FC2ブログ
topimage

2019-12

「魔法にかけられて」 - 2008.04.06 Sun

楽しかった~。
ディズニーの映画は、ほとんど観てきていないし、とくに好きなわけでもないが、これは面白かった。
ディズニーで好きな映画といったら、「メリー・ポピンズ」(1964年)くらいしか、ぱっと思い浮かばないほどの私である。



見ようと思ったのも、勘みたいなもの。私が好きなミュージカル系でもあるし。
でも、けっきょく、映画関係のブログ友達の間でも、観て来た人が続出しているのは、なんだか、すごいなーと思える。

もっとも、主演が、私の婚約者エイミー・アダムス嬢エイプリル・フールの話。)なので、見逃すわけにはいかないのだった。(笑)

ジゼルを追いかけてきた王子さま
(c) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

あらすじは…。
すべてがアニメーションの王国「アンダレーシア」で、動物たちと暮らしているお姫様ジゼル(エイミー・アダムス)。
彼女はエドワード王子(ジェームズ・マースデン)と出会い、結婚の約束をする。
現在の女王ナリッサ(スーザン・サランドン)は、エドワードの結婚によって王位を譲りたくないので、ジゼルを現実の世界へと追い払ってしまう。
現代のニューヨークにやってきて戸惑うジゼルだが、弁護士のロバート(パトリック・デンプシー)と娘のモーガン(レイチェル・コヴィー)の家に泊まることになる。
ジゼルを追って、エドワードとリスのピップもニューヨークに。
それを知ったナリッサは、自分の手先であるナサニエル(ティモシー・スポール)に彼らを追わせる…。

ディズニー自らのセルフパロディとかオマージュなどと言われているが、私はよく知らないので、それは置いといて。
毒リンゴは分かったけど。アニメの世界と現実の世界をぶつかり合わせた試みも分かる。

サウンド・オブ・ミュージックの名場面パロディ by ジゼル
(c) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

ジゼルが原っぱを走ってくるところは「サウンド・オブ・ミュージック」のパロディですね。あれはディズニー映画ではないけど。でも、主演女優は、本作でナレーションをしているジュリー・アンドリュースだった!
この画像、バックの建物がディズニーランドのお城のようにも見えたりして?

いちばん笑えたのが、現実の世界では、(現実のとおり)しゃべれなくなったリスのピップが毒リンゴの計略を知って、エドワードにジェスチャーで伝えようとするところ。あれは、おかしかった。
あとで調べたら、しゃべれないニューヨーク・バージョンのピップの声は、なんと監督のケヴィン・リマが担当している! 役者ですねえー。

必死にジェスチャーをするピップ
(c) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

夢のように可愛いだけでなく、下世話でリアルを狙ったかのような場面もあるのは、なぜだろうか。子どもの受け狙い?
いや、これこそ、脱(アンチ)ディズニーの企みなのかも。
ジゼルがイモムシをつかんだり、ネズミやゴキ○リが出てきたり、果ては、リスのピップが恐怖のために脱糞してしまうのには、少々あぜんとした。

あなたって、ノー(だめ、できない)ばっかりで、あたまにきちゃうわ、と泣き笑いでロバートに言うジゼル。
現実と、夢(ディズニーアニメの世界でもあるか)の差。
でも、きびしい現実のなかでも、できないと言ってばかりではいけないんだ、とジゼルは教えてくれる。
ジゼルも、一方では、現実的な生き方を知り、学んでいく。
そのブレンドの具合が見せどころ。

ロバートの恋人ナンシー役で、イディナ・メンゼルが出演。
イディナといえば、なんといっても、素晴らしいミュージカル映画「レント」の印象が強烈だ。
彼女にも歌わせてほしかったなあ。

歌わなかったイディナ・メンゼル
(c) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

終盤の展開も、ひねりがあって面白い。
エンドクレジットのあとに、何か、おまけがあるのでは、と思ったが、なかった。おまけをつけるのに、ふさわしそうな映画だけど、さらっと終わっちゃいましたね。

(3月22日)

ENCHANTED
2007年 アメリカ作品
監督 ケヴィン・リマ
出演 エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マーズデン、レイチェル・コヴィー、スーザン・サランドン

トラックバック:
レザボアCATs様映画の心理プロファイル様アスカ・スタジオ様旧作をねらえ!in TSUTAYA わさぴょんの映画鑑賞日記様ときどき映画日記。様魔法にかけられて@映画生活様シネマトゥデイ様ウーマンエキサイトシネマ様シネマカフェ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

『レント』の彼女!

 BJさん、こんばんは。トラバさせていただきました。

 イディナは『レント』のモーリーン! こちらの記事を拝読して思い出しました。そうだったなら、本当、彼女の歌声もぜひ聴きたかった!

 楽しい作品でした。荒唐無稽な内容なのに、構成の巧さが素晴らしくて。ロマンティックさと現実性の塩梅もよかったなぁ、と。

 フィアンセ(笑)のエイミーちゃん、はまり役でしたね♪

面白そお

やっぱり面白そう!
でも、虫が画面に出てくるのは、結構キツイ。
(チャリチョコでも目を背けているシーンのある私)
ディズニーの細かいパロもあるでしょうけど、
普通に楽しそうですね。

ボーさんなら気に入ると思った^^

ウチの子供も「リスが必死でジャスチャーする事」が
一番面白かったと言っておりました♪
私もソコかな~。いや、もう全体的に好きです!

珍しくパンフも買ったんですが、小ネタ情報が満載。
「メリー・ポピンズ」ネタだけでも
・離婚調停中の夫婦の姓がバンクス(←メリー・ポピンズが家庭教師に雇われた家の姓)
・バスの乗客で、王子の剣で鳥の餌袋を破かれるお婆さん←「メリー・ポピンズ」に登場する鳥に餌を上げる老女を意識。
・公園のダンスシーンの黄色いジャケの男たち
←煙突清掃業を意識してる、んだそうです。

あの婚約者、どっかで見たことあると思ったら「RENT」の人だったのか~
それは是非歌って欲しかったですね。
でも彼女主体で一曲丸々入れるんじゃ無くて、なんかの絡みでチョコッとくらいで^^;

>香ん乃さん、まおさん、わさぴょんさん

香ん乃さん、私より、ほんのちょっと遅れで記事を書かれたんですね。
そうそう、「レント」のモーリーンでしたか。この映画、彼女には、あまりスポットが当たってないようで、出ているのが知られてないのかも。
本当に、うまく作られてましたね。エイミーちゃんも、ぴったりでした!

まおさん、はい、虫が出ます~。なんでゴキちゃんが出るのかなーとも思うのですが。きれいきれいだけじゃない崩し方があるのですね。
でも全体として面白いので、あとでチェックしてみてください。

わさぴょんさん、あ、やっぱりジェスチャーが面白かったですよねー! お子さんによろしくお伝えください!
パンフの情報、すごいですね! 書かれていること、ちっとも気づいてなかったですよ! 買って来ようかな。
イディナさん、ちょっとくらい歌ってもよかったのにねー。

あー、そうでした♪

そうですね!皆さんと同じことを言ってしまってうのですが、私もイディーナ・メンゼルが『RENT』に出演していた、というところでハッとしました!

ジュリー・アンドリュースも同様に、『サウンド・オブ・ミュージック』というところで、なるほど~!
と思いました。

fall in love

ジゼルって結局、落っこちた自分を受け止めてくれた人と
恋に落ちるんですよね。
これぞまさしく、fall in love♪

>とらねこさん、kiyotayokiさん

とらねこさん、やはりメンゼルさん、歌っていない、ということでも「レント」の人だと気づきにくいでしょうね。
ジュリー・アンドリュースについては、あ、そういえば「サウンド・オブ・ミュージック」の主演じゃん!と思いついたのがラッキーでしたよ~。

kiyotayokiさん、そうですね! ニューヨークに落っこちて、看板のところから落っこちて。fallつづきでロバートの腕の中に落っこちたわけですね!

遅くなりましたが

リンク&コメントありがとうございます。

>エンドクレジットのあとに、何か、おまけがあるのでは、と思ったが、なかった。おまけをつけるのに、ふさわしそうな映画だけど、さらっと終わっちゃいましたね。

全く同感です。私もそれを期待していたのです~(笑)。
最近はエンドクレジットのあとに何かあるのが多くなりましたからね。

>アスカパパさん

期待していた観客は、少なからずいたと思いますよね。
本編でパロディしつくしたので、もういいや、ってことでしょうか。
ジゼルが、バイバイって手を振ってくれるくらいでも、よかったんですけどねえ。
でも、楽しい映画でした。

一緒です

ボーさん、こんにちは!

私もリスのジェスチャーがツボで、ものすごく笑えました~(≧▽≦)ノ☆
表情や身体全体を変化させて必死な姿が可愛かった~
こちらはすぐに意味が分かったけど、王子には伝わらないのよね。

全体的に、おとぎの夢の部分と現代の現実的な部分が
上手くブレンドされていて、
ただ笑ってお終いじゃない、良い映画になってましたね。

>YANさん

おはようございます!
そうそう、あのリスは楽しかったですねえ。
ミュージカルっぽかったのと、アニメ一辺倒じゃなかったのが、見た動機だったでしょうか。
結果、エイミーとの出遭いが生まれ、そして…。

うん、楽しい、いい映画だったなあと思い出します!


楽しかった〜。というボーさんの一行目がほんと感じられて好きな映画になりました。
そういえば、今回のテレビの場面では虫シーンがカットされていたような…?

>まおさん

具体的には思い出さなくても、楽しかったなーというのは残っていますね。
虫カット!? カットするなら、妥当なところなんでしょうねえ。

何回見てもハッピーになれるので、v-55放映の度に見てしまいます。

↑その後、イディナさんは、有名に。
↑その後、ボーさんも、ディズニー作品を色々踏破してこられましたね。
更に、続編があるという噂も…。

「具体的な」(まどろっこしい)説明になりますが、バスローブ姿のロバートの胸元に、ジゼルが胸キュンする名(?)シーン(アニメの世界の好青年の胸元はツルツルなので、現実とのギャップに驚いたという演出…恐らく)。翌朝のシーンでは、あら、ちゃんと中にシャツ着用だったのね(←ジゼルの視線に気付いちゃったからということ…たぶん)。という訳で(?)エイミーのハートv-345を取り戻すには、ボーさんも、胸にマジックで描き加えておいた方がよろしいかと…。因みに、メイキング画像を見たら、エイミーは素顔も可愛らしかったv-345です。

パトリック・デンプシーは、ドラマでも、色男役が様になっていました。今年、離婚したらしいので、私も4月1日に向けて頑張ろうかな(←何を?)。ドラマが当たりだったからか、総資産額40億円以上らしいです。よっしゃv-363(?)。

>モぺ改め「謎の」ミトンさん

いでぃなさんは「アナ雪」のレリゴー!
映画公開から1年たちましたね…なんてこった。また見たくなってきました。

ええ、ディズニー、わりと見るようになりました。
これの続編があると、うれしいです。
エイミー、胸○フェチだったんでしたっけ!? よーし、がんばろう。(マジックで?)

あ、4月1日が迫ってきていますね! 忘れてた!
今年は困ったなー。候補が…(何のだ!?)
でも、全国1億のファンのために、なんとかしないと…(だから何のだ?)
じゃあ、私も資産家の女優を…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1157-fe243ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『魔法にかけられて』を観たよ。

「イタさ」が嫌味になってないって、すごく稀有なこと。 『魔法にかけられて』 \"ENCHANTED\" 2007年・アメリカ・107分 監督・声の出演:ケヴィン...

魔法にかけられて

 『それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。』  コチラの「魔法にかけられて」は、ディスニー映画のお約束をセルフ・パロディしちゃった3/14公開のファンタジー・コメディーなのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪  とは言っても、「ライラの冒険 黄金の

「魔法にかけられて」自虐ネタ満載で大人でも大丈夫

「魔法にかけられて」★★★☆ ディズニー映画、レイチェル・カヴィ、スーザン・サランドン主演 ケヴィン・リマ監督、アメリカ、2007年、108分 アニメの御伽の国から追放されたプリンセスは 下水管から現代のニューヨークに。 スカートの裾が大きすぎて 下...

【劇場映画】 魔法にかけられて

≪ストーリー≫ アンダレーシアで動物たちと暮らす美しい姫、ジゼルは、運命の人と出会い、結婚する事を夢見ていた。ある日、怪物に襲われたジゼルは、エドワード王子に助けられる。お互い一目惚れし、出会ったばかりにも関わらず、完璧なデュエットを披露し、翌日結婚す...

魔法にかけられて

『 魔法にかけられて 』 ★★★★★ アンダレーシアに住むジゼル姫はモンスターから救ってくれたエドワード王子と婚約。 しかし残酷な悪の...

魔法にかけられて

 映画「魔法にかけられて」を見ました。  おとぎの国(ここはアニメ)のジゼルはエドワード王子と一目で恋に落ち、結婚することに・・しかし王子の継母・ナリッサは王位を奪われるのを怖れ、魔法でジゼルを「世にも恐ろしい場所」--現代のNYへワープさせてしまいます(...

『魔法にかけられて』 劇場鑑賞

娘のお供で、レイト鑑賞。幼少時、ディズニーの『シンデレラ』を毎日繰り返し観て育った娘だけに。。。プリンセス願望は潜んでいたようです.。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+(C)DisneyEnterprises,Inc『魔法にかけられて』2007年アメリカ作品 監督:ケヴィン・リマ出演:...

おとぎの国がN.Yに。。。!!☆『魔法にかけられて / ENCHANTED』☆

ジゼルを演じるエイミー・アダムスの可愛らしいことったらっ おとぎの国に暮らしていたジゼルは現実の世界に来ても、やっぱり周りの人はみんな良い人と疑わない。 歌で動物や鳥を呼び寄せ、周りの人々を幸せな気持ちにさせる リアリズムとは、かな~りかけ離れちゃって...

魔法にかけられて DVD

ディズニーがアニメと実写を融合させて、 セルフ・パロディやミュージカルなど様々な要素も随所にちりばめて描いた ファンタジック・コメディ。 魔女に騙され、おとぎの国(アニメーション)から 現実世界(実写)に追放されたプリンセスが大騒動を繰り広げています。 眠...

魔法にかけられて(字幕版)

3月に、吹き替えで見ましたが、字幕版見てなくて、先週見ようと思い、ネットでチケット買っておいたのに、見に行くことが出来ませんでした{/face_naki/} 字幕版は、今週、金曜までの上映なので、これから見に行ってこようと思います。 帰ってきて、また書きます{/face_n...

「魔法にかけられて」

魔法の王国“アンダレーシア”に暮らすプリンセス、ジゼル(エイミー・アダム)。ある日、エドワード 王子(ジェームズ・マースデン)と運命的な出会いを果たし、結婚することに。しかし彼らの結婚 によって王位を手放すことになるナリッサ女王(スーザン・サランドン)は...

【映画】魔法にかけられて…の記事&ウリ坊

皆様、一週間(?)のご無沙汰でした{/ase/} 今週は割と仕事が忙しくて、普段は内勤の私が三度も外出。 そのうち、一昨日と昨日は自分で社用車を運転して福岡営業所まで出張。そちらで仕事をしてきました(普段は北九州市でお仕事)。慣れない運転&慣れない場所での仕事

『魔法にかけられて』\'07・米

あらすじアニメーションで描かれる、美しいおとぎの世界。ジゼルは、そこで動物たちと一緒に暮らしていた。そしてある日、王子様と運命の出会いを果たし、結婚することに。だが、王子の継母ナリッサ女王は自分の王座を奪われることを恐れ「永遠の幸せなどカケラもない所に...

魔法にかけられて

この映画、ビデオ屋に行くと よく貸出中になってるんですよね。 気になったので見てみました。 アンダレーシアで動物たちと暮らすプリンセス・ジゼルは、 運命の人との結婚を夢見ていた。 ある日、怪物に襲われたジゼルはエドワード王子に助けられ、 完璧なデュエ...

魔法にかけられて

それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法。 

魔法にかけられて

お子様向けファンタジー?と思っていたから、 自分でレンタルする事は無かったであろうこの映画。 テレビでやっているのを見たら、すごく面白くて楽しかった~♪ 監督:ケヴィン・リマ 製作:2007...

魔法にかけられて

ENCHANTED 2007年:アメリカ 監督:ケヴィン・リマ 音楽:アラン・メンケン 出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、ティモシー・スポール、 ...

先週観た映画 〜3/1

  先々週はそういえばドラマを観て映画を観なかったんでした。 そんなんで先週観た映画…もう木曜日か、ははは。 「魔法にかけられて(Enchanted/07)」   テレビ放映しているのを、ついついリアルタイム観賞してしまいました。   やっぱりこのディズニーのセルフパロディっぷりは上手いよなー好きです。   しかもちゃんと王道なんだからすごいよなあ。 「ヌイグルマーZ(14...

「カンバセーションズ」 «  | BLOG TOP |  » 恒例、クンシラン

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード