FC2ブログ
topimage

2020-08

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」 - 2008.11.03 Mon

自分の夢にチャレンジする人たちの姿は、それだけで感動を呼ぶ。
ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」のオーディションの風景を追った、この映画。役を得ようと真剣に取り組む人々、審査する人々などを、次々にカメラがとらえていく。
ひとりひとりの思いが重なって画面から圧倒してくる。



コーラスラインの一場面
All Rights Reserved(c)Vienna Waits Productions LLC.

1975年初演の「コーラスライン」は、トニー賞を9部門で受賞し、15年のロングランを記録したミュージカルだ。2006年に16年ぶりの再演。そのオーディションの模様がドキュメンタリー映画になった

しかも、「コーラスライン」を作り出したマイケル・ベネットが24人のダンサーたちと語り合った、「コーラスライン」のストーリーの原点になった録音テープの内容が並行して公開され、初演のステージ映像も流される、という重層構造。
「コーラスライン」とは何かを知らなくても、初演のことなどについて教えてくれるので、親切でもあるのに加えて、ああ、こういうミュージカルに挑戦するんだなあ、ということで、新しくオーディションを受ける人たちへの理解や共感にもなる。うまい構成だ。

プロ・アマを問わないオープン形式のオーディションなので、3000人あまりが参加、そこから、たった19人のキャストを競う。選考期間は8か月(8か月ずっとではなく、間があくようだが)。
選考されるほうはもちろん、選考する人たちもカメラは映し出す。
中盤のクライマックスは、ある候補者の演技と、それに泣かされる選考者たちの姿。泣かされる人を見て泣けた、というところもあるが、ここは私も泣けた。映画館の中でも泣いている人がいるのが分かる。
人を感動させる演技というのは、はっきり存在するんだ、とも実感できる。

選考が進み、候補者が絞られてくる。観ているこちらも、なぜか、この人がいいんじゃないか、とか選考者と同じようにして見てしまう。
演技が終わってから、選考者のひとり(演出家)が、その人のところへ行ってアドバイスして、もう1回演技させたりすることがあるのは初めて知った。
いいものを持っていると期待している人には、チャンスを与えるということですね。

選考者を泣かせる演技をして、一発でほぼ役をゲットしてしまう人もいれば、前回の演技と違うと言われながら、どうしても前のようには演技できずに不合格になってしまう人もいる。8か月の選考期間という長丁場は大変だ。
私は、不合格になった人の姿を見ては泣き、合格して喜ぶ人の姿を見ては泣いた。
舞台を目標に全力をつくす人たちを映したこの映画は、作りごとではない、本物の努力や意志や感情、多くの人生の一場面があふれていて、感動しないわけにはいかない

オーディションで
All Rights Reserved(c)Vienna Waits Productions LLC.

テレビのドキュメンタリーでも作れそうな気がするが、映画という大画面だと、また別な大きな感動を呼ぶ、といえそう。
オーディションにカメラを持ち込んだのは、こうした映画を作ろうという商売っ気がなかったわけではないだろうと、ちょっと引っ掛かるところもあるけれど、こんなに素晴らしいものを見せてくれたなら、文句のあろうはずもない
これほどの熾烈な競争、高度な水準が、ブロードウェイを支えている力なのだろう。

映画の「コーラスライン」(リチャード・アッテンボロー監督、マイケル・ダグラス主演、1985年)は、そんなによかったかなあと思い出せずにいるが。
「コーラスライン」は、新作ミュージカルのオーディション場面での話だ。ならば、今回の映画は、演技ではない本物の、リアルな「コーラスライン」に近いものではないか!

作曲がマービン・ハムリッシュだったのは覚えていなかった。え、これって彼の作曲だったのか!と驚いた。「追憶」(1973年)、「スティング」(1973年)などのあとで、絶好調のときの作品だったんだ…。

なお、オーディションで誰が合格するのか、映画を見るまで知りたくない方は、紹介記事や、映画のチラシさえも見ないことをお勧めする。

(11月2日)

EVERY LITTLE STEP
2008年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・D・スターン、アダム・デル・デオ
出演 ボブ・エイヴィアン、バイオーク・リー、ドナ・マケクニー、マービン・ハムリッシュ、高良結香、マイケル・ベネット

参考:ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢@映画生活

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

No title

先ほどはTBありがとうございました。
「コーラスライン」の事はあまり知らなかったんですが十分楽しめました。
人間ドラマはこの作品の核だと思いますがとても素晴らしかったです♪

>marrさん

いらっしゃいませ!
コメントいただき、ありがとうございます。
真剣勝負の人間ドラマですよね。作り物の映画はかなわないのかなと、ふと思いました。
素晴らしいドキュメンタリーでした。

11月の衣替え、デザインががらっと変わりましたねー♪
そしてこの映画は観たいです!
本当にリアルなコーラスラインですよね。
日本の方が出ているのもすごい。
やっぱりドキドキしそうですねー、楽しみです。

>まおさん

金魚や雰囲気が夏気分だったので変えてみました。
自分の好みの文字の大きさに変えたり、めんどくさいんですけどね。

上映映画館は多くないですが、一見の価値はあるかと思います。映画館のほうが迫力は当然ありますよね。
オーディションにYUKAさんが出てきたときは、日本人!がんばってるんだなあと嬉しい気分でした。

こんにちは!
遅ればせながらTBさせていただきました♪

もう、感動、感動です。
合格した人たちはともかく、落ちた人のことまでしっかり見せているのがすごいですよね。
映画に登場することを拒否した人もいたんじゃないかな~と想像・・・。

>チヒルカさん

こんばんは!
ご訪問ありがとうございます。

「コーラスライン」自体もオーディションもの(でしたよね?)ということで、この映画こそが「コーラスライン」みたいな…?

そうですね、オーディションの場以外では、撮られるのを断った人もいたはずですよね。
落ちた人の姿にも感動しました。応援したくなっちゃいます。その後、活躍できたのかなあ…。

眩しい

ボーさん、こんにちは!
涙もろいのは知ってるけど、
かなりの回数泣いたんですね~(^_^;

ブロードウェイは本当に厳しい世界ですよね。
才能があっても最終審査で上手く演じられなくて、
落ちた人もいましたもんね。
きっと他の作品で活躍してるんじゃないでしょうか。

あれだけチャレンジに情熱を感じた事あったかなあ??
みんな眩しかったです。

>YANさん

こんにちは!
はい、涙もろい自慢をしているわけではなく(自慢にならないけど)、本当なんですよう。
真剣勝負、厳しいです。でも、だからこそ、合格したあとの舞台でも、なお輝けるのかもなあと。

みんなのチャレンジを見ていると、生きがいという面で、うらやましい気もします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1368-06900818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢』を観たよ。

「オーラ」って、こんなにも、「見えるもの」なんだ。 『ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢』 \"EVERY LITTLE STEP\" 2008年...

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(2008 アメリカ) 原題   Every Little Step    監督   ジェームズ・D・スターン アダム・デル・デオ 音楽   ジェーン・アントニア・コーニッシュ       マービン・ハムリッシュ   ...

『ブロードウェイ♪ブロードウェイコーラスラインにかける夢』(20...

原題:EVERYLITTLESTEP監督・製作:ジェイムズ・D・スターン&アダム・デル・デオ製作総指揮:ジョン・ブレグリオ出演:「コーラスライン」オリジナルキャスト&スタッフ、マイケル・ベネット公式サイトはこちら。<Story>トニー賞9部門制覇、6137回の公演、664万...

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ 」その輝きが本物の理由

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」★★★☆ アダム・デル・デオ 、ジェームズ・D・スターン 監督 ドキュメンタリー、2008年、93分 伝説のミュージカル「コーラスライン」の 16年ぶりの再演。 8ヶ月におよぶ苛酷な オーディ...

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

お気に入り度 ★★★★☆ こんな話 『コーラスライン』が16年ぶりに再演される。3000人がオーディションに集まり、19人のキャストの座をめぐって競い合った。8カ月かけたオーディションのプロセスを詳細

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける橋

ブログネタ:【すんも賞を狙え!!】今まで一番泣いた映画は? 参加中 トニー賞9部門制覇、6137回の公演、664万人の観客動員を記録する、 1975年に初演されてから1990年までロングランされた ブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「コーラスライン」。 コ

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢

ハデなダンスステージものを観ようと思って選んだけど、 これは本番のステージ・シーンがほとんどありません。 舞台裏のオーディションの「...

言及(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » マリリン in 「美しく。」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード