。
ブルーレイは、圧倒的にキレイらしいですね。
うー、いちどブルーレイでニコールを見てみたい…。けどHDD、DVD録再機器を入れて1年しか経ってないのですよねー。(笑)

観ました

ボーさん、こんにちは!
>だったら、それもいいのではないか。
って、マジですか~!?
いくら戦争がない平和な世界でも、
何の楽しみもなさそうじゃないです?

ニコールは、必死な時でも上品な美しさがありましたね!
フライトプランの母親(ジョディ)はうるさかったけど(≧∇≦)ノ彡☆

>YANさん

こんばんは!
んー、戦争がない世界は、いいなーと思いました。いや、それなりに何か楽しいこともあるんじゃないかと…。みんながエイリアンなら、もはやエイリアンじゃないですよ。
…というのは冗談で、やはり侵略はされたくないですね。

二コールをたくさん見られて楽しい、というのは「奥様は魔女」などでも感じた楽しさでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1004-63cb6151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インベージョン 2007-56

「インベージョン」を観てきました~♪宇宙から帰還途中のスペースシャトルが、事故により墜落する。その破片はデンバーからワシントンの広い地域に落下した。その破片には、宇宙からの謎の生物が・・・精神科医のキャロル(ニコール・キッドマン)は、彼女の周りの人物に異

インベージョン/ THE INVASION

                                                               {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/}『LOST』をO.AしてるAXNのドラマで同じタイトルがあるけど(

★「インベージョン」

10月は予定通り「ニコちゃん祭り」という事で、ニコール・キッドマン特集の第3弾。予告編見る限りでは、宇宙人もの??なーーんて予想してたけど、原作は3度も映画化されてる「ボディ・スナッチゃー」という作品なんだって。もちろん、ひらりんは全部未見なので・・・気

インベージョン (-_-)zzz DON‘T SLEEP!

 DON‘T  SLEEPI‘m Looking for you。Textme。I love you 。MOM。 10月23日、MOVX京都にて鑑賞。ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグという二大スターの競演の『インベージョン』。サンスペンス超大作ということで、ちょっと気になり行ってきま

映画『インベージョン』を観て

90.インベージョン■原題:TheInvasion■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:99分■日本語字幕:雨宮健■鑑賞日:11月17日、新宿ミラノ3(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル□脚本:デイヴィッド・カ...

mini review 07090「インベージョン」★★★★★☆☆☆☆☆

ジャック・フィニィの傑作古典SF「盗まれた街」を映画化したSFサスペンス。4度目の映画化となる本作では、息子を未知のウイルス感染から守ろうと必死で戦う母親にスポットを当てる。才色兼備な母を熱演するのは『ムーランルージュ』のニコール・キッドマン。その友人役を

『インベージョン』

ニコール・キッドマンとダニエル・クレイグの共演で送るSFスリラー『インベージョン』をやっとDVDで鑑賞しましたー。 本編の時間が100分もないっていうのにちょっと驚いた。 原因不明の事故で爆発墜落したスペースシャトルの残骸に付着していた地球外生命体。これに接...

「インベージョン」・・・85点

インベージョン 特別版←とにかくニコール・キッドマンがキレイ!発売日:2008/

インベージョン

 『ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。 眠っちゃダメ。 家に帰っちゃダメ。 必ず助けるから。 ─ママより』  コチラの「インべージョン」は、何度も映画化されているジャック・フィニィの傑作SF小説「盗まれた街」をニコール・キッドマン主演でリメイ...

『インベージョン』を観たぞ~!

『インベージョン』を観ましたジャック・フィニイのSF古典小説『盗まれた街』から4度目の映画化。人類を脅かす謎のウィルスによる脅威から息子を守ろうと奔走する女性医師を描くSFスリラーです>>『インベージョン』関連原題: THEINVASIONジャンル: サスペンス/...

インベージョン

ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。 【関連記事】 「インベージョン(ニコール・キッドマン) 壁紙1」 「インベージョン(ニコー...

インベージョン

JUGEMテーマ:SF映画 一般     「インベージョン」 原題:The Invasion 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 2007年 アメリカ映画 99分 R15+ キャスト:ニコール・キッドマン      ダニエル・クレイグ      ジェレミー・ノーサム      ジェフリ...

「スターダスト」 «  | BLOG TOP |  » 「ヘアスプレー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード