FC2ブログ
topimage

2020-01

「僕らのミライへ逆回転」 - 2008.10.18 Sat

おもしろくなかった。
レンタルビデオ店員とその友人が、磁気のために中身が消えてしまったビデオの代わりに、自分たちで映画を作るという話で、その手作りリメイク版が楽しく面白くできているかなと思っていたが…。




映画を作り直すといっても、まるで学芸会で、程度も低い。観ていて、感心したり楽しいなと思ったりするところが、まったくないのが痛い。もうちょっと工夫できないものか。
決して、「映画好きなら楽しめる」映画ではない。私は楽しくなかったから。

手作りリメイク場面にしても、ほんの少しずつ、いろんな映画を小出しにしてしか見せないし、第一、あんな作り直しビデオを誰が喜んでカネを払って見て喜ぶか。映画の中では喜ばないと話にならないから喜んでたけど。あれが面白いとしたら、私とは感覚が違うとしか思えない。
まあ、1日1ドルのレンタル料だから、いいかもしれないが。(100円くらい?)(あ、手作りリメイク版は、もっと高くしてたっけ?)

メロニー・ディアス嬢
(c) Newline Productions / Junkyard Productions

収穫は、メロニー・ディアス嬢。はじめは、なんだか、へちゃむくれた娘だなあと失礼ながら思ったが、映画作りの仲間にスカウトされてから、撮影をリードするほど生き生きと活躍してくる。
これまで、まったく知らなかった女優さんなので、ここで知り合えたのは、よかった。

あとは、なつかしのミア・ファローさん(「オーメン」〔2006年版〕に出てたけどね。)や、ベテランのダニー・グローヴァー(年とって、やせたと思うのは気のせいか?)に会えたのはグッド。

例によって気に入らないとなると、突っ込みどころは、ことごとく文句のタネになる。
発電所に忍び込むことからして、バカ。人間に電磁波を帯びさせるための手段でしかないでしょう。かろうじてジャック・ブラックだから許せるキャラか。

繰り返しになるが、手作りリメイク映画のシーンのレベルが低いこと、短すぎること。主役2人とは別に、いきなり映画作りに参加していた男は何なのか説明がない(どこかですでに出てきた人物なら、私の見落としですが)。これも先ほども書いたが、なんといっても、あの内容が客に受けるとは思えない。理解不能。私だったら怒る。カネ返せ、となる。
ファンタジー映画なら、有り得ない、があってもいい。けど、これはフツーの映画でしょ? あ。ファンタジーなの? 最初っから、うその話? 違うよねえ。自信なくなってきたけど。

最初に作られた手作りリメイク版が「ゴーストバスターズ」だったが、その本物作品に出演していたシガーニー・ウィーヴァーが映画に登場してくる。
でも、「ゴーストバスターズ」にからんで何かネタがあるわけでもなく、ただ、出ているだけで、楽屋オチの初歩にもならない

ラストは少し、ほんのりするけど、それまでがイケなすぎて、たいした感動にはならない。手作りリメイク映画を作った連中への、見当はずれの、なぐさめ程度にしか感じない。
こういうのを、映画愛にあふれた映画とは思わない。子どもが稚拙に映画の真似っこをして遊んでるようなもの。

ミア・ファロー嬢とダニー・グローヴァー
(c) Newline Productions / Junkyard Productions

右の画像は、ミア・ファローとダニー・グローヴァーだが、この「ドライビングMissデイジー」のシーンは、ジャック・ブラックとモス・デフで演じていたはず。この2人でのシーンがあったかどうかすら忘れた。

僕の過去へ逆回転して、ぜひ、前売券代金を返してほしいものだ。この映画の記憶と引き換えにしてもいいから。

(10月13日)

この記事の分類「映画感想(私にとっての難あり映画)」についての説明は、こちら

BE KIND REWIND
2008年 アメリカ作品
監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、メロニー・ディアス、ミア・ファロー、シガーニー・ウィーヴァー

参考:僕らのミライへ逆回転@映画生活

評価☆☆(2点。満点は5点)

● COMMENT ●

No title

ボーさん

あはは、前売り代返して欲しいって(笑)
珍しく手厳しいレビューですね!
わたしはちょっと笑えたんだけど期待しちゃってたので
そういう笑いとも違ったかなぁ?って。
JBはゴンドリー作品にはちょっとあわないかなぁなんて思っちゃった。
最後の画像、このシーンなかったから貴重ですね♪
ミアファローでもやってみたんですかねー^^
こちらの記事はTB届いてませんでしたよ~^^

こんにちは。

いやあ。

だれもが言いたくても言えないことを
ずばり言ってくれていて
気持ちがいいです。

>発電所に忍び込むことからして、バカ。
>手作りリメイク映画のシーンのレベルが低いこと、短すぎること。
>あの内容が客に受けるとは思えない。

同感です。
ぼくも最初、プロットを聞いたときは
この監督なりのリメイクをじっくり
オフザケなしで見せてくれるものばかりと…。
へぇ~っ。そういうのにジャック・ブラックが出るんだ……と、
勝手に勘違い。
ただ、ぼくは観ているうちに
そのチープさにも慣れてきましたが…。
あと、ラストは思ってもいなかったので
グッと胸に来ました。
でも、あそこの描き方も
いま考えるともう一つかな。
カメラが外に出た瞬間は好きですが…。

>migさん

素直に書いたら、こんなんなっちゃいました。
好きな人には反発されるかなと思いつつ。
これほどのばかばかしさへの、観る際の備えがなかった、のかもしれません。
画像の場面、やっぱり映画ではありませんでしたか? なんなんでしょうね。

>えいさん

こんにちは!
そう言っていただくと、ありがたいです。
チープさ加減が私の基準では、ひどすぎたということですね。まるっきりのおバカ映画と思っていれば笑って許せると思うのですが。
まあ、これは、かなり今年度のマイベストの下位に来ると思われます。(苦笑)

あら~

ちょっとは期待してた作品なんですが・・・
あんまり期待しないで観た方が良さそう^^;

新聞に載ってた「観客側にも『これは作り物!○○のつもり!』という
優しい心構えがあった頃を思い出せ」みたいな評を読んで
つまり手作り版はかなりチャチなワケね、とは思ってましたが
怒っちゃうほどですか☆

最初からそのつもりで観ればまた違うかも?

>わさぴょんさん

未見のうちにコメントいただき、ありがとうございますー。
ばかばかしいと心得て見たほうが、よろしいかと思われます。
ハリウッド批判とかいう評もあるんですけど、そんなこと、こっちは知らないですからね。観てみて、そういうふうにも思わなかったし。
チャチで怒ります! 怒らない自信があるなら、後日ご覧くださいませ~。

はい、観てみました~♪

ちゃちですね~(^^; そして短すぎ。
私ならボーさんと同じく「金返せ」とビデオ店に怒鳴り込みます★
でもそれがバカ受けするんだから、これはファンタジー映画なんですよ(^^)

こんな(ミア・ファローとD・グローバー)場面あったような気がするんですけど・・
あれっ無かったっけ?(もう返したので確認不可★)

>わさぴょんさん

見ちゃいましたか。ありがとうございます。
ひどい、と言われる映画だって、自分で見ないと分かりませんからね。
あれで金払うんなら、よっぽど心の広い客ですよね!
あ、ファンタジーでしたか、これっ!?(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1350-14aff970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕らのミライへ逆回転

 『はっぴいえんどにリメイク中』  コチラの「僕らのミライへ逆回転」は、今日10/11公開となったミシェル・ゴンドリー監督×ジャック・ブラック主演が贈る超アナログな最先端ハンドメイドムービーなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪いやぁ~本当に思いっきり笑

街角の名画座

コンテンツ事業がテロの標的だ。お馴染みジャック・ブラックが恐怖の磁石人間となって暴れ回る。失われた娯楽作品を捏造し金儲け。マッチポンプとはこのことだ。ギャフン!

僕らのミライへ逆回転/Be Kind Rewind

JBの出演決まった時からずーっと待ってた、ミシェル・ゴンドリー最新作{/ee_1/} しかしこの邦題はナニ{/eq_1/} 原題の「巻き戻してご返却ください。」でいいじゃん。      え、ダサい? ダメ? インパクトあるし面白くていいと思うけどなー{/face_warai/} ...

『僕らのミライヘ逆回転』

(原題:Be Kind Rewind) ----ジャック・ブラックって、最近よく出るよね。 『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』も、 そうじゃなかった? 「うん。あっちはロックがモチーフになっているけど、 こちらは映画。 それも過去の有名な映画の名シーンがいっぱい登場。...

僕らのミライへ逆回転☆原題 Be Kind Rewind

 はっぴいえんどにリメイク中 10月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、東宝シネマズ二条の10周年ということで、1000円での鑑賞でした。監督は先ごろ鑑賞した「TOKYO!」のミシェル・ゴンドリー。 主演は「ホリディ」でケイト・ウィンスレッドの相手

★「僕らのミライへ逆回転」

今週は3連休なので二日連続ナイトショウ鑑賞。 昨日に続いて「フラットパック」なジャック・ブラック主演。 変わった作風で、ちょっと気になるミシェル・ゴンドリー監督作品。

134●僕らのミライへ逆回転

初めてゴンドリーを映画館で見た『ヒューマンネイチュア』は、まだたかだか7年前に製作されたもの。以来、どこか一風変わった作品を作り続けているミシェル・ゴンドリー。今回のこの作品では、彼が“自分らしさ”というものをハッキリ持った、素晴らしい映画監督なのだと

僕らのミライへ逆回転

僕らのミライへ逆回転’08:米 ◆原題:BE KIND REWIND◆監督・脚本: ミシェル・ゴンドリー「TOKYO!」「恋愛睡眠のすすめ」◆出演:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー、シガーニー・ウィーヴァー ◆STORY◆いまだにビデオテープし

「僕らのミライへ逆回転」

手作り映画って面白いもんだなぁ~^^

【映画】僕らのミライへ逆回転…僕のキタイとも逆回転だったかも?

サブタイトルが月並みですかね{/eq_1/}{/face_ase2/} 今日{/kaeru_rain/}から夜勤週のピロEKです{/ase/} まずは近況報告から。 昨日の記事でも書きましたが、先週は両親が妹と一緒にイタリア旅行{/pizza/}に行ってて、金曜日(2009年6月26日)の夜、福岡空港{/airplan...

僕らのミライへ逆回転

田舎町仮装大賞 <公式サイト> DVD全盛のこのご時勢に未だにVHSしか扱ってない潰れかけのレンタルビデオ屋で、ある日突然ビデオの中身が全消失。 そんな時に急遽「ゴーストバスターズ」のビデオが必要になり、途方にくれるビデオ屋店員。 そこで思いついた起死回

僕らのミライへ逆回転

たくさんの映画のパロディがでるという噂を聞いて、 観たいと思いました。 でもジャック・ブラックというのが。。。( ^ _ ^; どうなることやら。 いまだにビデオテープしか置いてない街角のレンタルショップ。 その店が入っている建物は、 30年代に活躍した伝

『僕らのミライへ逆回転』

僕らのミライへ逆回転 立ち退きを迫られたレンタルビデオ店で 商品の画像が全消失。苦肉の策で、 リメイクして貸し出すと評判に... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Be Kind Rewind(巻き戻してご返却下さい)

「お茶と同情」 «  | BLOG TOP |  » 「宮廷画家ゴヤは見た」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード