FC2ブログ
topimage

2019-09

「ザ・マジックアワー」 - 2008.06.21 Sat

港の町、守加護(すかご)。クラブの支配人の備後(妻夫木聡)は、ギャングのボスである手塩(西田敏行)の情婦マリ(深津絵里)に手を出した。
それがばれてしまい、ボスの手下たちは備後とマリの逢引き現場に乗り込む。備後発見! ビンゴ!



殺されそうになる2人だが、ボスがデラ富樫という殺し屋を捜しているのを知った備後は、とっさにデラは知人なので連れてくる、と嘘を言う。
命をながらえた備後たちだが、デラ富樫は知り合いでもなんでもない。
困った備後は、映画の撮影に見せかけて、売れない俳優の村田(佐藤浩市)に、デラ富樫を演じてもらおうとする…。

勢揃い。
(c) 2008 フジテレビ 東宝

三谷幸喜監督のコメディ。三谷さんらしいといっていいのか、よく知らないが、ほのぼの系で、じつに、まっとうな感じ。(というのが正しい表現か分からないが。)
自分は映画でデラを演じていると信じ込んでいる村田と、彼がデラだと思っているギャングたちとの「すれ違い」の笑い
その間で右往左往する備後たち。

たしかに、おかしくて声を出して笑えたところもあった。映画への愛も感じる。
だけど…ゆるい、というか、平板というか、だらんと続くというか。もう少しピシッピシッとしたところが欲しい。
まったりしちゃって、あとに印象に残ることがないような…。

女優陣の魅力が弱いのもある。深津絵里さんは、まったく私のタイプじゃないし(個人的な問題だが)、綾瀬はるかさんは、そもそも出番が少ない。
印象からすれば、戸田恵子さんのほうが、よっぽど大。いいとこ取り。
といっても、戸田さんが、しょっちゅう衣装替え、早替わりまでしていたことには、映画鑑賞後に雑誌で読むまで気づかなかった…。

劇中映画も「カサブランカ」のパロディっぽく、それでもいいけど平凡

監督が語る元ネタは、このページを(ページが存在する限り)参考に見てもらうとして…。(監督が語っていた中で、私が一番笑えたのは、伊吹吾郎=グルミット、というところ。)

ビリー・ワイルダー監督好きの三谷さんがお好きで、マリリンが出演している映画「お熱いのがお好き」のパロディもあるか?と思って観ていたが、似ているのは、すかご(シカゴ)の町のギャングが出てくることくらいか。
西田さんなどは、「お熱いのがお好き」に出てくるギャング、スパッツ・コロンボみたいに、スパッツはいてたっけ?(注意して見てなかった。)
「完璧な人間はいない」の名ゼリフは出てきましたね。

柳沢愼一のガンさばきは素晴らしかった。
市川崑監督のゲスト出演(出演作として遺作になるのか!?)も見逃せない。「黒い101人の女」なんて映画、検索しそうになった…というのは嘘。2002年に小泉今日子さんが出たドラマ「黒い十人の女」を見て、そのオリジナルの映画も見ていたから。

パーツパーツは、いろいろと面白くて悪くないんだけど、まとまって後で振り返ってみると、私にとっては優等生過ぎるのか記憶に残らず、まあまあか、というくらいの印象なんだよねえ。

(6月14日)

2008年作品
脚本・監督 三谷幸喜
出演 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子

トラックバック:
アスカ・スタジオ様二子玉川 de ぼちぼち絵日記様ザ・マジックアワー@映画生活様シネマトゥデイ様シネマカフェ様ウーマンエキサイトシネマ様goo映画様

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんばんは。

TVのお笑い番組に出て、必死に映画の宣伝する三谷監督の姿が
映画以上にインパクトあるものでした(笑)。
三谷作品はTVドラマを含めて、ほとんど観たことがありませんでしたので
物珍しさも手伝って楽しむことができました。
ただ、ボーさんが仰るとおり、曲者が揃った男性俳優陣に比べ、
女優さんはお上品過ぎたかもしれませんね。妖艶なヒロインであれば
どんな感じになったかなぁ・・・と思わなくもありません。

まあまあ、ですか…

昨年の前情報だと、『お熱いのがお好き』を相当意識して作った、みたいなコメントがあったので、楽しみにしていたんですけど…マリリン風な女優さんはいないんですね。残念!
それでも私も見に行ってみようかと考えております。まだまだいろいろあって見にいけないんですけどね。

>マーちゃん

おはようございます!
三谷さん、よく出ましたねえ、テレビに。仕事とはいえ大変でしたでしょう。とぼけた味が好きです。
ヒロイン…備後がふらふらと引かれる女ですから、妖艶でも面白いですね。
そのヒロインも、ストーリーの中では、あまり重きをなしていなかった印象でした。

>たけしさん

そんな情報もありましたけどねえ…。
文中でリンクしているページによると、監督はヒロインを書くときに、「シカゴ」のレニー・ゼルウィガーをイメージしたそうです。計算高いけど器用でないという感じで。
「シカゴ」のレニーといえば、ちょっとマリリン風なんですけども…。
つまらなくはないと思いますので、そのうち観てください。

コメント&リンクありがとうございます。

ボーさんは「まあまあ」というところでしたか。
私は「かなりよかった」というところです。映画館で観ていて他の人が笑っていても私は笑わないケースが多いのですが、この映画は一緒に笑った場面が多かったです。というのが「かなりよかった」の評価となりました。

>アスカパパさん

私も同じく笑えましたし、館内は大分笑いが起きていました。
ただ、満足するには、なにか物足りなかったのですよね。
いつものように感覚的なもので、説明は難しいのです。

こんにちは~

昨日六本木の映画館行ってきました。「ザ・マジックアワー」を横目に「インディージョーンズ」見ちゃった…。
こちらもハズレじゃなさそうですね!気になってた映画なので参考になりました♪
ところで昨日、上映前の”た~か~の~つ~め~”を楽しみにしてたのに、流れてませんでしたぁ…。わたしは出遅れてしまったのでしょうか…。

うんうん。

そうですね~ そのときは笑ったのですが あまり後に残らないかも・・・

私も 女優陣は ほんとに まったくタイプではありませんでした~
戸田恵子さんも 個人的には まったく興味がないので、また出ているなぁ~、って冷めちゃったり。
(監督が好きなのはわかるのですが・・・)

あと 妻夫木くんも さっぱり・・・ でしたね。。 どうしてでしょ。。

ほんと もっと派手に映画のパロディをしてくれたらよかったですね!

私もまあまあでした。

いろんな俳優さんが出てて、クスっと笑えるところもあって楽しかったのですが、
なんだかヤマがない。佐藤浩市さんはよかったですけど。

いろいろパロディも入ってたのでしょうが、私にはわかりませんでした。
最近のお笑いコンビのすれ違いネタを思い出させました。

〔有頂天ホテル〕のほうがおもしろかったなあ~。

>ティッシュママさん

おはようございます。
あくまでも参考にとどめてくださいねー。感想は人それぞれなので。
私もこの映画、六本木で観たのですが、鷹の爪には会えませんでした。そういう場合もあるんですね…。(悲)

>スノーパンダさん

タイプじゃなかったですか? 私は男優は全部タイプじゃないですけど(笑)。…って、そういう意味じゃないですね。
妻夫木くんは、狂言回し的な役で、かなり、しっかりしないといけないのですが、やっぱり若いのでしょうか。重みはないですよね。
パロディが、ばんばん出てくる脚本は難しいのかもしれないですね。

>しねまファイブさん

「有頂天ホテル」見てないんですよ。テレビでやってましたが、映画をカットしてる民放は、だいたい見ない主義なので。
そうそう、ここぞというヤマ場は、なかったかもしれません。

すれ違い…アン○ャッシュですね。土曜日もテレビで見ましたよ~。

後になればなるほど・・

ボーさんもやはり感じてらっしゃるみたいですね
私も説明は難しいんですが
後になにも残らない感じなんですよね
見ている時は楽しくて大笑いしていたんですが
なんだか映画を感じないというか・・
やはり説明は難しいです。

女優さんで興味が持てたのは、私もはるかちゃんだけですよ
三谷監督は女優に興味なさそうですね(過去の作品を見ても)だから淡白に感じるのかな

>dora21さん

やはり、そうですか。
映画愛の話でもあるのですが、類型的すぎるのかなあ、とも思います。
本文で、ゆるい、と書いてますが、ぬるい、でもいいかも。
女優に興味ない監督だったら、もう私はサヨナラします。(笑)

こんにちは

ボーさんにはまあまあのようでしたが、
私は、笑いのツボにハマっちゃって大笑いでしたよ~!
こういうコント、普段から好きなもので。

やっぱり、パロディのネタ元映画に関する情報は
ボーさんのところにいろいろありましたね!

柳沢愼一さんのガンさばきは、CGに見えたんだけど・・・
銃の動きが少々不自然で。
誰もそんな事言ってませんか(^_^;

>YANさん

こんばんは!
先日、民放で放送していたとき、ながら見したのですが、そのときは、わりと面白かったです。
適当に見るぶんには面白いのか、テレビ向きなのか、なんてことを考えましたよ。

誰が文句を言おうが(私か)、自分で見て、楽しめるにこしたことはないですよね。

えっ! 柳沢愼一さんのガンさばきはCGみたいですか?
まるでそうとは思わなかったし、そういう評も見ないですよ。(そんなに多くの評は読んでいませんけど。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1236-05521916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ザ・マジックアワー」レビュー

「ザ・マジックアワー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、西田敏行、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治...

映画「ザ・マジックアワー」

終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深...

ザ・マジックアワー

 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと...

ザ・マジックアワー

好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  

ザ・マジックアワー

意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝

【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour

人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?

ザ・マジックアワー 2008-33

「ザ・マジックアワー」を観てきました~♪ どこか昭和の香りが漂う守加護(すかご)、街を牛耳るボス天塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)。天塩は命を助ける代わりに、伝説の殺し屋デラ富樫を連れて来いと命令する。デラ富樫...

映画『ザ・マジックアワー』

きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???

ザ・マジックアワー

映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ

映画『ザ・マジックアワー』

映画『ザ・マジックアワー』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 136分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/06/07 ジャンル コメディ 解説・・・ 「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エン...

ザ・マジックアワー&Dグレ&ガンバが京都に勝利

ザ・マッジックアワーは今月12日(木)の9時45分から鑑賞したけども 色々だった有頂天ホテルより分り易くて凄く面白かったし満足だね 内容は売れない役者が映画と信じて殺し屋デラ富樫を演じて進むも 映画撮影は嘘で本当は街でのギャング抗争と言う展開だったね ...

ザ・マジックアワー

三谷幸喜氏の監督第4作目の作品です。 彼の作品はちょっと食傷ぎみ。 「ラヂオの時間」は好きなんですけれどね。 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後登は、 ギャングのボス・手塩の情婦・高千穂マリに手を出したのがバレて大ピンチ。 5日

『ザ・マジックアワー』\'08・日

あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...

ザ・マジックアワー

最後に笑うのは誰だ?

ザ・マジックアワー

大声出して笑った~~(≧∇≦)ノ彡☆ 三谷幸喜のコメディ・センス炸裂! 家族や友達みんなで観たら、盛り上がる事間違いなし。 監督:...

映画「ザ・マジックアワー」

ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向?...

『ザ・マジックアワー』

『ザ・マジックアワー』 大ヒットしていたので期待したのですが、なんだかイマイチでした。 スピード感に欠けているというか。畳みかける笑いが無かったように思います。 おかげで長い、長い・・・・。...

「幸せになるための27のドレス」 «  | BLOG TOP |  » 8日のうち5日

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード