FC2ブログ
topimage

2020-07

「呪怨 パンデミック」 - 2009.01.04 Sun

新年早々の1回目は、去年見た映画の続き。去年の映画の感想が、しばらく続きます。
しかも、これかい! という映画です?



冒頭、コロンビア映画のトレードマークの少女像の髪が伸びてきて…。
たまに、この少女像、いじられるよね。

さて、恐怖映画も作っているサム・ライミ監督(最近は「スパイダーマン」シリーズでおなじみ)が日本映画の「呪怨」に惚れ込んだのか、アメリカ版をプロデュースした作品の続編。

これゲラーさん? (…もう覚えてないよ…)
(c) 2006 GHP 4 - GRUDGE 2, LLC.
All rights reserved.

呪われた家にアメリカンスクールの女子3人が入り込む。「あの」押し入れに入らされた女の子が見たものは…?
一方、前作の主役サラ・ミシェル・ゲラーは入院中。アメリカから妹がやってくる。

なんだか、カヤコや子どもが出てきても、もはや怖くない
画像で怖いのを載せると、嫌いな方にはイヤだろうから(私もだ)、怖そうなところをカットしましたが。(この画像、じつは、うしろの影が怖い。)
パンデミックというのは、爆発的な感染といった意味のようで、現実に、新型インフルエンザなどの病気でも恐れられていること。
呪いが広がるのはイヤですね。関係ない人まで狙われたら困ります!
これ、収拾をつけないのは、次作を作ろうと思えば作れるようにしてるんだろうなあ…。
吹替版は声優などに問題もあったかのようですが、私は字幕版で観賞。

ジェニファー・ビールス、どの役だったんですか? さっぱり分からなかったよ。
思ったとおり、たいしたことないのに、見てしまうのは…もしや…好きなのか! それが、いちばん、こわー!

(12月21日)

THE GRUDGE 2
2006年 アメリカ作品
監督 清水崇
出演 アンバー・タンブリン、アリエル・ケベル、ジェニファー・ビールス、エディスン・チャン、宇野実彩子、サラ・ローマー、サラ・ミシェル・ゲラー

参考:呪怨 パンデミック@映画生活
「呪怨 パンデミック」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆(2点。満点は5点)

● COMMENT ●

謹賀新年

トラコメ有難うございました。

ビデオ版は作り方としては出鱈目でしたが、怖かった。
その後何本も作られて慣れてしまったということもあるのでしょうが、それ以上に母子を出し過ぎですね。
これは日本の映画版の頃から気になる傾向でした。

>J・ビールス
シカゴのお母さんですよ。
僕は出ているのを知らなかったのにすぐに解りましたよ。えっへん!

今年も宜しくお願いしますね。<(_ _)>

あけましておめでとうございます^^

これは未見ですが、ツマンナイという噂をよく耳にします^^;
ボーさんもやはり☆2つなんですね~

私もこのシリーズは最初に観たのがいっちばん怖かったv-40
(最後運動場に次々出てくるやつ)
その最初のインパクトを超えられるものは出てきませんね~

でも関係無い人がやられちゃうのはヤダ><
何をしても防げないのはやはり怖いですね~

>オカピーさん

おめでとうございます。
おおっ! シカゴのお母さん、あ、なるほど。ありがとうございます。
やはり、出すぎは怖くなくなりますよね。お化けは控えめに願いたいものです。
今年もよろしくお願いしまーす。

>わさぴょんさん

あけましておめでとうございます。
運動場に出てくる…? うう、もはや忘れてる…。
無関係の人がやられるのは迷惑ですので、やめてほしいですよねー、ホントに。(笑)

あけましておめでとうございます

TBありがとうございました。
いつもTBしっぱなしで失礼していますが、
今年も懲りずにおつきあいくださいませm(_ _)m

謹賀新年

遅くなりましたが、
ボーさん、明けましておめでとうございます

日本版は観たんですが、これは未見でした。
もうカヤコも白塗り子供もいいかな~と思って。
後ろの影って髪かなあ~?

ところで、私のブログ名を、
「RockingChairで映画鑑賞」に変更しました。
あれっ、今見たら、もう変更されてましたね、
ありがとうございます!

では、私は相変わらずスローペースですが、
本年もよろしくお願いしますね!

これDVD持ってることさえ忘れてるくらい印象が薄い作品です。DVDを持ってるいきさつの方がよほどドラマチック。

ジェニファー・ビールス こんな映画に出てるなんて…。
なんだかちょっと悲しいです。

>mamaさん

あけましておめでとうございます!
私のほうも、コメントまで行かずにお邪魔しております。たまにはコメントもしたいと思います…。リンクすれば行きやすいかもですね…。
今年もよろしくお願いいたします。

>YANさん

あけましておめでとうございます!
なんだか、見てしまいましたよ~。
後ろは、髪の毛だけでなく、影そのものが怖い人みたいです。

ブログ名は、さっそく変えてましたよ! 好きなことは早いB型です。(?)

今年もよろしくお願いしまーす!

>プリシラさん

DVDを持っているドラマチックないきさつって、お書きになってましたっけ?
「買え~」って、カヤコが夢に出たとかですか?(笑)

ジェニファー・ビールスさんもねえ、「おひさしぶりなのに、この映画なんですか?」…というところですよねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1419-3ed28349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

呪怨 パンデミック

呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャル・エディションついに伽椰子と俊雄は海外へ!霊に国境はないのだ。ハリウッド版呪怨の第2弾では、呪いの拡大と伽椰子の出生の秘密が描かれる。だが、理由もなく呪い殺される“恐怖の核のなさ”がこのシリーズの一番の...

呪怨 パンデミック

怨念は国境を越える・・・

『呪怨 パンデミック』

(原題:The Grudge 2) ----『呪怨』のハリウッド・ヴァージョンも 早くも2本目だね。 毎回、同じような内容を繰り返している気がするけど…。 「うん。 でも今回は日本版の『呪怨2』とは話が違っている。 清水崇監督もまったく同じものになることは避けたようだ」 ---...

呪怨 パンデミック

THE GRUDGE 2 2006年:アメリカ 監督:清水崇 製作:サム・ライミ、一瀬隆重 出演:アンバー・タンブリン、ジェニファー・ビールス、エディソン・チャン、サラ・ミシェル・ゲラー、アリエル・ケベル、宇野実彩子 ある日、東京のインターナショナルスクールに通う少...

【映画】呪怨 パンデミック

シェアブログ1571に投稿 ↑ シェアブログに投稿するために必要な表示です 偶然にも観た (しかも 所有することになってしまった) 呪怨...

「べオウルフ/呪われし勇者」 «  | BLOG TOP |  » 生誕する(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード