FC2ブログ
topimage

2019-09

ミシェル・ウィリアムズがマリリン役に? - 2009.12.08 Tue

「My Week with Marilyn(マリリンと私の一週間)」という映画でのマリリン(・モンローさん)の役を、ミシェル・ウィリアムズが演じることになるかもしれない

ミシェル・ウィリアムス
21 February 2009
Photo by Jeff Vespa,
(c) WireImage.com

今回もTさんの情報から。
以前は、この役、スカーレット・ヨハンソンが有力候補というニュースがあったのだが、今回ミシェルが有力ということに。
他の候補には、ケイト・ハドソンエイミー・アダムスが挙がっていた。

この映画、どんな内容かというと、「王子と踊子」の撮影のためにロンドンに行ったマリリンの1週間を、共演者であり監督だったローレンス・オリビエの使用人の目から見た話だという。

マリリン役の候補、ミシェル・ウィリアムズは1980年9月9日生まれ。身長163cm。14歳の頃から映画に出演している。
2005年に婚約者の故ヒース・レジャーの娘を生んだが、2007年に破局。最近はスパイク・ジョーンズ監督と交際していたらしい。
近作には、「ブロークバック・マウンテン」(2005年)、「アイム・ノット・ゼア」(2007年)、「彼が二度愛したS」「脳内ニューヨーク」(2008年)、「シャッター・アイランド」(2009年)がある。

「eiga.com」での関連記事はこちら

何にしても、映画化が待ち遠しい!

● COMMENT ●

遠目で見た雰囲気は何となくマリリンになりそうな感じでしたが、顔のアップになったら…ちょっと目鼻立ちがパッチリしすぎるような…キレイなんですけどね。きっとメイクのワザで上手くマリリンになるのかもしれません。

「王子と踊子」撮影中のマリリンは、たしかオリビエとね不仲でピリピリしていた頃だったかもしれません。仕上がった映画のマリリンの美しさからは想像もつきませんけど。私生活ではちょっとヒステリックだったという話もありました。

今回のこの映画では、どんなマリリンになるのか、楽しみなような、ちょっと怖いような?もちろん見たい気持ちのほうが強いんですけどね。

まずは無事映画が完成してほしいです。

>たけしさん

そうですね、メイクで似せてくるでしょう。
ここに挙げた候補者の中では、いちばん似たりして?
オリビエとは、うまくいってなかったようですが、他の状況がどんなものだったのか、どんな生活だったのか、映画で分かるといいなあと思います。(原作が真実だとして、ですが。)

主演探しまでしているのだから、なんとか映画化まで行ってほしいですね!

まだこんな視点があったのかー!という映画ですよね。
かなり限られた視点と時間なので、今までの伝記映画と違いそうで面白いのかも?なんて思っちゃいます。
そういえば、ドハティの方も映画の話がなかったでしたっけ…??
何にせよ、まずは完成しますように!ですね。

>まおさん

イギリスでのマリリンって、あまり知らないので、ぜひ映画になってほしいですよね。
女王に拝謁するシーンがあるでしょうか。
最初の夫ジム・ドハティ…そういえば、なんか映画の話、聞いたことありますね。どうなるでしょう…?

ボーさん
そうなんですねー、

スカちゃんはよくマリリンに例えられるし
目を細めたときの笑いが雰囲気似てるかなとは思うけど、
ミシェルは違う気がします~、うーん
どうなるのかな?
でも楽しみですね。

あ、ミシェル若いですねー。身長はわたしとほぼ同じだけど☆
そういえばマリリンと身長とての大きさ(チャイニーズシアターで計りました 爆)
全く同じなんですわたしv-238
あんなナイスバディじゃないけど(笑)

>migさん

スカちゃんは本命っぽかったんですけど、本人はどう思っているのでしょうね。演じたかったのかどうか。
ミシェルは、この画像などを見ると、顔のパーツの造作が大きめ?

おおっ! 身長と手は和製マリリンですね! 他は、それ以上かも!?
じつは私も身長と手の大きさはマリリンと同じくらいです!(びっくり)(名古屋に手形のレプリカがあるんですよ。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/1709-16ca9812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「聖女ジャンヌ・ダーク」 «  | BLOG TOP |  » 「飾窓の女」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード