FC2ブログ
topimage

2021-01

「アフタースクール」 - 2009.05.20 Wed

キネマ旬報では、2008年日本映画第10位(読者選出7位)だった。
見てみて、まあ、そうだろうなとは思った。



見ている最中に感じたのは、めんどくさい話だなあ、と。
説明がついてみれば難しいことはないのだけれど、ちゃんと細かい点まで理解するまでに、私は何度か録画を早送り・巻き戻しした。(こういうとき、HDDは便利だね!)

前もっての知識は、まったくなく、だまされるタイプの映画ということも知らずに見ていたが、最終的に、トリッキーな面に注意を持っていかれる度合が大きくて、素直に気にいるほどではなかったので、してやられた感を賞賛することも、あまりない。
普通かな。
脚本は、ああ、そういうことだったのか、と思わせるパズル的なところが多数で、頭はいい。ただ、理詰めで、情感が少なめの感触なせいか、その理詰めの部分でお気に入りにならないと評価は上がりにくい。

最近、みんながほめる映画に同感できないと、自分がおかしいんじゃないか、さめてるんじゃないかと思うことがあるが、気にしないことにする。素直じゃないのではない。逆に、自分の感覚に素直でいるだけのことだ。
お目当ての女優が出ていない映画というのも、私の場合には確実にノリが違うはずだが。(爆)

アフタースクールって放課後のことだけど、この映画では何のことだろうと考えると、大泉洋が先生役だから、学校が終わったあとの彼の活動は、まさにアフタースクールだし、他の人間にとっても「学校を卒業したあとの生き方」はアフタースクールで、それが大事なもの
大泉くんも言ってた。学校なんてどうでもいいんだよ、(学校がつまんないなんて言うけど)おまえがつまんないのは、おまえのせいだ、と。
(おっと、ただし、この映画に乗りきれないのは私自身のせいだ、みんなは好きなんだ、と、もしも言われたら、まったく、たまらないぞ。)
DVDパッケージ
観賞後、トラックバック先を探していて驚いたのは、お友達ブロガーさんの、かなりの数の方が本作を見ていること。私などは、よほど観たいものでないと邦画は映画館では観ないけど、皆さん、私を上回る映画好き?

さて、私にとっての、アフタースクールとは何かといえば。
LINDBERGの名曲「胸騒ぎのAfter School」ですね。(笑)
ライヴ行ってきたばっかりだし。(そういうオチ?)(いや、べつに落とすつもりじゃ…)

(5月10日)

2008年作品
監督 内田けんじ
出演 大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子

参考:アフタースクール@映画生活
「アフタースクール」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆☆(3点。満点は5点)

● COMMENT ●

微妙な肩すかし感

日本映画はあまり観る機会がないんですが、ケーブルにしてからたまに観るようになりまして(^^ゞ。
この映画もたまたまですが先日TVで観ました♪
予想を裏切る展開で、大泉洋というキャラクターをとても活かした作品だなぁと思いましたが、作品全体が大泉洋のキャラと同じで肩すかし感があるんですよね。
そこが僕的にも満足感を得られなかった理由なのかもしれません(笑;)。

お久しぶりです

ボーさん、こんにちは!
やっと復活してまたゆっくりとブログをやっていこうと
思ってますので、よろしくね★

この作品、あまりお気に召しませんでしたか。
最初の先入観をひっくり返されるような上手い展開で
私は好きなんだけどな~
暖かいラストで後味も良かったし、
役者もみんな個性的でした。

リンドバーグのライヴに行ってきたんですね~
ずっとアフタースクールしてていいですね!

>kiyotayokiさん

ありがとうございます。
いいですね、ケーブル。なんでも見られるんでしたっけ?
肩透かし感、なるほど、とぼけた感じのキャラですしね。その点でいえば、堺さんも、けっこう、とぼけてますよね。
監督は、いい人か悪い人か分からないような俳優を使った、ということですが。

>YANさん

こんばんは!
復活、うれしいでーす! また、ぼちぼちとお願いします。

ええ、べつに文句はないんですが、とくに好きでもないという…中和状態? 均衡状態?(笑)

リンドバーグのアフタースクールのほうがいいなー。(って、これは比較するのが間違っておる。)(爆)

私も観ました^^

前半は「どうなるの??」と思いつつも
ダラダラとつまらなかったのですが
後半で急に面白くなってきました☆
とかいって、一回目は爆睡したので
二回目でやっと最後まで鑑賞できたんですけど^^;

いい人か悪い人か分からない俳優かぁ・・・
なるほど!
何故か佐々木蔵之介がキヨシローに見えました。

>わさぴょんさん

米、ありがとうございます。
わはは! 前半は、つまらなかったですか。素直だー。
前半がどんな展開だったか、思い出そうとしてますが、できません!(笑)
たぶん大泉の正体が分かるまで、ですかねえ。
え、キヨシローさん? 思いもしなかったですー。うーむ。

どうも~

こんにちは。


常盤貴子はこの道でよかった…!と思わせるものを得ていて成功だ。

自信に満ち満ちている今の常盤。

この結婚で
よりギラギラするのか案外丸くなっちゃうのか…


今日も楽しませてもらいました。

また遊びにきま~す。

バ~イ!


starfield

>占いさん

おはようございます。

常盤貴子さん、結婚ですねえ。年上女房。今後も女優で輝きそうです。



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1539-9d60c700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アフタースクール

 『行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後<アフタースクール>には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ』  コチラの「アフタースクール」は、5/24公開となった一...

アフタースクール

面白いと評判なのに、コチラでの上映がないなぁ~と思っていたら、、、あった【story】母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を

アフタースクール

「キサラギ」に次ぐ邦画の良作、キター! 観終わった後に「そうだったのか~」と思わずうなりました。 とにかく何も構えずにただ観ていれば...

『アフタースクール』

----内田けんじって人、 『運命じゃない人』を作った監督だよね。 確かアメリカの大学で映画を学んだんでしょ。 「そう。サンフランシスコ州立大学芸術学部映画科ね。 8ミリから35ミリ。それに脚本技術までも。 そのキャリアを積んだ上で帰国してPFFに応募。 もう、これは...

映画レビュー「アフタースクール」

アフタースクール◆プチレビュー◆緻密に練られた大人の“放課後”は一筋縄ではいかない。騙される快感はクセになりそうだ。 【80点】 一流企業に勤める木村が行方不明になった。彼の同級生の、探偵の島崎と中学教師の神野は、木村探しに奔走する。だが、追

個人授業

天然パーマが雨降りに湿気を含んでモッコモコ。赤ちゃんオネショだオムツが匂うぞホッカホカ。肩までのびてモッコモコ、結婚しようよホッカホカ。モッコモコ、ホッカホカ。ホッカホカ、モッコモコ。

アフタースクール

皆さんの初恋って、中学時代でしたか? 相変わらず、佐々木蔵之介って描き難い~!おまけに大泉洋も似てやしない...スルーしてちょうだい。 ...

『アフタースクール』

□作品オフィシャルサイト 「アフタースクール」□監督・脚本 内田けんじ □キャスト 大泉 洋、佐々木蔵之介、堺 雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、山本 圭、伊武雅刀■鑑賞日 5月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5...

先週観た映画22

昨日は横須賀バーガーを食べてきました。 バーガーを食べたのはうあで、私はアメリカンドッグとバドワイザーですが(笑) パンもこんがり...

アフタースクール

甘く見てるとダマされちゃいますよ

「殺人魚フライングキラー」 «  | BLOG TOP |  » キイ(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード