FC2ブログ
topimage

2019-12

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 - 2008.03.04 Tue

フィリップ・プルマンの原作は3部作で、この「黄金の羅針盤」が第1作。
映画の初めにも説明が出るが、1作目は私たちの世界と似ているけれど違うパラレルワールド(平行世界)での話、2作目(「神秘の短剣」)では人間世界へ、3作目(「琥珀の望遠鏡」)ではお互いの世界を行き来する(?)らしい。

パラレルワールドの住人たちは、魂を体の外側に持っている。それは動物や昆虫の姿をしていて、ダイモンと呼ばれる。
映画を観る前から、このダイモンがいちばんの楽しみだった。



ライラちゃんはダコタちゃん
(c) TM & (C) MMVII NEW LINE
PRODUCTIONS, INC.ALL RIGHTS
RESERVED.

なにしろ、さまざまな種類のダイモンがいて、しかも、子どものうちは姿が定まらずに、いろいろ変身しちゃうのだ。
ひとりにつき、ひとつのダイモンがいるから、大勢の人が画面に出ているときの、にぎやかさといったら! 人口密度が、ふつうの2倍!(あ、ダイモンは人じゃないし、小さいものが多いけどね。)
ダイモンのすべての映像がコンピューターで作り出されている。(これを「CG」ともいうが。)
その動きを見ているだけで楽しい。とくに、ニャンコ系。
ダイモン同士がケンカして、一方が苦しめられていると、そのダイモンとつながっている人も同じように苦しむ。運命共同体。
また、人と、そのダイモンは、話もできる。

ふと思ったのが、ダイモン(DAEMON)はデーモン(DEMON=鬼、悪魔)と関係があるのではないか、ということだ。
人とは別の姿の存在だけど、一体であり、魂であり、守護精霊でもあるダイモン。それは人間の、もうひとつの面と言えないだろうか。鬼にも悪魔にもなりうるもの…? なんてね。

ライラを演じるのは1万5千人以上のオーディションから選ばれた、ダコタ・ブルー・リチャーズ。等身大の少女で、少しおてんばで、勇敢で、まっすぐな気性のライラは好感度あり。
コールター夫人役のニコール・キッドマンも(相変わらず)いい。(そう思うのは、ファンだからかもしれないけど。)悪役っぽく謎めいたキャラクターもグッド。彼女のダイモンであるお猿さんもいい。ダイモンって、つながっている人の性格を反映しているから、ダイモンを観察することで、その人のことも、なんとなく想像できるのが面白い。
原作者がニコールの出演を望んだそうで、望まれたニコールは嬉しかったことでしょう。

ただし、映画としては2時間内に詰め込んだせいなのか、もともとなのか、お話の展開がサクサクと進んでしまって、頭の中をスウーッと流れていくだけで、面白さを感じるツボにハマらないのだ。
わくわくできない。いろんな映画を観てきて、すれっからしになった私のせいなのかと思ったりするが。

ライラが、あの時点で羅針盤を渡された、その意図がよく分からなかった。説明不足なのか。
友人を救うために研究所に乗り込むのだが、その研究所の場面になると、妙にSF映画っぽく感じられたり。
よろいグマさんも、鼻のあたりが、のぺっとしているというかデカイのが、ちょっと好みでなかった。(「よけいなお世話だ」よろいグマより。)
ジプシャンって何だ。エジプシャンでなくて? ジプシーか。放浪民? なんて思ったり。まあ、これはいいんだけど。知らない世界の話だからね。
ラストの戦いにしても、都合よく助っ人が来たりするし、定番すぎないか。

となると、よかったのは、ダイモンとニコールとダコタ、ということ?
つまらなくは、なかったが、もう少し楽しみたかった。
1作目の評判がよくないと、続編の製作はないかもしれないという噂が。続きは観たいよ~。

コールター夫人はニコール様
(c) TM & (C) MMVII NEW LINE
PRODUCTIONS, INC.ALL RIGHTS
RESERVED.

よろいグマのイオレク・バーニソンの声は、イアン・マッケラン。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでのガンダルフとか、「X-MEN」のマグニートーとか、人間以外でも大活躍ですね!
ダコタちゃんのダイモン、パンタライモンの声はフレディ・ハイモア。彼の声は出番が多かったし、よく合っていたと思う。
ダニエル・クレイグのダイモン、ステルマリアの声は、クリスティン・スコット・トーマス。サム・エリオットのダイモン、へスターの声はキャシー・ベイツ。ニコールのダイモン、ゴールデン・モンキーは…しゃべらなかった。

(3月2日)

このブログ内の関連記事:
ダイモンを捜せ!

THE GOLDEN COMPASS
2007年 アメリカ作品
監督 クリス・ワイツ
出演 ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット

トラックバック:
映画の心理プロファイル様我想一個人映画美的女人blog様旧作をねらえ!in TSUTAYA わさぴょんの映画鑑賞日記様ときどき 映画日記。様Lost in Australia様ライラの冒険 黄金の羅針盤@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様シネマカフェ様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
レザボアCATs様ナナカマドのランプ様

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

見ました~

ボーさん、こんにちは。 見てきました~
私も ボーさんとほぼ 同じ感想で、 え~ ここで続いちゃうの… って感じですね。。
しかし ほんと ニコール・キッドマンさんの 綺麗なこと、綺麗なこと!!
あの美貌を見れただけで 嬉しいですね。

遅ればせながら 絵日記ブログが ごちゃごちゃしてきたので 稚拙ながら 映画ブログをつくりました。 この名前の URL をクリックしてくださいませ。
しばらくは ひっそりと 地味に 更新していきたいと思います~
今後とも 宜しく御願いいたします。。

>スノーパンダさん

3部作と知らなかったら、まさに「え?」ですよね。
完璧に「続編あり」の終わり方ですから。

私はニコールの映画は絶対観るというスタンスなので、映画の内容には関係なく観ますが、さすが、輝いておりました。
ダイモンは面白かったです!

万人に受けるって難しい。

ボーさん、TBありがとです~
私はめっちゃ楽しみましたよ^^ 涙も出ちゃったほど☆
展開が早いのも、ダレなくていいと思ったし。
でもそういえばワクワクとはちょっと違ったかな~。
あれよあれよと話が進むので、映画に引っぱられていった、に近い^^;
SF映画っぽくなるのは「一粒で二度美味しい!」☆

ニコールのダイモンだけ、なんでしゃべらなかったんでしょうね。
でも私は吹き替えで観たので、豪華キャストのダイモンの声は聞けなかったのです~。残念。

>わさぴょんさん

うーむ。私も、もっと楽しみたかったなー。
私のダイモンも同じ意見でした。一心同体ですから。

ニコールとダイモンの関係は、けっこう複雑っぽかったですね。ひっぱたいたりしましたし。(叩いたら、自分も痛いはずでは?)

吹き替え版は、俳優の声が聞けないのが残念ですよね。セリフについては、字幕よりも詳しいので、いいと思いますよ。

豪華な声優陣だったんですね♪

ほとんど前知識がなかったので、
ダイモンの声を誰がやっているのか知らなかったんですが、
おお、こんな人たちがやっていたんですね。

前半は、物語の世界観を頭に詰め込むのに忙しかったので、
もしもう一度観るチャンスがあったら、もっと楽しめるかも(^^ゞ。

>kiyotayokiさん

そうなんです。ダイモン陣も豪華です。
ライラのダイモン以外は、ほんのちょっとしか話してないんですけどね。
言われないと、誰だったのか分からないので、ホントは誰でもよかったりするかもです。

映画を観るのに、どういう世界なのかを知るのに、まず忙しい、というのはあったかもしれませんねー。

ダコタちゃん♪

ダコタちゃんの顔ってけっこう「好き顔」です。
オコチャマにしては気品のようなものが感じられるし、これからの成長が楽しみな女優の一人かな。

原作が人気のこの手のファンタジー(ナルニアとかエラゴンとか)の映像化って難しいですよね。
「ライラ~」は原作がかなり評判いいみたいなので近々原作を読もうと思ってましたが(映画はスルー予定でした)、ボーさんのレビューを読んで映画を先に観るべきかちょっと迷い中です。
うーん、どうするべ。

>小夏さん

はい、ダコタちゃんの顔は大人ですよね。
だからこそ、彼女がカギを握るのです!(説得力なし)

映画が先か、原作が先か、うーん、たいていの場合、原作を先に読むと、映画でがっかりというパターンが多いと思いますけど。

映画も、観れば、おもろいですよ? たぶん。もしかして。

おはようございます♪

ニコール好きのボーさんは、きっと見ると思ってました♪
ニコールの登場の辺りは、きゃー素敵!!って思っちゃいましたよ。
ニコールってば何の役でも似合っちゃうんですが、やっぱりちょっと意地悪なニコールにゾクゾクしちゃいます。

>とらねこさん

おはようございます。
はい、ニコールの映画は見逃さないつもりです。
この映画では、大物登場、というふうに、さっそうと歩いて出てきましたね。
ワルそうな謎の女(も)、合ってますよねー! 続きが楽しみです。作ってくれるんだろうな…。

見てきたよ~♪

「遅っ!」(←ボーさんにつっこまれる前に予め自分で言っておく)

わくわくのツボ直撃、確かになかったです~。
すごく設定的に私好みのハズなんだけど何かが決定的に足りないというか・・・
良くも悪くもあ~~~っさり風味でしたね。

ダイモンには癒されました。あとサム・エリオット爺が良かった!
なんか惚れそうです・・・。

>小夏さん

おっそー!(先に言っておいてもダメです。)

やっぱし、なにか足りない? スパイスが? 煮込みが?(料理か!?)
ダイモンは、いいですよねー。
じいさんに惚れるとは…気球乗りになってください。

TBとコメントありがとうございました。

観るつもりはなかったのですが、偶然最近、何気なくテレビ放映を観ました。
一作目だけで判断するのは危険だと分かっているのですが、理由なしにB級ファンタジアの予感が襲って来るのもその加減かもしれません。^^;
ニコール・キッドマンのあの怪しい雰囲気は流石だと思います。

>アスカパパさん

たしかに。B級的な雰囲気も。
のっぺり平板な感もあり、盛りあがりが少なかったような記憶が…。(すでに、けっこう忘れてますが!)
ニコール、出番は多くなかったと思いますが、印象は強いですよね。

観測史上初とやらの猛暑日真っ只中に見たので、北極とか白熊とか二コール・キッドマンとか(←オーストラリアの人だけど)の映像で涼ませてもらいました。話の方はチンプンカンプン…。
黄金の羅針盤、あたしも欲しい~とも思わなかったし(←それは歳のせいか…)。

この後に観た「マン・オブ・スティール」は、カナダがチョロッと出てきましたが、「土俵」は毎度お馴染みのマンハッタン。ライラみたいに、涼しい(…寒い?)ところで闘えばいいのに…。感想がこれに尽きるくらい、暑かったです(←外が)。

>モペ改め「謎の」ミトンさん

観測史上初とやらの猛暑日? いったい、どこにお住まいなんでしょうか!?
ニコール、クールビューティーですからね。あ、「ペーパーボーイ 真夏の引力」では、アッチーですよ。
なんのための羅針盤なのか、すでに忘れていますが。

「鋼鉄オトコ」、バンクーバーでしたっけ、ロケ。
マンハッタンに来ますねえ、攻めに。宇宙人も。
東京あたりも、まだまだ暑いです。エアコン使わなくていい気候になってほしいですねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1123-83137933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ライラの冒険 黄金の羅針盤

 『その針は教えてくれる。』  コチラの「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、1995年の発売以来世界的なベストセラー、そして数多くの受賞をしているフィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズの1作目となる「黄金の羅針盤」を「ロード・オブ・ザ・リング」のニュー...

映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤(THE GOLDEN COMPASS)」

●白クマ版「王の帰還」。「ダスト」と「真理計」が象徴するアノ木とソノ実●「ナルニア国物語」の少女とは対照的なライラ。彼女の外見のアンバランスさの意味とは? 雪を溶かすほどの熱戦「白クマ横綱決定戦!」が最大のみどころ。

ライラの冒険/黄金の羅針盤

観客にも羅針盤で道を示して下さい。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

仕事が早番で夕方にはあがれたので、今日は1本は映画観てやると思ってたんですけど、何を観ようかですごく悩んでしまって。本当であれば、『アメリカン・ギャングスター』のリベンジをしようかなーとも思ったものの、都合のいい上映時間がないので断念。ということで、前...

ライラの冒険 黄金の羅針盤(字幕)

満 足 度:★★★★    (★×10=満点)  監  督:クリス・ワイツ キャスト:ダコタ・ブルー・リチャーズ       ニコール・キッドマン       ダニエル・クレイグ       エヴァ・グリーン       サム・エリオット       ...

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』2008・3・2に観ました

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ “オックスフォード”の寄宿生である12歳のライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、それぞれの人の心が動物の姿で具現化したダイモンと呼ばれる守護精霊といつも行動をとも

ライラの冒険 黄金の羅針盤 2008-08

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を観てきました~♪ イギリスのオックスフォード、しかしココは実世界と違う平行世界パラレルワールド、人間はダイモンと呼ばれる守護霊と行動を共にしている。12歳のライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)の周りでは、子供たちが誘拐さ...

ライラの冒険 黄金の羅針盤&ヤッター&薔薇のない花屋

ライラの冒険 黄金の羅針盤は6日(木)の10時から鑑賞し観客は約15人で 俺はスター・ウォーズ&ロード・オブ・ザ・リングなどでも鑑賞してなくて 確かにX-メン&スパイダーマンなど劇場で全作を鑑賞した作品もあるけど パイレーツ・オブ・カリビアン&ハリポタは

【2008-48】ライラの冒険 黄金の羅針盤(THE GOLDEN COMPASS)

人気ブログランキングの順位は? 運命がライラを選び 仲間がライラを守り 羅針盤がライラを導く その針は教えてくれる。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』07・米

あらすじ我々の暮らす世界とは似て非なる平行世界で孤児のライラは、親友ロジャーらと共に騒がしい日々を送っていた。しかし街では次々と子どもが連れ去られる事件が発生し親友ロジャーも姿を消してしまう・・・。感想1日のサービスデーに見てきました。すんげー!人並ん...

ライラの冒険 黄金の羅針盤 (2007年、米)

原題: The Golden Compass 監督: クリス・ワイツ 原作: フィリップ・プルマン     『黄金の羅針盤』(新潮社) 出演: ニコール・キッドマン     ダコタ・ブルー・リチャーズ     サム・エリオット     ダニエル・クレイグ    

ライラの冒険♪黄金の羅針盤:THE GOLDEN COMPASS

 世紀の大ベストセラーの映画化 3月10日、MOVX京都にて鑑賞。次々と児童文学が映画化されますね。この作品もそのひとつです。二コール・キッドマンとダニエル・クレイグが再び共演というところも、見どころなのですが・・・・。残念ながら、ダニエル・クレイグの出番...

ライラの冒険 黄金の羅針盤

冒険ものとしてはナルニア国より面白いと思うけど、、、。ちと内容が難しいのになぜか単調な気も、、、。 ? ? ? ? ? ? ? ? 評価:★5点(満点10点) 2007年 112min 監督:クリス・ワイツ 出演:ニコ....

ライラの冒険 黄金の羅針盤

本当は試写会に行けるはずだったのだけれど、 別のブロガー試写会とぶつかって 泣く泣く断念しました。 同い年のニコールが悪者というのが楽しみ。(*^^*) DVDで鑑賞。 我々の暮らす世界と良く似ているが、 人間には分身ともいえる動物「ダイモン」がついており

【映画】ライラの冒険 黄金の羅針盤…の記事と“禁ブラックモンブラン”宣言!

今日{/kaeru_fine/}もお休みでしたが、一日の行動と言えば模型店・パソコンショップ、古本屋、書店…(あとビデオの「ウルトラマンメビウス外伝」ってのと「やりすぎコージー」を観たね{/face_ase2/})と、またもや最近の例に倣って不健康&怠惰極まりない感じ{/face_ase2...

ライラの冒険 黄金の羅針盤

 ジョーダン学寮に学ぶライラは子供が浚われるジプシャン族の謎を求めて探検の旅に出る・・。なんでも教権とかいう人物が全世界を支配しているとか。

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」 «  | BLOG TOP |  » ニコール、マリリンをイメージ。

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード