topimage

2017-10

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 - 2008.10.23 Thu

仙台方面に旅行に行ったとき、この文庫本を持っていった。
偶然にも、この話の舞台は仙台だった!



カバー
大学に入学した椎名くんが行った街が仙台と分かったのは、だいぶ読み進めてから。文庫本だと263ページ。たぶん、ここまで、どの街なのかは出てこなかったと思う。
仙台からの帰り道に読んでいて、なんだか嬉しかったよ。

物語は、現在と2年前の話が交互に語られる。
現在は、椎名くんが語り手。同じアパートに住む川崎に、本屋を襲おう、と誘われる。
2年前の語り手は琴美ちゃん。ペットショップに勤めているが、ペット殺しの3人組に目をつけられてしまう。
不穏で嫌な雰囲気が、ずっと2年前の話には流れていて、結果的には恐れていたようになっていって、私は好きではなかった。
でも、そういう結果でなければ、この話は成立しない…。

2年前のパートは、琴美ちゃんが「わたし」として一人称で書かれている。これは、おかしくないのかなあ。
くわしく言うとネタばれなので止めておくが…。

椎名くんのその後、どうなったんだろうね。

映画にもなって、それは録画してあるので、あとで楽しみに見ようと思う。

(10月15日読了)

● COMMENT ●

ボブ・ディラン

ボーさん、こんにちは。
この作品は 映画から先に見ましたが 映画の方が好きかもしれません
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が 印象的に使われていて 音楽の力を感じました。
すんごい切ないのですが 音楽に救われる部分もあったような。。  
重力ピエロの映画が いまから楽しみです!

>スノーパンダさん

こんばんは!
私も土曜日に映画見ました。あとで感想書きますので読んでくださいねー。
私も映画のほうがよかったですね。
重力ピエロも映画化ですか! 知らなかった~。(読んでないですけど。)

こんにちは!

お邪魔します♪
いつもお世話になっております。
今後とも宜しくお願い致しますv-254

『不穏で嫌な雰囲気が、ずっと2年前の話には流れていて、結果的には恐れていたようになっていって、私は好きではなかった』
分かりますぅ~絶対に嫌な展開になる―と恐れながら読みました(笑)
映画の方も鑑賞されたんですね。
私はキャストが良かったなぁ~と思いました。
お邪魔させて頂きます♪

>由香さん

こんばんは! いらっしゃいませ!
私は、本が先で、それから映画を見ました。そのパターンだと、たいてい映画に失望するのですが、これは珍しく、そうでもなかったですね。
理不尽に降りかかる暴力は、本当に嫌なものです。

こちらこそ、これからも、よろしくお願いします!

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

>藍色さん

こんばんは!
ありがとうございます。
TBさせていただきます。FC2同士なので不着の場合はないかと思いますので。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1356-34901af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

伊坂幸太郎 「アヒルと鴨のコインロッカー」感想

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) 映画アヒルと鴨のコインロッカーの原作です、伊坂幸太郎作品を読み始める前に映

アヒルと鴨のコインロッカー

伊坂幸太郎 著 創元推理文庫

アヒルと鴨のコインロッカー  伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)/伊坂 幸太郎 伊坂幸太郎 創元推理文庫 2006 STORY: 大学入学のためにアパートに入居した椎名は、隣人の河崎から本屋を襲撃しようと頼まれる。その2年前、琴美は隣人のドルジとともに偶然ペット殺

【本】アヒルと鴨のコインロッカー

     『アヒルと鴨のコインロッカー』     伊坂幸太郎     東京創元社        ???????????~第25回吉川英治文学新人賞受賞作~【comment】どうしてドンドン伊坂さんの作品を読んでしまうのだろう―?―それは、面白いからだ。では、、、私は伊坂さ...

『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎 ★★★★★

(07年9月読了)  いつもちょこっとずつ読む自分が一週間で読みきった。 続きが

アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ち...

第19回東京メトロ沿線ウォーキング «  | BLOG TOP |  » エンパイア誌が選ぶ歴代最高の映画ランキング500

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード