FC2ブログ
topimage

2020-04

「決断の3時10分」 - 2009.07.20 Mon

8月8日公開の映画「3時10分、決断のとき」のオリジナル版


ポスター
牧場主ダン・エヴァンス(ヴァン・へフリン)が、礼金目当てで、強盗団のボス、ベン・ウェイド(グレン・フォード)を護送することになった。
乗る予定の汽車は3時10分に来る。長い待ち時間がある。
礼金よりも、もっと金を払ってやるから俺を逃がせ、というボスの誘惑や、ボスを取り返そうとする強盗団の襲撃に備えながら、牧場主は強盗団のボスを無事に汽車に乗せることができるのか。
…というのがメインストーリー。

さすがに、リメイクしようというだけあって、内容は面白いほうだと思う。
フランキー・レイン(「ローハイド」「OK牧場の決斗」など)が歌うオープニング。西部劇の香り。

リメイクされた「3時10分、決断のとき」(出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、グレッチェン・モル、原作:エルモア・レナード)は、スティーヴン・キングが2007年の映画第7位に選んだ作品。はたして、リメイクでは、どんな脚本の変化があるのか。

(7月18日)

3:10 TO YUMA
1957年 アメリカ作品
監督 デルマー・デイヴィス
出演 グレン・フォード、ヴァン・へフリン、レオラ・ダナ、フェリシア・ファー、ヘンリー・ジョーンズ

参考:決断の3時10分@映画生活

評価☆☆☆★(3.5点。満点は5点)

● COMMENT ●

TB&コメント有難うございました。

入院中には温かい励ましのコメントを戴き、有難うございました。
体調は大分良くなりましたので、ぼちぼち参ります。

面白い設定のお話なのですが、グレン・フォードの最後の扱いにスター・システムの影響が出ているような気がして、ちょっと白けたりもしました。
病み上がりなので、あまり突っ込まないように。(笑)

>オカピーさん

さっそくのお越し、ありがとうございます。
無理なさらないようにしてくださいね。

たしかに、グレン・フォード、強盗団のボスとはいえ、人格者っぽいですよね。落ち着きがあって、かっこいいくらいです。
でも、ああいうラストも面白いなと思いました。
ラッセル・クロウだと、どうなるのでしょうね。

ボーさんTBありがとうです。
ゴシップなのに(笑)
この記事upしたばかりだったんですね!偶然。
ええ~、そうなんだ!
スティーブンキングはリメイク好きな映画に入れてるんですね。
実は試写いくことになってるんで
そのうちupします~^^

配役が、

いい得て妙、というヤツですね。

ヴァン・ヘフリンがクリスチャン・ベイル、というのが、ある種の批評のような取り合わせ。
そうですね、クリスチャン・ベイルはヴァン・ヘフリンのように、アカデミー賞の「助演」賞を受賞し、爆弾犯人(「大空港」でしたね)なんかを演じれる、味のある準主役、名脇役を目指すべきですよ。

ラッセル・クロウは、演技力はグレン・フォードより上と思いますが、もっとチンピラっぽいので、どうなるんでしょうねー。
グレン・フォードの持ってるような、「格式」が演じれたら、これは大注目ですよ、これから先も。

>migさん

はい、ゴシップ記事なのに、リメイク版映画も書かれていたので、思い切りTBしてしまいました。
原作がエルモア・レナードで、こんな頃から活躍していたのを知って驚きました。
キングが選んでるので、つまらなくはないような気もしますが、いままで未公開だったのは、なぜなんでしょうね。。。

>lalakiさん

へフリンは見かけからして味がありますからね!
デンと構えたフォードを相手に、精一杯がんばります。
オリジナルと同じ話かどうか分かりませんが、ベイルだと、かっこよすぎる気も。
クロウは、スマートさや格式が出るのかどうか。どっちかというと泥臭いイメージですよね。
まあ、べつにオリジナル通りにやらなきゃいけないわけでもないですから。(もう、あきらめてる? 笑)

観ました!

この記事が気になって、昨日、仕事の帰りに、なじみの”○○・オブ・カリビアン”に寄って、店のオバサンにリクエストしたら、2秒で出してくれました。

家に帰って、電子レンジでポップコーンをチンして、早速観ましたよ。

よく出来てます。
ベイルはよくやってます。T4より、バットマンより、さらに「プレステージ」よりも、この役が一番ハマッてるんじゃ、ないでしょうか。
やっぱり、彼はヘフリン周辺を目指すべきですね。

クロウは、まんまグラディエーターでしたが!
しかし、あのグラディエーター・キャラは唯一無二ですから、良しとしましょう!

一緒に観ていた「ココナッツ嫁」は、偶然、数日前にケーブルのMGMチャンネルで、フォード=ヘフリン版を観ていたのですが、やっぱりクロウとは違うフォードの格式に感心してました。

この役は、フォードの他、カーク・ダグラス、バート・ランカスター、ユル・ブリンナー、スペンサー・トレーシーなどが演じたらどんなだろうと、想像するだけで楽しいですね。
クロウはそれらと並んだレベルに達してるというのは大したものだと思います。

あと一つ、「ザ・バンク」のグッゲンハイムのシーンは、最後の駅のシーンのオマージュだったんだな、と、気がついた次第です。

>lalakiさん

パイレーツ・オブ・カリビアン…海賊版ですねえ~?(爆)

そうか! リメイク版は日本公開が遅いだけで、とっくに海外ではDVD(正式なのも海賊も!)にもなってるんですよね。
そうですか、よくできてますか。
フォード役をいろんな親玉キャラの俳優が演じたら、どうか? と想像するのは楽しいですね。三船敏郎とかも?

「ザ・バンク」と似てました? 私が思い出さないだけかもしれませんが、もしかしたらリメイクだけのことかも?
リメイク版は、あんまり観る気がないんですが、どうしましょうかねえ。

お嫁さん、けっこう映画見るのですか。いいですねー。
そういう嫁さん欲しいですうっ。

三船は私も!

想像しましたですよ、すっかり。

アレ以来、いろんな配役の組み合わせが頭の中を走りますが、しっかり世界のミフネも登場いたしました。
ヘフリン=ベイルの役は、これはもう間違いなく、いぶし銀:土屋嘉男氏で決定です。ひょっとすると世界で一番この役にピッタリかも。もちろん日本の時代劇仕様ですけどね。

しかし、想像の中では、意外にベイル=ヘフリンの役は難しいのですよ。

ま、またボーさんが観られてからゆっくり伺いますね。

>lalakiさん

三船と土屋じゃ、まるで黒澤映画?

う~ん、リメイクを見てないと、配役想像遊びも何ともいえませんが…あれ? 観ることになってるんですか、ワタシ!?(笑)

ボ-さん、こんばんは。
リメイク観て来たので再び。

オリジナルのラストはふたりで逃げるっていうものでしたか?
リメイク版は全くそうじゃなかったです
全然違うの。ちょっとそのあたりの行動が疑問に思えたりもしたのでボーさんがみてからお話したいんですケドね^^

あと、リメイクでは息子が重要な役割でしたけど
オリジナルでは息子はいずに妻だけだとか??
かなり変えてるんですねー。

>migさん

こんばんは~!
そうです、ラストは2人で汽車に飛び乗って、ボスの部下たちから逃げ切ります。
リメイクでラストを変えるのは、新鮮味を出すためにも、よくありますね。
それは観るのが楽しみかも。

牧場主の息子、2人いましたよ。護送が始まってしばらくしてからは、もう出てこないですけど。そんなに重要な役ではないです。

見ました♪

ボーさん、こんにちは。

先日WOWOWでオリジナルを見て、西部劇と言うよりサスペンスな雰囲気を感じたのでリメイク見てきました。
私はリメイクの方が西部劇っぽく思え、かつドラマチックな展開で凄く楽しめました。
オリジナルではホテルの部屋が長いですが、リメイクはそこにたどり着くまで色々とあり、ハラハラします。
ラストも全然違い見応えありました。

>オリーブリーさん

こんばんは!
ありがとうございます。ネタばれもなくコメいただきまして。
それは面白そうかも。
一応、観ようとは考えています。
もし観たら、改めて伺いますね!

こんばんは♪

オリジナル版は俳優さんも知らないんで、ここでふむふむと勉強になります。

リメイク版は息子がキーポイントになるし、ラストも違うみたいですね...。

>あんさん

おはようございます。
このオリジナル、先日、再度WOWOWで放送していたような。
きょうか明日、リメイクのほう、観に行きます。行きたい。行ければいいな。行くかな?(おーい)

何時もありがとうございます。

私はリメイクを観ていませんが、評判が良さそうですね。もしかしたらオリジナルを上回る出来なのでしょうか。どういうところが、そうなのか、是非何時か観たいものと思っています。

>アスカパパさん

オリジナルは、その時代の西部劇らしく、できていましたよね。
リメイクは、今の時代らしく、細かく作りこんでいます。
違う味があって、どちらも面白いですよ。

オリジナルはみてませんがリメイクはみました。

 ボーさん こんばんは。ボクは 正直 西部系の映画は見る機会が 少ないんですよ ですので どこをどう感じるかもわかりませんので、 上手くは感想述べられません。けど ボク的には 見ごたえがあってよかったです。

ただ ・・ボクのおふくろは よく昔 西部の映画はみてたそうなのですが、クリントイーストウッドの「許されざる者」も とってもよかったとは言ってました。 残念ながら おふくろは この作品が公開される前に亡くなりましたが ひょっとかしたら DVDで見せてたら なかなかよかったよとはいってたんじゃないかなと思ってます。


よくリメイクはオリジナルにはかなわないというイメージがありますが(例 サイコ)  それは作品によって違う気がしますね。 昔ながらの年配の人たちも往年の西部映画ファンの人たちでも 認める人は認める作品と感じました。めずらしく まともなコメントしました(苦笑い)

>zebraさん

おはようございます。
あとから書いた、リメイクのほうの記事もありますけど?
http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-1622.html
まあ、記事も以前のコメントも、クロスオーバーしていますから、かまわないですが。

おかあさん、西部劇ごらんになってましたか。西部劇が好きというのは男性に多い気がしますが、俳優で選んで見ていたのかも?

5年前観たもので記憶が薄いですが、リメイクのほう、自分のことながら、いい評価の記事を書いていましたね! 西部劇自体、いまは少ないようですから、貴重な作品なのは確かで、そのうえ出来がよかったですよね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1595-6caa9c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリウッド☆ゴシップNews

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今日もさっそく週明けゴシップ、まとめていきま~す。 アイアンマン2 !エンターテイメント誌のカバー{/hikari_blue/} やった{/atten/} ほんとにこのメンバ

3時10分、決断のとき /3:10 to YUMA

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ~ とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと...

「3時10分、決断のとき」:北砂四丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あ、交番、交番。 {/kaeru_en4/}なに、ほっとしてるんだ? {/hiyo_en2/}あなたにいじめられたら駆け込めばいいな、と思って。 {/kaeru_en4/}なーに、言ってるんだよ。いつもいじめられてるのは、俺のほうだろ。第一、お巡りさんとか保安官とか、市民を守って

「3時10分、決断のとき」

「3時10分、決断のとき」、機内上映で観ました。 ならず者のカリスマ、ベン・ウェイドが捕まる。彼をユマに運ぶという危険な仕事に、かつ...

3時10分、決断のとき/3:10 to Yuma

人生で一番大切なものは、何? 失いたくない男の誇り、男の生き方。 わたくし、ラッセル・クロウが好きなもんで、つい多めに睫毛を描きす...

3時10分、決断のとき

心に秘めた生き様に 男は静かに命を賭ける。 原題 3:10 TO YUMA 製作年度 2007年 上映時間 122分 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ラッセル・クロウ/クリスチャン・ベイル/ローガン・ラーマン/ベン・フォスター/ピーター・フォンダ/ヴィネッサ・ショウ/アラン・テュ...

3時10分、決断のとき◇3:10 TO YUMA

ついに鑑賞!やったあ~~ 念願の作品「3時10分、決断のとき」を先日鑑賞してきました。ご覧になったブロガーさんたちの評価も高かかった本作。気になっていたんです。22日からのMOVX京都での公開を待ち望んでいた私です。ラッキーなことにスペシャルアート・・・。...

3時10分、決断のとき

3:10 to Yuma (2007年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ エルモア・レナード作の小説を映画化した1957年作「決断の3時10分」のリメイクで、逮捕された強盗団のボスの護送を引き受け...

決断の3時10分

 如何にも西部劇らしい音楽が流れる。荒原を疾走する駅馬車をバックにトップ・クレジットが・・。多くの西部劇で見受ける何時ものトップ・シーンだ。  その駅馬車強盗の首領ベンが捕らまる。護送に一役を買うことを決断する男が居た。細々と牧場を営むダンだった。その

3時10分、決断のとき

心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」 «  | BLOG TOP |  » 東京・多摩で野外映画会

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード