topimage

2017-03

「ボーン・アイデンティティー」(2回目) - 2007.11.24 Sat

DVDジャケット(海外盤)
前回観たときは、あまり面白くなかったように感想に書いてある(前回の感想は、こちら)が、今度観たら、なかなか良かった。カーチェイスもグッドだったよ。
どういうわけでしょう。いかに私の感想が、そのときの感じ方に大きく左右される場合があるかが分かろうというものですねえ。

シリーズ第3作「ボーン・アルティメイタム」が公開されて評判がいいようなので、この機会に、前2作を観てから「アルティメイタム」にチャレンジしようと思ったわけ。ありがちな動機です。(笑)

記憶をなくしたCIA部員が、「自分が、どんな人間なのか」(アイデンティティー)を探し求める一方、CIA当局から命を狙われる、という話。
管理下に置けなくなったらヤバイから消す。組織の上層部って、どうして「何かが明るみに出ると困る人」がいっぱい、いるんでしょう。
どこかの国の政治家とか、社長なども一緒なんだろうなあ。

ヒロインのフランカ・ポテンテ。わりと話題になった映画「ラン・ローラ・ラン」(1998年)で主演を務めてました。私は観てないせいもあって、この女優さん、知らなかった。
ドイツ出身で、ニューヨークに出て、マリリンも学んだリー・ストラスバーグの演劇学校に入ったことがあるらしい。

007ジェームズ・ボンドみたいな超人的な活躍ではなく、あくまでもリアルに、知力と体力の限りを尽くす。(とはいえ、鍛え抜かれた能力は、多少は超人的といえそう。)
そこらへんにいそうな、あんちゃん風マット・デイモン、地味めなフランカ・ポテンテのペアも、リアルさを狙ったのか。

多分まだ、そんなに有名でなかった頃のクライブ・オーウェンが、殺し屋でチョイ役出演。ファンは注目かな。

第2班監督に、アレクサンダー・ウィットの名前を見つけた。この人、「バイオハザードⅡ アポカリプス」の監督である。調べてみたら、「第2班監督」担当が多い。「グラディエーター」(2000年)、「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」(2003年)、「007/カジノ・ロワイヤル」(2006年)など、たくさんありました。

(11月17日)

THE BOURNE IDENTITY
2002年 アメリカ作品
監督 ダグ・リーマン
出演 マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、ブライアン・コックス、クライブ・オーウェン、ジュリア・スタイルズ

トラックバック:
アスカ・スタジオ様Rocking Chair Blog様映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評様ボーン・アイデンティティー@映画生活様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんばんは、ボーさん。

『ボーン・アルティメイタム』観に行ってきました。みなさんの評判どおり、よく出来てましたね。楽しめました!
私は、2作目の『ボーン・スプレマシー』を実は観てなかったので、直前に慌ててDVDで観て劇場に向かいました(笑)

先に『ラン・ローラ・ラン』を観て、フランカ・ポテンテを知ったのですが、『ボーン~』では地味な感じでしたね。
『ラン・ローラ・ラン』を観た時は、そんな感じがしなかったのですが(笑)

今回も、スティーブン・セガールばりのアクション健在です(笑)

コメント&リンクありがとうございました。

前に観た時は大したこと無かったのに、二度目は前より良かったってこと、時々ありますね。私はこの映画は一回きりしか観ていませんが、可成り面白かった思い出が残っています。

そういえば、ボーンを取った「アイデンティティー」という作品も面白かったことを思い出しました。(ボーさんもご覧になっているかと思いますが、私の名前にリンクしましたので、もしよければご覧下さい)

リアルな闘い方

こんにちは!
この作品は、ボーさんも書いているように、
リアルに肉体と頭脳を駆使した闘い方をしているところが好きです★
ワイヤーや特殊な武器などを使わずに、
マット・デイモンが訓練した技を見せてくれていて、
素直にカッコいいと思えるんですよね~

「ボーン・アルティメイタム」観に行く予定なんですね!
ちまたの評判は割りと良いみたいじゃないですか。

>チェズさん、アスカパパさん、YANさん

チェズさん、私も、すでに鑑賞済みです「アルティメイタム」。
感想は順番に書くので、まだですけど。3作目、だんだんスーパーマン度が高まったような気も。
観てない前作をチェックしたのは一緒ですね!

アスカパパさん、「アイデンティティー」ありましたね。観てないのです。このあと、読みに伺います!
ほんとに、なんで前回は面白くなかったのか、よく分からないんですよねえ。

YANさん、たしかにカッコイイですね。このシリーズでは「まっと・でいもん」と書くのは失礼なので、控えようと思います。(他では書くのか!?)
「アルティメイタム」、すでに観てます。追う者、追われる者、刺激的なアクションでしたよ!

そうそう、こないだ地上波でやっていたので見たんですが、クライブ・オーウェン、出てましたね。
今でこそクライブ・オーウェンといえば、スター俳優ですが、当時は僕もよく知らなかったので、ほとんど印象に残っておりませんでした(^^;。

私など、今回でさえ、言われなければオーウェンと分かりませんでした…。
私がこの人を認識したのは、「シン・シティ」「クローサー」からですね。

彼の作品なら「トゥモロー・ワールド」が、いちばん、おすすめ、でしょうか。

見直すと面白い

TBありがとうございます。わたしも2回目の見直しです。
1作目は結構記憶に残っていると思っていましたが、クライヴ・オーウェンが出ていたことはすっかり忘れていました。
「ジェイソン・ボーン」が楽しみですね。

>ミス・マープルさん

ありがとうございます。
だいぶ昔のことなので、記憶は薄いですが、記録に書いておくと、おお、そうか!と思いますね。
とはいえ「ジェイソン・ボーン」は観にいくかどうか。アクションいっぱいみたいですよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1027-250a95d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボーン・アイデンティティ

マット・デイモンのボーン・シリーズ第3弾「ボーン・アルティメイタム」公開という事で、テレビで前2作を放送してましたね。監督:ダグ・リーマン製作:2002年アメリ...

ボーン・アイデンティティー

 コチラの「ボーン・アイデンティティー」は、ロバート・ラドラム原作の3部作からなるポリティカル・サスペンスの1作目を映画化したサスペンス・アクションです。 実を言うと、以前TV放送されたのを観た事があったのですが、どうも合わないと言うか、今ひとつ乗り切れ....

ボーン・アイデンティティー - The Bourne Identity -

ボーン・アイデンティティー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD] 「ボーン・アイデンティティー - The Bourne Identity -」 感想 ...

ボーン・アイデンティティー

ストーリー自体は結構単純です。CIAが特殊工作員を作り、ミッションに失敗すると消そうとする。主人公は記憶を失っているためなぜ命を狙われるかがわからないが、次第に真実がみ...

ボーン・アイデンティティー

JUGEMテーマ:アクション映画全般     「ボーン・アイデンティティー」 原題:The Bourne Identity 監督:ダグ・リーマン 2003年 アメリカ映画 119分 R15+ キャスト:マット・デイモン      ブランカ・ポテンテ      クリス・クーパー     ...

横浜骨董ワールドと「ベティ・ペイジ」試写会 «  | BLOG TOP |  » 小泉さんCD「17枚収録スペシャルボックス」!

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード