FC2ブログ
topimage

2019-12

「宮廷画家ゴヤは見た」 - 2008.10.18 Sat

ひさびさに、しっかりと見応えのある歴史ドラマを観たという感触。
なんだか実にミロス・フォアマン監督らしい、どっしり感。この監督には名作「アマデウス」(1984年)があるが、その時は音楽家のモーツァルト、今度は画家のゴヤという歴史上の有名人芸術家を配して描く人間ドラマだ。



ナタリー・ポートマン嬢とハビエル・バルデム
(c) 2006 Xuxa Producciones SL
- All Rights Reserved

映画“GOYA'S GHOSTS”(ゴヤの幽霊)を私が初めて知ったのは、ナタリー・ポートマン嬢のヌードシーンがあるというニュースからだったと思う。それは、ずいぶん以前のことのように思えるのも無理はなく、これは2006年の作品だったのだが、ようやく公開になった。

と思ったら「宮廷画家ゴヤは見た」ですと!? 映画の内容を考えれば、合っているタイトルだと思うが、ちょっとドラマの「家政婦は見た!」を思わせてしまうのが困る。

ゴヤの幽霊、という原題を訳すのは難しいが、その意味は、ナポレオンのスペイン侵攻による戦争の地獄絵図、ナタリー・ポートマン扮するイネスとハビエル・バルデム扮するロレンソ神父の運命、そうしたものがゴヤにとっては幽霊のように恐ろしく、悲しく、はかなく、心に尾を引いて残るものだった、ということかもしれない。
とくに彼が聴力を失った(油彩顔料のよる慢性中毒ともいわれる)のちは、なおのこと、戦争の残酷さなどの世相をも絵にする画家=観察者として、目で見るものへの感じ方は鋭くなっていったのではないだろうか。

それは彼の絵、とくに「黒い絵」といわれる14点の作品などを見ると感じることができる。
人間の心の暗い部分をえぐりだすかのようなインパクトがある、化け物じみた絵などもあり、人間のすることの不条理や恐ろしさを、観察者として絵に描いていった彼の心のうちには、とても興味がある。

監督ミロス・フォアマンも、少女イネスと神父ロレンソのドラマを、ゴヤの視点から見せる。

私の彼女のナタリー
(c) 2006 Xuxa Producciones SL
- All Rights Reserved

オープニングとエンドロールを中心に、ゴヤの絵をたくさん見ることができる。ゴヤが好きな人なら、それだけでもかなり楽しめるかも。
映画では、王妃を美人に描かずに、彼女の不興を買う場面もあって面白い。

映画では観察者の役割のゴヤが自分から動くのは、彼のモデルだったイネスが助けを求めてきたとき。
彼の絵の中で天使のごとき存在だった彼女のために行動するのだが、さて、その結末は。

主演の3人が素晴らしい。
ハビエル・バルデム、この人には、もはや言うことなしですね。そこにいるだけでも、すごい。最後の最後のシーンまで、すごい。
ただ、彼が演じたロレンソの最後の選択については、すんなりとは理解しにくい。15年間で変わった心情をセリフだけで示しているせいのような気がするが、それは2時間以内にまとめた脚本上、仕方がないところなのだろう。
フォアマン監督は、多くの無実の者を苦しめたスペインの異端審問を、いつか映画にしたかったそうで、異端審問を行った権力に対する疑問、批判、反発心を、ロレンソの態度を借りて表したかったのかもしれない。

ナタリー・ポートマン。彼女は2役だが、メイクの力も借りて、その落差がすごい大熱演。美しさもすごい。さすがは私の彼女である。(誰が彼女じゃー!)

ゴヤを演じたステラン・スカルスガルド。(私がこの俳優さんを認識したのは「ドッグヴィル」(2003年)でだが、最近は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで全身フジツボ化粧の「靴ひものビル」をやってます。)
上手い。渋くて、いい。まるで宮廷画家そのものです。(ゴヤ本人の自画像にも、わりと似ている。)

運命の4人(誰のことなのか、この感想文では秘密)が顔をそろえる最後の場面。
お互いが知らない関係もあり、知っている関係もある。
それぞれの境遇の極端な違いも際立ち、人生、ドラマチック!と盛り上がる。
ドラマの醍醐味に満足。

ステラン・スカルスガルドとハビエル・バルデム
(c) 2006 Xuxa Producciones SL
- All Rights Reserved

ゴヤの画集、欲しくなった。

(10月12日)

GOYA'S GHOSTS
2006年 アメリカ、スペイン作品
監督 ミロス・フォアマン
出演 ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール

参考:宮廷画家ゴヤは見た@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

No title

ボーさん
おはようございます★TBありがとうです。

さすが、フォアマン監督作品、見応えありましたし
キャストも完璧でしたね~♪
ナタリーの怪演?にびっくり。
さすが、ボーさんの彼女(笑)
うますぎです。
ブーリン家の姉妹でもナタリーよかった♪今後も楽しみです~

>migさん

こんにちは!
これは良かったですね。
ナタリー2役とは知らなくて、うれしい驚きでした。(彼氏のくせに知らない? だって教えてくれなかったもーん。)
「ブーリン家の姉妹」は、もうすぐ公開ですね。ソッコー観に行きますよ。(予定)

良かったです~。

これは大傑作だと思いましたよ~。ゴヤについては名前ぐらいしか、知らなかったのですが・・・・。内容が深く、多面的。観終わった後、大興奮状態で劇場を後にしました。ボーさんもナタリーがお好きなのですね!おまけに彼女?私も大好きな女優さんです。

>マーちゃん

ええ、彼女なんです。ずいぶん以前から。
これは演じがいのある役でした。女優冥利につきる、とメール来ましたよ。(!?)
芸術の域に入ってますよね。
ゴヤは、戦争の場面を絵にしたりして記録に残しました。自分にできる、そうした方面で戦っていたんですよね。
満足できる文芸作でした!

こんばんは、ボーさん
うん、なかなかに楽しめた一作でした。
>家政婦は見た!を思い出すのが困る
本当、狙った邦題でしたよね^^;
ま、合ってるとは言えるんですが、何もそんなタイトルにしなくったって。。。
ナタポーはさすがでした!すごい女優魂。
ボーさんはいつからナタポーが好きになりましたか?

>とらねこさん

おはようございます。
ナタリーはねえ…「レオン」のときは子どもだから別に何でもなかったですが、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」からでしょうか。
ナタポーって言い方、おもしろいですね! ナタボーなら私の身内っぽい!(笑)

こんばんは、ボーさん。

「宮廷画家ゴヤは見た」実に見応えがありました。
ボーさんのブログを見て観に行くことを決めたのですが、思いっきし正解でした(笑)
ありがとうございます。

今後も、参考にさせていただきますね。

ちなみに、今年のベスト5には入る勢いです。

>チェズさん

ありがとうございます!
参考にしていただくとは! でも、あんまり当てにはなりませんよ~。
実際、採点は星4つでもいいのですが、好みかと聞かれると、どうだろうというのがあって。
私も、今年観た映画の上位には入ってくると思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1349-3a2fdc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宮廷画家ゴヤは見た

 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”なので...

『宮廷画家ゴヤは見た』

監督:ミロス・フォアマン  CAST:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド 他 18世紀末のスペイン...

宮廷画家ゴヤは見た/ハビエル・バルデム

ゴヤの作品は特に好きというわけではないんだけど、そもそも好き嫌いを言えるほどよく知らないので興味津々で鑑賞ぅ。 出演はその他に、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・...

「宮廷画家ゴヤは見た(GOYA\'S GHOSTS)」映画感想

邦題がもうちょっと何とかならなかったのかと、話題の「宮廷画家ゴヤは見た(GOYA\'S GHOSTS)」を見てきました。原

宮廷画家ゴヤは見た

何やら某TVドラマのような邦題だが、天才画家ゴヤの目を通して、人間を喜劇にも悲劇にも振り分ける時代そのものを描く物語だ。異常な異端審問がまかり通る18世紀のスペイン。天使のような少女イネスと、巧みに時の権力に取り入るロレンソ神父は、共にゴヤのモデルだが、...

宮廷画家ゴヤは見た/GOYA\'S GHOSTS

ゴヤが、いったい何を観たのか?? 『カッコーの巣の上で』『アマデウス』{/fuki_suki/}と2度のアカデミー賞作品賞受賞暦を持つ ミロス・フォアマン監督作。 脚本 ミロス・フォアマン、ジャン=クロード・カリエール 原題は「GOYA\'s GHOSTS」 『宮廷画家ゴヤは見た』...

宮廷画家ゴヤは見た

ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるための

今週観た映画36

久々にうあと映画館に行きました。 前回行ったのは「Mr. & Mrs. スミス」だった… すっかり家で観る派になってた(笑) 「リトル・チルドレン」Li...

映画「宮廷画家ゴヤは見た」

原題:GOYA\'S GHOSTS この邦題は思わず、"家政婦は見た"みたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない~時代の変転と醜聞な物語~ フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が宮廷画家の時代の1792年~1

宮廷画家ゴヤは見た

原題:GOYA\'S GHOSTS 監督: ミロス・フォアマン 製作総指揮:ポール・ゼインツ 脚本: ミロス・フォアマン 、ジャン=クロード・カリエール ...

異端審問「宮廷画家ゴヤは見た」を鑑賞

GOYA\'S GHOSTS 評価 8  監督は「カッコーの巣の上で」「アマデウス」「マン・オン・ザ・ムーン」などの監督で数々の映画賞受賞やノミネートを成し得てるミロス・フォアマン監督。そうとは知らずの鑑賞だったけど、とても好みな、とても見応えある映画でした。  良か

『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座

18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒の疑

『宮廷画家ゴヤは見た』

金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ******************** 『...

宮廷画家ゴヤは見た▼△

 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そし...

131●宮廷画家ゴヤは見た

激動の時代のスペインを描いた、歴史大作。重厚だけれど、娯楽色を失わない、ミロス・フォアマン監督の\'06年の作品。アメリカ。

『宮廷画家ゴヤは見た』\"Goya\'s goast\"

ゴヤの時代のスペイン。 嵐の時代、価値観はゆらぎ、人々は翻弄され、風見鶏は回るが、やがてその命運も尽きる。風見鶏たるロレンソ神父(ハビエル・バルデム)の滑稽なまでの生命力と変わり身の早さにおかしみも感じるが、むなしい気分が残る。 無実の罪で拷問をうけ15...

[机上の妄想]アンシャンレジーム、流血革命、利己主義・・・「驕れる心の物象化」を凝視するゴヤの視点

【画像0】オムニバス、カルーソ(Caruso)の競演(右上の画像はクロアチアの夕景/2008年9月、友人撮影) Zizi Possi - Caruso Zizi Possi - Caruso Caruso(Andrea Bocelli) Haunting Knockout Version of - ”Caruso” by Lara Fabian LUCIANO PAVAROTTI & LUCIO DALLA -...

宮廷画家ゴヤは見た

スペインの天才画家ゴヤの視点で描く、激動の時代に生きた人々の数奇な運命。 絵筆が暴く、愛の裏側__2枚の肖像画に描かれた少女と神父の数奇な運命とは?・・・ 物語:18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作...

宮廷画家ゴヤは見た

私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に任...

「宮廷画家ゴヤは見た」

見応えのある作品でした

mini review 09382「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆

アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカン

【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。

今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最終

宮廷画家ゴヤは見た

Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤという

【DVD】『宮廷画家ゴヤは見た』(2006)/アメリカ

原題:GOYA'SGHOSTS監督:ミロス・フォアマン出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ホセ・ルイス・ゴメス、ミシェル・ロン...

映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て

83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)スタッフ・キャスト(役名...

「僕らのミライへ逆回転」 «  | BLOG TOP |  » マリリン in VANITY FAIR

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード