FC2ブログ
topimage

2019-09

「3時10分、決断のとき」 - 2009.08.23 Sun

観て、よかった。男泣きですよ、これは。

ポスター
今回はリメイクで、オリジナルの「決断の3時10分」を見ていたから、話として新鮮さはないかなと思ったが、そんなことはなかった。
新しく話を追加して、ふくらませたり、変えたりしていて、飽きずに楽しく観ることができた。
おおまかなストーリーは上記オリジナル作品タイトルをクリックして読んでいただければ、と思う。

特に効果的なのが、やはりラストの改変。ドラマティックに変わった。
リメイクがオリジナルと同じ終わり方をするのは、オリジナルを知っている観客には、いまひとつ面白くない。本作は、うまく変えていた。
私などは、えっ、こうなるの!? と驚き、まんまと感動させられてしまった

いちばんグッときたのは、駅へ向かう途中のダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)のセリフ。というか告白。
ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)は、それを聞いて「わかったよ」と考えを変えるのだが、私は、このダンのセリフに泣けた!
順風満帆な人生で挫折を知らない人間、それなりに人生経験を積んでいない人間、人の苦しみを思いやれない人間には、心に響かないセリフかもしれない。
となれば、悪党団のボスであるウェイドだが、人間味は、ある。

そしてオリジナルと大きく違うのが、ダンの息子の存在感。
オリジナルでは、2人の息子は家に残るので、護送の道中に息子は関わってこない。だが、今回は長男が父親についてくる。
これがラストに効いてくる。
ラストで息子がその場にいるといないとでは、大違いなのだ。
泣かせてくれるぜ、ほんとに。
男には、やらなきゃいけないときがある。これを痛感。

リメイクとしては素晴らしい出来。傑作だと思う。


西部劇だねえ
左から、ドク・ポッター(アラン・テュディック)、ダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)、ベン・ウェイド(ラッセル・クロウ)、バイロン・マッケルロイ(ピーター・フォンダ)、グレイソン・バターフィールド(ダラス・ロバーツ)
(c) 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.


ウェイドが捕まるのが、間抜けに見えるかもしれないが、これはオリジナルでも多少、不思議な気はした。
でも、捕まっても、結局は逃げられる、という余裕があるからこそ、と考えればいいだろうか。
ラストだって、ちゃんと馬がついてくるもんね。(このシーンは、かっこよく決まったなー!)
2回も脱走したと言っているし、その気になれば、きっと途中からでも逃げられるんだよ、ヤツは

ラッセル・クロウは、オリジナルのグレン・フォードと比べると、やはり狂暴(笑)。だが、それは相手が彼を怒らせたときだけ。母親を侮辱されて許さないところなどは、すっかり私は彼の味方な気分
クリスチャン・ベイルの悩める演技は、もはや得意分野か!
戦争で片足を失った(義足か?)という設定を新たに加えて、オリジナルのヴァン・へフリンよりも複雑な人間像に。
借金があり、土地を追われそうになっている情けなさで、長男から尊敬されていないあたりも、強く打ち出されている。
それが、ダンが護送の仕事の完遂にこだわる、大きな動機付けになるのも、オリジナルとは一味違う。

エヴァンス家の息子が前面に出たぶん、オリジナルと比べると、奥さんの出番がなくなった。大きな意味でマリリン(・モンローさん)関連だった映画「ベティ・ペイジ」のグレッチェン・モルなんだけどなあ。


ベイルとモル
ダン(クリスチャン・ベイル)と、アリス・エヴァンス(グレッチェン・モル)
(c) 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.


ピーター・フォンダが出ているのも、オールドファンには、うれしいところか。私には思い入れはない俳優だが。
ベン・フォスター演じる、ウェイドの子分チャーリーの冷徹で独特な個性も見もの。護送に加わったお医者さんなどとともに、オリジナルにはない魅力だ。

脚本が、うまくできているし、さすが、「17歳のカルテ」(1999年)、「ニューヨークの恋人」(2001年)、「“アイデンティティー”」(2003年)などの秀作を生み出してきたジェームズ・マンゴールド監督! といえる。

(8月22日 新宿ピカデリー)

3:10 TO YUMA
2007年 アメリカ作品
監督 ジェームズ・マンゴールド
出演 クリスチャン・ベイル、ラッセル・クロウ、ローガン・ラーマン、ベン・フォスター、グレッチェン・モル、ヴィネッサ・ショー、ピーター・フォンダ

参考:3時10分、決断のとき@映画生活
「3時10分、決断のとき」の映画詳細、映画館情報はこちら

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

ほんとよかったです!

ほんとうにこれはよかったです。
ぼくは「わかった」の後、音楽が流れるところで大興奮。
映画的高揚感とはこのこと。
あの口笛と馬もよかったです!

>えいさん

ありがとうございます。
じつは、あまり期待していなかったので、なおさら「よかった感」がありました。

あのあとの音楽、までは意識していませんでした。無意識には感じていたかもしれませんが。

口笛と馬! しゃれてるし、クールで最高のエンディングですよね!

ボーさん★

こんにちは♪

おおーー!!ほんとだ、すごく良かったんですね。
オリジナル観たボーさんの感想気になってたけど
えいさんもボーさんもお気に召したとは
よほどうまく作ったリメイク。
成功ですね!

わたしはフツウだったけど好みの問題だったので(笑)
違うエンディングも興味深く観られて、楽しめるとは
リメイクとして、最高ですよね♪

>migさん

こんにちは!
よかったですよ~。
リメイクのお手本みたいな出来ですね。
リメイクが、いい映画というのも珍しいような。
監督の思い入れがあるオリジナルらしいので、作るのには力が入ったでしょう。
好みは、しょうがないですよね~。

最高でした

こんにちは。
TBありがとうございます。
本当に最高でしたね、大好きですコレ。
チャーリーというキャラクターが、ウェイドに忠実だったのも、物語を一層スリリングで面白くしていたと思います。
本作のポスター初めて見ました。
なかなかカッコ良いですね。

こんばんは♪

私も、このポスターは初めて見ましたがカッコいい!と思いました。しかも、これ、2丁拳銃のチャーリーでしょう?いや~、後ろ姿もいいなぁ~(笑)

>このダンのセリフに泣けた!
お父さん役が似合いそうにない!あのクリスチャン・ベイルが言うんですよー!そしてウェイドの「わかった」泣かせますよ!
馬もついてくる。さすが「オレの馬」だ e-445 泣かせるけど、同時に洒落てるんですよね。

>となひょうさん

おはようございます。
チャーリーは、オリジナルにはない強烈なキャラクターでした。
ボスに忠実だったのに、あんなことに…。彼にしてみれば理不尽ではありますよね。

ポスターは内容と、あまり合ってなくて、「イメージ」ですね。

>あんさん

おはようございます。
ポスター、かっこいいですよねー。
こんなシーンは映画にありませんけど、チャーリーですかねえ。描かれるのは主役じゃないといけないんじゃ?
適当にイメージで描いたような気もしますが…。(笑)

やっぱり泣けるでしょ、あの場面は。
ラストの汽車を追いかける馬も、印象的でした。口笛が聞こえるんかい!とも思いますが、そんなのは、ささいなことなんですよねー。

ほら、ね。

無理矢理スケジュールして、よかったでしょう?(なんて、ね。違うでしょうけど)

マンマ・ミーアも良いですけどね、たまには男の映画もみなくっちゃあ。
「男ごころに男が惚れて・・・」なんて、浪曲っぽいですけど、やっぱり単純なワタシら男でないと感じ方が異なる映画もございますからね。

この映画なんか、東映ヤクザ映画の高倉健と池辺良みたいでしたよ。。。
「赤い河」のジョン・ウェインとモンゴメリー・クリフトもこんなでしたね。
「ワイルド・バンチ」(ペキンパー監督)の「最後の殴りこみ」もそう。これなんか男臭さで一週間ほど臭いが取れないです。

この間の想像ゲームから、ベイルの役を誰かがやったら、と想像しているのですが、あんまり思いつきません。
クロウの役は沢山思いついて楽しいのですがね・・・。
かろうじて、ジェフ・ブリッジスぐらいでしょうか。
つまりベイルは難しい役をよくやってると思いますね。

>lalakiさん

ええ、オリジナルを見たときに、なんだかリメイクのほうも感想を期待されていたような雰囲気もありまして、他に観たい映画も少なかったので、あまり気は乗らないながらも観たのでした!
結果オーライ、大オーライでした!(笑)

「赤い河」「ワイルド・バンチ」などは好きですよ。「ワイルド~」の、一列になって戦いに臨んで歩いていくところなんて、かっこいいですよねー。

ベイルの演じた、複雑な気持ちをもった役、他に、どんぴしゃな役者はパッと思いつきませんね。できそうな人は多いだろうけど、ぴったりなのは。

4年に一度はリメイクを。

私もねー、ボーさんの前の感想がなかったら、この映画観てませんから、大感謝ですね。

こういった良いストーリーは、「忠臣蔵」と同じですから、オリンピック・イヤーごとにリメイクしてほしいものです。
その時の旬の役者でね。
ジョニー・デップとか、クライブ・オーウェンとかもね、この映画で観てみたいものです。

で、考えたあげく(←誰かたのんだんか!)、ベストのキャスティングを発表させていただきます(←誰もたのんごらんわ!)。

親分ウェイド:ウィリアム・ホールデン(晩年のね)
牧場主ダン:ジェームズ・メイスン(「邪魔者は消せ」の頃の)
ウェイドの子分頭:スティーヴ・マックィーン
監督:ジョン・ヒューストン

頭の中でこの映画は上映中となってます・・・。

>lalakiさん

そんなにリメイクしちゃうんですか!?
DVDも「誰だれが演じた版」が、ずらりと並んだりして、客の好みで借りていったりして?

理想の(?)キャスティング、
往年の大物たちが。
メイスンは渋いです。私はイメージが、はっきり浮かばないですねえー。

良かったです!

ボーさん、こんにちは。
TB、コメントありがとうございました!

オリジナルの記事を読ませて頂いて、ボーさんあまりリメイク版に興味がないのかな~と思いましたが、とても気に入られたようで良かったです♪

>順風満帆な人生で挫折を知らない人間、それなりに人生経験を積んでいない人間、人の苦しみを思いやれない人間には、心に響かないセリフかもしれない。

ああ~~、解りますわっ!!
男女の違いに関わらず、ダンの吐露にはグーッと胸がえぐられる思いがしました。
若い頃は何も感じなかったけど、色んな経験をして視野が広がり、様々な立場で物事を見れるようになる…
歳を重ねるって、こう言うことでもあるんですね…
息子とか家族とか仲間とか、脇にまで拘った結果、熱い(厚い)物語になったようです。

最近は喰われてたベイルの株が上がったので、公開が遅れたのは幸い(?)だったかも(笑)

>オリーブリーさん

おはようございます!
オリジナル版はユニークだとは思ったのですが、昔の西部劇らしく簡単にまとまっていたので、これをそのままリメイクだと、どうなのかなという思いもありました。
が、今回のリメイクは肉付けが素晴らしかったですね。

順風満帆~の文章は、偉そうなこと書いてるな、とも思って、そのままにするか、どうしようか考えた部分ですが、そう思っていただくと有難いです。

やはり、ベイルの役のほうが、客には分かりやすく感動させて受けるので、得だったかもしれませんよね。

遅くなりました!

やっぱり間違えてTBしてましたね。スミマセン!!

なぜだかこの作品を観て、
とかく「食われている」といわれるクリスチャンの作品選びが、
実は本当に彼の好む役どころであったのだと確信を持ちました。
暗く深いところで傷ついた男を演じてきた彼の真骨頂。
あの告白のシーン。。ヤラレマスよね~。

余裕のラッセルは最後まで美味しかったですね~。
男として、自分にない「父」としての生き様を息子に―というところに賭ける設定がグッときたラストでした!

>kiraさん

オリジナルのほうへTBいただくのは結構ありますし、問題ないですよ~。

ベイルの、いろんな役柄を見ると、悩める子羊な(?)複雑な心の持ち主キャラを積み重ねてきてます。
彼の好みといえそうですよねー。

ラッセルも、お似合いの役で、かっこよく決めてくれました。絵を描くのは、オリジナルにはなかったように思いますが、人間に幅が出るし、ラストの愛馬との関係など、そういう追加部分もよかったです。

コメント&TBありがとうございます♪

「男は自らのプライドのために生き、プライドのために死ぬ」を実践したような主人公でしたね。
もう一方の主人公は死ぬことなんてカケラも思わない、したたかな男でしたけど。それも男の本性でもあるんでしょう。
いや、いい映画でした。

間違えました(^^;

トラックバック返しをしようとして、別のやつをTBしちゃったみたいです。
スミマセン、消していただけるとありがたいです(^_^;)

>kiyotayokiさん

そうですね、2人の男の違い、そして不思議な結びつきへと。
配役もキマっていて、ナイス・リメイクでした。
TBは、また挑戦してみてくださいな。

こんばんは☆彡

かなり前に観たのですが記事のアップが遅くなってしまいました(^^;
女ですが男泣きでした(笑)私もラストのダンの告白に
グッときました(ノ_・。)

ラッセルはそれほど好きな俳優さんではないのですが(^^;
このラッセル、カッコよすぎ~~魅力的な悪党でした
(笑)一方のベイル、こう言う苦しい?役が好き?(笑)
だし似合いますよね^^二人とも良かった♪

ヘンリーフォンダが好きでしたので(ふるっ!笑)息子の
ピーターの出演は嬉しかったです♪

とにかく大好きな作品です!もしかしたら、今のところ
今年のベスト1かも~~♪

>ひろちゃんさん

こんばんは!
おおっ! 今年のベスト1になりそうな勢いなんですか!
私は…もう「マンマ・ミーア!」に、ほぼ決定してますが。

2人とも、いい役に恵まれましたよね。周囲の俳優も、ばっちり。
ヘンリー・フォンダがお好きだと、息子もOK!?
私は観ていて気づかなかったのです。(苦笑)

なんにしても、出来のいい映画だと思います!

遅ればせながら観てきました!傑作ですねv-20!劇場で観られてよかったです。
護送中、ちょっとずつ二人の心が通い合う演出がいいですね。なんで今俺に言うんだ?みたいなセリフもいいです。
DVDが出たらまたじっくり観たいですね。

>かもめんさん

よかったですよね!
女優がメインじゃないから期待してなかった(笑)のですが、やられました。

記憶が薄れているので、「何で今俺に言うんだ?」と言われても、「何で今俺に言うんだ?」と思ってしまいます。(爆)
どんなシーンだったっけ。。。

子分の命の重さ

ボーさん、こんにちは!
オリジナルもご覧になってるんですね、
そちらの記事も拝見させてもらいました!

本作、ボーさんは男泣きするくらいに感動したんだ~
私も、ダンの告白はすごくジ~ンと来ました。
父としての誇りを見せたいという気持ちは理解できましたよ。

それに対して、ウェイドが子分をやってまでも、
ウェイドに肩入れしたのが、どうも納得いきませんでした。
付き合いの長さ深さ、子分の命はそんなに軽くないはず・・・

>YANさん

こんばんは!
はい、よくできたリメイクだなと思いました。
いろいろ盛り込んで、盛り上げて、感動もありで。

ボスは、あの子分を以前から好きじゃなかったような気がします。仕事には大いに役立つから、そのままにしといたけど。
心を通わせた男を、無情に殺した子分に対して怒りがあったのは、もちろんですが、ボスの座を抜けるための、他の子分への意思表示でもあったかもしれませんね。もう俺は、悪党団は、やめる!(なーんて?)

子分チャーリー

私もボスはチャーリーの事を、本当は好きじゃなかったような気がしました☆
でも忠実だし(多分チャーリー側には同性愛的な気持ちがあったんじゃないかな)
腕は立つしで、側近にしておかせた、みたいな。

チャーリーの持ってた銃に自警団のマークが入ってるのを見て、撃ってましたよね?
つまりそれが、何らかの理由で逆鱗に触れたんじゃ?と思ったんですが(&ダンを撃った事)
警察は撃つのに自警団はダメってのも筋が通らないしなぁ・・・(--;

>わさぴょんさん

そうですよねー。
自分はワルのボスだけど、チャーリーとは違う人種というか(印象が、いまや、あいまいなんですけど)。
チャーリーがボスを、どこまでも助けようとするのは、たしかに、嫌いだったら出来ないといえる…かな?(記憶薄)
自警団のマークは気づいてなかった…。自警団って誰だっけ(笑)

ウェイドの胸に去来する思いは・・・・これからも器のある男に出会い 対決するでしょうね。 

 どーもっ ボーさん。
リンク先ありがとうございました。下手な言い回しのコメントですので ご了承ください。

>特に効果的なのが、やはりラストの改変。ドラマティックに変わった。
リメイクがオリジナルと同じ終わり方をするのは、オリジナルを知っている観客には、いまひとつ面白くない。本作は、うまく変えていた。
私などは、えっ、こうなるの!? と驚き、まんまと感動させられてしまった。

 それなら 往年の西部映画のファンの方たちにも 理解して 認めてもらえますね。

ウェイドのダンに対する思いは何だったんでしょうか・・・?
ひとりの 人間の器のある男としてみたのは間違いないでしょうね。

ただ それでも ウェイドは 仲間は 皆殺しにしたとはいえ 強盗家業をやめるつもりはないでしょうね。
<ラストだって、ちゃんと馬がついてくるもんね。(このシーンは、かっこよく決まったなー!)>
 平穏な生活なんて いまさらウェイドにできるワケないでしょうし、 悲しいかな・・・死んだダンとの出会いだって 心を通わせることができたとしても その出来事すら 彼にとって 出会いと別れの繰り返しの人生の1ページにすぎない。

  どうせ うまく逃げ仰せたであろうし また流れ者の裏家業を続け  その過程で 新たなライバルのガンマンたちと出会い 対決してゆく。むろんその中には ダンのような 強い信念や 譲れない思いを背負った男の器のあるヤツも とうぜん出てくる。

 町の安全を守る保安官にしろ、同じ強盗家業のならず者 はたまた 自分の首を狙う賞金稼ぎ・・・ どの立場のライバルにしろ いづれ ウェイドを銃で対決して 葬り去る者が現れる・・・・。
   
 しょせん・・・自分の思うがままに生き 荒野に 悪党らしく屍さらすのが ウェイドの人生にとって幸せなのかもしれない。

>zebraさん

うん、まあ、そういう結果になりそうな気もしますねえ。
というか、あんまり覚えていないので、あやふやな思いもありますが。
という短いコメントで、すみません。

観たときに、これほど感激しているなら、また見てもいいのかなあと、我ながら考えますね。

コメ&TBありがとうございました

好みではなかったけど、ラストをまったく変えるという試みはよかったと思います。評判も良いようですし、こっちの方が時代に合ってるということでしょう。
私が引っかかってしまったのは、ダンと息子の親子の対比として、ウェイドとプリンスの関係が描かれているのかなぁと思って観ていたので、あっけなく切り捨てたのがショックだったんですよね~。
プリンスはボスのところしか行き場がなくて、父親か兄貴のように敬愛していたんじゃないかと思うと、悪党でも可哀想で…。
ウェイドが嫌っていたかどうかは気付きませんでしたが、やっぱり悪党でもボスなら最後までボスとして行動してほしい派なので。

>宵乃さん

やさしいお気持ちが分かります。
西部の強盗団みたいなものは、だいたいにおいて、荒くれ者が集まっただけの集団が多かったでしょうから、個々をいたわるような振る舞いは少ないんだろうなーという頭が先入観としてあるので、私は違和感なく観たのだろうなと、振り返って考えるのでした。(一文が長いよ)
「明日に向って撃て!」のブッチとサンダンスの友情などは、珍しい例外なのかなと。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1622-80a3ebfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3時10分、決断のとき /3:10 to YUMA

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ~ とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと...

『3時10分、決断のとき』(@「シネマのすき間」)

-----今日、フォーンが「シネマのすき間」で聞いてきたのは、 『3時10分、決断のとき』 あまりまだ知られていないけど、 実はこの映画、クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウが共演した西部劇。 えいが言うには、 「今年のベストワン級!“男泣き”の映画」ニャんだっ

3時10分、決断のとき

1957年製作のグレン・フォード主演「3時10分」のリメイク作品。 妻と2人の息子と暮らすダンは、地主からの借金の返済が滞り、立ち退きを迫られていました。ある日、ダンは、強盗団のウェイド一味が駅馬車を襲うところを目撃します。町へ出たダンは、ウェイドが逮捕され...

「3時10分、決断のとき」

本格的に「男の誇り」や「無言で通じ合う男の心情」を見せる西部劇。 新宿ピカデリーで3時10分の回で観る。年輩の男多し。なぜ公開の規模が小さいかわかる。ただし、なんとほとんど満席(日本だと宣伝で「西部劇」という言葉を使うと客足が遠のくので、避ける場合があると...

3時10分、決断のとき/ラッセル・クロウ

ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの2大スターを主演に描くガンアクション満載の西部劇。リメイク作品らしいんですけどオリジナルの事は全く知りません。予告編は一度しか観てないですけど面白そうだったので観に行ってきました。でもこの二人の主演作品のわりには...

「3時10分、決断のとき」:北砂四丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}あ、交番、交番。 {/kaeru_en4/}なに、ほっとしてるんだ? {/hiyo_en2/}あなたにいじめられたら駆け込めばいいな、と思って。 {/kaeru_en4/}なーに、言ってるんだよ。いつもいじめられてるのは、俺のほうだろ。第一、お巡りさんとか保安官とか、市民を守って

3時10分、決断のとき

評価:★★★★[4/5] その200ドルの価値って今の日本のどれくらいなの?

3時10分、決断のとき

狙撃の名手だったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、 南北戦争で片足を負傷し、妻と2人の息子とアリゾナで小さな牧場を営みなが...

3時10分、決断のとき・・・・・評価額1650円

本国公開から2年も経っている上に、上映館は東京23区でたった一館・・・。 まあ今の日本で、渋い西部劇のマーケットなど殆ど存在しないのは分...

映画レビュー「3時10分、決断のとき」

3:10 to Yuma (2007) (Ws Sub Ac3 Dol Chk Sen) [DVD] [Import]◆プチレビュー◆勧善懲悪ではない複雑な面白さがある異色西部劇。オリジナルに比べアクション度がアップした。 【70点】 妻と二人の息子と共に牧場を営むダン・エヴァンス。借金が返せず生活が困窮したた...

『3時10分、決断のとき』 3:10 TO YUMA

熱い銃撃戦、駆け引き、男のプライド。 牧場主のダン・エヴァンスは、捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイドをユマ行き午後3時10分発の列車に乗せるという護送の仕事を引き受ける。西部劇というのは食わず嫌いしてしまうジャンルで、他のクラシック名画は観ても、西部

ラッセルに満足、「3時10分、決断のとき」

{/映画/}ならず者のボス、ウェイド(ラッセル・クロウ)を囚人用電車に乗せるまでの護送を引き受けたダン(クリスチャン・ベイル)。その間、様々な邪魔が入るが……{/映画/}西部開拓時代のガンマンもの。リメイクということだが、オリジナルは未見。要は駅に送り届け...

3時10分、決断のとき

心に秘めた生き様に 男は静かに命を賭ける。 原題 3:10 TO YUMA 製作年度 2007年 上映時間 122分 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ラッセル・クロウ/クリスチャン・ベイル/ローガン・ラーマン/ベン・フォスター/ピーター・フォンダ/ヴィネッサ・ショウ/アラン・テュ...

3時10分、決断のとき

3:10 to Yuma (2007年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ エルモア・レナード作の小説を映画化した1957年作「決断の3時10分」のリメイクで、逮捕された強盗団のボスの護送を引き受け...

『3時10分、決断のとき』

 【ネタバレ注意】  『ダークナイト』では船客たちが命を懸けた決断に迫られる。どのような決断を下すのか、観客は固唾を呑んで画面に食...

★3時10分、決断のとき(2007)★

3:10TOYUMA心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(シナジー)初公開年月2009/08/08ジャンル西部劇/サスペンス/ドラマ【解説】ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの2大スター競演で贈る熱き男の西部劇ドラマ。エル...

『3時10分、決断のとき』は男子力向上には必見の映画だった。

豊洲での公開が終わってしまうーということで滑り込みで観にいった『3時10分、決断のとき』。いい評判は耳にしていたのだけど、「西部劇かあ・・・。なんかぱっとしないなあ・・・。」ということで後延ばしにしていたのだけれども・・・びっくりした。良い!「3時10分、決...

[映画『3時10分、決断の時』を観た]

☆観たかったけど、私の住んでいる近郊でやっていなかったこの作品。  今、旅行で青森に来ているのだが、<青森松竹アムゼ>でやっていたので、レイトショーで観た。  真っ平らな館内が、非常に懐かしい趣だ。  お客さんは、私と中年夫婦だけだった。  ・・・なに...

「3時10分、決断のとき」

見どころ満載の西部劇でした

3時10分、決断のとき

 『心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。』  コチラの「3時10分、決断のとき」は、2009年のベスト・ムービーにあげているブロガーさんも多かった2008年製作、日本では2009年に公開された西部劇です。勧善懲悪の正統派西部劇ではないのですが、強盗団のボスのベ

3時に銀行

「3時10分,決断のとき」 「ザ・バンク 堕ちた巨像」 

3時10分、決断のとき

二人の男の渋い生き様を描いた西部劇。 男同士の触れあう心、父親としてのプライド、 そのあたりはカッコいいけど・・・ ラストはなんだか...

『3時10分、決断のとき』'07・米

あらすじ牧場主ダンは駅馬車が襲われる現場を目撃し、保安官に通報。一味の首領・ウエイドは逮捕された。そして、ダンはウエイド護送を買って出るが・・・。感想全米NO1ヒット最...

日本文理、準優勝おめでとう! «  | BLOG TOP |  » マリリン in 軽井沢(BlogPet)

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード