topimage

2017-10

「レッドクリフ PartⅠ」 - 2008.11.10 Mon

はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されているのかと思った。


でも、決して間違いではなかった。映画が始まる前に、親切に教えてくれているのだった。偉い。
しかも、主役級の人物が出てくると、字幕で名前が出ることも。分かりやすい。

私の場合は、監督のジョン・ウーに思い入れもないし、出演者にも同様。三国志なので観た。
本で読んだこともあるが、細かいことは忘れている。
赤壁の戦いは、川で戦ってたんだっけなあ、赤い壁があったんだっけ…(当たり前?)と考えるくらいの記憶のなさ。

孔明(金城武)
(c) Three Kingdoms Ltd.(c) Bai Xiaoyan

魏、蜀、呉の三国時代。魏の曹操は蜀を攻める。大軍に圧倒された蜀の劉備は、民を守ることを第一にして退却。蜀の軍師・諸葛孔明(金城武)は、呉と手を組むことを発案し、ひとり呉に乗り込む。
孔明は、呉の王・孫権に続き、彼が頼りとしている武将・周瑜(トニー・レオン)と会い、ついに同盟を結ぶ。
曹操の魔手は、呉に迫っていた…。

画像は、孔明。羽毛でできた扇子がいいです!

ということで、肝心の赤壁の戦いの前で終わってしまうPartⅠなのだが、それでも面白く観られた
大きな戦いは2回?
蜀の有名な武将である、関羽、張飛、趙雲が、それぞれの見せ場をしっかり見せてくれる
上から見ると亀の甲羅みたいな陣形、八卦の陣(かな?)の場面では、わざわざ、ひとりずつ、敵前に出てきて戦う。ひとり対多数。現実味がないというなかれ。これぞ英雄伝説!?

女性陣は、周瑜の妻である絶世の美女・小喬(リン・チーリン)と、孫権の男勝りの妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)
静と動、という好対照で楽しかった。
尚香ちゃん、決戦の前に、曹操側を引っかきまわしてやるわ、なんて言ってたけど、何かやってくれるのかな? 右下画像は尚香ちゃん。
小喬さんは、曹操の目的が自分にあることを知るらしいけど、そうすると、自ら曹操のもとに行っちゃうのだろうか!?

尚香(ヴィッキー・チャオ)
(c) Three Kingdoms Ltd.(c) Bai Xiaoyan

惜しいのは、曹操が女が目的だけで呉を攻める、みたいなふうにも見えて、あまりいい印象になってない。彼の直属の部下たちも表に出てきてないみたいだし。
私が思っていた限りでは、曹操は文化的な素養もあり、戦術面でも知恵者だと思うのだが、ちょっと単なる悪役に近いような気が…。

なんにしても、続きは楽しみだけど…PartⅡの公開は来年4月だって! おーい。遅すぎ。

(11月9日)

RED CLIFF
赤壁
2008年 中国・日本・台湾・韓国・アメリカ作品
監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ユウ・ヨン、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン

参考:レッドクリフ Part I@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

ボーさん
TBコメありがとうございます★

三国志はあんまり興味もなかったんだけど、
ジョンウーが見事なエンタメ作品にしてましたよね★
もともと知ってる人はさぞかし面白いんじゃないかなーって思いました。
ヴィッキーチャオ、可愛い、
男達よりもヴィッキー観たさで後編も観ます♪
>静と動、という好対照で楽しかった
ほんとですね。

さっき、ボーさんのお好きな女優さんと愛犬の写真も載せたのでみてね♪v-39(犬マークなかたのでオバケで)

>migさん

おもしろく観られて、時間の長さは感じなかったので、まあいいんじゃないかと。
おてんば娘、曹操のツボに突きをくらわして「お前はもう死んでいる」なんてやったら面白いんですが。(そしたら違う話になってしまいますね。笑)

ええっ! 女優とワンちゃん!? さっそく行きますー。

ボーさん、こんにちは!
豪快な武将が一人ずつ出てきて闘うシーンは、
おかしくて笑っちゃいました。
私は三国志はあまり知らなくて、
「80万対5万」という宣伝で、「300」を思い出し、
隊列を組む戦法や大船団で「トロイ」を思い出していました。
あちらの二枚目に徹した映像とはあまりにも違って、
こちらはコメディタッチの部分が多かったです。
比べるほうが間違ってましたね(^_^;

曹操のことを深く掘り下げると2部作ではおさまらなく
なるんじゃないかと思います。 関羽との関係もチラッと
しか出てこなくて あれだけだとよくわからないかも。。。
と思いました。 趙雲がとってもカッコよかったと思いました。

結末は読んでわかっているので 次回作を待つのは苦じゃないです。

>YANさん

こんばんは!
コメディ的な部分もありましたね。張飛などは、ユーモアを出しやすいキャラですし。
「300」「トロイ」ですか、なるほど~。国同士の集団が戦うのは一緒ですね。

>Nanakonaさん

なるほど! 曹操はあのくらいでおさめておかないと、長くなりそうですね。
そうそう。(なんてダジャレはいいません)
趙雲はよかったですね。あれこそ男だー!

私は結末を忘れました…。4月になれば、PartⅠも忘れてたりして。(笑)

予告編

今朝のワイドショーで「特別に日本だけ!」ってことでPart2の予告編が流れてましたよ。
製作は既に編集の最終段階に入っているそうです。
ただ私の場合、Part1も未見なのでさっぱりワケわからんちんだったわけで、正直この作品もスルー予定だったんですが、シリーズ物ならやっぱり見ておくべきか?
で、気になるお約束の鳩は飛びました?
二挺拳銃は?(←これはない)

>小夏さん

Part1の本編上映が終わったあとにも、Part2の予告編は流れましたよ。
エンドロールの前に、予告編があるので見てね、ってテロップが出まして。
見ずに帰った人もいましたけどっ。

いえ、興味なければ観なくてもいいと思います。(当たり前?)
白い鳩でしょー。飛んだ飛んだ! すごい勢いで飛んだっちゃ!
ある意味感動的な画面ですよ。あ、これ見たければ、スクリーンで観たらいいかも?
二挺拳銃はないけど、二刀流があったかも。
あまりウー知らないので、鳩も拳銃も、観たときは、まったく意識してませんでした。(わはは)

私も観てきましたよ。予想してたよりも全然楽しめました!
もう一回観てもいいかな~と思ってます。

>かもめんさん

おおうっ! ありがとうございますー。
観ましたかあー。
面白かったですよね。ウーの鳩好きを認識してたら、もっと感動したかもしれないし。
かなり自分の思うように作れたのではないでしょうか。
そういう意味では幸せな映画です。

こんばんは。もうすぐ公開終了みたいですが、ようやくギリギリに見て来ることが出来ました。
男達がやたらカッコ良く見えました。孔明も周瑜もですが、他の男たちもなかなかでした♪

>尚香ちゃん、決戦の前に、曹操側を引っかきまわしてやるわ、なんて言ってたけど、何かやってくれるのかな? 
期待しちゃいますよね。それを聞いた孔明も何か閃いたみたいで、嬉しそうな顔をしたのが気になりました。パート2も楽しみですね。

>kiriyさん

おはようございます。
あ、お正月またがずに終わっちゃうんですかねえ。今年の興行収入ベストとかいう噂も耳にしましたが(違うかも)。
さすがに、ジョン・ウー監督の映画ということみたいで、男のかっこよさは決まってるようで。

金城孔明も合ってましたよね。涼しげな(衣装からして、涼しげな白)知性、参謀ぶり。
パート2、楽しみです。

最初に親切な説明があって、始まってからも親切な名前の表示があったのに
まったくどれがドコの誰なのか覚えられず(´д`)
最初から最後までサッパリなままでした・・・
てか、そうこうするうち、寝てしまいました・・・
そういえば私、地理と歴史は苦手なのでした★

>わさぴょんさん

う~~む! それは…!(絶句)
では、中国の歴史物は、すべてダメですか?
レッドクリフのパート2が観られないじゃないですかー。(私はすでに前売り券あり。)

TB有難うございました。

教科書で覚えるよりは解り易いかな、と思いましたが、三国の関係を事前に知らないとよく解らないということが、わさぴょんさんのコメントではっきりしました。(笑)

実技・実写派の僕としてはアクションに関してノーコメントにします。
若い人から馬鹿にされちゃうから。^^;

物語は面白い部類ですが、諸葛孔明が戦闘場面で所在なさげで緊張感が緩む瞬間が何箇所かありました。
何もしなくても良いから、もっと堂々としていたほうが絵的に良い気がしましたね。

>オカピーさん

おはようございます。
一応、開巻草々、わざわざ日本語での三国関係、関係者の説明があり、あまりの親切さに驚きましたが、それでも、すでに把握している者よりは、わかりにくいのでしょうね。

戦闘は、どうしても中国風なカンフーっぽい動きも入るのだなあと思いながら見ました。リアルじゃない面もありますよね。

孔明は戦わずに、扇をひらひらさせたりして、余裕こいてますからね~。(笑)
そんな持ち味としているのかもしれません。

TB&コメントありがとうございます。

三国志には弱いですので頭が混乱します。しかしながら、教訓的なエピソードが好きです。これって儒教の教えなんでしょうか?。まぁ、面白い映画ではありました。

>アスカパパさん

教訓的なもの…あんまり意識していない私なので、わかりませんです。。。
さまざまなキャラクターが楽しいですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1374-7e64d510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドクリフ Part I

 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま...

レッドクリフ PartI

かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...

『レッドクリフ PartI』

(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...

レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁

ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、 更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上半...

『レッドクリフ/Part I』を観たよ。

 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 \"RED CLIFF\" \"赤壁\" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...

『レッドクリフPartI』を観たぞ~!

『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPartI』関連原題: REDCLIFF    赤壁ジャンル: 歴史劇/アクシ...

レッドクリフ Part1

旦那と息子が「三国志」ファンで、 彼らに引っ張られて、家族で観てきました。 私はこれまで「三国志」に関して、 彼らの話を小耳に挟んだ...

『レッドクリフ Part I』

今日は仕事がオフ。水曜なのでレディースデーで混んでいるであろう映画館と思ったけれど、せっかく映画館に行く気分になってるんだから、観に行かないと。。。 新宿ピカデリーで『レッドクリフ Part I』を観てきました。 インターネットカフェから更新しまーす。この後

レッドクリフ Part?

『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...

映画「レッドクリフ PartI」

原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2~3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名~ 後漢時代、河北を平定した曹操(チャン・フォンイー)は、帝国支配の野望、に加えて、もし...

【映画】レッドクリフ Part I

▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打

レッドクリフ Part1

興奮と退屈が,いったりきたり。

レッドクリフ Part1

あらすじ//はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や

レッドクリフ (金城武さん)

◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想

「レッドクリフ Part I (RED CLIFF/赤壁)」映画感想

好[E:sign01]武侠的古装映画! 試写会で「続くなんて聞いてないよ」とか「なんでそこで終わるんねん」とか文句出て急

レッドクリフPart1

レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...

★「レッドクリフ Part I」

今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。

レッドクリフ 2008-61

「レッドクリフ」を観てきました~♪ 今から1800年前の中国、曹操(チャン・フォンイー)率いる魏軍は、その兵力にモノをいわせ隣国を攻撃していた。魏に対抗するため諸葛孔明(金城武)は、呉の国を訪れ周瑜(トニー・レオン)と協力関係を結ぶ事に成功する。魏の軍隊...

『レッドクリフ Part I』(2008/ジョン・ウー)

二挺拳銃はもちろん出てきませんが、代わりに二刀流が活躍。 コートはおかしいので、代わりにマントが翻ります。 そして、鳩は今までで一番...

【レッドクリフ Part I 】

【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...

「レッドクリフ Part1」大地を駆けるいにしえの男たち

レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考える

レッドクリフpart.1

公開初日。 映画1,000円の日。 三国志。 赤壁の戦い。 と言うことで、見てきた。 「レッドクリフpart.1」 ストーリー 西暦208年。曹操軍に追...

『レッドクリフ Part1』

□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ

レッドクリフ Part I

帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監

「レッドクリフ Part?」

今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...

レッドクリフ PartI

レッドクリフ PartI - goo 映画12月17日映画館にて 私はいつだって戦争を憎み平和を愛する者ですが、なぜだか「三国志」の世界だけ、その...

レッドクリフPart1 <ネタバレあり>

 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...

『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー

西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ

「レッド・クリフ パート1」・・・ギブアップ

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]販売元:エイベ

レッドクリフ Part I

(2008/ジョン・ウー監督/トニー・レオン=周瑜、金城武=孔明、チャン・フォンイー=曹操、チャン・チェン=孫権、ヴィッキー・チャオ=尚香、フー・ジュン=趙雲、中村獅童=甘興、リン・チーリン=小喬、ユウ・ヨン=劉備、ホウ・ヨン=魯粛、バーサンジャプ=関...

レッドクリフ(Part I)

 最近こそ関心が出てきたが、元々東洋史には弱かった。

ストレス解消活劇 「レッドクリフ Part I」

「レッドクリフ Part I」 ハリウッド活劇と京劇の融合   【原題】赤壁 【英題】RED CLIFF: PART I 【公開年】2008年  【制作国】米・中...

『レッドクリフ Part I』 映画レビュー

『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...

マリリン in スクリーン12月号(2008) «  | BLOG TOP |  » 日本一!埼玉西武ライオンズ

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード