FC2ブログ
topimage

2019-12

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 - 2008.05.09 Fri

ひとりの石油採掘人の強烈な生き方を描く。
ダニエル・デイ=ルイスの演技のうまさと、ポール・ダノのうさんくさい存在感。



噴き上げる原油の炎の力強さ
(c) 2007 by PARAMOUNT VANTAGE, a Division of
PARAMOUNT PICTURES and MIRAMAX FILM CORP.
All Rights Reserved.

デイ=ルイスは、彼が演じているダニエル・プレインビューという役柄の人物そのものとしか思えなくなってくる。
しかし、そんな怪物級のデイ=ルイスに立派に対抗していたのが、ポール・ダノ。
どこか子どものような、ぺろんとしている顔立ちの表情の中に隠された、嫌悪感をもよおすような俗物性
聖職者づらの陰で、金と、カリスマ性をまとった支配力を求める神父を演じるとき、彼の顔立ちが、見る者に、どんな感情を呼び起こさせるか、ということを計算したのなら、見事なキャスティングといえる。

全編を通して、2人の確執は続く。神職の仮面をかぶった偽善と、それを嫌悪する者。

ポール・ダノ、どこかで見たぞと思っていたが、「リトル・ミス・サンシャイン」の、口をきかない息子じゃないですか! なんとまあ。
ダニエル・デイ=ルイスと1対1の演技場面も多いので、彼に負けじと頑張ったことが、ダノの「怪演」とも見える結果を生んだのかもしれない。
なにしろ、エンディング間際の、ボウリング・レーンのある部屋での2人の対決といったら、鬼気迫る迫力だ。
デイ=ルイスの憎しみの感情のほとばしり、それを受けるダノ。
そして、いくつかの意味にとれる最後のセリフ、締めくくりの鮮やかさは、この物語が考えうるベスト・エンディングのなかのひとつだろう。

2人の確執が、すごい
(c) 2007 by PARAMOUNT
VANTAGE, a Division of
PARAMOUNT PICTURES and
MIRAMAX FILM CORP.
All Rights Reserved.

それにもまして素晴らしいのは、音楽。
スタートから、不協和音のような音楽が緊張感を高める。
不安な胸騒ぎをかもしだすような音に彩られて、ドラマは格段にランクを上げた。
作曲はジョニー・グリーンウッド。ロックバンドのレディオヘッドのメンバーだという。今後も、絶対に要注目!
エンドロールなどでは、ブラームスのバイオリン協奏曲第3章も使っていたらしい。

カリフォルニアで油田を採掘していた、ということは、恥ずかしながら認識していないことだった。
個人が掘り当てれば、それは個人の財産になったわけか。
ダニエル・プレインビューは、金を掘り当て、資金を得る。彼はチャンスをつかんだ。こういうことが、アメリカはチャンスの国(だった)、と言われるゆえんだろうか。
プレインビューは資本家であり、労働者を雇い、油田採掘をする。資本家と労働者、分かりやすい資本主義の構図だ。

人を信用しない生き方は、きっと、それまでの彼の人生経験からも身についてきたことなのだろうが、愛の存在しない社会的成功は、やはり、むなしい

日本公開時についたタイトルは、原題のとおり。直訳すると「血があるだろう」。(?)
雑誌で、「血が流れるだろう」という意味だというふうな映画評を見た。血がある、というのは、流血がある、つまり、血が流れる、ということなのだろう。
もちろん、文字どおりの、流す「血」のほかに「血縁」もあるだろう。そして原油も「血」のようなものと見ていいのだろう。
ダニエル・プレインビューやイーライ・サンデー神父の性格も、その「血」の為せることだったともいえる。

プレインビューに共感を持つには、悪者的な部分が強烈すぎるのか、人間的な弱さが見えにくいのが少し惜しい気がする。
だが、原油の炎が地下から天に向かって噴き上げるパワーの強烈さに象徴されるような、演出と演技の力強さには、ぐいぐいと引き込まれる。
圧巻だった。

息子を仕事のダシに使う
(c) 2007 by PARAMOUNT VANTAGE, a Division of
PARAMOUNT PICTURES and MIRAMAX FILM CORP.
All Rights Reserved.

(4月29日)

THERE WILL BE BLOOD
2007年 アメリカ作品
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
出演 ダニエル・デイ=ルイス、ポール・ダノ、ディロン・フレイジャー、ケヴィン・J・オコナー、キアラン・ハインズ

トラックバック:
我想一個人映画美的女人blog様Lost in Australia様嗤う生活様セガール気分で逢いましょう様映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評様映画のメモ帳+α様ゼア・ウィル・ビー・ブラッド@映画生活様シネマトゥデイ様ウーマンエキサイトシネマ様シネマカフェ様goo映画様、映像全般を楽しもう(ブログペットのグループ)

追加トラックバック:
レザボアCATs様

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

素晴らしい映画でした。

デイ=ルイスの怪演に圧倒されました。ダノ君、胡散臭かったですよね!!!
同じ悪人でも、私はあの神父に嫌悪感を抱きました。
ほんと、見事なキャスティングですね。
人間の醜悪な部分をデフォルメすることによって、
逆説的に人間の愛の素晴らしさを描いているのかもしれませんね。

ボーさん☆
TBありがとうです~。
このレディオヘッドのジョニーの曲、おどろおどろしくてハマっていましたよね~。
さすが音楽にこだわるPTA。
ちょっとドラマ『LOST』の曲にも似てました。

悪魔のような男をダニエルならではの演技でモノにしてましたね、
ポールダノもすっごく良かったし、可哀想な息子との親子関係も悲しいけど良かったです☆

こんにちは。
コメント&TBありがとうございました。

こちらがアカデミーとってもいいのに・・・とも思いましたが まあ 主演男優賞とったからいいよね ってとこでしょうか。
こうやってボーさんのところ 一番上に貼ってある写真を見るだけで 映像よかったなぁと思い返します。

あのエンディング 観客の中には 「なにコレ???」って言ってる人もいました。でも ノー・カントリーよりはよかったと思うのですが・・・。

>マーちゃんさん、migさん、プリシラさん

マーちゃんさん(「ちゃんさん」だと重複した呼び方みたいなので、マーちゃん、でもいいですか?)、神父に嫌悪感…そうですよね、家族の食卓で父親と取っ組み合いもありましたし…エセ宗教家ってのは、鼻持ちならない典型ですよね。
この映画が、愛について何か言いたいのかどうかは、けっこう疑問ではありますが。つまり、ダニエル・プレインビューを否定的に見ているのかどうか。そうでもないような気もするのです。

migさん、映画の始めから音楽がよくて、エンドクレジットで担当者の名前はチェックしようと思って観てました。
それでジョニー・グリーンウッド? …知らなかったです。ロックには、うといので。
息子のことは書きませんでしたが、もちろん物語の大きな部分を占めていましたね。
あの子が素人だってのも、なんだか、よいです。

プリシラさん、私だったら、こちらに作品賞と監督賞もあげますね。
この写真みたいに油が勢いよく燃えたら、資源がなくなっちゃうんじゃないかと、いらない心配をしちゃったりして。
あのエンディングで、何これ、ですか? それこそ何ででしょうね。よく分かる終わり方だと思いますけど。
TBはリンクが重複しますので削除しました。

おっ、ボーさんは、評価高いですね!
私もこれはかなり興味深く最後まで見れましたね。
全編に流れる音楽が雰囲気を引っ張っていましたね。

>とらねこさん!

音楽とあいまって、緊張感もあり…。
「リトル・ミス・サンシャイン」の、あの子が、こんなに、うさんくさい神父をやるとは思いませんでした。
なかなか、できない映画と思います。

こんにちは!

音楽は私にとっては気持ち悪いものでしかなかったんですが、
確かに効果的でしたね!
作品の不穏な雰囲気と合っていました。
その作曲者が、ジョニー・グリーンウッドだとはびっくりです。
こんな変わった曲を作って映画に貢献していたんですね~

役者も映像も音楽も強烈なパワーを持っていて、
胃もたれするような作品でした。(^^ゞ

>YANさん

こんばんは!
気持ち悪かったですか。私は、ああいうの好きっぽいです。
音楽がジョニー・グリーンウッドと聞いても、ピンとはこないんですけど、いい仕事してたと思います。

胃もたれ、わかる表現ですね!
でも、めったにないような強力な映画で存在感たっぷりでしたよね。

名役者に引っ張られてポール・ダノの格もUP

>どこか子どものような、ぺろんとしている顔立ちの表情の中に隠された、嫌悪感をもよおすような俗物性。

ホントそうですよね~!
この配役は??と一瞬思ったんですが
なんのなんの、ダノ君も負けて無かったですね~!

不安な曲調でひっぱり、ラストは晴れやか曲でシメる。
プレインビューもこれでやっとスッキリしたって事なのかな~☆

>わさぴょんさん

負けてなかっダノ~!
…などとダジャレを言うひまもないハードなドラマでしたね!

すごい密度で、観たな~っ!という満足感があります。
おやっさん、スッキリした表情にも思えましたね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1185-a6936d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

 『欲望と言う名の黒い血が 彼を《怪物》に変えていく…。』  コチラの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、4/26公開となった欲望にとりつかれた人間の悲喜こもごもを描いたPG-12指定のヒューマン大河なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  NY、LAの批評家協会賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 」追い求める間は悲しみを知らない

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 」★★★★オススメ ダニエル・デイ=ルイス 、ディロン・フレイジャー主演 ポール・トーマス・アンダーソン 監督、2007年、アメリカ、158分 一攫千金を夢見る主人公は ある青年から有用な情報を仕入れ 油田を掘り当てる。 ...

真・映画日記(1)『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

JUGEMテーマ:映画 4月26日(土)◆787日目◆ 朝5時にイベント「t.k.night」が終了。 そのまま打ち上げに参加。30人前後はいたんでは? 7時半前に一足お先に撤収。 9時過ぎに帰宅。 少し休んで10時半前に再び家を出る。 なんとか12時半からの『ゼ

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

アカデミー主演男優賞を獲得したこの作品、上映時間が長いので妊婦の私にはちょっと厳しいかなって思いましたが気合を入れて観る事にしました。 一攫千金を夢見るダニエル・プレインヴューは、幼い1人息子を連れて石油の採掘を行っていた。ある青年から、「故郷の広大...

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド★ダニエル・ディ=ルイス

  ダニエル・デイ=ルイスの狂的な演技に、驚きと感動。 ? 若き日の作品での彼の印象は、わぁ~ハンサムな俳優さんだと胸キュンしたことがあった。あれから随分時間が経って・・・・・。再びお顔を拝見したら、えらい年を喰ってしまい、それも驚きのひとつだった。私

映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観て~アカデミー賞受賞作品

47.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド■原題:ThereWillBeBlood■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月10日、アミューズCQN(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:ポール・トーマス・アンダ...

神頼みより安上がり

ポール・トーマス・アンダーソン監督作品の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観た。 19世紀末、ゴールドラッシュに沸いたニューメキシコ州。ひとりの男が地面を掘っていた。男はひとりですべての作業をこなしていた。 ある日、坑道を墜落した男は、意識を取り戻してす...

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』\'07・米

あらすじ石油ブームに沸く20世紀初頭のカリフォルニア。鉱山労働者のプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)は石油が沸く源泉があるという情報を耳にする。息子(ディロン・フリーシャー)とともに石油採掘事業に乗り出すが・・・。感想石油屋VS宗教家勝つのはどっ...

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

石油採掘で富と権力を手にした男の生き様を描いた一大叙事詩。 重苦しい上に、2時間40分もあるので 精神的に疲れる作品だけれども、 妙...

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観たぞ~!

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観ました『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督の最高傑作との呼び声も高い、石油採掘によってアメリカン・ドリームをかなえた男の利権争いと血塗られた歴史を描いた社会派ドラマです>>『ゼア・...

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

?感動度 石油発掘に命を賭けるダニエルのすざましい気迫と行動は、この映画の中で、恰も、天まで昇れとばかりに濛々と噴出する石油。荒野を焦がさんばかりに真っ赤に燃え上がる重油のように、熱気迫るものがある。 その一方で垣間見られる、月の裏面のような主人公の心

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』現代アメリカの象徴「血」と「石油」

映画の評価(5点満点) ★★★★☆ プアーです。難解な映画を見るたびに残念な気持ちで一杯になり神をうらむのだが『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』も僕の理解力を上回るアンチョコがないと分らない作品だった。というより、開拓紀の経験や宗教的な洗礼を受けていない日

「キラレ×キラレ」 森博嗣 «  | BLOG TOP |  » 「石の猿」 ジェフリー・ディーヴァー(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード