FC2ブログ
topimage

2020-08

「ベン・ハー」 - 2008.09.24 Wed

映画が好きでなくても知っているかもしれない名作の1つだろう。
私は今回で2回目。なんだか、もっと見ているような気がしていたが、きちんとすべて見たのが2回目なのだった。


ユダ・ベン・ハー(チャールトン・へストン)は町の有力者の家系でユダヤ人。そこへ、ローマ帝国のメッサーラ(スティーヴン・ボイド)が司令官として町を治めに来る。ユダとメッサーラは幼なじみだが、いまや立場が違い、対立は避けられない。
総督が町を行進した際、ハー家の家の瓦が落ち、総督に当たりそうになる事故が起きる。ユダばかりか、母と妹まで逮捕されてしまい…。

3時間半ちょっとある映画だが、あらすじを書こうとすると、案外、簡単
特に後半1時間は、キリストのありがたい話が中心になるのが印象深い。オープニングもキリストの誕生場面で、映画全体をキリストが支配(?)している。
これは「ユダヤとキリストの物語」ではないだろうか。

ビデオジャケット(海外盤)

馬車競走の場面が、とても有名。
ユダのほうはアラブの白馬4頭で「白」のイメージ。対するメッサーラは「黒」で、とても分かりやすい。
メッサーラの馬車は車輪の軸が刃物になっている「走る凶器」だ。1台だけ、こんな仕掛けで不公平ではないか?
きのうの友はきょうの敵で、ユダにとって自分たち一家を不幸に追いやったメッサーラへの復讐心は消しがたい。けれども、まずは意地でも競走に勝つことで、相手に屈辱を与えたい。メッサーラは返り討ちにしたい。
キリストだったら、この戦いについて、どう言うのか。やめなさい、というのだろうか。
さて、そんな2人の思いが渦巻く競走の結果は…?

ハリウッドの往年の歴史大作の最も優れた1本であるのは確かだろう。見応えは、じゅうぶん。
ウィリアム・ワイラーという名監督のもと、スケールの大きな映画ができあがった。撮影期間は6年以上という。
ミクロス・ローザの音楽も風格たっぷり。私にとっては、ラジオの映画音楽番組などで、よく耳にしていた名曲だ。
今回のNHK衛星放送では、いまさらながら、チャールトン・へストン追悼、という題もついていたようだが、彼のような、主役として、とてもガッチリしていて堂々と見映えのする、こうした大作に似合うような俳優が存在していたことは、ハリウッドにとっては幸せなことだったと思う。

(9月20日)

BEN-HUR
1959年 アメリカ作品
監督 ウィリアム・ワイラー
出演 チャールトン・へストン、ハイヤ・ハラリート、マーサ・スコット、キャシー・オドネル、ジャック・ホーキンス、スティーヴン・ボイド、ヒュー・グリフィス、サム・ジャッフェ

参考:ベン・ハー@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。大スクリーンで観たら4点あげると思うけど。満点は5点)

● COMMENT ●

こんばんは。

私も久しぶりでした。死の谷の部分が記憶にないのですよね~。もしかしたら、昔に観たTV版ではカットされてたのかも・・・。いや、単に私の記憶喪失だとは思いますが(笑)。
キリストは後ろ姿だけでしたね。当時は全体を映すことがタブーだったのしょうかねぇ・・・??

>マーちゃん

おはようございます。
テレビで放送時間を短くした場合、後半の死の谷あたりはカットしやすい部分だろうと思います。
ユダの勇ましい活躍は、まったくないですから。
キリストの顔は映りませんでしたね~。こんな顔じゃないとクレームがつくのを恐れたか、神秘的なイメージを大切にしたのか。
見事な大作ではありました!

No title

BJさん こんにちは。
これはDVD鑑賞ですか? NHKBSでも先日あったばかりですが。私は以前録画したビデオで途中見ましたが、やはり退色してて、DVDが欲しくなります。
ハイヤ・ハラリートという名前をこの映画で覚えました(笑) なんともエキゾティックな人ですね。

一番の見せ場である競技場のシーン。「SW1」でもパロディみたいな場面がありました。

No title

そういえばちゃんと観た事無いかも・・・
子供の頃、よくTVで前編・後編に分けて放映してましたね。
で、やっぱりクライマックス?の競争する場面だけを覚えているんですが。
他は覚えてない。多分全部は観てない☆
衛星放送ででもないと、もうTVでは放映しないだろうし
借りてきて観てみようかな・・・

>又左衛門さん

おはようございます。
これはBSの録画です。見てから消しちゃいました。保存すれば、いつでも見られるんですけど。
ハイヤ・ハラリートさんは、この映画くらいでしか知らないですね。でも1作で名を残すのはラッキーといえそうです。
スター・ウォーズのエピソード1のポッドレースでしたか…。確実に「ベン・ハー」を意識してる感じです。レースとなると同じような印象になりがちですけども。

>わさぴょんさん

はいはい、前編・後編で放送もありましたねー。
馬車競走がいちばんインパクトがあるので、覚えてるんでしょうね。
あとは軍艦同士の戦いあたり?
映画ファンとしての基本みたいなところで、見てみるのもいいかもしれません。
私は、好き嫌いでいえば、それほどでもないんですけど、「映画」という存在として輝いている作品ですよね。

No title

ボクも全部じゃありませんが、BSのやつ観ました(^^ゞ。
「猿の惑星」のときもそうだったけど、チャールトン・ヘストンって、ひげ面の時のほうがカッコいいなぁ。剃ったあとは、ツルンとしていて、そのギャップに慣れるのに結構時間がかかりましたし(^^ゞ

>kiyotayokiさん

3時間半以上あるので、全部見るのが簡単にはいかないですよね。
録画しておいて、2回に分けて見ればいいかもしれません。
そう、「十戒」でも、彼が演じたモーゼはヒゲ顔です!
「大いなる西部」は、つるつるです。

なるほど

大作に見合う俳優ってのは確かにそうかもしれませんね。
これだけのスケール感、迫力のある映画で、
それでいて主演俳優がそれに負けてないってのが
すごいですよね~。

>miyuさん

ヘストンは歴史大作でも活躍しましたね。
「十戒」ではモーゼをやったり。
コスチュームものが似合う俳優、似合わない俳優って、ありそうですよね。

 ボーさん ベン・ハーは 十年ぐらい前だったかな?
「木曜洋画劇場」で 20世紀に残したい名作集(だったかな?)と題して 20世紀も残り少なくなってきた頃に放送しており そのときに みました。四時間をこえてましたから2週連続で前編、後編に分けられて放送してました。

 そりゃ リアル・タイムじゃみられませんよ。
ボク S51生れですから・・・まだ 生れていませんでしたから。

 母も 当時 ベン・ハーがあったのを知らなかったみたいで 録画してみせたら
「すごく 感動した」っと 言ってました。

 メッサラーとの戦車対決 ここでも勝つためなら手段は選ばない卑劣さも腹たちましたし いいかげんにしてくれ・・・です。
 
  ベン・ハーがキリストから水を飲ませてもらう場面・・・感動的でした。 
 

>zebraさん

往年のハリウッド大作、今では、こういう雰囲気は出ないですね。
こうした感じの映画を、まねて作ろうとすればできるでしょうが、やはり時代が違えば、どうしようもないでしょう。
戦車対決、ひきょうな人間が負けて、勧善懲悪の形になりました。

おかあさん、感動されて良かったですね~。
最近は、4時間くらいある映画だと、なかなか見る気力が…(苦笑)

ポール(・マッカートニー)のライヴで「ヘイ、ジュード」を合唱するか、ジュード(ユダ)・「ベン・ハー」を観るか、迷いましたが、後者にしました。だって、ポールのチケット…手が出ない…。

↑「木曜洋画劇場」で放映した時だったかな、身内は
「やっぱ、映画って、映画館で観るもんだね~、家だと、トイレ行ったり、皿洗ったりしながら見ちゃうもんね。」と言っていました。レース・シーンのクライマックス、宿敵の鞭がジュダ・ベンに絡まった時、↑の身内が、「手、離せよ、メッサーラ」と言ってくれたお陰で、茶の間の緊迫感が台無しに…。

今回、苦労して、4時間という時間をやっとつくったというのに…これまた隣のおばあちゃんが、鞭が振るわれる度に「うわっ」「きゃ~」とか叫ぶので、「おばちゃん、黙れんやったら、家で見ぃや!」と、叱りたかった…。しかし、「赦し」がポイントのお話ですから、呑み込みました(←大人!)。

v-230との対話シーンは、何回観ても、MYほっこりシーンです。
CGなし、演技なのか、アドリヴなのか?

*結局、ポールの生声も、聞けたばいですv-266

>モぺ改め「謎の」ミトンさん

ジュード選択だったんですね。
なるほど、遠いところに生息しているのですねえ…。
ポール、30曲以上歌ったとか噂で聞きましたが、すごいもんです。…ん? 生歌を聴いたって!? そのへんを歌いながら歩いてたんですかっ!?

家で映画を見ると、集中が浅いんですよね。民放だとCMもあるし。テレビ画面だから、ドラマと同じような印象にもなります。
馬と対話…ううむ、覚えてない…

メッサーラの憎たらしさ

が良かったですよね。復讐に燃える主人公に難なく感情移入できました。水をもらうところとか、彼に手を差し伸べる人が何度か現れても、ご都合主義とは感じず神が味方についてるんだなぁと素直に思えましたし。
ボーさんの仰る通り、主人公を演じた俳優さんの素晴らしさもこの作品を名作たらしめていたと思います。

>宵乃さん

敵役が憎たらしくないと、映画は盛り上がりませんね。
こういった、ハリウッド歴史大作を今の時代に作ろうとすると、CGはすごくても、なにか違う結果になりがち。
50年代の映画をいちばん見たいのですが、WOWOWでも少なくて、困ったものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1322-c1b518db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベン・ハー

原題:BEN-HUR 監督: ウィリアム・ワイラー 製作: サム・ジンバリスト 原作: ルー・ウォーレス 脚本: カール・タンバーグ 撮影: ...

家族と一緒に感動しよう 7 「ベン・ハー」

「ベン・ハー」 基督教圏にとっては不朽の傑作     【原題】BEN-HUR 【公開年】1959年  【制作国】米  【時間】240分  【監...

ベン・ハー

 コチラの「ベン・ハー」は、アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞をはじめとする史上最多の11部門を受賞した不朽の名作です。「タイタニック」、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」は同数を受賞したものの、この記録はいまだ破られておらず、現在も

ベン・ハー

午前十時の映画祭で見ました。約4時間って、私史上MAXの上映時間です。お話は、友

ベン・ハー

監督 ウィリアム・ワイラー 出演 チャールトン・ヘストン、スティーブン・ボイド、ハイヤ・ハラリート 「午前10時の映画祭」にて鑑賞。ハリウッド全盛期にハリウッドが総力をかけて製作した、ハリウッド超大作の代表的な映画。  いやあ、たい...

ベン・ハー 

古代ローマの支配下にあるユダヤ人地区エルサレム。 豪族の息子ベン・ハーは、新しい総督の部下としてやってきた旧友メッサラと再会。だが、今やふたりの間は対立関係にあり、ベン・ハーは反逆罪に問われる…。 ベン・ハーがたどる数奇な運命、歴史スペクタクル巨編。

「生活の設計」 «  | BLOG TOP |  » 「ウォンテッド」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード