FC2ブログ
topimage

2019-09

「ル・ディヴォース~パリに恋して~」 - 2005.06.20 Mon

LE DIVORCE
2003年 アメリカ・フランス作品
監督 ジェームズ・アイヴォリー
出演 ケイト・ハドソン、ナオミ・ワッツ、グレン・クローズ、レスリー・キャロン、ジャン=マルク・バール、ストッカード・チャニング、サム・ウォーターストン、マシュー・モディン

レンタルがサービスで安い期間だったので、店内を眺めてたら見つけた。この映画の製作当時、ナオミ・ワッツ嬢がケイト・ハドソン嬢と共演するのかあ、と気になった作品だ。去年、公開したみたいだが、気づかなくてスルーしたままだった。(笑)

監督が文芸色のイメージが強いジェームズ・アイヴォリー。でも、本作は、おしゃれに軽く、で統一。こんな映画も作るのかと驚いた。
キャストが、また凄い。覚え書きを兼ねて、いつも以上に、上のほうに出演者名を書き連ねてみた。やはり、この有名な監督の名のもとに俳優が集まってくるのか。

ワッツ嬢とハドソン嬢は姉妹の役。
映画の最初のほうで、2人がごく近くに一緒にいる場面では、
見事にゴージャスなブロンドヘアがダブルで壮観だ。
ハドソン嬢は、大人っぽい化粧にしたり髪型を変えたりして、魅せてくれる。
この2人の共演だけで、もう、この映画は、これでいいや、満足だ。としてしまおう。
というのは、内容としては、いまひとつ、いまふたつ、だから。

ジョルジュ・ド・ラトゥール(わたしゃ知らんけど)の絵画が相続に絡んできたり、エルメスの赤のクロコダイル・ケリーバッグが映画のポイントになったり、お洒落な下着店での買い物シーンがあったり、豪華なフランス料理やフランスの田舎の美しい景色や豪華な美術装置や綺麗なファッションを見せてくれたりと、ひたすらに、おしゃれなのだ。

なのだが、話がアンバランスというか。離婚騒動の発展のしかたが、映画の雰囲気に合わないのかな。あとは、能天気なラブ・アフェアがある。
フランス人とアメリカ人の対比を皮肉な目で語るようなところもあるが、それほど、たいしたことはないように思う。
豪華キャストが、もったいない。
あ、これ、「巴里のアメリカ人」一家だよ、なんて思ったりして。…単なる、パリに来たアメリカ人なんだけどさ。(6月18日)

トラックバックは、ル・ディヴォース~パリに恋して~@映画生活様に。

評価☆☆★(2.5点。満点は5点)


ブログランキング参加中。応援していただける方は、ここをクリックして(押して)ください。

● COMMENT ●

おおっ!

 私も今夜この映画観る予定なんですよぅ(先日、レンタルしたんです)。ゴージャスなブロンド二人を私も眼に焼き付けようと思います! つい嬉しくて会社から書き込んでしまいました(汗)。ではでは、また♪

>香ん乃さん

なんとぅ! 素晴らしい偶然ですねえ。楽しい気分で楽しい書き込み、ありがたいです!
でも、私の感想を読んで、変な先入観を持たなかったでしょうか。
ブロンディを堪能できたでしょうか。
香ん乃さんは、ジェームズ・アイヴォリーの映画、けっこう好きなんですよね?

TB有難うございます

インテリアも洋服、小物の使い方、建物まで、ホントオシャレですよね。あこがれちゃいますね。

>ta~miさん

いらっしゃいませ! 
この映画、おしゃれ感は、お見事でした。
スタッフ・キャストは抜群だけど、私には、中身が少し「う~ん?」。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/171-fed422b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ル・ディヴォース/パリに恋して』

 今年77歳になるジェームズ・アイヴォリー監督。そんな彼の2003年時の映画。……70歳代後半に突入しても、こんなにお洒落な映像を元気に撮り続けてくれてる、っていうだけで納得するべきかなぁ、と思う(偉そうだな、私……)。『ル・ディヴォース/パリに恋して』原題:&quo

ル・ディヴォース ~ パリに恋して

ル・ディヴォース。パリの町並みや風景が素敵。パリに住んで見たいなぁと思ったけど、今はそんなパワーなし。。

ル・ディヴォース/パリに恋して

フランス人と結婚してパリに住むアメリカ人女性(ナオミ・ワッツ)が夫に逃げられることからはじまります~ そこへアメリカからきた妹がやってきて、姉の旦那の叔父さんの愛人(ヤヤコシイ?)になるなど、アメリカ人女性の視点からのフランス式恋愛を描いている(ツモリ?

豪華共演が泣く「ル・ディヴォース」

[:映画:] 「ル・ディヴォース/パリに恋して」ナオミ・ワッツとケイト・ハドソンが姉妹というなら、ちょっと期待するじゃないですか。 ラブコメでもいいし、「イン・ハー・シューズ」みたいな姉妹ものでもいいし。 しかも「~パリに恋して」だもん。 エスプリの効いた小洒

【ル・ディヴォース】

世の中好き勝手に生きてる 大人たちが多すぎますね。 大人がこれだと子供たちが かわいそうです。 ちなみに扶養家族はいません。 好き勝手言います。。 評価 : 3/10

紫陽花@携帯 «  | BLOG TOP |  » 「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」

おなじみの映画ブロガーさんの多いgooブログもTBを廃止。多くのブログがTB廃止の事態になってきた。こうなると、TBから記事をたどることができないブログが多くなる。ブログのURLをお気に入りなどに登録して、何を書いているのかなと、いつも見回りに行くしかない。

マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


クリックで救える命がある。

小鳥頭
忘れっぽい人の同盟。
クリックしたら説明があるかもしれない
(忘れた)。


プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード