topimage

2017-11

「マンマ・ミーア!(8回目)」英語歌詞字幕つきでは5回目 - 2009.04.12 Sun

とうとう、映画館で8回目。


また観たのかと98パーセントの方は、あきれていることでしょう。1パーセントの方は、「ザ・バンク 堕ちた巨像」のほうの記事を先に書けよ、と言うでしょう。

しかし、いいんです! 歌って踊って拍手して楽しみたいという魅惑には勝てません。
先週は自らにブレーキをかけて観に行きませんでしたが、さすがに、もうそろそろ歌詞つき上映も終了かなと思い、もう一回観たかった、と後悔しないように、参加してきました。

モペットちゃんさんにも、映画館内でお会いできて、帰り道にもお話ができました。それも楽しかったです。ありがとうございましたっ!
そして、歌詞字幕つき上映を実施、ペンライトまで無料で配ってくれた映画館、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、ありがとう! あなたは偉大だ!

関連記事:「マンマ・ミーア!」(この記事に、すべての観賞時の記事リンクがあります。)

(4月11日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ)

ドナとサムが結婚!?
サム(ピアース・ブロスナン)とドナ(メリル・ストリープ)の仲は、どうなる? ハッピーエンドにしてね?
(c) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

● COMMENT ●

今度こそほんとのラースト・ショー?

 5回目に達し、ようやくミュージカル要素を(かなり努力して)濾過させて、1つの映画として観られるようになった。

 故キャサリン・ヘプバーンが、M・ストリープについて酷評したのを何かで読んで・・・
 確かに「クレイマー、クレイマー」の頃から、あの「目v-416ウルウル、口v-420ワナワナ」(v-156私が言い出したんじゃないい)を見るにつけ、「また出た・・・」と冷めることがあった。

 今回の発見は、主人公が娘に
「昨晩、何か良くないことでもあったの?」(確か字幕は「何でもママに話して」)と尋ねるシーン。アマンダのv-416にご注目!潤んでいるのだ(v-52、ワンセグだと分かり辛いかも)。
 「一生懸命、仕事してます。お金頂いてますから!」という2人の女優魂・集中力が(他の人が何と評しようと)、私には伝わってきた。

 v-154の写真の目もいーじゃん、いーじゃんv-238

 発見は、まだあるのだが・・・

 v-264 Do you wanna another one?

>モペットちゃんさん

こんばんは。
私は始めの3回は、歌わずに普通に観ていましたので、ドラマ的には、すでにチェック済(のつもり)。
その後は、ほとんどが、キャストといっしょに歌って楽しむことに意味があるかのような観賞でした。

私も以前は、メリルは巧い女優というだけの考えしかなかったですが、だんだんと、そうでもなくなり、ついに本作で尊敬の域に来ましたよ。

アマンダの目、私はもちろん見てますよ~。なんたって婚約者ですから!(知らない方は、4月1日の記事にて詳細を。)
目は口ほどに物を言い、ですね。

ほかの発見? Yeah! I want it!

そうそう、「この映画がすごい!」の、英語歌詞つき上映体験記、立ち読みしました。ホントに盛り上がっていなかった回だったみたいですね。(苦笑)

では、もう一曲。

 製作のクレーマーさん(名前です)が
「舞台の世界には、いろいろと制限が大きい」とおっしゃっているが、舞台の映画化で特に気になるのは、小道具・美術の類。背景も気になるが、比べるのは野暮ですね。舞台の場合、想像で補うので。私も修行中。

 劇場の席からだと、せっかくの美術がよく見えなくて、じゃ、近ければいいかというと・・・e-5オペラ座の怪人e-6を最前列で観た時、v-526のシンバルとか、e-291マスカレ~の階段とかが電気で動くのが目に入ってしまった(修行足りない・・・)。

 で、ソフィの部屋にご注目。壁の絵には気付いていたが、絵筆類も、ちまちまっとまとまっている。私も描くのだが、「こんなの描く暇があったら・・・」と呆れられるのが嫌で、人目に付かないようにまとめていたことがある。ガバーッと広げた方が、いい絵は描けるんだけど。

 初回鑑賞時も、バックパックとか、スーツケースとか、コーキングとか(e-140やった事ない人には分からないだろうなー)「計算されているなー」と唸ってしまった。

 コーキングについては・・・次回説明しましょうか。
 If you let me try~

>モペットちゃんさん

アンコール、イエーイ!
なるほど~。私は、ふつう、細かい美術までは見ていないです。たまに偶然目につくもの以外は、気にしていないような感覚ですね。
よく見れば面白いのでしょうね~。
舞台では、電気仕掛けなど、分かりすぎるのも困ったものですが。

映画の場合は、物をリアルに置けますから、その人の生活背景などを表現できるわけですね。
でも今回は、歌うので歌詞ばっかり見ていて、画面のいろいろに目を配る余裕がない…。(とはいえ、歌わずに観ていた初めの頃も、小道具にはあまり気づいてなかったですが。)
そうでしたか、絵の道具ありましたか。君は絵の道に進んだらどうなんだい、って言われてましたしね! ちゃんと考えてるんですね~。
歌わない上映会をやってたら、改めて参加して、じっくり見てみようかな。でも、今となっては、歌わないと不満が残りそう…。

コーキング、ぜひ次回。
Take a chance on me.

作家ろうずぃ、まだ書くよ。

 地面(泉?)のヒビ割れを補修してたでしょ。あれをコーキングっていうのよ。
 接着剤と同様、ちゃんと手入れをしないと、先が固まって、ポキッと折れちゃうこともあり・・・、ドナは悪態をついていたわね。

 さて、プログラムにご注目。一部抜粋。
 「・・・ご鑑賞後にお読みください。・・・カップルが愛を宣言すると・・・不思議なことに、泉の水が亀裂から溢れ出す。」

 「不思議なことに」ってあんた、コーキングをサボって
 ‘I really tried to make it out~’とか歌ってたからでしょっ!この場合の‘it'は、地面のヒビより、男女間のヒビを指しているようね。

 「手を貸そうか?」と差し出されたものを断る気持ち、分かるわ~。私も初恋の人から届いた、胸くそ悪い手紙に「たまには俺に頼ってほしい」とか書かれたからe-262   ま、相手がゲイリー・・・(以下略)。

>ろうずぃ おばさんさん 

あれ? 改名しましたか。
「おばさんさん」って書くと、なんだか妙。

おお、あれがコーキング!
私は自分が、瞬間接着剤で、靴底の割れ目をくっつけたことを思い出しました。(笑)
あの地面、もしも、くっついていても、ガンガン踏みつければ、また割れるような気がします~。

サムが婚約者と一緒になってしまったのも、タイミングのせいでしょうね。悪くはなかったと弁護したい。。。元007ですし、怒らせると本当は怖い(かも)。

おばさんさんの、お気に入りはゲイリー・オールドマン? クーパー?(知ってて、ボケるのが私です。)

I was sick & tired of everything・・・

 お弁当e-244作って、自転車で行ってみよーe-343と遠足気分だったのに、予報通りのv-279 v-406  

 5月以降、上映する映画館情報をgetしたので、今回はストーリーは追わず「最後まで泣かずに完唱v-264」が目標v-91

 今振り返ると・・・
 受難続きで、呼吸すら苦しかった時、v-418に入ってきたニュースが「マンマ・ミーア!映画化決定!」だった。

 荒波v-467を超えるべく「映画がv-496に来るまで、頑張って生きなきゃ」と、何度自分に発破をかけたことか・・・。日曜の夜、「ショウビズ(v-55番組)に間に合わないんで、帰りますe-282」と言うと「そんなに重要かv-361v-363」と笑われるが、娯楽ってそんなもんさ(私にとっては)。

 この映画で鬱憤を晴らしていなかったら、裁判起こしてたかも知れないし、手首切ってたかも知れないぞi-184とあれやこれや思い出し始めたら、もう泣けて泣けてe-291 I was cheated by you~のところから、早くも目標断念。

 e-291チキチータの歌詞のように、羽ボロボロ状態だった時、
 「モペちゃん、1人で背負いすぎなんだよ」 
 「モペちゃんなら、また踊れるよ」と、肩を抱いてくれた友人たちにも感謝せねばv-421

 宣伝文句に「ハッピーになれる」とかあったが、私にとってはハッピー以上の、「歳を重ねるのも悪くないよ」って、v-448のバッテリーを交換してもらったような、貴重なv-265となりました。

 ちょっと重くて&かなり長くて、すみません。

 おだてて頂いたので、昨日のコメント、少し修正しました。

>モペ&ろうずぃおばさん

5月以降、上映する映画館情報? まだ、あるんですか? メールでもいいので教えてくださいよ~。もしかして、東京から遠い場所?

そうでしたか。そんなにドラマティックな背景があったとは。
でも、すばらしい映画と出会えてよかったですよね!
何もない私などでも、歌って踊れる貴重な嬉しすぎる観賞体験ですが、なおさら忘れられない映画になりましたね。
よかった、よかった!(^。^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1507-0b66895c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンマ・ミーア!(8回目)」英語歌詞字幕つきでは5回目(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「ザ・バンク 堕ちた巨像」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード