topimage

2017-09

「天使と悪魔」 - 2009.06.08 Mon

映画的な面白さがあって、よかったんじゃない~?

主演カップル?
主演の冒険カップル、教授と科学者。

最初のほうは体調のせいか、昼食後のせいか、眠くなって、一瞬字幕を見逃したところも。
ラングドン教授(トム・ハンクス)が犯行予告を推理して追いかける手際は、ずいぶんと、さくさく、うまいこと進む印象だが、映画だから、エンタメだから、いいでしょう。そうじゃないと楽しくないし、2時間ちょっとで終わらないし。
犯人の手際のよすぎるところや、射撃がうますぎるのも、まあ、そんなこともあるかと思いましょう。
勢いと、はったりで、よく考えればオカシなところを隠蔽して見せきる力技。

ヴァチカンに対する、秘密結社イルミナティの復讐を、ラングドンたちが止めようとする話。(ラングドンと入力すると「欄愚鈍」と出てくるのに笑った。愚鈍って…笑)
イルミナティって、聞いたことあるなあ。やはり、何かの映画だったように思う。

映画では、教皇が亡くなり、次の教皇の選挙が行われる。
その選挙をコンクラーベというが、日本人の私は、どうしても「根くらべ」と想像してしまうのであった。
密室にこもって教皇を選び、民衆には、結果を煙の色で知らせるという、いかにも儀式めいたもの。形式主義といいますか。

ユアン・マクレガーは教皇の侍従。ラスト近くでは、SF映画のヒーローのよう。
あのあたりは、映画ならではの視覚効果を存分に使っていて、おもしろかった。
ラストの「ひねり」から続く見事な着地は、(私にとっては)心地よく決まって楽しめた。

まじめなユアン
聖職者なんですから、ガンを飛ばさないでください、ユアン。

教皇警護のスイス衛兵隊長の役で、ステラン・スカルスガルドが登場。
最近「マンマ・ミーア!病」なので、彼を見ると、あ、冒険野郎のビル・アンダーソンだ! と思ってしまう。(笑)

前作「ダ・ヴィンチ・コード」より、すっきりと冒険味がアップされた感があって楽しかった。

人間というのは、主義主張を持つのはいいけど、どうしても、それで対立して相手を傷つけるようなことをしがちになる。
そういう歴史を繰り返す。なんとかならないものか。

「天使と悪魔」というタイトル、ひとりの人間の中にある二面性を表していると見てもよさそう。

(6月7日 ワーナー・マイカル・シネマズ 大井)

ANGELS&DEMONS
2009年 アメリカ作品
監督 ロン・ハワード
出演 トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、アーミン・ミューラー=スタール

参考:天使と悪魔@映画生活
「天使と悪魔」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

まず「ごめんなさい」です。
間違えて、違う映画をTBしてしまったような(^^;
ステラン・スカルスガルドは僕も「マンマ・ミーア」の印象が残っていたので、どんなに悪そうな顔をしても、悪人には見えませんでした(^^ゞ。

う~む

そうですか・・、私はアンチ「ダヴィンチ・コード」派なので、最初からパスに決めてましたが、面白いですか。。。

どうも、トム・ハンクスのマジなノリにも馴染めず、この頃は胸ヤケ感が・・・。
「フォレスト・ガンプ」の頃は絶妙の、マジとボケのバランスだったんですけどね。

なんだか、ユアン・マクレガーが新境地を開いておるようですね、中だるみの長かった彼には、
今後、少々期待できるかも、と思っております。

トラバは後ほど・・

とにかく原作の端折り方がとんでもないことになっているので、ここはあれこれ突っ込んでも仕方ないんだな、と。そんな電波をハワード監督から受信しました。いや、面白かったですよ。

そういやここ最近、カメルレンゴのファンサイトを幾つか見かけるようになったんですが、「カメルレンゴ≒カメル連合」のネーミングに思わず爆笑。いや、みんな考えるもんだな~(笑)

ちなみに、我が家のパソ子は「卵愚鈍」と出ました。
ボーさんちと頭脳レベルは同じみたいっす。

こんにちは!

予告どおり、観てきましたね!
なかなか面白そう~
私は原作を読もうと文庫本3冊を買ってきた所です(^^ゞ
読み終わるのはいつの事やら・・・

「イルミナティ」は「トゥームレイダー」で、
アンジーに敵対する
秘密組織として出てきましたよ。
つい最近テレビ放映があって偶然気付きました。

>kiyotayokiさん

はい、削除しておきました。
好きな映画での印象が強い俳優だと、あ、出てる!と、ちょっと嬉しくなります。

ステランは最初から怪しくて、結局…。以下カット。

>lalakiさん

まったく期待してなかったので、そのぶん面白い、というのもあります。
トム・ハンクスは毎度ながらで、他も俳優が特筆ものというわけではないのですが、全体のハリウッド的な力はあるかな、と。
ユアンは終盤の中心人物でしたよ。

>小夏さん

やっぱり、かなり原作のダイジェスト風になっていますか。
映画で原作通りやるのは、無理な話ですよね。

マイパソコンでは「かめる連語」です!
ファンサイトなんて、ありますか! 不思議な響き、カメルレンゴよ永遠に!

「卵愚鈍」、愚鈍には変わりないんですねー。かわいそうなラングドン。頭いいのに。次から次へと謎解きしてるのに~。

>YANさん

おはようございます!
私の場合、前売券を買ってしまう、という計略(?)も使います。そうすると、どうにかして観にいくことに。

原作は文庫本で3冊ですか。面白いといいですね~。

おお!イルミナティは「トゥームレイダー」で出てきてましたか。私も観てましたから、聞いてるわけですよね。
情報ありがとうございます!

こんばんは^^

コメントありがとうございました♪
まさに映画的な面白さって言う感じでしたよね^^

>彼を見ると、あ、冒険野郎のビル・アンダーソン

あはは~~。そうですね。「マンマ・ミーア!病ボーさんにとっては、
そう見えちゃいますよね^^私は、彼を見ると、パイレーツの
ビルターナー(ジョニー大好きで何回も観てるので)だって
思ってしまいますもん(^_-)-☆

イルミナティ、私もどこかで聞いたことがあるようなと思っていたら、
先日放送されたトゥームレイダーに話があって、そうだったんだ~って
わかりました^^(上で、すでにYANさんが書かれていますが^^)

>ひろちゃんさん

おはようございます。
おお、ビル・ターナー! おんなじ「ビル」じゃないですか。
これからは彼を「ビル役者」と呼びましょう。(って、本作では違いますよね。)

イルミナティ。ひろちゃんさんが書かれていましたが、フリーメーソンは似たような感じがしますよね。
日本の明治維新にも暗躍したとか噂のある…。

こんにちは~♪
前作よりも面白かったですよね~スピード感があって。
だけど原作既読者には不満の多い作品だったかもですぅ~
内容が薄いんだもん(泣)
まぁ~2時間チョイの時間に纏めるならこれが限界かもですが、、、
無理して映画化せんでも、、、って思っちゃいました。

ボーさん
こんにちは、コメTBありがとうです、
そうですね~、ダヴィンチコードよりは良かったのでわたしもフツウ評価ですよ!
あれでも。

ユアンは確かに最後の方なんだか突飛だったしSF映画の主人公みたいでしたよねちょっとびっくりの展開でした。
その頃は犯人とかもうどうでもよくなってました(笑)

あ、マリリン、今発売中ひなのちゃん表紙の「グラマラス」(雑誌)の中ほどに少しグラマー特集かなにかで掲載されてましたよ~

>由香さん

こんばんは!
この映画は、原作と、だいぶ違う印象らしいですね。
原作を気に入った方は、映画を観て、こういう原作なんだと思われたくないでしょう、きっと。
映画化は、次も、するでしょう。絶対やること請け合いです。
でも次回は、もう少し原作ファンも満足できるように作ってほしいものですね。

>migさん

こんばんは!
あ、あれ普通評価だったのですか。
前作よりは、単純に追っかけエンタメ的に内容を絞ったのが、功を奏したでしょうか。

おおっ! マリリン情報ありがとうございます! 明日チェックしてみます。

こんばんは^^

今度は、単純に面白かったですよ~。
ラングドンって覚えにくかったのですが「欄愚鈍」で一発で覚えました。賢く見えない名前ですが(笑)

原作は、文庫本だと3巻もあるから、そりゃ内容は片っ端から端折るんでしょうね~。

>あんさん

そう! 単純に面白いんですよね。
欄愚鈍、いいですよね。そういう日本版主人公がいても!
原作を、開き直って、いじった感じ。
読んでみたいけど、文庫本とはいえ、もしも3冊買うとなると、けっこうしますよね。

こちらですいません

ボーさん、こんにちは!
「映画賞」のほう、コメントしようにも
自分が観たのは「レッドクリフ2」のみでした。
でも、いろんな「しょう」のアイデアは面白いですね!
作品賞が一番楽しみです★

こちらの記事に、6月に自分のコメントがあるんですが、
その時に本を買っていたとは・・・
レンタルになる前に慌てて読み始めたので、
買ってから半年間も放置していた事に気付きました。

本はもちろん人間描写に長けていて内容が濃いですが、
映画はかなりエンタメとして楽しめるように、
上手にまとめてあるなあと思いました。

>YANさん

こんにちは!
訪問、コメントありがとうございます。
「赤壁2」しか見たものが合いませんでしたか。パート2は、もうちょっと、あるかな…?

あ、ほんとだ、半年前にコメントが! 3冊あるというのも、すごいというか商売上手というか。
本と映画との表現の違い、うまくできていた映画のようですね。

人間の二面性

ボーさん、トラコメありがとうございます。
そうか!衛兵隊隊長さんはマンマミーアの方でしたね!
ぐっと難しそうな顔をなさって、さすが役者さんです。
謎解きが忙しすぎて、なんとなく置いてきぼりをくらった私なので、なんとか原作を入手して読みたいと思っています。

>ノルウェーまだ~むさん

おはようございます。
そうですよ、私にとっては何度も観た「マンマ・ミーア!」で、おなじみすぎる人なのでした。
謎解きの詳しいことは、もう忘れてるので、なんとも言えませんが…。原作は読んだら面白いかもですね。

オンボロなパソコン、フリーズ気味なので、のちほど(日本時間、夜)、うまくいったら、うかがいまーす。

No title

吹替え(地上波)で見たので、私も「根比べ」に聞こえました。
ご親切に、「コンクラーベとは…」と、説明字幕(?)が出てきましたが。

科学者が、開発した何たらエネルギーを
「電力会社にだけは、奪われたくなかった」みたいなことを言っていましたが、
ケチくさいこと言ってないで、今、分けてくれよ!と日本国民全員が思ったのではないでしょうか。

「稲妻i-5を定義できない科学と、稲妻の源に敬意を払う我々とでは、どちらが上でしょう」
など、含蓄ある台詞が所々ありました。
周りから原作を(原語でe-263)勧められたのも、少々納得です。
読まない(読めない)けれどっ。

v-219文房具売場ボールペンコーナー(どこのか忘れました)に、マリリンさんの絵(の看板)が立っていました。

>モペットちゃんさん

こんばんは!
コメ、ありがとうございます。

いまや日本国民が生活の不安とコンクラーベ状態?
電力会社、なんて台詞がありましたか。代替エネルギーがあったら、どんなんでも欲しいものです。

このシリーズ、第3弾があるのか(という前に、原作3作目があるのか)。あったら、なんとなく見ちゃいそうです。

ボールペンコーナーのマリリンは、情報ゲットしています。実際に見てはいないですけど。でも、知らないニュースかもしれないので、情報は歓迎です!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1562-7e26df65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天使と悪魔 ANGELS & DEMONS

公式サイト。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド。「ダヴィンチ・コード」の続編。ハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ」のようにトム・ハンクスの「ロバート・ラングドン教授」シリーズに...

天使と悪魔

 『ヴァチカンを光と闇が包み込む─』  コチラの「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名原作小説の大ベストセラーを受け映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」から3年、5/15に全世界同時公開となったミステリー大作なのですが、せっかくなので公開初日に観てきちゃい

『天使と悪魔』

監督:ロン・ハワード  CAST:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 他 スイスにある世界的な研究所で殺人事...

天使と悪魔

映画を比べることはあんまり好きじゃないのですが、自分のだからいいよね、ハワードさん。「ダヴィンチ・コード」より10倍いいです。

『天使と悪魔』

(原題:Angels and Demons) -----この映画、あの『ダ・ヴィンチ・コード』 の続編ニャんだって。 「宣伝としては、そうしたいところなんだろうけど、 ダン・ブラウンが書いた原作はその順序が逆。 『ダ・ヴィンチ・コード』が大ヒットしたことだし、 それにあやかって...

天使と悪魔/トム・ハンクス

これはもう事前に何も知らなくたって前評判良かろうが悪かろうが観に行っちゃう映画ですよね。でも『ダ・ヴィンチ・コード』の大騒ぎにはかなり振り回されたところもあるので今回はあまり騒がしくないのはかえって好印象だったりします。ワタシ的には一度の鑑賞でわかるの...

天使と悪魔●ANGELS & DEMONS

ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました!...

天使と悪魔 / ANGELS & DEMONS

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全世界同時公開{/atten/}日本でも大ヒット中?  前作の『ダ・ヴィンチ・コード』がわたしは全然ダメで、 劇場で観て寝ちゃったくらいだったので{/m_0162/}

天使と悪魔 [映画]

原題:ANGELS & DEMONS公開:2009/05/15製作国:アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/05/15監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・...

天使と悪魔 (2009年、アメリカ)

映画は映画で原作とはまた別の楽しみ方があると思っています。 もちろん、それはわかっているのですが、まずはひとこと言わせて欲しい。 原題: ANGELS & DEMONS 監督: ロン・ハワード 原作: ダン・ブラウン 脚本: デヴィッド・コープ     アキヴァ・

天使と悪魔

もっと考えさせてください。

★「天使と悪魔」

最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段...

天使と悪魔

 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ~             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくロ

天使と悪魔

「天使と悪魔」 ANGELS DEMONS/製作:2009年、アメリカ 138分

天使と悪魔・・・・・評価額1500円

象徴学者ロバート・ラングドン教授を主人公とした、ダン・ブラウン原作のベストセラー小説、映画化第二弾。 原作はこの「天使と悪魔」の後に...

「天使と悪魔(ANGELS

本当はダ・ヴィンチ・コードの前編だけど映画的には続編扱いされている「天使と悪魔」(ANGELS DEMONS)見てきまし

映画レビュー「天使と悪魔」

天使と悪魔 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆前作以上の謎とスピード感で描く歴史犯罪ミステリー。駆け足の謎解きを重厚な背景がサポートする。 【65点】 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授は、秘密結社イルミナティが復活したことを知り、教皇...

天使と悪魔

教皇の急逝で喪に服すヴァチカンで、新教皇の候補者4人が誘拐される事件が発生した。イルミナティを名乗る犯人は4人の候補者を一人ずつ殺していき、さらに危険な反物質を用いてヴァチカンを崩壊させるとメッセージを送ってきた。ヴァチカンに呼び出されたラングドン教授...

天使と悪魔

天使と悪魔 ’09:米 ◆原題:ANGELS & DEMONS ◆監督:ロン・ハワード 「フロスト×ニクソン」 「ダ・ヴィンチ・コード」 ◆出演:...

天使と悪魔

「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。 物語:ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、...

★天使と悪魔(2009)★

ANGELS&DEMONSガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。メディア映画上映時間138分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/05/15ジャンルサスペンス/ミステリー/アドベンチャー【解説】「ダ・ヴィンチ・コード」のロ...

「天使と悪魔」

「天使と悪魔」、観てました。 教皇が死に、時期教皇の選挙が行なわれようとしたローマで、驚愕の事件が勃発する。事態を重く観たヴァチ...

『天使と悪魔』 2009-No17

やっぱりねぇー。 そうだと思ってました! 宗教象徴学は全くワカリマセンが、 犯人は判っちゃいます! 長引かせず、 ラング...

天使と悪魔

ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰謀..

天使と悪魔 /Angels & Demons

ん?『天使と悪魔』じゃなく『神様と神様』?! 『聖☆おにいさん』中村光、第1巻の真ん中弱あたりから参照(薄い単行本対策の為か?ページ...

【天使と悪魔】

あれから3年…  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]ラングドン教授はやっぱり24時間走らされてました【あらすじ】ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社“イルミナティ”の復活の証拠を発...

映画『天使と悪魔』劇場鑑賞

 やっと映画『天使と悪魔』を観に行くことが出来ました。公開から2ヶ月近く経っていただけに、もう劇場では観られないかと思っていたんです...

「天使と悪魔」

前作よりもテンポ良くお話が進んでいった感じ

天使と悪魔

ブログネタ:2009年の後悔 参加中 「ダ・ヴィンチ・コード 」 の続編? 原作ではこちらが先に出版されたようですね。 「ダ・ヴィンチ・コード 」は映画館で観たので こちらも映画館で観たかったのですが叶わず。                   DVD

天使と悪魔★★★★+劇場60本目:原作読んだ人もいない人も・・...

早速、レイトショーで初日に観てきました!!良くも悪くもこれはエンターテイメントなハリウッド映画ですね。それを楽しめるかどうか・・がポイント。ラングドンシリーズの原作を読んだ人へのアンケートで『ダ・ヴィンチ・コード』より、『天使と悪魔』の映画の方が観たい...

天使と悪魔

「ダ・ヴィンチ・コード」でお馴染のロバート・ラングドン・シリーズ。 歴史ロマンとミステリーを絡めた面白い作品になっていました。 監...

「天使と悪魔」 ゆかりの地をたずねて

ローマ市内を縦横無尽に車で走り回るのは、まるで現代版「ローマの休日サスペンス風」。 懐かしいローマの教会めぐりに思いを馳せていると、あれあれ・・・? 慌しく駆け回る展開についていけないよ・・・・

#679 ANGELS & DEMONS (2009) 天使と悪魔  …並

ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる           LANCIA 2009 DELTA   #679 ANGELS & DEMONS (2009) 天使と悪魔   サスペンス/ミステリー/アドベンチャー 6 点   2010/...

『天使と悪魔』'09・米

あらすじ新しい教皇を選出するコンクラーベと行うことになったカトリック教会の総本山ヴァチカンで、候補者である枢機卿たちが誘拐される事件が発生。ラングドン教授は美人科学者ヴ...

天使と悪魔(感想165作目)

EVOLUTIONはWOWOWで鑑賞して 結論は前作より見易かったけども疲れるね 内容はハーヴァードの宗教象徴学の権威ある

天使と悪魔 (Angels & Demons)

監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム…

「天使と悪魔」(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » 「マンマ・ミーア!(14回目)」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード