fc2ブログ
topimage

2024-03

「雪のなかを走る猫」 リタ・メイ・ブラウン&スニーキー・パイ・ブラウン - 2009.06.04 Thu

シリーズ2作目。
猫と犬がいて、納屋があって馬がいて…という、自然のなかの素朴な暮らしの描写が、なんだかいいなあと思うのだ。




1作目の記事はこちらに。
ビッグ・マリリンとリトル・マリリン母娘も元気です。ビッグのほうは出番が少なかったかな。

ついに離婚したハリーだが、となりの土地に、モデルの仕事をしている男性が都会から引っ越してくる。
この男が感じのいい人間で、となりのよしみもあって、暮らしていくうえの相談に乗ったりするうちに、ハリーと彼の仲は、いいムードに。
カバー
朝、早く起きて、動物の世話をしたりしてから、猫のミセス・マーフィと犬のティー・タッカーといっしょに長い距離を歩いて職場の郵便局に行くハリー。
決して裕福でなくても、日々、自然とともに生きる充足のようなものが感じられる。
こういう暮らし、してみたい。でも映画もたくさん観たいから、田舎すぎても困るんだよね。そこが難しいところです。

今回は、猫、犬、馬に加えて、オポッサムとフクロウとヘビも、最後の犯人逮捕に活躍するという、豪華さ(?)。
オポッサムって、どんな動物だ?と思いながら読んでいたが、このシリーズにはイラストがついていて、そこにオポッサムの絵も出てきた。
ネズミの仲間かなと思ったが、あとで調べてみたらカンガルーやコアラと同じ有袋類だそうだ。見かけはネズミっぽっくもあるんだけど、これは何かといったら、オポッサムだとしかいえないんだろうなあ。

犯人に関係するものかもしれないイヤリングを見つけて、それをつけてパーティーに出るなんて、ハリーは今回も無茶してます。怖くないんですか、あなたは。
それとは関係ないまでも、結局は危ない事態に巻き込まれるハリー。これから、ずっと、そういう運命、そういうお約束なのだろうか。ヒロインも大変です。

(6月2日読了)

関連記事:
「町でいちばん賢い猫」
「かくれんぼが好きな猫」

● COMMENT ●

にゃんこ探偵

動物が主役の作品って変に擬人化されていたりして食わず嫌いがあったんですが、人間視点もちゃんと描かれたミステリなら読んでもいいかな。

ところで、
>この男が感じのいい人間で、となりのよしみもあって、
>暮らしていくうえの相談に乗ったりするうちに、ハリーと彼の仲は、いいムードに。

↑の一節読んで一瞬目が点に!
その後、一作目のレビューを読み直して自己解決しましたけど。
・・・ハリーって女性だったんですね。(殴)
よく読めば今回のレビューにもちゃんと「ヒロイン」って書いてあるじゃん、ねぇ。

>小夏さん

未開拓地にコメントつけていただきまして、ありがとうございます!

話としては、人間側のほうが主なんですよ。
動物たちは人間の言葉も分かるし、人間関係もかなり分かっています。いいたいことを人間に伝えるのに、もどかしく思っているくらい。

ハリーっていうと、単純に男に思えますよね。本シリーズの場合も、愛称ですけど。
感想書くごとに、説明しといたほうがいいかもしれないですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1557-7f6a071f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マンマ・ミーア!(13回目)」 «  | BLOG TOP |  » マリリン誕生日

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード