fc2ブログ
topimage

2021-12

「蜘蛛巣城」 - 2009.03.06 Fri

黒澤明監督作品の中では、もう一度見てみたい度が、いちばん大きかった映画。
(といっても、黒澤映画はそれほど多くは見ていないが。)



日本の伝統芸能美である「能」を取り入れて作られた、と本編開始前に紹介された。
「隠し砦の三悪人」(1958年)では、それぞれ武将と農民だった三船敏郎千秋実が、ここではどちらも武将役のツーショット。考えてみれば面白いものだ。映画というのは、同じ役者でも作品が違えば、まったく違う役ということを、見る側はちゃんと前提条件として受け入れているのだから。
黒澤作品には、何本も出演している俳優が多いようで、本作には志村喬なども出ている。

シェイクスピアの「マクベス」をもとにした物語は、霧の立ち込めた森の中の物の怪(もののけ)の妖しさや、能面のような顔をした妻の恐ろしい情念などによって、異様な雰囲気が漂う。
精神的に敏感な人が、この映画を途中で見たくなくなった、という例を知っている。

日本映画におけるホラーの始まり、というような意見もあるのは理解できる。日本風な怪談は、もっと昔からあったわけだが、この作品は怪談といってしまうには、ちょっと違うのであって、その風格、存在感は大きすぎる

武将・鷲津武時(三船)に主君殺しをそそのかす妻・浅茅(山田五十鈴)が、ふすまの向こうの暗がりへ消えていき、再び暗がりの中から姿を現わすところは、この妻こそ物の怪ではないか!?と思わせる、すごい場面だった。
山田五十鈴さんの演技は、セリフ、動きに、聞き応え、見応えあり。手を洗う場面などは最高の見せ場で、圧巻だ。

余談だが、本作に「森が動く」というキーワードがあって、私が好きだった漫画の「ワイルド7」でも、その言葉があったのを思い出した。この映画(または「マクベス」)にヒントを得ていたのかも。

妖しい雰囲気いっぱいの面白い映画だが、難点は、声が聞き取りづらい部分があること。この映画について書かれた文章を読むと、みなさん、このことをたいてい書いている。きっと、書かずにいられないくらい、もどかしいのだ。字幕をつけてほしいと真剣に思った。
DVDジャケット
鷲津の周りに、何十本もの矢が突き刺さる場面は衝撃的。
右のDVDジャケットにもあるが、映像では、三船さんの驚きや恐怖が本当に出ているよう。
下手したら当たるよ! …って、マジ当たってるのもあるのだけど、あれはどうなっているのか。よろいを強力にして、中まで突き通らないようにしていたりするのだろうか。おそろしい…。
それに、もしも、顔に当たったら、どうするのか。
しかも最後は首を…。いったい、どうやって撮ったのだろう! おそろしい…。

(3月1日)

1957年作品
監督 黒澤明
出演 三船敏郎、山田五十鈴、浪花千栄子、千秋実、志村喬、佐々木孝丸

参考:蜘蛛巣城@映画生活

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんにちは

トラックバックありがとうございました

私はボーさんの記事にもあるコレクションのDVDでの鑑賞でしたが、これには字幕がついていて、観やすかったです。
奥方の、酒を取りにいく非常にゆっくりとした静かな間の中の後ろ姿と、甲高い衣擦れの音の場面は、今観ても恐怖感がすごいですね!

恐いのは人間の心

来ましたね!「蜘蛛の巣城」!!

この映画は、その後の70年代以降の黒澤時代劇大作の予兆といえます。

騎馬隊が荒野を駆け巡り、数千人の甲冑隊が陣形を作りながら走り抜ける「影武者」の、
能・歌舞伎の様式美を、シェイクスピアのドラマツルギーの元、
西洋の手法である映像の中で読み解く「乱」の、
アイデアのオリジナルはこの時始まっていて、この「蜘蛛の巣城」と三作を
トリロジーとして観て見ると、黒澤の表現したかった世界が良く判るかも。

美しい顔の悪魔の女が主(あるじ)を地獄に導いたり(山田五十鈴と「影武者」の原田美枝子)、
という同じ表現のパターンもありますしね。
(しかし、黒澤の創造する強い女は、「赤ひげ」の連続殺人女など、ホントに恐ろしい!)

「七人の侍」「生きる」「赤ひげ」「用心棒」などの、人間の良心のサイドの作品ではなく、
これら三部作は、正にダーク・サイドを描く地獄巡りともいえるシリーズで、良心サイドとは全く一線を隔しておると思いますね。

しかし、なんといっても、あの暗闇の森の中の妖怪婆あの恐ろしいことと言ったらありません。
あれが、オロナイン軟膏よう効きますで、の浪花千恵子さんとはとても信じられません。
日本映画が創造したモンスターの、最も恐ろしいキャラクターかも。

セリフが聞きづらいといえば、私の観てるのは中国製ですが、日本語の字幕付というスグレもので、これは重宝してますけど。

ミ・フ・ネ!

10代の頃、「今日はこれ観よ~」と借りてきたはいいが
途中で睡魔に襲われ・・・
最後まで観なかった苦い記憶が★

今観たら楽しめるかも^^;
字幕つきのがあるんですか?!私もそれなら観てみたいな~

こんにちは

TBありがとうございました。

ラストシーンもさることながら、山田五十鈴、そして
浪花千栄子、千秋実も
怖いです。

でも何度も見てしまいたくなる
不思議な映画ですね。

>ヨヨさん

いらっしゃいませ、こんばんは!
あ、新しいDVDは字幕がついていますか!
きっと誰もが聞きづらいと感じているのでしょうね…。
去年、山田五十鈴さんが若いころの映画を2本ばかり見ましたが、インパクトありました。
いい女優さんですね。
監督もすごいですが、それに応えられる、というのも。

>lalakiさん

来ましたね! そういえば黒澤、たくさん見てらしたんですよね。熱い想い(?)、ありがとうございます。
おお! 「影武者」「乱」と関連させて3部作って、はじめて聞いた考え方です!
どちらも見ているんですが、幼かったので、いまいち理解してません…。黒澤さんは70年代よりも、昔の作品のほうが面白いような気もします。
ダークサイド3部作って、なんだか、スター・ウォーズ新3部作を思い出しますね?(笑)

浪花千恵子さんって、オロナイン軟膏よう効きますで、の方だったんですか! 知らなかったです…。
次回見るならば、字幕で見たいものです。

>わさぴょんさん

コメント先を探しに行って、睡魔に襲われた件、読んで知ってましたよ~。(笑)
ホラー好き傾向があれば、興味深く見られるのではないかなあと思いますが…。

きっと当時は、物の怪の術にかかって、眠くなってたんですね。(真顔で発言)(笑)

>ブラボーさん

こんばんは~。
とくに山田五十鈴さん、浪花千栄子さんが怖いですね。
しばらく経ったら、また見たくなるかもしれません。そう思わせる映画こそ、すばらしいのかもですね。

トラコメ有難うございました。

印象については同工異曲ですね。そう意味では解りやすい作品なのかもしれませんね。
「マクベス」は色々と読んだ(見た)シェークスピアの中でも一番のお気に入りです。

>森が動く
「プレデター」でも「森が云々」という台詞があったようで、これも影響を受けたのではないかと思っています。

>しかも最後は首を…。
これは首の後方部分から前へ飛び出して首にはまる仕掛けを仕込んだのだそうです。
その仕掛けは両端に矢を固定した半円形のものになっているわけです。
人間の錯覚で、余りに速いとまるで矢が飛んできて刺さるように見えるのでしょう。
言われてみると「なあんだ」ということになりますが、他の人はやっていないし、この作品以降でも殆ど見られないですよね。
通常はカメラを一旦止めて・・・となるので、動きがぎくしゃくしてしまう。
現在ならVFXで終わらせて全くつまらない。
コンピューター技術は映画をつまらなくしたと僕は思っているんです。(笑)

では、また。

>オカピーさん

シェークスピア読まれているのですね。私は読んではいないのですが、映画になった「タイタス」が原作として、ものすごいなと思い、これは原作も読んでみました。
「プレデター」は見ましたが、記憶があまりなく…(笑)

首の矢のトリック、リクエストにおこたえいただき、ありがとうございます。
ひとつ確認しますと、最初から首に仕掛けたわけではなくて、仕掛けを後方から前に飛ばして、首に、はまるようにしたわけですね?
なんにしても、目の錯覚を利用している頭のいいやり方ですね!

TB&コメントありがとうございます。

黒澤映画の主演者で、必死の思いをしたのは「乱」に主演した仲代達矢と、この映画の三船敏郎ではないかと思います。
そして女優陣の、山田五十鈴と浪花千榮子の両御所。ほんとうに鬼気が迫る想いでしたね。

>アスカパパさん

「乱」は、あまり覚えていないですが…。この映画の三船さんは大変でしたよね。

本作で奥方を演じたのが山田五十鈴さんということを忘れていましたので、今回また、すごい女優だと再認識しました。
浪花さんも、お見事でしたよね!(彼女の他の映画をあまり知らないので、それほど語れないのですが。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1468-2d7b50e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『蜘蛛巣城』\'57・日

あらすじ難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城主・都築国春に仕える武将鷲津武時と三木義明は、城の前にある蜘蛛手の森でひとりの老婆と出会い、ある予言を聞かされる・・・。感想シェイクスピアのマクベスの黒澤明監督による時代劇バージョン独創的でいて、効果的な映像と音楽。世...

蜘蛛巣城

幼い頃、家にあったこの作品のビデオをみて、トラウマになりました… シェイクスピアの「マクベス」を戦国時代に置き換えて映画化した作品です。 白黒映像の森、雷雨、森に響く女の笑い声、山田五十鈴さんの不気味な演技、ギラついた三船さんの目、動く森。 でもやはり...

第九十五回映画レビュー「蜘蛛巣城」

蜘蛛巣城(2007/11/09)三船敏郎;山田五十鈴;千秋実;志村喬商品詳細を見る 【あらすじ】 戦国時代、鷲津武時という名の武将がいた。 ある日、...

蜘蛛巣城

蜘蛛巣城 オープニング。霧の中、徐々に浮かび上がる蜘蛛巣城の映像。 これだけで、この映画はいける!と思いました。 なんつうか、単純に面白かったです。 物の怪の予言に惑わされて破滅していく武将の話なんですけど、 人間の権力欲、疑心暗鬼、あやうさ、もろさ..

蜘蛛巣城

 多分4~5回目の鑑賞になると思う。黒澤映画は観る都度、新鮮な匂いに駆られる。そして得体の知れないような奥深さに魅入られてゆく。和製マクベスで知られるこの作品の場合は“運命”というものについて、何時もあれこれと思いを巡らせて仕舞う。  「その事実を作り予

「蜘蛛巣城」

   (^・x・^)y─┛~~~~ 「蜘蛛巣城」 1957年 東宝   監督:黒澤明   出演 三船敏郎   山田五十鈴   千秋実   志村喬   浪花千栄子 ってか、東宝さんDVDが高いっす~!!  ...

『蜘蛛巣城』この映画を見て!

第284回『蜘蛛巣城』  今回紹介する作品はシェイクスピアの『マクベス』を日本の戦国時代に舞台を置き換えて映画化した『蜘蛛巣城』です。  ストーリー:「時は戦国時代、武将・鷲津武時は三木義明とともに帰城の途中で森の中で道に迷い、物の怪の妖婆に出会う。妖婆は2...

「おくりびと」 «  | BLOG TOP |  » ノーマ・ジーン占い

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード