FC2ブログ
topimage

2020-08

「レッドクリフPartⅡ ―未来への最終決戦―」 - 2009.04.27 Mon

おもしろくは、なかったなー。(つまらない、とは言っていないことに注意。)

女性も戦うのだ
小喬(リン・チーリン)と尚香(ヴィッキー・チャオ)
(c) 2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.


おもしろくないと思ったところを挙げよう。
まず、ヴィッキー・チャオが敵陣に潜入してスパイをするのだが、女だということがバレないのが変で、そこからして、もはやシラけた。もしかして、そういうことは、ささいなことなのか、ジョン・ウー映画って。じゃあ、私が見る資格がないのか。少なくともパート1は、そんなに違和感があるシーンは私にはなかったと思うが。
男装して、こそこそ人目を隠れて探るだけなら、まだ分かるが、大っぴらに軍隊大勢のなかに顔をさらしつづけるのだから、びっくり。兵隊たちの目は女が見分けられないくらいの節穴だったのか。戦ばかりで、女を見忘れたか。(笑)

劉備一家のチョー強キャラ三羽烏(さんばがらす)、関羽、張飛、趙雲の活躍が、ラストの戦いまでないのも、楽しくない。実際も、そういうことだったのかもしれないが、あの笑っちゃうほど強い3人の活躍が、途中ずっとないのは残念なことだ。

最後の決戦にしても、同じようなシーンをだらだらと。わくわくしない。火が燃えようが、爆発しようが、そんなものには感激しないでしょ。
中村獅童だけが、いきなり、いいとこ持ってって得した。

最後、曹操を追い詰めるも、詰めが甘い。孫権・劉備連合軍側のほうが天子の意思にそむいた形の逆賊のはずなんだから、いまさら遠慮せずに徹底的にやるべきでは?
史実と違ってくると困るというなら、ああいう展開にしていくのが間違いじゃ?

各自のキャラ、戦いぶりを鮮明に紹介したパート1に比べて、団体戦に突入した今回は、戦の見せ方も、ありきたり、興味をわかせずに終わった。

矢だらけ
孔明(金城武)の策略、大成功! でも下手すりゃ死んでる、危なすぎ!
(c) 2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.


ぐっと感動した場面は2つだけ。
団子をわけるシーン。(詳しくは書かない。)
ヴィッキー・チャオが戦場で悲しむシーン。(同上。)

つまらなくはないですよ。ちゃんと飽きずにしっかり観てたから。

(4月18日 ワーナー・マイカル・シネマズ 大井)

RED CLIFF
2009年 中国・台湾・韓国・日本・アメリカ作品
監督 ジョン・ウー
出演 ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン、チャン・フォンイー、中村獅童

参考:レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―@映画生活
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

こんにちは☆

正直いうと、私も女性エピはかなり??でした。
途中姿を消す劉備軍の代わりに中心に添えたものでしょうが、
間者には男性が自然だし、敵の武将の妻が
身重を推して「たった一人」で乗り込むのも無理があり(-_-;;
オリジナル部分はかなりテンションが下がりました。
ウー監督は、どうしても兄弟愛、夫婦愛を入れたかったんでしょうね。

金城・孔明を観に行ったようなものですから、
彼のシーンには満足でしたv-63

こんにちは~♪
私も同じような感想を持ちました~
決して悪くはないんだけど、、、前作ほど燃えさせてくれませんでしたよね。
何より劉備軍の猛将の出番が少ないことに不満でした。
デブ助いいから趙雲出せ~!って思っちゃったわん。

こんにちは!

私もボーさんと同じく、三羽烏の活躍はもっと観たかったです。
撤退するのが早かったですよね。
前作では彼らの登場シーンが一番面白かったのに。

女性の活躍は、男女敵味方とも同じ思いで
戦っているというのが伝わって、
私としては良かったと思いましたが。

曹操への詰めが甘いのも確かにそうで、
他の戦国ものだったら、ああいう終わり方にしないですよね。

>kiraさん

こんばんは! コメントありがとうございます。
あ、やっぱり、そう思っておられました?
劉備軍が出ないとなると、他の方々に活躍してもらわないと、というのもありますかねえ。なるほど、兄弟愛ですか。。。

孔明のいちばんの見せ場は、矢を得るところですね。さすが軍師、いいアイデアを思いつくものです。
優秀な鳩使いでもあったのですね!(尊敬しそう。)

>由香さん

こんばんはっ。コメントありがとうございます。
趙雲ですね。私も、あの3人のなかでは趙雲がいいと思います。
いちばん気が利く働きができそうですし。かっこいいし。

デブ助ってねえ…笑。

>YANさん

こんばんは! コメントありがとうございます。

撤退だなんて、劉備いけすかないのう、なんて思ってたら、そうでもありませんでしたね。

女性も活躍していただきたいのですが、あの潜入のしかたは変でしょう。もしや女性兵士であってもおかしくなかった、なんてこと…でもないですよね。
奥方は、勇気ありますよねー。

こちらにも~♪

ボーさんと感想同じです^^
つまらなくはなかたんだけど・・・だけど・・がつきます(笑)

そして、団子のシーンと尚香が戦場で悲しむシーンに
グッときたところも同じでした^^

ジョンウー版三国志と割り切って観ました(^_-)-☆

>ひろちゃんさん

ありがとうございます。
同じような感想なんですね。それは心強い!
団子、私だったら食いしん坊なので、全部食べて、他人のも取るかなー。(冗談)

割り切って見ないと、きっとダメなんですよね。

おはようございます。

評価が2,5。結構厳しい評価ですね~!
尚香は、女の私から見たら、結構優男に見えてしまいました。目が少女マンガや宝塚慣れしちゃっているからかしら(笑)男の人の目から見たら、見ちゃいられないよ、と言う所なのかも知れませんね。
尚香と青年のシーンは、なんとなく韓国映画のノリに感じました。韓国映画には日本人には理解できない笑いの部分があるので、なんか最初から適当に見ていたと思います。でも終盤の
>ヴィッキー・チャオが戦場で悲しむシーン
はぐっときましたね。

>劉備一家のチョー強キャラ三羽烏(さんばがらす)、
出番が少なかったのは寂しかったですね。
最後の戦いでは、どっちがどうで誰が誰なのか、私にはぜんぜん分からなくて、名もなき人々ばかり見ていました。この映画ばかりではなく、日本映画以外の戦争映画ではいつもそうなので、テキトーに見る習慣が付いているのかも知れません(汗)
ボーさんは真面目に見ているなと感心しました。
私が一番違和感感じたのは、ラストの曹操の追い詰め方です。しかも一人の独断で許してしまった様なもの。「オイオイ」と心の中で呼びかけてしまいました。願望としては、命からがら脱出して欲しかったです。涙ボロボロこぼしながら・・・。そんな曹操が見たかったかも。

でも私は孔明ファンなので、かなり満足度が高かったです~♪

>kiriyさん

おはようございます!
男に見えましたか。たいていの観客は、最初から女と知っているという先入観も少しはあるのでしょうかねえ。
友と再会したと思ったら目の前で、というのも、ドラマなら常道ですね。しかも目の前を矢が飛んでいく。(笑)
最後の戦いは、私も誰がどうなっているのか分からないところもありました。他の映画でもありがちなことで、どうにかならないかと思うのですが。
ラストの曹操の扱いは何でしょうね。あれが男気としたら、違うんじゃないかと。カッコつけ?
女性には孔明を見たいというファンの方は多いみたいですね。
(私は、感想でも、ほとんど、かやの外です。笑)

なぜに愛と友情? ってとても不思議でした。 
虎視眈々と孔明暗殺を狙ってないと周瑜らしくないです。

七星壇もなく苦肉の策もなくて寂しかったです。

>Nanakonaさん

本来の物語では、周瑜は、呉の脅威となるに違いない孔明を殺そうと考えていたようですね。映画には、そういうのはナシ。
七星壇は、孔明が風向きを祈ったことで、これも全く映画にはありませんでした。
苦肉の策は、映画では「俺を鞭打て」とか申し出ていましたけど、結局やらなかったですね。
確実にあったわけではないから、はしょってもいい、ということでしょうかねえ。よく分かりませんが。

ナルホロ~。原作では周瑜は孔明暗殺を狙ってた、と。
映画ではいい感じに友情育んじゃってましたけど☆
(そのときが来たら主君に従うとは言ってたけど)

尚香はどうみても女ってバレバレでしょ。
黙ってたらともかく、声でバレルって(-_-;)
私は肩車した時バレるのかと思ったけど、それも無かったし。
(ゴメン下ネタ)

>わさぴょんさん

一時的に手を組んでも、もともとは隣国の危険な頭脳ですからね。いないに越したことはないということに。

適度な下ネタ大歓迎!
肩車しても、あんまり男女の区別は分からないんじゃないかなーと思いますよ。
つまり、あの、やわらかいから、首の神経は感知しないのではないかと。。。ね。(爆)

コメント&TBありがとうございました。

>おもしろくは、なかったなー。(つまらない、とは言っていないことに注意。)
巧く表現されましたね。私もそれに似たような感想でした。どこか矛盾しているような、現実性とは程遠いようなことが多かったと思います。でも一応は最後まで面白く見ましたから。

>アスカパパさん

こんばんは。
おもしろくなかった、と書くと、「つまらなかったんだな」と、たいてい思われますから。つまらない、までは行っていないけど、おもしろくない、ということですよね。
いよいよクライマックスの第2部で盛り上がるか、と思ったのが、案外おもしろくないので、私の評価は下がってしまいました…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1518-f2c7e010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッドクリフ part2

なが~~~い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  

『レッドクリフ PartII』

(原題=Red Cliff II 赤壁:決戦天下) 「さて、今日は久しぶりの“驚速”をやっちゃうかな」 ----あっ『レッドクリフ PartII』だね。 でも、原作読んでいないからよく分からないって言ってなかった? 「そのとおり。 ぼくは『レッドクリフ PartI』がけっこうオモシロか...

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―

製作年度 2009年 原題 RED CLIFF: PART II/赤壁 上映時間 144分 製作国・地域 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/...

レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―

 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4/1...

レッドクリフ Part ? / RED CLIFF 2 / 赤壁・決戦天下

前作は最速マスコミ試写というもので観たのは去年の8月初旬! その時は「part 1」なんてタイトルにも全くなくて え?!これで終わり!?いいとこで続くなの{/eq_1/}前後編だなんて聞いてないよ!状態。 そのせいもあるし、そもそも三国志を良く知らないっていうのもあっ

レッドクリフ (トニー・レオンさん)

◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり) 映画『レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

レッドクリフ Part?―未来への最終決戦―

『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました~【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と...

映画『レッドクリフPart?-未来への最終決戦-』(お薦め度★★★★)

監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ

レッドクリフ Part2 ―未来への最終決戦―

Part1以来の劇場鑑賞となりました。(^_^; 一作目は漫画の世界のような時代活劇だったけど、 二作目は製作費を相当かけただけの事はあって、 ...

映画レビュー「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」

レッドクリフPartII -未来への最終決戦-フォト&ストーリーガイド (TVTaro特別編集) (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)◆プチレビュー◆またもジョン・ウーの悪い癖が出た。それでも、待ちに待った赤壁の戦いに興奮必至である。 【60点】 西暦208年。撤退した曹...

映画「レッドクリフ Part? -未来への最終決戦-」

原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000

★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」

今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。

レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―・・・・・評価額1700円

「三国志」の前半部分でも特に人気の高い「赤壁の戦い」を描いた、ジョン・ウー監督のスペクタクル時代劇の完結編。 「レッドクリフ Part? ―...

「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」

昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ Part?」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を随...

★レッドクリフPartII―未来への最終決戦―(2009)★

REDCLIFF:PARTII赤壁上映時間144分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2009/04/10ジャンル歴史劇/アクション/ドラマ【解説】三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒ...

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦

レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- - goo 映画 4月15日映画館にて鑑賞 楽しみにしていたレッドクリフの続編。先日テレビでPart1をや...

映画『レッドクリフPart?』を見た感想と蒼天航路記事について。

三国志はかっこよく描くのが一番です!!!                    映画ネタバレ大

レッドクリフPartII~未来への最終決戦~■BADJOB!

「未来への最終決戦」とまるでB級SF映画のようなサブタイトルが付いている。「ターミネーター」や「猿の惑星」あたりについている方がピッタリするようだ。このタイトルによって作品の感じはぐっと軽量級になってしまったが、実際に実に軽い作品である。この種の作品に...

レッドクリフ Part II 未来への最終決戦

曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を配..

『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』 

□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村...

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ~!

『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...

[映画]レッドクリフPart2~未来への最終決戦~

「レッドクリフ Part2」を見ました。 「レッドクリフ Part1」を見て感動...

「レッドクリフ Part? ~未来への最終決戦~」

************************************* 大軍を率いて赤壁へ進行して来た魏の曹操[チャン・フォンイー氏]軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権[チャン・チェン氏](呉)&劉備[ヨウ・ヨン氏](蜀)連合軍の元へ船で流し

レッドクリフ Part? 未来への最終決戦

ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 昨年末 に観にいったレッドクリフPart?。 レッドクリフPart?-未来への最終決戦- は ゴールデンウィークに観にいってきました チャッチャッチャチャッチャララチャッ って、岩代太郎さんの音

レッドクリフ Part 2

戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」

レッドクリフ Part ?―未来への最終決戦― -(映画:2009年)-

監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....

『レッドクリフ PART2 未来への最終決戦』'09・米・中・...

あらすじ曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・。感想ジョン・ウー監督流赤壁の戦い完結編PART2の感想としては、アクションはPART1の方が良かったかな爆破好きなら気に入りそうやけど少し単調な感じがしたな...

レッドクリフ Part?未来への最終決戦

 昨日は世界遺産春日大社に初詣。早や三か日は過ぎたというのに、予想外の参拝客だった。 帰宅後、録画しておいた本作品を観る。Part?を観た際には複雑だった人物関係は、ほぼ理解出来ていたので今回は見易かった。 が、内容は…娯楽作に徹しきっていた。そもそも今を

「レッドクリフPart? ―未来への最終決戦―」(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「大いなる陰謀」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード