topimage

2017-04

「タロットカード殺人事件」 - 2008.11.07 Fri

テンポがよくて、気の利いた小品。
ウディ・アレンは鼻持ちならなさが好きじゃなかったけど、本作はそうした点を感じなかった。年齢を重ねて枯れてきてるとか?



メガネ美人のスカちゃん
(c) JELLY ROLL PRODUCTIONS LIMITED 2006
/WISEPOLICY

見た動機は、「エンジェル」で素晴らしい演技を見せたロモーラ・ガライ嬢が出ているからだったのだけど。

まずは、アレンが出しゃばりすぎないのがいい。
主演はスカーレット・ヨハンソン、と心得て、脇に回っているのは正解。ただ、しゃべるシーンになると、ぺちゃくちゃと始まるのだが、たまに、なのでスパイス程度。

オープニングやエンディングロールを中心に、クラシック曲が使われて、品の良さで映画にピタリ。
色彩が鮮やかなのも目についた。庭園の緑などはもちろん、建物の内部も。いいですね~。

亡くなった人たちが死神の乗る船にいる、というのが面白い。
スカ子はジャーナリスト志望の学生。船から抜け出してきた、死んだ敏腕記者から、殺人事件の特ダネを教えられる。
彼女は、マジシャンのウディ・アレンを金持ちの父親にでっちあげて、犯人と思われる御曹司ヒュー・ジャックマンに接近する。
…が、いい男のジャックマンに言い寄られたスカ子は恋に落ちる。

まんまるメガネのスカちゃんとアレンで、メガネコンビ。
コミカルで、くすくすと笑えるところも。いいコンビだった。
そういえばアレンは前作でもスカーレット・ヨハンソンを使っていたから、息が合ったんだね。

水着美人のスカ子
(c) JELLY ROLL
PRODUCTIONS LIMITED
2006/WISEPOLICY

しかし、殺人者かもしれない男とでも、好きになったらベッドインしちゃうんだ~。と思ったよ、スカちゃんたら。

ロモーラ・ガライはスカ子の姉の役で、それほど登場してこなかった。力量を発揮するところまではいかず。

(11月3日)

SCOOP
2006年 イギリス・アメリカ作品
監督 ウディ・アレン
出演 スカーレット・ヨハンソン、ウディ・アレン、ヒュー・ジャックマン、ロモーラ・ガライ、イアン・マクシェーン

参考:タロットカード殺人事件@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ローラ・ガモイ

そういや出てたなぁ~ってぐらいの
印象しか残らなかったですよね。
ちょっともったいない使い方でしたね。

>miyuさん

出てたんですよねー。さりげなく。
メインストーリーでは、全く関係なかったですからね。
ま、彼女の仕事はチェックしたぞー、ということで、任務完了です。(笑)

ボーさん、
up後すぐにきてくれてありがとですー^^♪

これ観たんですね!
最近のアレン作品の中では好きな方です、

アレンじいさんたらスカちゃんがお気に入りでもう一つペネロペとの新作にもスカちゃんなんですよ~。^^
ヒュー様も良かったデス★

>migさん

見ました!
力が抜けた感じで、(あまり)うさんくさくないし、スカちゃんが、はっきり主演でしたからね。

え、また彼女を使うんですか。…ってか、彼女のほうも乗り気みたいな?

ヒューちゃん、楽しかったでしょうね、こんな役。

色々と同感です^^

そうそう、あのなんとなくインテリぶったというか、鼻持ちならない感じが私も苦手だったのですが、
今作(前作(『マッチ~』も)は気になりませんでした。
やっぱ枯れてきた?^^;てか角が取れてきたのか?

曲調も、庭園も、貴族が容疑者ってのにピッタリで良かったし♪

死神の居る船から逃げ出すってトコも面白かったです^^
死神さん、前向いてないで、もっとしっかり見張ってなきゃダメじゃん★

スカ子の姉役? 金持ちの女友達じゃなくて?
姉役・・・姉役・・・覚えてない・・・(´д`)


>わさぴょんさん

そうでしょー! インテリっぽいのがねえ。
ただ「007カジノロワイヤル」は、アレンが出てますが、おバカで好きなんですよ。(ダニエル・クレイグのじゃない、昔のコメディ調のやつです。)

曲も庭も、死神も?よかったですよね!

スカ子の姉役は、出番が少ないんです。スカ子としゃべるシーンが2、3回? 記憶になくても、しょうがないような…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1370-bdcd75e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『タロットカード殺人事件』を観たよ。

「コメディだ」と念頭に置いて観れば、とりあえずは爽快。 『タロットカード殺人事件』 \"SCOOP\" 2006年・イギリス&アメリカ・95分 監督・脚本...

タロットカード殺人事件

 『恋の行方も、 犯人も、 タロットカードだけが 知っている…。』  コチラの「タロットカード殺人事件」は、ウディ・アレン監督がアガサ・クリスティへのオマージュたっぷりに描く軽妙なミステリー・コメディで、10/27公開となっていたのですが、観て来ちゃいまし

タロットカード殺人事件 Scoop

●「タロットカード殺人事件 Scoop」 2006 アメリカ・イギリス BBC Films,Ingenious Film Partners,95min. 監督・脚本:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン、スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン、イアン・マクシェーン他 いかにもウディ・アレン

タロットカード殺人事件/ Scoop

『ロスト・イン・トランスレーション』をみてから、スカーレット・ヨハンソンの虜になってしまった ウディ・アレンじいさん{/hearts_red/}(もちろん監督) 『マッチポイント』に続き、スカちゃんを起用した第2弾{/ee_1/} やーっと日本でも公開! 原題は『Scoop』なの...

「タロットカード殺人事件」・・・78点

タロットカード殺人事件←実はウディ・アレン作品って苦手・・・[E:despair

タロットカード殺人事件

真夏のブリスベンからこんにちは。 巷はクリスマス商戦たけなわのようですが 特に欲しいものもないし ボクシングデイに買えば半額とかに...

タロットカード殺人事件

レンタルで鑑賞―【story】ロンドン市街のマジックショー劇場で、ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が舞台に上げられ、中に入った人間の身体が消えては現れるボックスに入れられる。その中で、彼女は著名なジャーナリストの亡霊ジョー(

タロットカード殺人事件

恋の行方も、犯人も、タロットカードだけが知っている…。

「殺人捜査線」 «  | BLOG TOP |  » 言及(BlogPet)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード