topimage

2017-03

「アンダーワールド:ビギンズ」 - 2009.04.05 Sun

前2作を観ているし、2作目の「アンダーワールド:エボリューション」が楽しかったので、今回もチェック。


ビル・ナイとローラ・ミトラ
ビル・ナイ、「ワルキューレ」でも細々していて余計な心配をしましたが、今回は顔色も悪いです。…ん、白塗りですか?(笑) 娘役のローラ・ミトラは父親に比べれば、かなり健康そうです!
TM and (c) 2009 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


やっぱりというか、当然というか、本作も全編暗い。画面が暗いのである。
なにしろヴァンパイア(吸血鬼族)ですから、昼間は寝てるか日陰にいますので、明るくしろったってお話になりません。
青白い、薄暗い画面を見続けるのだ!

狼男系な新種族ライカンが野に放たれ、ヴァンパイアに、いったん勝利するまでを描く。
これまでの話より前の時代の話。前日談。
というわけで、これまでのヒロイン、ケイト・ベッキンセールは、ほとんど出てこない。ラストに、ちらりとだけ。しかも以前の作品の流用?
代わりに活躍するのは、ベッキンセール嬢と多少は面影が似ているローラ・ミトラという女優さんだ。いままでの話との整合性を保つためには、2人は少しは似ていないといけない。(というのは、ラストシーンで思い出したのだが。)

ヴァンパイアのボス役は、これまでに引き続きビル・ナイ
この日は映画館で2本観て、これが2本目だったのだが、1本目が「ワルキューレ」で、偶然にもナイさんはどちらにも重要な役で出演していたのだった。
そんなことナイ、ではなく、あったのである。(かなり程度の○い「ダジャレ」である。)

ライカンの始祖を演じたマイケル・シーンは、首相をやったり(「クィーン」)、キャスターをやったり(「フロスト×ニクソン」)、狼男みたいなのをやったり。振り幅が大きいですねえ。

マイケル・シーン
いったい、これが首相やキャスターを演じた人なのでしょうか?(笑)
TM and (c) 2009 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


しかしまあ、ヴァンパイアって不便。
日の光に当たると、たちまち溶けてしまうから大変。真夜中0時過ぎは遊べないシンデレラどころではなく、夜遊びしても夜明けには絶対注意! 外出は、きっちり管理しなければいけません。

監督は、前2作などで、クリーチャー・デザインを担当したりして、美術系の仕事をしてきた人。
前日談ということで、2作目とは、だいぶ舞台が離れたけど、期待しないでいれば楽しめるかなというところ。まったく新鮮味のある話ではないが、私はこの物語世界が嫌いじゃないので、評価は甘め。
ヴァンパイア、狼男なんていうダークファンタジー系が好きな人にも合うかも。
そして、マイケル・シーンやビル・ナイのファン(いますよね?)ならば、もちろん見逃せませんよ。

(3月29日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

UNDERWORLD : RISE OF THE LYCANS
2009年 アメリカ作品
監督 パトリック・タトポロス
出演 マイケル・シーン、ビル・ナイ、ローラ・ミトラ、スティーヴン・マッキントッシュ、ケヴィン・グレイヴォー

参考:アンダーワールド:ビギンズ@映画生活
「アンダーワールド ビギンズ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

イマイチかと思ってた作品だけど・・・

マイケル・シーン、結構ファンなんです・・・
ファンなら見逃せない?!
そんな事言われたら観たくなりました~♪

ついでに言うとフランク・ランジェラも好きなので
(って、1作品しか知らんけど)
『フロスト×ニクソン』もメチャ観たいです~♪♪

>わさぴょんさん

いえ、イマイチかもしれませんよ。
シリーズのファンとか、俳優のファンならOKということで。
もはや映画館では、夜1回上映くらいしかしていないという待遇の悪さです。

「フロスト×ニクソン」は、余裕があれば観に行きたいのですけど…。

こんにちは!

私、二作目は観たかな?と思って、
そちらの記事も拝見したら、どうやら観てないです。
一作目だけ観てるんだわ。
ケイト・ベッキンセールがクールな美女戦士で、
アクションも決まってましたよね。
その彼女の出番が少ないなんて、
3作目はボーさんの言うように、期待できないようですね・・・
二作目は良さそう!

>YANさん

こんばんは!
3作目は、ケイトは出ていないと思って見たほうがいいくらいですよ。
私も、観る前は、彼女は出ていないと思ってました。
私の好みのせいで、今回もまあまあ許せるというか、そういうことなのです。
2作目は…どうなのでしょうね。DVDで家で見ると。なんとも言えません!

一気に見たのに…

>ベッキンセール嬢と多少は面影が似ている

これがマジでわかんなかったんですよね~(汗)
相貌失認症の気があると、こういう時困ります。

私はダークファンタジー系が好きで、マイケル・シーンやビル・ナイのファンなのでピッタリの作品でした。
2人のことが掘り下げられてて嬉しかったです。
でも、アクション好きな方には物足りないですね。ソーニャの剣さばき、ちょっと微妙かなぁと思ってしまいました。

>宵乃さん

主演女優がケイトではないと、私は初めから知って観ているので、少し似ているなあというふうに見られたのですが、知らないとどう思うのか分からないですね。
好きな俳優だったら、当然、映画も好みになる可能性は高いですよね!
私は、たぶん、(予想よりも)映画館で観るには地味めな映画に思っていたのでしょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1497-657f07f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンダーワールド ビギンズ

 『いま明かされる女処刑人の謎。 過去に、 もう一人の私がいた。 すべては、ここから始まった。』  コチラの「アンダーワールド ビギンズ」は、ヴァンパイア(吸血鬼)族とライカン(狼男)族という対立する宿命のライバルである2つの種族が、繰り広げる死闘を描い...

2009-40『アンダーワールド:ビギンズ』を鑑賞しました。

映画を鑑賞しました。秊 2009-40『アンダーワールド:ビギンズ』(更新:2009/03/15) * 評価:★★★☆☆ もう忘れていましたが2006年に『アンダーワールド:エボリューション』を観賞していました。 今回はそもそもの話になるよう..

★「アンダーワールド:ビギンズ」

ひらりんがお気に入りのケイト・ベッキンセイルちゃんが主役を演じてた、 「アンダーワールド」シリーズの第3弾。 「~ビギンズ」だけに誕生秘話みたいな話。

アンダーワールド:ビギンズ(2009)

「アンダーワールド」の前日談。原題が「狼男の決起」(rukkia勝手訳)なのに邦題はバットマンの真似なのか「ビギンズ」になっている。まあ、確かに話の内容はビギンズだ。 前作まで監督をやっていたレン・ワイズマンはプロデューサーにまわり、本作は前作のプロダクショ

映画「アンダーワールド:ビギンズ」観た

原題:UNDERWORLD: RISE OF THE LYCANS 製作:アメリカ’09 監督:パトリック・タトポロス ジャンル:アクション/ホラー/ファンタジー【あらすじ】遥か昔、ヴァンパイア族の長として凶暴な狼男たちを退けていたビクターは、狼男に噛まれても知能と人の姿を保つことができる新たな種族“ライカン”を発見した。彼はその赤ん坊ルシアンを殺さず、奴隷として飼いならすことを思...

桜満開 «  | BLOG TOP |  » マリリンの、ろう人形が競売に

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード