FC2ブログ
topimage

2019-11

「七年目の浮気」(11回目) - 2008.01.23 Wed

きのう書いた「帰らざる河」と2本立て上映だったのが、「七年目の浮気」。

名監督ビリー・ワイルダーの手による、傑作コメディだ。
これもまた、気が向かれたら、以前書いた感想文を参照していただくとして…。(9回目10回目

ポスター
マリリンそっくりの娘の魅力に参ってしまうシャーマン氏だが、息子が置いていったローラースケートで彼が転んでしまう場面がある。
そのあたりで、「ゴレンジャー」という字幕が出る。
映画のヒーローで、息子が好きなのだろう、英語では「キャプテン・ビデオ」と言っているのだが、訳す場合、日本では、それでは分かりづらいので「ゴレンジャー」にしたと考えられる。
とすると、この字幕が作られたのは、「ゴレンジャー」が放送されていた頃だったか。
などと想像できた。

この映画、マリリンの役名はない。“The Girl”(女の子)である。
そこで、究極のセリフが出る。
シャーマン氏、妻が浮気していると思いこみ、その相手じゃないかと勘繰っている男から、
「台所にいるブロンドって何のことだ?」
と問われて、こう答えるのだ。
「知りたいか? マリリン・モンローかもな!」(“Wouldn't you like to know? Maybe it's Marilyn Monroe! ”)
大笑いである。
演じているのは本人、マリリン・モンローなのに、役柄の上ではマリリンではない女の子。
マリリンそっくりなのにマリリンではない。…
古典的なギャグかもしれないが面白い。

…なわけで、また何か思いついたら、次回(12回目)のときに書く。(かもしれない。)

当分、マリリンの記事づくしで、好きでない方には申し訳ない。(と、それほどには思ってないのが怖い。)

(1月12日)

THE SEVEN YEAR ITCH
1955年 アメリカ作品
監督 ビリー・ワイルダー
出演 マリリン・モンロー、トム・イーウェル、イブリン・キース、ブッチ・バーナード

トラックバック:
映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆☆☆(5点。当たり前。満点は5点)

● COMMENT ●

大スクリーンでスカートふわり…かぁ…

マリリンに役名が無いのは、実は本当にマリリンかもしれないという役なのかと思っていましたが、本当のマリリンなら歯磨き粉の生CMとかには出ないでしょうねぇ。うん、やっぱりマリリン似の女の子の役ですな。
…こういうのもセルフパロディなのでしょうか。上手いなぁ。
この映画の撮影時期にディマジオとの離婚という事件がありましたが、普通に結婚生活をしていたら、ディマジオに関するパロディも用意していたかもしれません。その位ウィットに富んだ素晴らしい映画だと思います。

もちろんマリリンの存在あってのこの映画。監督のビリー・ワイルダーの有名な言葉「マリリン・モンロー?あんな女優二度と使いたくないよ」というのも、話題がマリリンばかりという事に嫉妬する監督、というセルフパロディでしょう。そういう気の利いた言葉がワイルダー監督らしいです。
その言葉を真に受ける映画雑誌もありますが、そういうジョークこそ分かってほしいですよね。

ゴレンジャーですか…そういう字幕もあったのですねー。わはは。
マリリンの名前がないというのは、やはりすごく上手いと思います。
観る側のシンボル的な存在にもうまくなるというか…
元は舞台でしたっけ、マリリンにうまくマッチした役柄でしたよね。
いや、マリリンが役柄をこなしたのかな?

>たけしさん、まおさん

たけしさん、じつはマリリンなのかもしれない、というのは、面白い考え方じゃないでしょうか。なぜテレビCMで生活しているかは置いといて。
ディマジオのパロディなら…マリリン(そっくりの娘)に「あたし、野球選手って興味あるわ」とか、いろいろ言わせて…。
マリリンの調子によって撮影が順調に行かなかったことがあるならば、ワイルダーが彼女を使いたくないといったのは本音も多少あるでしょうが、でも最終的には「また使いたい」女優に違いないのでしょう。

まおさん、DVDだと「ゴレンジャー」は使っていないかもしれません。確認してませんけど。
名前がないと、男全般の女神さまみたいな、そう、象徴的な存在にも、なりえますよね。
もとは舞台ですね。ほんとうにマリリンにピッタリ合った役でした!
しかも彼女流に完璧に、こなしました!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1078-77bff10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「帰らざる河」(11回目) «  | BLOG TOP |  » 「帰らざる河」(10回目)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード