topimage

2017-09

「殺人捜査線」 - 2008.11.08 Sat

WOWOWのラインナップを見ていたら、「荒馬と女」(1961年)でマリリンと共演したイーライ・ウォラックが主演の映画を見つけた。劇場未公開作。ウォラックといえば、最近では「ホリデイ」(2006年)に出ていた、おじいちゃん。


逃走中の車内は緊迫!
(c) 1958,renewed1986 Columbia Pictures Industries Inc.
All rights reserved.

ウォラックが舞台やテレビで活躍してから映画デビューを果たした後、間もない頃の映画。テレビシリーズ「捜査線」のスピンオフ作品ということだ。

監督が「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(1956年)〔これは「インベージョン」(2007年)の元ネタ映画でもある〕、「ダーティハリー」(1971年)などのドン・シーゲル、脚本が「夜の大捜査線」(1967年)、「ポセイドン・アドベンチャー」(1972年)などのスターリング・シリファントというのを、映画を見始めてから知って、得した気分。

ヘロインを隠した人形などのおみやげを客に買わせ、その人が帰国して税関を無事に抜けたあとに、それを奪うという密輸方法。
ウォラックと相棒のロバート・キース(息子のブライアン・キースも俳優だった)は、ヘロインを回収する(奪う)役。
映画が始まって20分過ぎに、やっとウォラックたちが登場。ロバート・キースは特徴のある、いい面構え。殺しもいとわない実行役のウォラックをうまく動かす。ウォラックの役名がダンサーだから、イメージとしても動く役か。(画像の左端がウォラック、右から2人目がキース)

回収したブツが少ないことを説明するために、正体不明のボス(ヴォーン・テイラー。ヒッチコック監督の「サイコ」〔1960年〕にも出ている)に接触するウォラック。この場面、ボスの態度が不気味で恐ろしくて良かった
と思ったら、あっけなく…。予想外の展開、いいねー。
最後は、車で逃走のうえ、やはり、あっけなく…。
でも、いい。ハードボイルドで、無駄なく90分以内にカチッとおさまり、楽しめた。

トウキョウ・コネクションが決めたこと、という言葉とか、東京で買った日本人形が出てくるところも親近感(?)あり。

(11月7日)

THE LINEUP
1958年 アメリカ作品
監督 ドン・シーゲル
出演 イーライ・ウォラック、ロバート・キース、リチャード・ジャッケル、メアリー・ラロシュ、シェリル・キャラウェイ、ワーナー・アンダーソン

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1371-22501c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

殺人捜査線 The Lineup

「殺人捜査線 The Lineup」 1958  アメリカ Columbia Pictures,Pajemer Productions,86min. 監督:ドン・シーゲル 脚本:スターリング・シリファント 出演:イーライ・ウォラック、ロバート・キース、リチャード・ジャッケル、メアリー・ラロシュ他 日本未公開

「悪魔の美しさ」 «  | BLOG TOP |  » 「タロットカード殺人事件」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード