topimage

2017-04

「クィーン」 - 2008.03.16 Sun

オープニングからして、ヘレン・ミレン扮する女王様姿のアップに“THE QUEEN”のタイトル文字が重なって、この映画はヘレン・ミレンが女王を演じる映画だよ、と宣言しているかのよう。
ダイアナ元妃が交通事故で亡くなったのは、1997年8月31日。
このニュースは、よく覚えている。パパラッチと追跡戦の末の事故と言われたりしたが、なんで、こんなことが起きるのだろう、と思ったものだ。



ダイアナ元妃の死にイギリス王室がどう対処したのか、当時新しく首相に就任したブレアがどのような進言を王室にして関わっていったのか、というのがメインストーリー。
ダイアナは離婚して今は一般人だから王室とは無関係と考える、女王のエリザベス2世。しかし国民は、それは冷たいんじゃないか、コメントを出すなり弔旗を掲げるなりしたらどうかと不満いっぱい。そんな国民感情を助長するのが、新聞やテレビなどのマスコミだ。
王室に批判的な声、それがもしも、もしもだが、ほんの一部の声であったとしても、テレビや新聞で流れたりすれば、その声は全国に広がる。それが世論になる可能性さえ、ないとはいえない。
この映画、いかにメディアの力が大きいかをも考えさせてくれた。

DVDジャケット(海外盤)
ダイアナの人気を把握できていなかったとも言える王室は、対処を誤って世論に追いこまれる。一方のブレア首相は国民感情をうまくキャッチしながら(ダイアナのことを“People's Princess”、つまり「国民のプリンセス」と言ったのは上手かった)、女王にアドバイスしていく。
王室の人物にしてもブレア陣営にしても、ほとんどは健在だから、映画にするのは勇気がいっただろうが、最終的には、さほどの文句がどこからも出ないように収められているのは絶妙。現に女王もブレア氏も、この映画をほめたらしい。(女王様の夫君エジンバラ公フィリップは、ちょっと辛口に描かれていたが。)

側近が女王に批判的な意見を言ったときに、ブレア首相が怒り出すところが印象的。
いつのまにか、いや、最初からかもしれないが、彼は女王の気持ちに寄り添っていたのだ。彼女の立場の大変さを理解していた。
ブレアを演じた俳優が誰か、見終わったときも分からずに調べてみたら、「アンダーワールド:エボリューション」(2006年)、「ブラッド・ダイヤモンド」(2006年)などに出ていたマイケル・シーンだった。といっても、あまり知らない俳優さんなのだが…。

ダイアナの映像も織り交ぜて、内幕物として、おもしろく観られた
今回と同じマイケル・シーン主演で、ブレア首相3部作のラスト(1本目はテレビ用)も製作されるそうだ。アメリカの大統領がクリントンからブッシュに代わる頃の話らしい。

(3月9日)

THE QUEEN
2006年 イギリス・フランス・イタリア作品
監督 スティーヴン・フリアーズ
出演 ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、ヘレン・マクローリー

トラックバック:
アスカ・スタジオ様紫@試写会マニア様クィーン@映画生活様シネマトゥデイ様goo映画様ウーマンエキサイト シネマ様シネマカフェ様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

私も観ました。

このような内幕暴露的な映画が、ほんとうによくぞ出来たものですね。これぞ、長い歴史を誇る英国の民主主義のよいところではないでしょうか。

これは一般論ですが、新しい潮流に世の中が変わっていく、時の流れには逆らえませんが、封建的な悪しき面は捨て去っても、良き面まで消えさせてはならないと、思いました。
(私のレビューのURLをリンクさせて頂きました。)

>アスカパパさん

コメントありがとうございます。
遠慮なくトラックバックしてください。こちらからリンクの上、TBしちゃいました。

きのう、おとといでしたか、「ニュース23」にブレア元首相が出演して、いろんな質問に答えていました。あ、こんな顔だったっけ、と映画と比べてしまいました。(笑)

ご本人達も観た!というのがまたすごいですよねえ…
ブレア首相3部作なんてのがあるんですか?!
そーか、ブレアさんも人気者なのか、と今更(笑)
次はナオミ・ワッツのダイアナ妃ですね!

>まおさん

その後、ブレア作品がどうなったか、まったく知りませんが!
そうだそうだ、ナオミさんのダイアナ妃の映画。
…ほんとに作るのかな…?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1135-73062221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クィーン

 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』  コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開になった...

クィーン

1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。その時、王室に何が起こったのか。世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた

先週観た映画 〜6/30

  上半期が終わってしまった… もう7月なんですねえ。 「クィーン(The Queen/06)」   ダイアナ妃が亡くなった後の一週間を、王室側・女王・首相からの視点で描く。   現女王

「ダージリン急行」 «  | BLOG TOP |  » 登場(BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード