FC2ブログ
topimage

2019-09

「ダウト ~あるカトリック学校で~」 - 2009.03.27 Fri

演技派の対決。
まあ、こんなもの? 期待以上のものではなかった。



メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマン
校長のシスター・アロイシアス(メリル・ストリープ)とフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)。
(c) 2008 Miramax Film Corp All Rights Reserved


最近、映画感想では、まず初めに自分が感じた結論のようなものを書くようにしているが、そこで映画をほめていないと、好きじゃないんだと思われがちで困るときもある。これも、そう思ったでしょ?
本作の場合は、好きでも嫌いでもないが、映画としては、ちゃんとしている(偉そうで申し訳ない!)ので普通。つまり星3つとした。ドラマ作りが普通すぎて面白くない面もある。(と書くと、また好きじゃないんだ、と思われそう。)

2005年のトニー賞、ピューリッツァ賞受賞の舞台劇の映画化。舞台は1964年のあるカトリック学校。
メリル・ストリープの校長先生、フィリップ・シーモア・ホフマンの神父。そこにエイミー・アダムスの若いシスター、ヴィオラ・デイヴィスの生徒の母親が絡む。
この4人が、すべてアカデミー賞候補にあがっていた(受賞は、なし)わけだから、その演技合戦は見ごたえはある。
メリルの場合はアカデミー賞候補になるのは、なんと15回目(ひろちゃんさん、ご教授ありがとうございます)。半分、候補者数の穴埋めのような気もしてくる。そろそろ再受賞させてあげないと。歌唱力を見せつけた「マンマ・ミーア!」で候補になって受賞したら、新境地(?)が認められたっぽくて、いいのに。

「魔法にかけられて」で、いいなあと思ったエイミー・アダムスが若いシスターを演じていたこと、観終わっても気づいていなかった!

エイミー・アダムス
シスター・ジェイムズ(エイミー・アダムス)。
この写真を見ても「魔法にかけられて」は
連想しないと思う。
(c) 2008 Miramax Film Corp All Rights
Reserved


オープニングクレジットで彼女の名前が出たのは分かっていたのに、あのシスターが彼女とは気づかなかったのである。「魔法にかけられて」のお姫様とはまったく雰囲気が違うせいか。今回は、尼僧姿しか出てこないし。
私は誰かが変装していたら、ぜんぜん気がつかない人間なのかもしれない。

生徒の母親役のヴィオラ・デイヴィスが、短い出番のなかで印象を残す。校長がとろうとしている行動では、自分たちはうまくやっていけないのだ、という厳しい現実が、メリル・ストリープとの会話のなかで次第に明らかにされていくところは出色。

疑惑(ダウト)だけで、神父を追い詰めていく校長。神父の言葉を信じようとする若いシスター。
私は、完全に校長の側に立って観ていた。校長の立場として、生徒を守るためには何でもする。神父と戦う。もしも、神父の罪に確証がなくても。私自身、神父はクロに思えたこともあって、校長を応援していたのだろう。
彼女が疑惑のみで策をろうして神父に対抗したことに苦しむのを見たとき、なぜ苦しむのか、宗教と関連すると、そういうことになってくるのかなあ、と少し不思議にも感じた。私は無宗教なので。
でも、後には、校長の行動に賛同して観ていた私自身が必ずしも正しかったかどうか、と疑問ももったのだった。

もしも裁判員制度で裁判員になったときに、この事件があったなら、無罪かな?

(3月22日 TOHOシネマズ シャンテ)

DOUBT
2008年 アメリカ作品
監督 ジョン・パトリック・シャンリー
出演 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

メリルストリープですね、ドナですねえ。
しっかりしたかんじの宗教のお話、よさそうですね。気になってた映画なんです、見てみたくなりました。
レンタルを待ってみようと思います。

>とーふさん

ドナです、ドナ・シェリダンですよ。「マンマ・ミーア!」では。
まったく違う役です。最初は厳格で怖い雰囲気が、だんだん人間味も見せていきます。
ぜひ、レンタルでもいいので、見てみてくださいね!

こんばんは!

TB、有難うございます♪
この作品の評価はみなさん、高いですよね~。
キャストの演技は見ものでした。
でも、予告で想像しうる全てでしたので、なんだか
物足りなさが残ったんですよね(^^;
意外性というところで、ミラー婦人のセリフにはちょっと突かれるものがありましたけどね。
このテーマのみで1時間45分はやはり舞台でいいのではと思っちゃいましたv-259

>kiraさん

おはようございます。
同じ感想です。想像以上のものではなかったと感じました。
私も、いちばん引かれたのは、やはり母親のミラー夫人。
舞台では容易に観られない人でも、映画になったら見られる、という利点はありそうですね。

お邪魔しま~す♪

ボーさん、こんばんは^^
あっ!ボーさんもシャンテ
でご鑑賞でしたか^^
日にちは違いますが、私も
シャンテでしたあ\(~o~)/

ボーさんは、期待以上のものではなかったようですね(^_^;)
私はメリルが大好きなこともあって、評価は甘めなのかも?
ホフマンとのバトルにドキドキもんでした(笑)

ボーさんは校長の立場ととのとですが、私はシスタージェームズの
立場でおろおろして観てました(笑)

作品としてより演技合戦として面白い作品ですよね^^

ちなみに、
メリルのノミネートは15回目で~す(^_-)-☆

>ひろちゃんさん

おはようございます!
開映5分前にシャンテへすべりこみましたが、客席はガラガラでした。
ポイントカードが使えるようになったので、ここは行くことが多くなるかも。

若いシスターの立場で観てました? いろんな見方がありますよね。
演技対決は面白かったです。
ノミネート15回目、書いておきます。ありがとうございまーす!

亀コメ...許してください...(汗)

実は、私もすご~い面白い、とは思わなかったクチです。メリル校長が、息苦しくて(笑)
ただ、母親のミラー夫人の登場で、少し変わりましたね。 脚本は上手い~!と思いました。あ、俳優も上手かったですが。

>あんさん

いらっしゃい~!
い、息苦しいですとっ! …誉め言葉としておきましょう。(笑)
「マンマ・ミーア!」のドナみたいにドナドナと対処すればいいのに。(まったくの冗談です。)
うまいのは認めますけどね。それほどは…。

No title

「ハート・ロッカー」は日曜に観に行く予定なので(だって14日だから♪)
記事は読まんとこ~でも気になる~・・・と目が泳いでしまいました(@@)
観たらまた来ます☆

「ダウト」は私も母親と校長の歩きながらの会話で俄然面白くなりましたね♪
ところで校長のメリルの顔が、いつもと違ってメッチャ白くて(&無表情で)
死んだような冷たい瞳が恐ろしかったんですけど
あの肌の質感、「エリザベス」のケイト・ブランシェットを連想しました・・・

>わさぴょんさん

あ、ほんとだ、1000円で観られる日!
アカデミー取ったから、込むでしょうねー。気合い入れてチケットとってくださいねー。

あ、そういえば白かったでしたっけ。うーん、あんまり恐ろしくは感じませんでした。不感症かも。(そういうことじゃないですね?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1487-c9e40623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダウト~あるカトリック学校で~

 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト~あるカトリック学校で~」は、1964年のNYブロンクスのカトリッ...

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

監督:ジョン・パトリック・シャンリー CAST:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 他 196...

DOUBT ~あるカトリック学校で~

目撃者も、証拠もないーーー                 あるのはただ「疑惑」だけ。 ダウトとは、疑惑という意です。 3月9日、京都シネマにて鑑賞。2009年の第81回アカデミー賞で、メインの出演者が賞候補にノミネートされましたが、残念ながら受賞され...

『ダウト-あるカトリック学校で-』

疑う奴を疑う我々を疑え? 1964年、ニューヨーク・ブロンクスにあるカトリック教会学校の校長シスター・アロイシスは、フリン神父にある疑惑を抱く。アカデミー賞に主演・助演の4人もがノミネートされた本作。俳優の演技はお墨付きだけど、この監督は知らないなぁと思...

ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ

前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞...

ダウト~あるカトリック学校で~

公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはずな

ダウト ~あるカトリック学校で~/ Doubt

メリル・ストリープVSフィリップ・シーモア・ホフマンの演技対決{/ee_1/} 主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/助演女優賞/脚色賞 でノミネート{/ee_3/}(残念ながら全員とれず{/ase/}) 予告篇すら観ない様にして大好きなメリルの演技を楽しみにして観て来たら 思って...

ダウト ~あるカトリック学校で~

校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、...

映画レビュー「ダウト/あるカトリック学校で」

ダウト―疑いをめぐる寓話◆プチレビュー◆ 大量破壊兵器の疑惑に振り回された米国を強く意識させる物語。名優同士の競演は凄味がある。 【70点】 1964年のNY・ブロンクスのカトリック学校。厳格な校長シスター・アロイシスは、新米教師の目撃談から、進歩的で人望の...

ダウトーあるカトリック学校でー

この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教会に...

★ダウト~あるカトリック学校で~(2008)★

DOUBT神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化。上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/03/07ジャンルドラマ/ミステリー【解説】劇作家ジョン・パトリック・シャンリ...

ダウト~あるカトリック学校で~

『少年愛の美学』じゃなく『少年愛の疑惑』 ...なぁんて耽美なものでなく、ばりばり言葉のバトル・ロワイヤルです...(あら...) 大作とい...

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

□作品オフィシャルサイト 「ダウト ~あるカトリック学校で~」□監督・脚本・原作 ジョン・パトリック・シャンリー □キャスト メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネ...

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

ここ最近、映画の感想が観た直後にあげられていない作品がチラホラ。。。 ということでいまさら感はありますが、『ダウト ~あるカトリック学校で~』の感想をアップしまーす。 ******************** 劇作家ジョン・パトリック・シャンリィが9.11の衝撃とその余波が大

ダウト ~あるカトリック学校で~

神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? 発売予定日は2009年8月19日

ダウト あるカトリック学校で

とにかくホフマンさんとメリルの役者バトルが素晴らしい。 進歩的な神父と厳格なカトリック・シスター。実際には(おそらく)あのような事実はなかったんでしょうね。ただ、相手を追いつめられれば良かったんだと思う。メリル演じる校長の「私にはわかる!」というこの根...

「ダウト ~あるカトリック学校で~」

主演二人のゾクッとくるくらいの名演技

mini review 09401「ダウト ~あるカトリック学校で~ 」★★★★★★★☆☆☆

オスカー俳優のメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンが、鬼気迫る演技でぶつかりあ合う心理サスペンス・ドラマ。1960年代のカトリック系学校を舞台に、神父と児童との関係への強い疑惑を募らせていく女性校長の姿を描く。トニー賞と、ピューリッツアー賞を...

【ダウト -あるカトリック学校で-】裏付けのない疑惑

ダウト -あるカトリック学校で-~DOUBT~ 監督: ジョン・パトリック・シャンレイ    出演: メリル・ストリープ、フィリップ・シーモ...

『ダウト あるカトリック学校で』'08・米

あらすじ1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。人望のあるフリン神父(フィリップ・シー...

「マンマ・ミーア!(7回目)」英語歌詞字幕つきでは4回目 «  | BLOG TOP |  » 「ダイアナの選択」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード