FC2ブログ
topimage

2019-10

第4回(2008年)シネマ停留所映画賞(2)  - 2009.01.14 Wed

第2回は、その他いろいろな賞を発表!
今回限りの賞もありかも。
このブログは、画像にカーソルを載せると、文章が出ることも知っておいてください。おもしろいことは書いてないけど。





主なキャストが輪になって。
(c) 2007 Revolution Studios Distribution Company,LLC. All Rights Reserved.

アンサンブル演技賞は、
「アクロス・ザ・ユニバース」
複数の俳優の共演の成果で、いっそう映画が盛りあがったものを選びます。
作品、監督賞に続き、なんですが、どう考えても、あのメンバーみんなで1本の映画を素晴らしく作り上げた、という印象は強いです。みんな一緒に映るシーンがあるのも、イメージが強くなりますね。
「アクロス・ザ・ユニバース」の記事は、こちら

他の候補は、
●「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」
●「ミスト」
あたりでした。



恐かったねー。恐かったよー。
(c) 2008 TWENTIETH CENTURY FOX. All rights reserved.

最恐助演女優賞は、
「ハプニング」の、ベティ・バックリーさん。
ひとり暮らしの意味深な(?)ジョーンズさんを演じた。
「キャリー」では先生役だった女優が、こんな不気味な役を…。
「ハプニング」の記事は、こちら

他の候補は、
●「ミスト」のマーシャ・ゲイ・ハーデン(助演女優賞に続いてノミネート。さすが演技派。)
あ、あと、いないや。(爆)



TOHOシネマズのマナーCMにも出演中!
(c) 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE Ⅱ」製作委員会

私も出演したで賞は、
「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~」
一般人から、声の募集を行なった映画。全員の声が合わさっているので、もちろん自分の声は確認できず。でも、クレジットに名前は出た。
そんな記念作品なのに、DVDをいまだに買っていない。
「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~」の記事は、こちら
会話形式の記事は、ときどき、おもしろく書けます。



この衣装だとマリリンっぽくなるよね。
(c)2006 O'South Limited, Love Streams agnes b. Productions,
Metropolitan Film Productions Limited and Fuzzy Bunny Inc.


特別賞は、
「ミスター・ロンリー」の、サマンサ・モートンさん。
だって、マリリン・モンローさんのインパーソネーター役ですよ!
マリリンの扮装をしてくれてるんですよ!
なんだか独特の映画でしたが、マリリン・ファンには見逃せない作品。
「ミスター・ロンリー」の記事は、こちら


左側がウィテカーさん。自分が撮ったビデオの中身を見せてます。

敢闘賞(または、ビデオカメラがお好きで賞)は、
「バンテージ・ポイント」の、フォレスト・ウィテカー
民間人なのに、特ダネを追うかのように、気になった映像を撮りまくり。
好奇心、正義心いっぱいな、いい人です。画像では、いちばん左の人。
「バンテージ・ポイント」の記事は、こちら


映画のプレミア会場に仲良く登場。

特別賞は、
トム・クルーズ
なんの映画かは、バレるといけないのかもしれないので、伏せておきましょう。検索すればもちろん、映画の記事を読んでいるだけでも偶然に分かる可能性はあると思いますけど。
怪演というのは、ああいうのを言います。
「ワルキューレ」の予告編を見ましたが、かっこいいですよー。
画像は、ケイティ・ホームズといっしょに。


最悪カップル賞は、
「ファニーゲームU.S.A.」の、マイケル・ピット、ブラディ・コーベット
思い出すのもイヤなので、画像は載せません。
あ、ちなみに男同士ですが、その気はないカップルかどうかは分かりません。
「ファニーゲームU.S.A.」の記事は、こちら

ワースト作品賞は、
「ファニーゲームU.S.A.」
最悪カップルが出ているんだから、こうなりますよね。
この映画賞は好き嫌い中心で決めていることからも、当然、こいつ。好き嫌いで言えば、むかつくクソ映画です。ただし、オリジナルは見てみたい。そういう興味はあります。
これも、画像は載せたくありません。
「ファニーゲームU.S.A.」の記事は、こちら

前回も明言しましたが、最悪な対象を選ぶ「ワースト賞」のようなものは、ある意味では、じゅうぶんに評価しているのです。
あまり有名ではない対象にワースト賞を贈っても面白くないし、愛情を込めてワースト賞は贈られるのです。
有名でない対象が受賞した場合は、ほんとにくだらない最悪なものという評価でしょうが、有名どころが受賞となれば、注目されているわけですから、ファンは喜びましょう。

受賞一覧:
作品賞 「アクロス・ザ・ユニバース」
主演女優賞 ナタリー・ポートマン「宮廷画家ゴヤは見た」ほか
主演男優賞 マチュー・アマルリック「潜水服は蝶の夢を見る」
助演女優賞 シアーシャ・ローナン「つぐない」
助演男優賞 ヒース・レジャー「ダークナイト」
監督賞 ジュリー・テイモア「アクロス・ザ・ユニバース」
ベストショット賞 「つぐない」
アンサンブル演技賞 「アクロス・ザ・ユニバース」
最恐助演女優賞 ベティ・バックリー「ハプニング」
私も出演したで賞 「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~」
特別賞 サマンサ・モートン「ミスター・ロンリー」
敢闘賞(または、ビデオカメラがお好きで賞) フォレスト・ウィテカー「バンテージ・ポイント」
特別賞 トム・クルーズ
最悪カップル賞 マイケル・ピット、ブラディ・コーベット「ファニーゲームU.S.A.」
ワースト映画賞 「ファニーゲームU.S.A.」

関連記事:第4回(2008年)シネマ停留所映画賞(1)
2008年・映画館で観た映画・好きな順
2008年・テレビ(画面)で観た映画

● COMMENT ●

ハプニング!

そうです。「ハプニング」は怖かった。このオバさんが登場するようなセンスとか、まっ昼間に○○が木からぶら下がっているシーンとか、相当なものです。

私は力説しているのですが、これは坂口安吾の名作「桜の森の満開の下」とコンセプトがまるで同じです。
我々東アジアの人間こそが理解できるセンスの映画であり、ナイトシャラマン監督を擁護しようではありませんか。
(アレレな駄作も多いのは確かですが・・・)

私は今、主演のマイク・ウォールバーグにもついていってますし、さらになんと言っても、その友人を演じたジョン・レグイザモの演技はアカデミー賞レベルだと思いますよ。

さらにさらに、蛇足気味ではあますが、トム・クルーズも、アレのアレでは凄い怪演でしたが、コーエン兄弟の新作「バーン・アフター・リーディング」のブラッド・ピットも強烈なヘンテコ演技で、並居るアカデミー賞級名俳優を喰わんばかりの勢いでありました。ご報告まで。

出揃いましたね

ボーさん、こんにちは!
なるほど~と思って楽しく読ませてもらいました!

作品賞含め何度も出てくる「アクロス・ザ・ユニバース」
これは観てみないといけませんね~
私もビートルズの曲は好きだし。
「私も出演したで賞」には大笑い(≧∇≦)ノ彡☆
はいはい、確かにね~(と軽く流す)

サマンサ・モートン、顔だけ考えたら全然似てないけど
こうしてマリリン・ワンピ(と勝手に命名)着ると
一気にそれっぽくなりますね~^^;

どの作品も観てみたいものばかりです♪

>lalakiさん

ありがとうございます。
私もシャマラン(シャラマン?)さんは結構好きです。

おばさん、不気味すぎて。?を残したまま(投げっぱなし)なのがいいともいえます。
あの人形(でしたっけ)は何だ?とか。
坂口安吾の件は分からないので、なんともいえませんが。

コーエン兄弟監督作でのピットは、WOWOWの新作情報で、ちょっとだけ見たことあります。
コーエンゆえに、観ようかなとは思っています。(ブラピはどうでもいいです。)
ご報告ありがとうございます。

>YANさん

こんばんは~!
コメントありがとうございます!
最近こちらからの訪問のヒマがないのですが…。
「アクロス~」は単なる私の好みなので、あまり本気にしないほうが。
「鷹の爪~」には“出演”したんですよ! はっきりと!(笑)
右から左へ受け流さないでくださーい。
(あ、あの受け流す人、好きではないですが、ネタを使ってしまった。)

>わさぴょんさん

コメントありがとうございます。
サマンサ・モートンさんの写真、小さくなっちゃいました。
元が小さかったかな…。

わさぴょんさんは、私が見た映画をマジに参考にして見てくれるので、ホントにありがたいほど素直な方です!
今年も適当に選んで見てくださいね~!

確かに今年限りっぽい賞も?!
今年、印象に残ったものってことですよね、成程です~。
DVDや放送が多い私は、これか観ようかな~という作品ばかりで楽しみです(笑)
あ、画像カーソルで文章が出なかった私。
環境によるのかな?(Macなんで…)

>まおさん

ありがとうございます。
ええっ! 画像の文、出ないっすか!? ひと呼吸置いて待っても出ません?
私には、コメント文字の色が、黒のはずが緑になる場合があるわけが分かりません。

映画館派でない方には、楽しみにしていてもらえると、大変うれしいです。
あ、昨年度の好きな順の記事も今書きましたので、「応援よろしくお願いします!」(スポーツ選手みたい)(ごり押し?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1430-82facbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008年度日本インターネット映画大賞・外国映画部門 «  | BLOG TOP |  » 第4回(2008年)シネマ停留所映画賞(1)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード