topimage

2017-05

「MUSA ―武士―」 - 2005.06.18 Sat

MUSA
2001年 韓国作品
監督 キム・ソンス
出演 チャン・ツィイー、チョン・ウソン、チュ・ジンモ、アン・ソンギ

もちろん、チャン・ツィイー目当てです!

国同士の関係修復のため、明に派遣された高麗の使節団だが、彼らは明軍に捕えられ、流刑にされる道中にあった。
ところが、一行を蒙古軍が襲来、明軍は壊滅し、使節団は自由の身になる。
蒙古軍は、さらった明の姫君を連れていた。使節団は、彼女を手みやげにすれば、明国に受け容れてもらえるかもしれないと、策をめぐらせる。

すごいですね、戦いの場面。リアルで、おなかいっぱい。かっこいいといえば、かっこいいけど…とりたてて、どうという感じでもないかなあ。映画館でなら、迫力があったか。
演技のほうも、力が入って、韓国映画のパワーは、感じる。
チャンちゃんは、お姫さまなので、アクションなし。もったいない。惜しい。もしもワイヤーアクションなんかやってたら、1人で敵を全滅させられるんじゃ?
でも彼女、こないだは「オペレッタ狸御殿」で日本映画に出たし、これは韓国映画。ワールドワイドに狙ってきてますね。
(6月12日)

トラックバックは、MUSA-武士-@映画生活様に。

評価☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログランキング参加中。応援していただける方は、ここをクリックして(押して)ください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/169-0269f299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MUSA-武士-

ワーナー・ホーム・ビデオ MUSA -武士- あらすじ… 14世紀後半の中国、明と緊迫関係にあった 高麗は使節団を派遣するも、到着後に あらぬスパイ容疑を掛けられ、流刑に処された。 その道中、一行は元の襲来によって自由の身となるが、 その後使節団は

「MUSA -武士ー」~砂漠の花ツィイー

  2001年韓国/中国     監督/キム・ソンス出演/チョン・ウソン チャン・ツィイー アン・ソンギ チュ・ジンモ1375年高麗は友好関係を深めるため使節団を明へ送るが、スパイ容疑をかけられ砂漠地帯へ流刑されることになる。その途中、連行していた明の兵隊が元..

MUSA -武士- MUSA/THE WARRIORS/MUSA THE WARRIOR (2001年/韓国/中国)

なんだか、歴史モノのシュミレーションゲームを見てるような感じ。でした。(注:けなしてるわけではありません。)いや、めちゃくちゃ、かっこよかったです。槍さばきが、劇的、かっこいい!惚れっぽい私には、とても危険です(笑)して、アン・ソンギ演じる隊正。弓矢

MUSA -武士-

MUSA -武士-製作: 2001年、韓国/中国監督: キム・ソンス脚本: キム・ソンス出演: チョン・ウソン、チュ・ジンモ、アン・ソンギ、チャン・ツィイー明のお姫様を元の残党から守ろうとする高麗人のサムライ魂(って言わないのか)。元から明と言え...

映画「MUSA -武士-」

元から明へと時代が変わろうとする頃、明と友好関係を築くため、1375年に南京城へと向かった実在の高麗王朝の使節団の過酷な運命の物語。 南京城に辿り着いたらスパイ容疑で砂漠地帯へ流刑、途中で元軍に襲撃され明兵が全滅、使節団は放置される。チェ・ジョン将軍(

【韓国映画】武士・MUSA チョン・ウソン アン・ソンギ チャン・ツィイー

14世紀、明国にスパイ容疑で捕らえられた高麗使節団の面々が、その逃亡と彷徨のさなか

映画: MUSA 武士

邦題:MUSA 武士 原題: 監督:キム・ソンス 出演:チャン・ツィイー、チョン

MUSA-武士-

 ちょっと「私の頭の中の消しゴム」でキューンと来ちゃったチョン・ウソン主演のスペクタクルなアクション時代劇です。  アチラも素敵だったけど、こっちの方が男っぷりが更に上って感じですねぇ。彼はきっと男性から見てもステキないわゆる男が惚れる男ってタイプなん...

「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」 «  | BLOG TOP |  » 「空中庭園」 待機中

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード