FC2ブログ
topimage

2019-10

「君のためなら千回でも」 - 2009.01.31 Sat

いい映画だった。
観る前は、あまり興味を引かれない「優等生」的映画のイメージだったのだが、招待券をゲットしたので観に行った。



場所は「SKIPシティ」。埼玉県川口市にある施設だ。
そんな建物があることさえ、いままで知らなかった。友人と一緒に、西川口駅からバスに乗って。ちょっと旅気分…。

ネットで見た地図に「レストラン」があると書いてあったのに、行ってみると、飲み屋系のチェーン店と、ラーメン店。話が違うよ?
チェーン店のほうには、定食類があったので、そこで妥協。不当表示じゃない?

ハッサン(アフマド・ハーン・マクムードザダ)、アミール(ゼキリア・エブラヒミ)
凧上げをするアミール(右)とハッサン。仲のよい友達同士だったが…。
(c) 2007 Dream Works LLC and Kite Runner Holdings, LLC.All Right Reserved.


さて映画だが。監督が007の新作を手がけているマーク・フォースター
この「君のためなら千回でも」は、007とは、まったく違うヒューマン・ドラマだ。
有名な俳優は、ほとんど出ていないが、みんな素晴らしい演技。とくに子役2人がいい。

オープニング・クレジットで、タイトルが“The Kite Runner”と出たので、あ、凧(たこ)が関係する話なのかな、と思った。
はたして、そうだった。凧上げ、凧合戦があるのだ。
無数の凧が空中に上がっている風景は、見ものだった。あんなのは、はじめて見たよね。日本のではなくて、西洋凧だけど。
主人の子どもアミール(ゼキリア・エブラヒミ)と、使用人の子どもハッサン(アフマド・ハーン・マクムードザダ)の2人が協力して凧を上げる。

ハッサンは少数民族のハザラ人であるせいで、アフガニスタンの人口の半数近くをしめるパシュトゥーン人などから差別されている、という状況があり、そうしたところに事件が起こる。
そして、ソ連のアフガニスタン侵攻が重なり…。
約20年後、アミールは、ある行動を起こす。それは、つぐないの意味も持つことになる。
自分にできることを、必死にやり通そうとする姿。
泣けます。

映画上映前に解説があって、1979年にアフガン侵攻があった、という話をしてくれた。
映画を観ていて、1978年と字幕で出たので、ああ、翌年にはソ連が攻めてくるんだな、と分かった。
そいう意味では、とても的を射た解説だった。

アミールの父親が気概のある人で、また、息子の嫁取りにも自分の病気をおして尽力するのを見て、素晴らしいなあと思っていたら、なんと、ある秘め事が後に発覚!
いや、人って複雑。ま、そんなところも、いとしいと思えればいいのかも

子ども2人が映画館で「荒野の七人」を観ていたのは印象に残る。ブロンソンがアフガニスタンの言葉でしゃべってた!(吹替えだから。)

アミール(ハリド・アブダラ)、ソラヤ(アトッサ・レオーニ)
大人になったアミールと、妻のソラヤ。
(c) 2007 Dream Works LLC and Kite Runner Holdings, LLC.All Right Reserved.


(1月17日 SKIPシティ)

THE KITE RUNNER
2007年 アメリカ作品
監督 マーク・フォースター
出演 ハリド・アブダラ、アトッサ・レオーニ、ゼキリア・エブラヒミ、アフマド・ハーン・マクムードザダ

参考:君のためなら千回でも@映画生活
「君のためなら千回でも」の映画詳細、映画館情報はこちら

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

いい作品でしたよね^^

この映画には本当に泣かされました(T.T)
素人とパンフにはあったのですが、子役の演技が、
素晴らしかったです(T.T)

鑑賞前に、アフガン侵攻の
解説があったとのことで、
その点は、映画の内容がわかりやすくなって良かった
ですね。

私もすごい立派な父親だと思ったら・・・
まったく、男ってヤツは(笑)
ハッサンの手紙あたりでは
もう号泣?嗚咽?と言う私でした。

>ブロンソンがアフガニスタンの言葉でしゃべってた!
(吹替えだから。)

あはは~。ボーさんすごいところまで
ご覧になってますね(笑)

>ひろちゃんさん

私も、もし去年観ていたら、年間順位の上位に入ったことと思います。
何を観るか、限られた時間の中で選択するので、そういう事態に…。

子役は迫害を受けないように、卒業して国外に出るまで映画は公開しなかったとか聞きましたが、なるほどと思いました。
タリバンなんて出てきますし、物騒ですからね。
男ってやつは…どうもすいません。代わりに謝っておきます(笑)
「荒野の七人」は、なじみがある映画なので、注目しちゃいますよ~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1444-fc0b1949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君のためなら千回でも

 『この誓いは今、 君に届くだろうか。』  コチラの「君のためなら千回でも」は、全世界で800万部を超える大ベストセラーである同名小説を映画化した2/9公開となった感動ヒューマン・ドラマなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「ステイ」、「主人公は僕...

★君のためなら千回でも(2007)★

THEKITERUNNERこの誓いは今、君に届くだろうか。映時間129分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)初公開年月2008/02/09ジャンルドラマ【解説】アフガニスタン出身のカーレド・ホッセイニ原作ベストセラー『君のためなら千回でも』(旧題『カ...

君のためなら千回でも:The Kite Runner

   人はなぜ、大切なものが見えなくなるのか? 人はなぜ、時が経たないとそのことに気づかないのか? 失ってからしか、その重みは量ることが出来ない。 今だからこそ、君に伝えたいことがある。 ? 3月7日、京都シネマにて鑑賞。2003年、その衝撃が世界中を

君のためなら千回でも

君のためなら千回でも スペシャル・エディション [DVD]アフガニスタンを興味深い角度から描いた人間ドラマだ。強い絆で結ばれた少年二人の友情と人生を描くが、アフガンの過去と現在を描く骨太な政治ドラマの側面もある。黙って運命に従うハッサン少年の姿があまりに悲し

君のためなら千回でも

人はなぜ、大切なものが見えなくなるのか?・・・人はなぜ、時が経たないとそのことに気づかないのか?・・・失ってからしか、その重みは量ることができない。 今だからこそ、君に伝えたいことがある。 まだ平和だったアフガニスタン。少年時代のアミールとハッサンは強...

君のためなら千回でも

この誓いは今、君に届くだろうか― 『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。 原作 カーレド・ホッセイニ 『君のためなら千回でも』(旧題『カイト・ランナー』) 監督 マ

映画「君のためなら千回でも」

原題:The Kite Runner なるほど最後まで見たときに、これは満足度1位でもいいのかな・・原作は全世界で800万部以上の小説、ドキュメンタリー的過去の過ちを悔い改める映画・・ 小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)のもとに一通の手紙が届く、時は遡り...

『君のためなら千回でも』

□作品オフィシャルサイト 「君のためなら千回でも」□監督 マーク・フォースター □原作 カーレド・ホッセイニ □脚本 デヴィッド・ベニオフ □キャスト ハリド・アブダラ、ゼキリア・イブラヒミ、アーマド・カーン・マーミジャダ、ホマユーン・エルシャディ、ショ

mini review 07290「君のためなら千回でも」★★★★★★★★★☆

『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。ソ連とタリバンに翻弄(ほんろう)されるアフガニスタンの過去と現在を見せる、衝撃的な政治ドラマでもある。原作はアメリカで300万...

DVD:君のためなら千回でも The Kite Runner メジャーが作った、マイナー調感動もの

ベストセラーの映画化。 映画会社は、「悲しみが乾くまで」に続いて、これもびっくりのドリームワークス! というのは、物語は、アフガニスタンの首都カブールやパキスタンで進む話。 かつ使用言語は、現地語(not English)。 メジャーでこんなんあり? その現地語化を推

『君のためなら千回でも』'07・米

あらすじまだ平和だったアフガニスタン。少年時代のアミールとハッサンは強い絆で結ばれていた。恒例の凧上げ合戦で優勝したアミールは、凧を追うハッサンを迎えに行く途中で、ハッサンが街の不良から暴行を受けているのを見てしまう。だが、勇気を出せずに見過ごしてしま...

「マリリンとアインシュタイン」 «  | BLOG TOP |  » イメージ(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード