topimage

2017-05

「ワルキューレ」 - 2009.04.03 Fri

ヒトラー暗殺計画。失敗するのは歴史の事実として分かっているが、なるほど、そういう点でサスペンスをつくって引っ張るのかと、飽きずに観ることはできた。


トム・クルーズ in 砂漠
シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、北アフリカ戦線で戦闘機の攻撃を受けて負傷する。いきなり来るもんね、戦闘機。
(c) 2008 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED


映画が始まった早々は、出てくる文字がドイツ語っぽい、たぶん。それが英語に変化していく。「ワルキューレ」というタイトルも同じく。
そしてセリフがドイツ語だ。トム・クルーズがドイツ語をしゃべっている! そのドイツ語が、やがて英語になっていく。
これは、ほんとうはドイツ語なのだけど、分かりやすくするために英語に変更しました、という宣言(言い訳?)をはっきり見せたのだと私には思えた。

英語を使うのは、英語のほうが客を呼べるという理由が当然あるだろう。英語圏の人たちは、外国語で作ってあって英語字幕をつけた映画は、観にこない人も多いのではないだろうか。字幕に慣れている日本人とは違うと思う。吹替版を作るのも、めんどくさいしね。
ちなみに私は、英語圏以外の国が舞台であって本来はその国の言語が使われるべき映画であっても、別に英語でもかまわない、という考えだ。だって、たかが映画なのだから。(されど映画、でもあるが。)

さて、映画の中身だが…。
独裁者ヒトラーに反対する人間が、ドイツ国内にもいるのだということを知らしめるため、ヒトラー失脚を目的にするグループがあった。
かねてからヒトラーに批判的だったシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、彼らの仲間になる。
そして彼が考えたのは、非常時の作戦である「ワルキューレ」を利用するというもの。それがどんなものかは書かないでおくが、まずヒトラー暗殺から始める方法だった。

暗殺計画が、うまく行くか行かないか、というスリルを複数回見せてくれたのはGOOD。
作戦というものはパーフェクトとは限らない。それがよく分かる。それでも、やるしかない状況だったということか。
実際、映画を観ていると、これは暗殺方法という肝心なところで問題がある作戦に思えた。

主演のトムちんは、シュタウフェンベルク大佐をかっこよく演じているが、人物像となると描き方が浅い。映画として、どんなことが起きたのかに力を入れたのだろうが、もう少し、家族のことでもいいから個人的な深みを見せてほしかった。
奥さんのニーナの登場場面は、ほとんどない。「ブラックブック」カリス・ファン・ハウテンが演じているのに、もったいない。ただ、逆に出番が少ないから、いい女優でなければ印象に残らない、という面もあるけれど。

トム・クルーズ in ラブシーン
作戦実行前、奥さんと子どもを離れた場所へと送り出す。もう会えないかもしれない、情感が高まる場面。
(c) 2008 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC. ALL RIGHTS RESERVED


脇を固める俳優陣は、いい味。大事なところで判断に迷ってしまうビル・ナイ、見るからに二心(ふたごころ)ありそうな(=裏切り心がありそうな)トム・ウィルキンソン、いかにも中間管理職軍人なトーマス・クレッチマン、えらそうなケネス・ブラナー(最初と最後しか登場しなかったような?)、犬のように忠実な部下ジェイミー・パーカーなど。

それなりに楽しめるけど、終わってみると心に残らないなあと。
クーデターの失敗が、どのように生まれるのかの一例を見せてもらったけれど、プラスアルファのものが感じられず…。
どきどき感が、暗殺に関する部分以外では不足気味に思えたせいか。
史実を描くのに力を注いだら、娯楽的な盛り上げとは両立しづらいだろうけど…。

音楽と編集を担当するという珍しい形で仕事をしているのが、ジョン・オットマン。本来は音楽のみを担当することが多いが、彼が音楽と編集の両方を担当している例は、調べてみると他に「ユージュアル・サスペクツ」(1995年)、「X-MEN2」(2003年)があった。どちらもブライアン・シンガー監督作品だ。この人、シンガー映画の常連みたい。
編集と音楽を兼任すると、編集しながら曲をつけられて便利かも!?

また、映画館に行くたびに、といっていいくらい予告編をさんざん見せられていたので、映画を観ているときに、あ、ここは予告編にあったぞと、いちいち気がついた。
そして分かったのは、予告編って、映画の中の話の流れと全く関係なく、映画のさまざまな一部分を持ってきて、うまくつないで、予告編として面白く見られるものに再構成している場合がある、ということだった。

(3月29日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

VALKYRIE
2008年 アメリカ・ドイツ作品
監督 ブライアン・シンガー
出演 トム・クルーズ、ビル・ナイ、ジェイミー・パーカー、トム・ウィルキンソン、トーマス・クレッチマン、ケネス・ブラナー

参考:ワルキューレ@映画生活
「ワルキューレ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

ボーさん
TBコメありがとうございますー

カリスファンハウテン、もうちょっと出番あるかと思ってたんですがほんと少しでちょっとザンネンです。
でも脇もしっかりとした豪華俳優が固めてて良かったです~★

お邪魔しま~す♪

ボーさん、こんばんは^^
そうそう!そうなんですよね。面白かったのですが、心には
残らないかなって(^^ゞ大きな感動は得られなかったです。
ですが、自分は、戦争映画と言うより、サスペンスエンタメと
思って観に行ったのでそれなりに満足してます。
カリス~は出番少なくてもったいないと思いましたが
彼女だからこそ、少ないシーンでもインパクトがあったとも
確かに言えますよね(^_-)-☆

>migさん

こんばんは!
じつは、カリスが出ているのは観たあとで調べて知ったのですよ。つまり観ているときは、誰だか分からなかった!(苦笑)
トムのおかげか、監督のおかげか、制作費のおかげか(笑)、脇役陣は、ぜいたくでしたよね~。

>ひろちゃんさん

こんばんは!
サスペンスエンタメ! それなりに見せてはくれましたよね。
ないものねだりは、してもしょうがなく…。
その場でおもしろければ、いいか、ということにしておきましょうか。
カリス演じる奥さんの生死がラストで分かったのはよかったです。

ボーさん、こんばんは~♪
『それなりに楽しめるけど、終わってみると心に残らない』
そうなんですよね~
私も同じような感想を持ちました。
作戦実行時は、ボーッとする暇なく(笑)、ドキドキしながら観たのですが、、、だって主演がトムだし、もしかして成功しちゃうかもしれないし(そんな訳ない・笑)
だけどイマイチなんですよね~深みが感じられませんでした。まぁ~ワルキューレ作戦について勉強になった点は良かったです♪

>由香さん

おはようございます!
どうせなら心に残ってほしいですよね。期待しすぎなのでしょうか。
そうそう、ワルキューレ作戦を知ることができたのはよかったです。そういうのも、映画のいいところですね。
ボーっとするのは、ボーだけでいいですよ~。(笑)

ども、おひさしぶりです
事実を映画にするのは難しいですよね
「大脱走」も事実というけど
面白さのケタが違いました
監督、脚本の問題でしょうかね
独裁者ヒットラーを命に掛けても暗殺しようとしたのかが
若い観客にどこまで伝わりましたかね

>dora21さん

こんにちは!
ありがとうございます。
書き込みできないですが、拝見してますよ。「ロシュフォールの恋人たち」とか観に行きたいんです~。
史実ということで私も「大脱走」を考えました。どれだけエンタメ度を盛り込めるものか、素材もスタッフも違うのでしょうけど。
時代の空気も薄れてますよね~。

こんにちは。

この映画を観た後先日テレビでドキュメンタリーとドイツ版の映画を観たのですが ビル・ナイのそっくりぶりに仰天!スゴイ役者さんです!
ショーン・オブ・ザ・デッドの義理の父ちゃんから出世したものだなぁ…としみじみしてしまいました。

>プリシラさん

こんばんは~!
そんなに似ていましたか!?
事件の関係者の写真を見たことがありますが、全体的にも、それほど本人と見かけの違う俳優は使っていなかったような気がします。
ビル・ナイは、私は「ラブ・アクチュアリー」で知りました。あとは「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズや「アンダーワールド」シリーズですね。
渋いっす!

こんにちは。

史実を忠実に描きすぎて娯楽性には欠けていたかもしれませんね。
その両面で観客を楽しませるには上映時間が足りないように感じました。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」だったかも(汗)。

>マーちゃん

こんばんは!
そうなんです。まずは史実を描くのに、力を入れている気がしました。
たしかに、映画は時間が限られますから、過不足なく描くのは難しいですよね~。

こちらにも

サスペンスとしてはそれなりに面白かったですが、いまひとつ何か欲しかったな~、と思いました。
お~!ビルナイさんの役は、本人に似てたのですね~。
トムは顔が似てたけど、身長が違ったらしいですね。

>あんさん

そうですよねー。何かが欲しかった! けっこう似た感想のことが多いです?

し、身長! 低いということですね?
日本人にとっては親しみがわきますけどねえ。
二コールといたときは、高さが、ずいぶん違ってました…。

言語

ボーさん、こんにちは!
ボーさんもこちらのみなさんも同じような感想を書いてますが、
史実を展開していくのに力を入れていて、
娯楽性はあまりなかったですね~

私はドイツ語だったらもっと良かった派なんですが、
ドイツ語でなくて英語の方がお客を呼べるのは確かで、
多くの人にこういう事件があったと知らしめるためには、
英語でも仕方なかったかもしれませんね。

>YANさん

こんにちは!
そうですよね。暗殺計画を描くだけで終わっちゃったような?

その国の言葉に忠実なほうがいい派ですか!
そういう考えの方は、いろんな感想文を読んでも、けっこういますよね~。私は何語でも関係ない気がしますけど、真実味のある雰囲気は出るかもしれないですね。

言語

僕も言語に関してはボーさんと同じ考えですね。
言語が問題になるのは、複数の言語が交錯する時にのみです。
特に戦争映画では、例えば独軍と英軍が戦う時に両方とも英語では解りにくくなる。ましてドイツ人が英国人に化ける「バルジ大作戦」みたいな映画で英語で統一されてしまうとかなり困ってしまいます。
ムードその他の問題は確かにありますが、そんなことを言ったら、字幕で読むのもダメですよ。

内容に関しては、僕はかなり満足しました。
地味ながら適格な場面構成で、ハラハラドキドキしましたよ。^^

>オカピーさん

言語が交錯するときは、ちゃんとなってないと、たしかに困りますね。
この映画ではドイツ人が英語をしゃべってるのが、うそっぽい、ということなんだと私は理解していますが、気になる、ならない、は個人の違いなのだろうなと思うので、どうしようもないんでしょうね。
本来の形は崩しますけど、字幕は、つけてもらわないと、もう困っちゃいますよね。じゃなきゃ吹替版。それしかないですもんね。

あんまり、どきどきしなかったのは、われながら残念です。

こんにちは

私もボーさんと同じで、言語にはこだわらないタイプです。
そもそも、あまり音量を上げないので…(耳が痛くなる)

でも、映画の方はとても満足できました。戦争映画は同じ服で見分けられないとストレス溜まることが多いのに、今回はそれがなかったのが大きいです。
家族とのシーンも短時間ながら印象に残りました。家族のためにやり遂げようと決意するところがよかった!
結末がわかってるのに最後まで引っ張る力がある作品でしたね。

>宵乃さん

こんばんは。
まあ、ドイツ人ならドイツ語でしゃべっていれば、リアルではあるとは思いますけど、どっちでもいいですね。
ついでに言えば、最近は、字幕と吹替なら、好きな俳優が出ていなければ、吹替版のほうが楽かな、とも思っています。

見分けやすかったかどうかは覚えていませんが…トムくんは、すぐわかりますよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1495-540a56c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ワルキューレ

 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』  コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪歴史にその名を刻む独裁者ヒトラーの暗殺...

映画レビュー「ワルキューレ」

オリジナル・サウンドトラック「ワルキューレ」◆プチレビュー◆ヒトラー暗殺計画の顛末を描く実録サスペンス。話は面白いが致命的にマズいセリフがある。 【60点】 第二次世界大戦末期の1944年。祖国の誇りと世界の平和のために、ドイツ人将校シュタウフェンベルク大

★「ワルキューレ」

今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。

『ワルキューレ』

(原題:Valkyrie) ----この映画、トム・クルーズがドイツ人に扮しているんだよね。 監督はブライアン・シンガー。 ちょっと異色の顔合わせだよね。 ブライアン・シンガーって娯楽大作のイメージが強いし。 「そうだね。その前が『スーパーマン リターンズ』 だし、 でも...

『ワルキューレ』

□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・ク

ワルキューレ

失敗は成功のもと。  

ワルキューレ / valkyrie

トムちん、ドイツ人になる{/ee_3/} 『ユージュアル・サスペクツ』以来好きな監督の一人、ブライアン・シンガーの久々の新作は トム・クルーズ主演{/atten/}ということで前々から楽しみにしてました~。 これまた実話です。これまでにも何度となく描かれてきたヒトラー暗殺...

ワルキューレ■もっとB級サスペンスに徹していれば・・・

トム・クルーズをアイドル・スターというのは適切ではないかもしれないが、その彼が主演して、「Xメン」や「スーパーマン」の監督の組み合わせといえば、やや軽量級の作品を連想するかもしれないが、ここでは、トム・クルーズは一人の演技者として、渋めで重量感のある共...

★ワルキューレ(2008)★

VALKYRIEワルキューレそれは。女神の名を冠した「作戦<ミッション>」作戦は「10分」一線を超えたミッションに世界が委ねられた。上映時間120分製作国アメリカ/ドイツ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/03/20ジャンルサスペンス/ドラマ【解説】?トム・...

ワルキューレ VALKYRIE

●「ワルキューレ VALKYRIE」 2008 アメリカ MGM Pictures,United Artists,121min. 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン他 私は戦記ものが好きで、WOWOWでも時々過...

『ワルキューレ』を観たぞ~!

『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 12...

ワルキューレ

第二次世界大戦下のドイツ。 戦況は良くなく、祖国ドイツは苦境に立たされていた・・・。 その中でアドルフ・ヒトラーの独裁性は極めてひどく、多くの者が反乱を企て失敗した。 劣勢に立たされている祖国のため、非人道的な殺戮を繰り返す兵の目をさますため、シ...

「ワルキューレ」緊張の連続、サスペンスの1級品

「ワルキューレ」★★★☆ トム・クルーズ 主演 ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ 「ドイツ帝国の全部が ヒトラーを支持して居たわけではない、 歴史に埋もれた真実の片鱗を知る」 第二次世界大戦時に実際にあった ヒトラー

ワルキューレ

スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ~ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校...

【映画感想文】 ワルキューレ

まだまだ暑いブリスベンからこんにちは。 今日家の近くで交通事故がありました。 車のブレーキの音が響いたと思ったら ドドーンと大きな...

ワルキューレ 歴史が変わっていたかもだったのか

 昨日は海から早くに帰ってきて、梅田のロフトで先輩夫妻の愛娘の出産祝いを買い物、大きな荷物を抱えて梅田を歩いていたら、やたらとすれ違う人にじろじろ見られて、そして目を逸らされて、そしてぶつからないようにあからさまに避けられて・・・。 そういえば海帰りで

ワルキューレ

原題:Valkyrie 監督:ブライアン・シンガー 脚本:クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー 製作:ブライアン・シンガー、...

映画「ワルキューレ」の感想レビューです。

最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました{/face_ase2/}。 ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚

【映画】ワルキューレ

▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ~」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回

ワルキューレ/VALKYRIE

トム大佐のミッション・インポッシブル!史実は辛いよ。結果は決まってる。 ドイツ人将校役に挑戦したトム・クルーズの新境地。ん?久々...

ワルキューレ

祖国を救うために戦う・・・それが、全てを犠牲にする選択だったとしても。

「ワルキューレ」

全編に緊迫感はあったけど、冒頭の暗殺計画のところが一番ドキドキしたかも

ワルキューレ

前回の「硫黄島からの手紙」に続き、 これも事実に基づく戦時中の物語です。 日本の方は1945年の出来事、 ドイツのこちらは1944年...

ワルキューレ

VALKYRIE 2008年:アメリカ 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、エディ・イザード 第二次大戦下のドイツ。純粋に祖

【映画】ワルキューレ…君とトムと僕と僕とトムと君と

え~っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/} ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}… 先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポータブルセカンドGのお陰で、他の日常生活まで疎かになっております{/face_as...

ワルキューレ

トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。 彼は暗殺計画≪ワルキ...

ワルキューレ

最後のヒトラー暗殺計画であるワルキューレ作戦を描いた映画、ワルキューレ。 劇場公開時の評価も低く、そんなに気になる映画ではなかった。 でも、とりあえずそこそこの話題作だし観ておこうなかという気持ちで手に取った。 主人公であるトム・クルーズが演じるのは...

映画評「ワルキューレ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ブライアン・シンガー ネタバレあり

『ワルキューレ』'08・米

あらすじ連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期、ドイツ人将校シュタウフェンベルクはヒトラーの危機管理オペレーション≪ワルキューレ作戦≫を巧み...

映画「ワルキューレ」観ました

原題:VALKYRIE 製作:アメリカ、ドイツ’08 監督:ブライアン・シンガー ジャンル:★サスペンス/ドラマ【あらすじ】第二次大戦下、劣勢のドイツ。アフリカ戦線から奇跡の生還を果たしたシュタウフェンベルク大佐は、軍内部のレジスタンスメンバーたちから作戦を聞くが、成功の見込みがないと協力を辞退する。だが、ワーグナーの「ワルキューレの騎行」を耳にし、“ワルキューレ作戦”を利用するこ...

マリリンの、ろう人形が競売に «  | BLOG TOP |  » エイプリルフールでマリリン?

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード