FC2ブログ
topimage

2019-09

「私の中のあなた」 - 2009.10.18 Sun

やっぱり泣けた。涙が頬を伝いっぱなし。…川か、これは。(笑)

姉妹
白血病の長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)と、彼女のドナーとなるべく生まれた次女のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。
(c) MMIX New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.


予告編を見るたびに泣いていた映画。あまりに泣けそうなので、観るかどうか少し迷ったが。
観客席からも、すすり泣く音が、しばしば。
でも、こうやって泣くのって、いろんなものを洗い流すような浄化作用があって、すっきりするような気分も。

白血病に侵された娘をもった、ある一家の話。
ただの難病ものではなく、体のさまざまなものを病気の娘に提供するドナーを得るために、両親が新たに子どもを作るというのが、話として新しいところではないだろうか。

姉の命を守るために生まれてきた妹アナを、アビゲイル・ブレスリンが演じる。
「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)で達者な演技を見せていたが、相変わらずというか、とっても素敵な子役に育ってますね。
この映画は家族すべてが主役といってもいいが、そのなかでも中心的な位置にいる、重要な役。
ドナーである彼女が、もう親のいいなりになって姉に自分を提供するのは嫌だ、と弁護士に相談をもちかけるのだ。
姉と仲が悪いわけではない。それどころか、その反対だ。それでも彼女は、これ以上の協力を断る。


夫婦
デートから帰ってきたケイトを窓から見守る両親。サラ(キャメロン・ディアス)と、ブライアン(ジェイソン・パトリック)
(c) MMIX New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.


弁護士の仕事をやめてまで、長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)のために生きようとする母親サラには、キャメロン・ディアス
ケイトのためなら何でもする。その思いだけで一心不乱に頑張りつづけている。
彼女が最後に長女と過ごすときの感情の描き方は、よかった。ずっと張り詰めていた気持ちが、とうとう違った一面を見せるのだ。ここも大感動シーン。

闘病中の少女を熱演したソフィア・ヴァジリーヴァ。テレビを中心に活躍していた女優のようだが、彼女も、じつにいい演技。
病気で苦しむシーンが多いだけに、ほんのひととき、着飾った姿は美しかった。見ている私まで、彼女の家族といっしょに、喜んで、はしゃぎたくなった!

両親、長女、長男、次女、サラの妹。家族それぞれにいいけれど、周囲の人々もいい。
とくに判事役のジョーン・キューザックは素晴らしかった。判事らしい貫禄と、その奥から、にじみ出す慈愛を表現した深み。
次女の訴えを引き受ける弁護士役アレック・ボールドウィンも印象に残る。

命にかかわる病気になった家族がいたら。
肉親の思い。
お涙頂戴の甘っちょろいドラマを狙わなくても、ここまで泣かせてくれるんだ、という見本のような良作。
素直に泣ける感動作です。

これ書くのに思い出していたら、また泣けた。


判事のもとで
デ・サルヴォ判事(ジョーン・キューザック)の前で、アレグザンダー弁護士(アレック・ボールドウィン)と対決するサラ。
(c) MMIX New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.


(10月12日 ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋)

MY SISTER'S KEEPER
2009年 アメリカ作品
監督 ニック・カサヴェテス
出演 アビゲイル・ブレスリン、ソフィア・ヴァジリーヴァ、キャメロン・ディアス、ジョーン・キューザック、ヘザー・ウォールクィスト 

参考:私の中のあなた@映画生活
「私の中のあなた」の映画詳細、映画館情報はこちら

評価☆☆☆☆(4点。満点は5点)

● COMMENT ●

かぼちゃの季節

こんばんは。
テンプレートが変わりましたね♪
ハロウィンの季節になりましたか~もうすぐ年末です(汗)

革新的(?)な病気モノでした。
仰るように、ミエミエなお涙頂戴を狙わなくても、こんなに自然に涙が流れる映画こそ心に染みますね。
判事も弁護士も抱える問題があって、
それでも懸命に生きている姿からもアナは学ぶことがあったと思いました。
ジョーン・キューザックがちょっと老けちゃったけど、ベテランな演技派女優さんはピシっとしめてくれますね!

>オリーブリーさん

おはようございます。
ハロウィンなんて、日本では昔は知られてなかったような…。いつ頃からでしょうね。1年は早いですね~。

そうそう、アナと、判事や弁護士との関わりもよかったですね。子どものアナを、あなどらずに、ちゃんと向き合ってくれる大人としても、すばらしいです。
ジョーン・キューザックは、以前の姿が記憶になくて…老けたんだか何だか、わかりません!(苦笑)

No title

こんにちは~♪
涙が川のようでしたか・・・私も同じです。時々洪水のようにもなりましたよ・・・
ですが、哀しいだけの涙じゃーなくって、心に温かいものがあるんですよね。難病ものは泣かせる気満々なのが苦手なのですが、これは違いました。いい映画でしたね~
また泣いてしまうでしょうが、もう一度観に行きたいです。ザラついた心を洗ってもらうんだぁ~い♪

>由香さん

こんばんは!
涙の洪水、堤防決壊でしたよねー。
お互いのことを思いやる気持ちが、みんなに、いっぱいあって、そこに暖かさを感じられるんでしょうね。

また観に行かれるのですか? 私は、さんざん泣かされたので、しばらくは、いいかな?

なんだか、みんなに助演賞をあげたいです。もしくは、アンサンブル演技賞でもいいかな~。

No title

こんばんは。

予告編、よく出ていましたね。
いわゆる難病ものだと思っていました。
今読ませていただいて・・・・んー、難しいテーマなのだと
思いました。

なかなか映画館に出かけない私なので、DVDになってから見ます・・・って根性ナシ!

>こころさん

おはようございます。

映画館でも、かなりの回数、この予告編を見ました。
これがまた出来がよくて、泣けるんですねえ。

DVDを家で見たほうが、周囲を気にせず、思いっきり泣けて、いいかも。
ハンカチじゃなくて、大判のタオルを用意したほうがいいですよ!

私も・・・

やっぱり泣けました。
決してお涙頂戴でなかった、良い映画でしたね。
かなり前にアメリカで、白血病の子供の為にドナーになる子を産む決意をした母親の事が話題になって、その時自分だったらどうだろうとか思ったことがあるのですよ。最初、この物語はその時の家族の事を描いた物語かと勘違いをしてしまいました。でも、その時「自分だったらどうなの。」と、問うた答えが、この映画にはあったように思いました。

良いシーンがたくさんあって、私も感想を書きながら、やっぱり少し思い出し涙ぐんでしまいました・・・(涙)

>kiriyさん

これは泣けますよねー。

実話が元になった物語と聞いた覚えもあったのですが、実際に、そんなニュースがあったのですね。
ドナーとして生まれる子のことを考えたら、私は反対すると思いますが、当事者になったら分かりません。頭では気が進まないところがありながら、迷うかもしれないですね。

感想を書きながら涙しました? 同じ思いなのは、うれしいです!

No title

お~、あちこちで評判を聞いていますが、ボーさんもそんなに泣けるんですか。
これは行かねば。。
今日は DVD でマンマ・ミーア!を見ましたよ~
マリリンカレンダーも可愛い!

>スノーパンダさん

泣けましたよう~。
もともと映画やドラマでは、すぐ感動する泣き虫さんです。(笑)
ただ泣けるだけじゃない、しっかりした作品ですので、ぜひ、観にいってくださいね。ハンカチじゃなくてバスタオルくらい必要かも。(爆)

「マンマ・ミーア!」!! 手元にDVDがあるので、私も、また見たいなと、いつもいつも思っています。

マリリンのカレンダー、いいでしょう。時間のあるときにでも、探してみてください!

おはようございます♪

TBありがとうございました☆
ホント、お涙頂戴じゃなくてもここまで出来る作品って素晴らしいですよね☆
オイラも映画館で泣きました。
ソフィア・ヴァジリーヴァを初めて観たのですがすばらしい女優さんでしたね♪

>トラヴィスさん

こんばんは。ありがとうございます。
泣けますよね。もう、涙腺が弱いもので、こういうのには降参です。
ソフィアは、マイ映画賞では堂々、新人賞ですよ! 一応、記事のURLは、
http://bojingles.blog3.fc2.com/blog-entry-1743.html

涙涙

ボーさん、こんにちは!

私もこれは泣けましたが、自宅なのでひどい顔でも良かったけど、
映画館で涙が川のようになったボーさんは困りませんでした?

判事や弁護士も、それぞれの事情を抱えながら、
真摯にアナの問題と向き合ってくれて、良かったですね~

登場人物みんなが、ひねくれたところが一つもなくて、
温かい話でした。

>YANさん

こんばんは!
泣けるでしょう!?
映画館だと一応、水分を乾かしてから席を立ちますが(笑)、目は赤っぽいし、うるんでますから、よく見れば、ばればれ。しょうがないです。
そうでした、ひねくれた人はいなかった…ですよね。それぞれが精いっぱいのことをしようとしていた…。
いまだに思い出すと泣けそうです。

何度でも

ボーさん☆こちらにも
思い出すだけで泣けてきますよね。
泣かせようとしなくても、本当にいい話なら滝のように泣けるのです。

>ノルウェーまだ~むさん

こんばんは。
…こちらにも、とありますが、ほかにコメ来てないですよ?
ほんと、川の流れるように~だーだー泣きしました。
すばらしかったです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1663-5215fdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私の中のあなた / My Sister’s Keeper

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャメロン・ディアスが初の母親役という事でも話題。 『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督最新作{/heratss_blue/} 毎年規模が縮小されていって今

私の中のあなた

 『「きみに読む物語」のニック・カサヴェテス監督が贈る 希望と感動の物語に、この秋あなた史上最高の涙が落ちる─!』  コチラの「私の中のあなた」は、ジョディ・ピコ―の世界中を涙で包んだ空前のベストセラー小説「わたしのなかのあなた」を映画化した10/9公開の...

私の中のあなた

もう姉のドナーにはならない。 原題 MY SISTER'S KEEPER 製作年度 2009年 上映時間 110分 原作 ジョディ・ピコー 『わたしのなかのあなた』(早川書房刊) 脚本 ジェレミー・レヴェン/ニック・カサヴェテス 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス/ア

『私の中のあなた』

(原題:My Sister's Keeper) 「いやあ、これは実に話しにくい映画だ。 観れば途中から想像がつくとはいえ、どこから喋っていいのやら」 ----う~ん。どういうこと? そんなに喋りにくいんだったら、フォーンの方から聞いちゃおうかな。 これはキャメロン・ディアスが初...

私の中のあなた

生きる権利と死ぬ権利。論議が絶えない難しい問題だ。人生をまだ十分に生きていない、年若い人間の問題となると、なおさらである。映画は、医学や倫理、法律も交えて描きながら、社会派に傾かず、あくまでも家族ドラマとして進んでいく。11歳の少女アナは、白血病の姉ケイ...

私の中のあなた

白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたアナ(アビゲイル・ブレスリン)...

私の中のあなた

My Sister's Keeper (2009年) 監督:ニック・カサベテス 出演:アビゲイル・ブレスリン、ショフィア・ヴァジリーヴァ、キャメロン・ディアス 白血病の姉への腎臓移植を強いる両親に対し、11歳の末娘が訴訟を起こすところから始まるが、法廷ドラマというわけではなく、あ

私の中のあなた

またまた話題作が続々と公開ですね~何本観れるかなぁ~ カイジ、ヴィヨン、ATOM・・・【story】白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療

私の中のあなた(2009)☆MY SISTER'S KEEPER

可愛いテッシュケースもう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある理由があった──。 10月9日、公開初日に鑑賞しました。シアターに入るところで、こんな可愛いテッシュを頂きました。全米の涙を絞り、かってないほど泣け...

私の中のあなた

アメリカのベスト小説を『きみに読む物語』の監督が映画化。 白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作の末に生れてきた妹が、姉への ドナーとしての医療行為を拒否するために両親を相手に訴訟を起こしたこと から起きた騒動を通じ、家族それぞれの葛藤やあり方や命の尊厳を..

私の中のあなた [映画]

原題:MY SISTER'S KEEPER公開:2009/10/09製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/09/29試写会監督:ニック・カサヴェテス出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジ

私の中のあなた

[私の中のあなた] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年86本目(80作品)です。 【あらすじ】 白血病を発症した姉のケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11...

私の中のあなた

私の中のあなた - goo 映画10月21日映画館にて鑑賞。 11歳の少女アナは白血病の姉のドナーとして、遺伝子操作でこの世に誕生した。姉ケイトの...

『私の中のあなた』

□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッ...

【映画】私の中のあなた

▼動機 私好みの映画かもしれない ▼感想 この題材で家族愛はもったいない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン

私の中のあなた 2008-47

白血病を患う姉ケイト、姉のドナーとして生まれてきたアナ。或る日、 そんなアナがドナーであることを拒否し、裁判所に両親を訴える訴訟 を...

レビュー:私の中のあなた

『それは愛情なのか、自分のエゴなのか』 / (結末のネタバレあり!) 長女が白血病を罹った家族の闘病の物語といえば、とても月並みな感じがしてしまうのだが、この映画の中の家族はちょっと特殊である。というのも、幼いころより闘病生活を余儀なくされた姉の命を救うた...

私の中のあなた/My Sister's Keeper(映画/劇場鑑賞)

[私の中のあなた] ブログ村キーワード私の中のあなた(原題:My Sister's Keeper)キャッチコピー:もう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある...

「私の中のあなた」

なんともたまらない・・ 心、かき乱されました。そして温かな気持ちも・・

「私の中のあなた」(MY SISTER'S KEEPER)

「きみに読む物語」や「ジョンQ」などの作品で知られる米監督、ニック・カサヴェテスが、ジョディ・ピコのベストラー小説を映画化したューマン・ドラマ「私の中のあなた」(2009年、米、110分)。この映画は白血病の姉を救うため生まれてきた少女がある日、もう姉...

私の中のあなた

病気を扱った話には、どうも弱いです。 もう泣けて泣けてつらかった・・・ でもいろんな立場で考えさせられる良い作品でした~ 監督:ニ...

mini review 10455「私の中のあなた」★★★★★★★★☆☆

アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける...

『私の中のあなた』'09・米

あらすじ白血病の姉を救うためにドナーとして生まれた11歳のアナ。ところが突然、アナは姉のために手術を受けることを拒否し・・・。感想ベストセラーの映画化私は、原作読んでま...

私の中のあなた

姉を救うために「造られて」生まれてきた妹。こんな境遇めったにないから気持ちがわかるとはいえないけれど、私は何のために生まれてきたの?そう考えてしまうのは必然だと思う。子供の頃から姉のドナーをしてきて、姉を愛していて、でも、自分の人生だってあるのにね。で...

マイ・マリリン・カレンダー2010 «  | BLOG TOP |  » 「ATOM」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード