FC2ブログ
topimage

2020-02

「P2」 - 2008.05.25 Sun

5/10、残業禁止。

クリスマス。アンジェラ(レイチェル・ニコルズ)は残業で、帰りがいちばん最後になってしまう。
エレベーターでP2(地下駐車場2階)に降り、家族が待つディナーに急ごうとするが、車のエンジンがかからない。
彼女は、ひとり残っていた警備員に相談をする…。



この男、助けている…のではない!
(c) SUMMIT Entertainment,LLC
2007 All rights reserved.

最初に書いた「5/10、残業禁止」は、宣伝文句のひとつ。映画の公開日が5月10日だった。いつだって、残業しなくていいなら嬉しいが。
劇場は、シアターN渋谷、銀座シネパトス。単館上映、少ない公開館。
この映画の感想記事を探してみても、あんまりない。
私は、「ハイテンション」「ヒルズ・ハブ・アイズ」のアレクサンドル・アジャが、プロデュースと脚本を担当した映画、というので興味をもった。
「ヒルズ・ハブ・アイズ」を見てはいないのだが、すごいホラーという評判をたくさん聞いていて、いつか見たいと思っていたところへ、この映画が来たので観に行ったわけだ。

銀座シネパトスで新作ばりばりの映画を観るのは、ナオミ・ワッツ嬢の「ダウン」以来か。地下鉄の走る音が聞こえる、なんだかホラーにふさわしい地下の小さな映画館…。

登場人物は、おもに、アンジェラ役のレイチェル・ニコルズと、警備員役の男ウェス・ベントリー。おまけで、アンジェラの上司、警官たち、ビル管理人(?)程度。

お話は、かんたんにいえば、寂しい警備員がクリスマスイヴでなおさら寂しいなーと、以前から気になっていた女性と仲良くなりたいと行動に移す、というもの。
残酷な描写は1つぐらい(だと私は思う)。ここは、男の異常さを際立たせたところ。

胸を強調、ホラーの基本
(c) SUMMIT Entertainment,LLC
2007 All rights reserved.

レイチェルは、ホラーのヒロインにふさわしく、胸のふくらみが強調される格好で、多くの場面をがんばっていて素晴らしい! 
しかも、水に濡れる。しかも、最後のほうでは、血のりを浴びる。お約束なホラーヒロインの姿は美しい!
彼女はテレビの「エイリアス」に出演しているそう。見てないから知らないけど。

警備員の男は、ただ彼女と2人でクリスマスイヴを祝いたいだけなのかと思っていたら…そうじゃない展開に突入~。これはもう、彼としても後には引けない。逃げ道はない。
アンジェラは外へは出られないから、男は彼女が自分のそばから逃げてもあわてない。地下駐車場は携帯の電波も届かない。ほかのみんなは、帰社したばかり、しかもクリスマスイヴの夜なので、とうぶん誰も来ないはず。
さあ、彼女はどうするか。

なかなか楽しめるサスペンスホラー。
ラストはカタルシス(気分が、すかっとするような? せいせいしたみたいな? やーい、ざまあみろ、みたいな?)あり。

P2にて反撃開始?
(c) SUMMIT Entertainment,LLC
2007 All rights reserved.

この話は、新聞記事にあった実話をもとにして書いた脚本ということ。
人気(ひとけ)のない場所は注意が必要です。スタンガンや催涙スプレーなどを持っていたほうがいいかも?(この映画では、警備員の男がスタンガンを持っていた!)

しかし、警備員にエレベーターの中の様子を見られているというのは、ちょっとイヤですね。それは安全対策なんだろうけれど。

(5月17日)

P2
2007年 アメリカ作品
監督 フランク・カルフーン
出演 レイチェル・ニコルズ、ウェス・ベントリー

トラックバック:
P2@映画生活様シネマトゥデイ様シネマカフェ様ウーマンエキサイトシネマ様goo映画様

追加トラックバック:
レザボアCATs様

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

どんなの?と思っていたら、密室劇のような感じなのですね。
怖いけど、ちょっと面白そう!
でも「ハイテンション」も怖くて観れていない私なんですが(笑)
そういうスプラッタ的な所はさすがに少ないですよね?

>まおさん

そうですね、密室監禁っぽいです。
実際になったら怖いけど、見てるぶんには面白いですよ。
「ハイテンション」は名前すら知りませんでした。(笑)
すぷらったは、1場面しかないと思います。えー、たぶん。

3枚目の写真、かなーりドキドキします(笑)
アンジェラさんの後ろに人影が… ((;゚Д゚))ガクガクブルブル

>ティッシュママさん

あ! 本人の影かと思ったら!
なんか違いますね、手の形とか。
でも、これポスターかも。こんな場面なかったような…。

こんばんは

本当、レイチェル・ニコルズ、なかなか良かったですよね~♪
なかなかの気迫のある演技&程よいお色気。
話自体も面白かったです。
『ハイテンション』も良かったら見てみてください、ませ。

>とらねこさん

シネパトス、朝いちの回だったせいもあってか、お客は少なかったです。
レイチェル嬢は良かったですね。
身近の恐怖をうまく面白く見せてくれました。
「ハイテンション」、覚えておいて機会があればトライしてみる…かも。

ヒロインの胸に終始目がクギ付けであります^^;
元々キレイな人だけど、その美しさが際だったのは、
髪を下ろして白いドレスになってから。
奴は、彼女に何が一番似合うか知ってたんですね・・・(゚ロ゚; )

>わさぴょんさん

ホラーサスペンスでのお色気は王道ですよね!?
彼女が似合う格好をさせる悪者、さすが、ストーカー的な執着心といえましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1203-e3843d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【エイリアス】についてブログでの検索結果から見ると…

エイリアス をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…

P2~このB級映画は見るべし

公開遅れの映画館のイメージが強い天六映画館ですが、 何を根拠に上映するのか、わかりませんが、B級映画も よく上映します。 少し前に紹介した「The feast~ザ・フィースト」も なかなかのB級映画でしたが、今日、紹介する映画 「P2]もなかなか見ごたえあり

P2

P2 2007年:アメリカ 監督:フランク・カルフーン 出演:レイチェル・ニコルズ、ウェス・ベントリー、フィリップ・エイキン、グレース・リン・カン、ステファニー・ムーア クリスマスイブの深夜の高層ビル。残業をしていたアンジェラはようやく仕事を片付け、急ぎ

品川区民吹奏楽団、フェスティバルに登場! «  | BLOG TOP |  » 西武、巨人に連勝!

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード