fc2ブログ
topimage

2024-04

「隠し砦の三悪人」 - 2008.11.24 Mon

この映画が、スター・ウォーズの凸凹(デコボコ)・ロボットコンビ、C3-POとR2D2のモデルとなったというのは、ずーーっと前から多少気になっていたが、やっと、その作品を見たのであった。


凸の千秋実、凹の藤原釜足。このコンビは確かに光っている。映画の始めから登場してきて、最後まで迷コンビ。「スター・ウォーズ」の監督ジョージ・ルーカスが拝借したくなるのも分かる。

すごいなと思ったのは、序盤の大群衆シーン。埋蔵金掘りの人夫として、とっ捕まえられた農民などが逃げ出して石段を下りてくるところ。
これは、圧倒的な人海戦術の迫力! 今だったら、コンピューター・グラフィックスで、人数を増やしたりしそう。

脚本は黒澤明のほか、黒澤映画常連の菊島隆三、小国英雄、橋本忍。黒澤が絶体絶命の危機を提示して、これをどう切り抜けるかを他の3人が考えたという。
関所抜けの知恵は面白かった。

三船敏郎藤田進の決闘はリアルで見応えあり。時間的にも長めで、刀でなく、槍と槍の決闘は私はあまり見たことがなかった。
DVDジャケット
また、三船が馬で逃げる敵を追って、両手で刀を大上段に振りかざして馬を疾駆させる(つまり手綱を握っていない。手放し!)場面は力感にあふれ、完璧に、かっこいい!

三船のかっこよさ、姫(上原美佐)の凛々しさ、優しさ、凸凹コンビのおかしさ、脚本のアイデア、いろんなものが合わさって、じゅうぶん楽しい映画だった。

(11月16日)

1958年作品
監督 黒澤明
出演 千秋実、藤原釜足、三船敏郎、上原美佐、藤田進、樋口年子

参考:隠し砦の三悪人@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

あれ?

ここは誰?私は何処?といった感じで、お久しぶりに紛れ込んで参りました。

なんだかタイム・マシンに乗ったようです。
2年前に部署が替わって、仕事に忙殺されておりました。
また今回、部署が替わるのですが、そのせいで時間がポッカリと出来ましたので、また迷い込んで参りました。

相変わらずマニラにおりますが、黒澤と小津はバンバンDVDが発売中で(相変わらずパイレーツ・オブ。チャイニーズですが)、お陰で両巨匠の偉大さを改めてよい画像で再認識中!

この映画の舞台となった「蓬莱峡」は私の住んでいたそばにありましたので、懐かしさもヒトシオです。
この凸凹コンビの演技力と存在感の偉大さも、映画史上に残るものであるのは間違いナシ!ですね。

また、チョコチョコお邪魔してもよろしいでしょうか?

>lalakiさん!

な、な、なんとオッ!
よくぞ生還なさいました! 島流しにでもあったのかと案じておりましたよ。(笑)
変わらずマニラでしたか。

蓬莱峡というところでロケをしたのですか。あの岩山ですよね?
調べたら、兵庫の六甲山地ですね。
主役は、三船というよりも、あのコンビでしたよね。

ぜひ、また、どんどん遊びに来てください!

こんばんは。

いゃ~ほんとうに、映画は娯楽という言葉がピッタリ似合う映画ですよね。
ボーさんが述べて居られる言葉が、そのことを簡潔に要約されているように感じました。
世界の巨匠に崇拝される黒澤明の偉大さを思いつつ、最近のBS放映を懐かしく鑑賞している昨今です。

>アスカパパさん

こんばんは!
「蜘蛛巣城」とか、シリアスなのが続いたので、監督も娯楽映画を撮りたかったようですね。

NHK、黒澤完全放映? さすがの力量?ですね。

なんと懐かしい人が !!(笑)

lalakiさん、お久しぶりです。約2年ぶりかな?

 黒澤映画の中国版DVDはヤフー・オークションでもよく出品されてますが、どうも心配でね(笑)
正規版も安くなって発売されましたが、他と比べるとね。
「隠し砦の三悪人」はBSで途中まで見ましたが、そのうち再見するつもりです。先日「どですかでん」を通しではじめて観ましたが、私にはイマイチでした。

>又左衛門さん

懐かしいですよね! 島流しではなかったようです。(笑)

黒澤、オークションにも海賊版ありますか。
 
「隠し砦の三悪人」は娯楽一辺倒です。
「どですかでん」は、録画しませんでした。おもしろくなさそうなので…。(決めつけは、いけないですけど。)

むか~し(まだ十代の頃^^;)クロサワにかぶれた時、何本か観たのですが
「蜘蛛の巣城」で眠くなり、「どですかでん」にも何も感じず・・・(もうストーリー覚えてない)
いやモチロン「面白い!!」のも沢山あったんですが
その2本で興味がとぎれてしまい、今作も未見のままでした。
でもこれは「面白い!」の方だったんですね!
あ~みれば良かったな~
ストーリー判ったけど、オリジナルも見ようかな?
ミフネ大好きだし(>v<)あの野太い怒鳴り声が好き~♪
なんと言っても男前だし~♪♪

>わさぴょんさん

前も書いた気がしますが、「蜘蛛巣城」は面白いですよ~。十代だと、わからなかったかも。
ん、十代っていったら、つい先日のことじゃないですか?(よいしょ)

三船は、すごいスターですよね。パワフルですし!
全体に、リメイクとは印象が違うんじゃないかなあと予想します。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1385-04a8ed28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

隠し砦の三悪人

 西部劇的雰囲気が充満している。派手な馬捌きもあれば、よく滑る山に苦闘する場面もある。山狩りに火祭り。音楽が踊っている。周知の通りジョージ・ルーカス監督が「スター・ウォーズ」に引用した有名シーンで、太平、又七の二悪人が登場。といっても悪人呼ばわりは稍不...

隠し砦の三悪人

 コチラの「隠し砦の三悪人」は、「用心棒」、「椿三十郎」の黒澤明監督&三船敏郎主演による時代劇です。  これぞ痛快娯楽活劇!といった印象を受ける作品なのですが、本作もやはり主人公の真壁六郎太(三船敏郎)の魅力によるところも大きいですね~。何よりもかっち...

「浪華悲歌」 «  | BLOG TOP |  » 銀座ミキモトのクリスマスツリー

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード