FC2ブログ
topimage

2021-01

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」 - 2008.08.02 Sat

冒頭の空中戦。すごいと思った。
飛行機のシーンは3DCGIアニメーションである。平面(2D)ではない。音も、すごい。このシーンだけで感動ものだ。



3DCGIは、コンピューター上の3次元空間に、飛行機や雲などを配置して、実写映画のように空間上にカメラを据えて撮影。実写ではないかと疑うほど(実写じゃないよね?)の細密な映像は圧倒的。空、雲、雨、海といった自然のリアルさと、光と影、その中を飛び、戦うプロペラ飛行機。
森博嗣の原作で読んで、頭でイメージするだけだった空中戦を堪能した。

飛行機のシーンは全て素晴らしい!
(c) 2008 森 博嗣 /「スカイ・クロラ」製作委員会

「散香」というのは、こういう飛行機なのか。実際に目で見た嬉しさも。
何回もある飛行機がらみの場面は、リアルで、素晴らしく、美しく、これ以上、何を望むのかというくらいの満足度だ。(ゲームでは似たようなリアルさを持つものもあるのかもしれないが、私は知らないので。)

地上でのドラマ部分は、画(え)は平面的になり、偶然かもしれないが、淡々と表情に乏しく戦争に生きる「キルドレ」を描くのに似合っているような…。
陸では、なんとなく生きているだけ、飛行機に乗っているときが、生を実感しているとき。原作では、そんな感じがあったはず。これを映画で、もう少しうまく生かせなかったものか。画像は、ぴったんこだったのだから。
そう、飛行機関連のシーンは抜群に素晴らしい。が、他のドラマ部分は映画的には、うまくいっているのかどうか。実際、少し退屈した。
原作より悪いとは思わないが、なぜだろうね。

押井監督についていえば、私は「うる星やつら」しか知らないので、語る資格もない。
本作は、演出として西久保利彦という人がいる。すると、押井監督は何をしているのか。総監督みたいなもの?

感動して泣けるほどに素晴らしかった飛行機シーン(だけ)を、もっともっと観ていたかった。そこだけなら満点。そして、このシーンを体感したいなら、映画館で観るべき。
もしも、飛行機のシーンだけで満足するのなら、映画としても問題ないことになるが…。

エンドロール後にも、物語は続く。そのことを事前にアナウンスしてくれた映画館ワーナー・マイカル・シネマズ大井、初日から行き届いてるね。でも、もっと後で、本編が始まる直前に言ってくれたら、聞き逃がす人はいなくなると思います。

クサナギスイト
(c) 2008 森 博嗣 /「スカイ・クロラ」製作委員会

(8月2日)

2008年作品
監督 押井守
声の出演 加瀬亮、菊地凛子、谷原章介、栗山千明、榊原良子、竹中直人

参考:スカイ・クロラ The Sky Crawlers@映画生活ウーマン・エキサイト・シネマ

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

No title

ボーさんの感想を参考にさせてもらった結果、明日観にいくことに決定しました☆
またご報告しますっっ!!! あ~たのしみ~♪o(≧∇≦o)

>ティッシュママさん

えっ! 参考にしちゃったんですか!
それは危険な…。(笑)
とにかく報告をお待ちしてます!

残念っ

「スカイ・クロウラ」今日観に行く予定でしたが、朝からティッシュの様子がおかしく見送りになりましたー(/_<。)ビェェン
なんとか映画館で見たいと思ってますっ!!

>ティッシュママさん

にゃんこ優先、もちろんですとも。大事にしてあげてくださいね。
映画は緊急じゃないので。まだ、はじまったばかりですしね。

No title

ボーさん、こんにちは!
3DCGIアニメーションってどんなんかな~?
実写のようにリアル・・・ちょっと想像がつきません。
でも、「イノセンス」ですっかり寝ちゃったし、
これを観るのは、よほど体調のいい時でないと・・と思ったり。

押井監督って、パッと見は、しょぼくれたオジサンなんですけど、
世界の巨匠ですもんね。外見で人を判断してはいけませんよね~

>YANさん

こんばんは!
3DCGIって、アニメがリアルになったみたいな…って、ろくな説明になってないやんかー!
寝ないと思いますよ。あ、でも少し退屈したっけ…。ヤバイかも?
映画祭に出るようですが、どんな反応があるのか興味しんしんです。

ごぶさたしております!

BJさん、こんばんは!
だんなさんと初日にでかけてきました。
わたしは原作はおろか、予備知識なしでの映画鑑賞でしたが、オープニングからとても綺麗で楽しむことができました。

飛行シーンは宮崎アニメの空とはまた違った冷んやりとした感じがあって新鮮でした。
ほんと、空のシーンだけでも映画館で見る価値ありですよね!

ケーブルテレビのインタビューを見たのですが、音作りは相当力を入れていたとのこと。だんなさんも、音がよかったとの感想でした。私は残念ながら音声効果を聞き流してしまいました。。。くやしいなあ。

そんなわけで、リベンジも込めて、できれば映画館でもう1度くらい見たいなあと思っています。

>とーふさん

おはようございます! いらっしゃいましー。
なんと、これを観ていたとわ!
だんなさんの趣味でしたか。
飛行機の場面は素晴らしかったですよね。
実際に飛んでその場にいるように、四方からリアルな音に包まれる感じとかありませんでした?
私も、再見したい気、多少あることはありますが、どうなりますか。

こんにちは

スカイ・クロラ、観に行く予定はないですが、声優ではなく俳優のアテレコはいかがだったのですか?

>Matthewさん

こんにちは!
この作品に出てくる人物は、あんまり生き生きしていないので、プロの声優でなくて、あまり上手くなくてもいいんじゃないかと。
私には、谷原さんが一番、本人自身を感じさせて、少し引っ掛かりました。

ついに♪

昨日、スカイ・クロウ観てきました!!
おもしろかった~♪♪♪ 独特な世界感に圧倒されるシーンもありましたが(*´∇`*) 『キルドレ』ってそういう事だったんですね~!! 最後の方でやっと理解しました。やられた~って感じです☆ 
やっぱり映画館で観てよかったよ~ヾ(@~▽~@)ノ

No title

×『スカイ・クロウ』 ○『スカイ・クロラ』  失礼!

>ティッシュママさん

ありがとうございますー。楽しめたようで、よかったです。
そういうことだったんですよー、キルドレ。
…キル・チルドレン?
投稿時にPassを入れておくと、あとで書き直せますよ。(ごぞんじですよねー。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1276-58ff57d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

いくつかの大戦を経てつかの間の平和を手に入れた時代。 かりそめの平和を実感するために、人々は「ショーとしての戦争」を求めた。 戦闘機のパイロットとして戦うのは、≪キルドレ≫と呼ばれる子供たち。 彼らは年を取らない。 思春期の姿のまま、永遠に生き続ける。...

映画レビュー「スカイ・クロラ」

◆プチレビュー◆伝えたいのは希望。難解さを排除したストーリーは、押井アニメ初心者にもおすすめだ。 【85点】  思春期のままで永遠に生き続ける子供“キルドレ”により、ショーとしての戦争が行われる時代。戦闘機のパイロットで、新しく前線基地に赴任してきたユ

『スカイ・クロラ』

押井守監督が是非若い世代に見てもらいたい映画として公開前から宣伝されていたこの作品。押井作品らしく叙事詩的な内容の為どれだけ若い世代に受け入れられるか、理解してもらえるかは未定ですが、キルドレと呼ばれる永遠に大人にならない主人公たちを通して描かれていた...

餅は餅屋...

蒼き空を浮遊する積乱雲の谷間を疾走した戦闘機の『散香』が突っ込むと、大きな尾翼についた高速に回転したプロペラが雲の白をかき分け、霧の粒子を飛散させる....。フリーペーパーのbuzzlog vol.31に筆者のことが紹介された。http://buzzpaper.buzzlog.jp/若きサーファ

スカイ・クロラ◆終わらない生の「だるさ」の物語

     「スカイ・クロラ」 (2008年・日本) 子どものころから空が好きで、よく屋上に出ては雲を眺めていたっけ。たえまなく移り変わる光の色はあまりにも神々しくて、あそこにはきっと崇高な何かがあるとわけもなく信じた。航空機、なかでも戦闘機の美しさに魅了さ

■押井守監督『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』  死と対峙した陰鬱な秀作

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』公式サイト完全な平和が実現し

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/885220ba1ffe4767c6f86d608c35a5c4 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。

スカイ・クロラ

茨の空で生きる。  

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」映画館レビュー 遠い

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」

スカイ・クロラ 2008-44

「スカイ・クロラ」を観てきました~♪ 函南優一(声:加瀬亮)は、ロストック社に所属するパイロットだった。函南は前線基地の兎離洲(ウリス)に配属され、伝説のエースパイロット草薙水素(声:菊池凛子)と出会う・・・ 人気Blogランキング      ↑...

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008/押井守)

押井守監督最新作、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』観て来ました。 少し前に書いた10ジャンルNo.1映画バトン!で、アニメのNo.1に『イノセン...

スカイ・クロラ、悲しいキルドレ達

押井守監督のスカイ・クロラは悲しい映画だ。永遠の命を与えられながらパイロットとして死に急ぎ、再生されるキルドレ達。彼らには繰り返し撃墜される生き方しか無い。ただ一人草薙水素を除いては。

【2008-184】スカイ・クロラ The Sky Crawlers

人気ブログランキングの順位は? どこか、日本とよく似た国に 大人にならない子供たちがいる そして彼らは、僕たちにとてもよく似ている。 キルドレ 永遠の子供たちの物語 もう一度、生まれてきたいと思う?

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

実家帰省中の20日、109シネマズ富谷での映画鑑賞。1本目に観たのが、「花より男子ファイナル」。 そして2本目に観たのが、

スカイ・クロラ

脚本ゼミの友人で作っている映画を観る会。 最近はなかなか良いペースで開催されている。 本当は「崖の上のポニョ 」を観る予定だったのですが、 私が先に観てしまい、 アニメつながりということでこの作品になりました。( ^ _ ^; 永遠に生きることを宿命づ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers<ネタバレ感想>

観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:押井守 演出:西久保利彦 原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ 脚本監修:行定勲 企業によって、ショーとしての戦争が行われている世界。草薙水素が司令を務める前線基地に、戦闘機パイロット函南優一が赴任してくる...

【映画】スカイ・クロラ The Sky Crawlers…の記事&新型インフルエンザとか

{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて{/face_yoka/}普通の週末を迎えているピロEKです{/face_yoka/} まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます{/ase/} 少し前(2

『スカイ・クロラ TheSkyCrawlers』'08・日

あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...

スカイ・クロラ(142作目)

スカイ・クロラは映画専門チャンネルで鑑賞したけど 結論は映像&芸能人も声優が良かったし満足したよ

マリリン忌2008 «  | BLOG TOP |  » バラ「マリリン・モンロー」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード