FC2ブログ
topimage

2019-09

「レディース・オブ・ザ・コーラス」 - 2008.01.13 Sun

マリリンの、ごく初期の頃の映画。
マリリンが初めて契約した20世紀フォックスが彼女をうまく使えないでいたうちに、コロムビア映画で撮った61分の小品だ。

私は初めて観たのだが、
これ、主役じゃないか!
と驚いた。
いままで彼女の初主役映画といえば、「ノックは無用」(1952年)になるかなと思っていたが、本作も主役といっていいのではないか。
途中で母親のエピソードが入ってきたりして結果的にダブル主役になった感もあるが、歌も2曲披露している。(“Every Baby Needs a Da Da Daddy” “Anyone Can See I Love You”。詞曲は、アラン・ロバーツ、レスター・リーによる。)
“Anyone Can See I Love You”は、現在YouTubeでも聞くことができる。興味のある方は、ここをクリック。リンク切れになったら失礼。

母アデル・ジャーゲンスと、娘マリリン
(c) Sony Pictures Home Entertainment

バーレスク(お色気を強調したショーとでもいうのでしょうか)で働く母メイ・マーティン(アデル・ジャーゲンス)と娘ペギー(マリリン)。
トップスターが辞めてしまい、ペギーが代わりに舞台を務めたことから、彼女はバーレスクの新星となる。
彼女に一目ぼれした金持ち男と結婚したいと願うペギー。母親のメイは、身分違いの恋愛のゆくえを心配する。
ペギーの仕事のことを、男が自分の母親に、きちんと話すことを条件に結婚を許すメイだったが…。

母親役のアデル・ジャーゲンスは1917年生まれ。母親といっても、マリリンと9歳しか違っていなかった…。

この映画で注目されてもよかったはずのマリリンだが、大きな作品ではなかったせいもあるのかブレイクには至らず、しばらく彼女は、再びモデル中心の生活に戻ることになる。
コロムビアはマリリンを欲しがったともいわれるが、なぜか、けっきょく契約はしていない。もしもコロムビアに移っていたら、マリリンのその後は、どうなっていただろうか。

これで2007年の映画納め。映画館、DVD、ビデオ、テレビ、すべてを含み、総本数120本でした。

(12月24日)

LADIES OF THE CHORUS
1948年 アメリカ作品
監督 フィル・カールソン
出演 マリリン・モンロー、アデル・ジャーゲンス、ランド・ブルックス、ナナ・ブライアント、エディ・ガー

トラックバック:
映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆☆☆(5点。マリリン主演ですから。満点は5点)

● COMMENT ●

おお!満点だ!!

やっぱりマリリンが主演ならそれだけでもう満点でしょう!
ただ、ちょっとマリリンの演技がまだ不完全なような気もします。なんだかぎこちないような部分も少しあるような…
でもでも、若い頃のマリリンが歌って踊って演技して…なんて、それだけでもう嬉しくなったゃいますよね!

映画紹介では準主役と書かれてますけど、ダブル主役のほうが正しいですね。


マリリン最初の主演作品で2007年の映画締め。
そして昨日今日の新文芸坐のマリリン作品で2008年映画初め。
素晴らしいです!

>たけしさん

彼女の主演作なら満点以外、つけられますでしょうか!
…いいえ!
たしかに、まだ、たどたどしいところもありますね。
しかし言葉を変えれば、「ういういしい」という誉め言葉に!
この映画の彼女の歌は、レコードの頃からおなじみでしたが、映画自体は、やっと観ました。これも貸していただき有難うございました!

マリリンの歌の指導をして、恋人ともいわれたフレッド・カーガーの名前もスタッフにありましたね。

きょうは映画館でお会いできて、うれしかったです。
仕事明けでも眠らずにマリリンの買い物、映画と活動する、たけしさんも素晴らしいですよ! が、健康にはお気をつけください。

そういえば私も「マリリン、ほぼ主役じゃん!」と驚いた覚えがあります(笑)
お母さん役、それぐらいしか年齢差なかったんですか。あらら。
ほんと、これでブレイクしてたらどんな方に変わったんでしょうね。

>まおさん!

でしょー!
主役ですよねっ!
なんで、主役って紹介されてないんでしょう。

お母さん役のアデルさん、私は初めはマリリンの同僚と思って見てたのは確かで、やっぱり若かったせいなのでしょう。

コロムビアで売り出したら…人生、どう転ぶか分かりませんよね。

ボーさん☆
こんばんは。

おお~、満点ですね(笑)

わたしはこの映画、かなり昔に観たのでもう忘れてしまいました~。
DVD化してないんですよね、確か。なってるのは殆ど持ってるんですけど、、、
廉価版で確か390円くらいという激安価格で購入した『ふるさと物語』
は買っただけで満足してまだ観てないんですよ~
(それでもファンか? ^^;)

>migさん

こんばんは!
はい、主役といえるので満点です!
DVDは、ないですね。ビデオはネットで探しても見つかりますが。
1時間ほどの短い映画なので、映画館で上映するにも、メインな作品ではなかったのでしょうね。
私も、持っていても観ていないDVDはあります。DVDは逃げないから大丈夫ですよねー。

DVDありがとうございました♪

さっそく観ました♪
このお話だと、このくらいの時間で丁度いいって
感じでした(^^。
若~いマリリンがとにかく可愛らしかったですね。
演技だって、意外といってはナンですが、ちゃんとしていたし。
ピクニックもちゃんと観ることができたので、
近いうちに記事も書こうと思っております(^_^)v。

>kiyotayokiさん

ありがとうございます。
かわいいーーーーーーーでしょ!
若ーーーーーーーいでしょ!
演技も歌も、いいでしょー!

「ピクニック」、見ることができたのですね。よかった!
記事、お待ちしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1067-588c5b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『レディース・オブ・ザ・コーラス』(1949 米)

マリリン・モンローをこよなく愛していらっしゃる ボーさんから貴重な映像をいただいた。 マリリンのごく初期の出演(主演)作で、タイトルは『レディース・オブ・ザ・コーラス』。 こんな作品があること自体知らなかったので、興味深く鑑賞いたしました。 原題:...

「イナイ×イナイ」 森博嗣 «  | BLOG TOP |  » 「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード