FC2ブログ
topimage

2019-10

「南極(人)」 京極夏彦 - 2009.07.09 Thu

こっ、これは!
くだらない。くだらなさすぎる!(笑)
 という、ほめ言葉が似合うであろうか。


カバー
カバーと扉のイラストは、しりあがり寿である!
右に載せたカバーに描かれている、さえないオヤジが、主人公の南極夏彦である。著者の名前に激似である。ギャグである。

この本の中の一編、赤塚不二夫のイラスト入りで書かれた「巷説ギャグ物語」によれば、著者が『ギャグ漫画があってギャグ小説がないのは納得いかん』というので、生まれた作品のようだ。

各編のタイトルもパロディで、「宍道湖鮫」「ガスノート」「探偵がリレーを」などと、ふざけている。
「こち亀」30周年を記念したコラボレーション企画で、秋本治がイラストを描いた一編もあり、ばかばかしいながらも豪華な一面も。(笑)
また、古屋兎丸の描く女の子には、まったく萌えそうである。(爆)

本の装丁が、ものすごい。
各編ごとに、本文が一段組になったり、二段組、三段組になったり。同じ二段組でも微妙にレイアウトが違ったりする。
書体も変わる。太字もある。用紙も変わる。一冊の本の中で、数種類の紙が使われている。
漫画まである。

もっとも注目すべきは、「しおりひも」。これが4本もある。黒3本に白1本。
これは、主人公の「簾禿げ(すだれはげ)」のイメージに違いない!
残り少ない頭髪を、すだれのように頭の前に垂らしている、その様子を、ほうふつさせるではないか!
しかも、1本は、白髪(しらが)だ!
なんと、ばかばかしく豪華な仕様!
だいたい、4本も使うか? 一冊を4か所同時に並行して読み進めるヤツがいるだろうか!
ことほどさように、凝りに凝って、凝りすぎなのである。

京極さんは、こんな馬鹿馬鹿しい話も書くのである。
みじんも真面目に構えてはならない。ばっかでー。と、ゆるく笑いながら読もう。

(7月8日読了)

● COMMENT ●

すだれ…

TBありがとうございました。
しおりまでは気付きませんでした。

昼休み噴きだしてしまいましたよ!
すだれしおり!
むだすぎ!
一冊の中で紙が違うって、なんのために!

京極先生、すかした格好つけた、かっこいい作家さんって思ってました。
こんなことも、してくれるんですねえ。
本屋さんに行ったときは、探してみますね!

>PNUさん

家計簿で2本ついてるものは知っていましたが、4本は…ありえませんよねー。笑。

>とーふさん

そうなんです。遊びがすぎるんです。
1冊の中の各編それぞれが、いろんな本のパロディなので、それぞれ、紙まで変えたりして、いろんな体裁にしてみたんでしょうね。

「どすこい(仮)」とか、ばかばかしいのも書きますよー。まじめな小説の反動?(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1585-12fe1ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『南極(人)』 京極夏彦

文芸界の最底辺に生息する作家、南極夏彦を中心に敏腕編集者の椎塚有美子(モデルあり)、駆け出しの冒険小説家・赤垣廉太郎、自称心霊学の大家・中大岡百太郎、美女子高校生・大盛望といった面々が繰り広げるギャグ小説。タイトルは「海で乾いていろ!」「宍道湖鮫」「夜...

「愛を読むひと」 «  | BLOG TOP |  » 映画(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード